SoftBank Air

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)の通信制限にかかる条件や解除方法は?

投稿日:

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)

SoftBank Airを利用していて速度が遅くなったと感じるとき「通信制限になったのかも?」と思う方もいらっしゃるかと思います。そもそもSoftBank Airには通信制限はあるのでしょうか。本記事ではSoftBank Airの通信制限がかかる条件や解除方法などをご紹介。速度の遅さが気になる方は読んでみてくださいね。

 

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)には通信制限があるの?

SoftBank Airと同じく工事不要で利用できるモバイルルーターは、通信制限がかかるものも多くあります。そもそもSoftBank Airには通信制限があるのでしょうか。通信制限があるのか、あるとしたらその条件は何なのか、以下で詳しく解説していきます。

 

データは無制限で利用できる

結論からお伝えすると、SoftBank Airはデータ無制限で利用できます。つまり通信制限がないのです。そのため、速度が遅くなったなと感じる方は何か別の原因が考えられます。具体的にどんな原因が考えられるのかは、以降で詳しくご説明していきます。

ちなみに、SoftBank Airと同様に工事不要で利用できるモバイルルーターには速度制限が設けられているものが多く存在します。たとえば、人気モバイルルーターであるWiMAXは直近3日間のデータ使用量が10GBを越えると通信速度が著しく低下してしまいます。

その点、SoftBank Airはデータ量を気にして利用する必要がないので、ストレスフリーでインターネットを使えるのです

 

一定の条件で通信速度が制限されることがある

前項でSoftBank Airに通信制限はないとお伝えしましたが、一定の条件が揃った場合は通信速度が制限される場合もあります。具体的には以下のようなケースが挙げられます。

  • 音声通話やテレビ電話などパケット信号をデータ通信に変換して利用するサービスや動画の閲覧、動画・画像ファイルの送受信をするとき
  • 特定のエリアでネットワークに高負荷がかかった場合
  • 過去3ヵ月の利用状況を鑑みて、特定エリアおよび特定時間帯におけるネットワークの高負荷が一部の利用者によるものと考えられる場合

上記のようなケースはかなり稀なので、そこまで神経質になる必要はありませんが、以下で詳しくご説明していきます。

 

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)の通信制限になる条件

SoftBank Airが通信制限になる条件について、上記で簡単にご説明しましたが、大きく分けると「利用が集中する時間帯の利用」と「通信速度の対象となる利用」の2つが挙げられます。具体的な2つの条件については、以下で解説していきます。

ソフトバンクエアーの通信制限になる条件を紹介する女性

 

利用が集中する時間帯には通信速度が低下する場合がある

SoftBank Airが通信制限になる条件の1つ目は「利用が集中する時間帯」です。SoftBank Airに限らずですが、回線が混雑するとどうしても通信速度が遅くなる傾向にあります。具体的には多くの人が自宅で過ごす時間帯、つまり平日の夜や休日などは通信速度が低下することが多いのです。

回線が混雑してしまった場合は、時間を置いてから再度接続し直すか、Airターミナルの再起動を試してみましょう。Airターミナルの再起動をする際にはまずPCなどの接続機器の電源を切り、その後Airターミナルの電源を切ります。電源を切ってから30秒後以降に今度はAirターミナルの電源を入れ、接続機器の電源を入れ直します。

再起動で速度が改善する場合も多々あるので、「速度が遅くなったかな」と思ったときにはまず再起動を試してみましょう。

 

通信速度の対象になるもの

SoftBank Airが通信制限になる条件の2つ目は、「通信速度の対象になるものの利用」です。具体的には、以下のようなものが挙げられます。

【通信速度の対象になるもの】

  • 音声通話やテレビ電話などパケット信号に変換してデータ通信にて実現するサービス
  • MPEG・AVI・MOV 形式などの動画ファイル
  • BMP・JPEG・GIF 形式などの画像ファイル
  • 動画閲覧・高画質画像閲覧・P2P ファイル交換・ソフトウェアダウンロードなどを伴うサイト・アプリケーションなど

上記を利用すると必ず速度制限がかかるわけではありませんが、いずれもがデータ使用量が大きくなりがちなものです。上記を使用する際には、速度制限がかかるかもしれないことを頭の片隅に置いておきましょう。

 

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)の通信制限がかかっているか確認する方法はあるの?

SoftBank Airの通信制限がかかっているか確認する方法は、特にありません。ただし、データ使用量を確認することはできます。データ使用量は、My SoftBankから確認できます。詳細は以下をご覧ください。

【利用データの確認方法】

step
1
STEP1. My SoftBankにログインして「メニュー」を開く

 

 

 

step
2
STEP2. カテゴリの「使用量の管理」を開く

step
3
STEP3. 利用状況の「詳細をみる」を開く

step
4
STEP4.データ量の詳細を確認する

SoftBank Airはデータ量に応じた速度制限はありませんが、特定のエリアのネットワークに高負荷をかけていると判断されるほどの利用をしている場合は速度制限の対象になります。速度制限が起きているかどうか判断する一基準にはなるでしょう。

また、後ほどご紹介しますが、定期的に通信速度を測っておくことによって「速度が落ちたかな?」と思ったときに確かめる指標を知っておくことも大切です。SoftBank Airの実測値を知るには、Fastをはじめとした、スピードチェックができるサイトにアクセスしてみると良いでしょう

 

 

 

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)の通信制限の解除方法はあるの?

SoftBank Airの通信制限を解除する方法は基本的にはありません。動画や画像の送受信を大量に行うなど、よほどのことがなければ心配はありませんが、もしも通信制限がかかってしまった場合は対処法はないのです。

ただし、速度が遅くなった原因が他にある場合は、対処の余地が残されています。具体的な方法については、次項以降で解説します。

 

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)は通信制限がかかっていなくても遅い?

前項でご説明した通り、SoftBank Airは通信制限がかかっていなくても速度が遅くなる可能性が大いにあります。通信制限がかかっていない場合は対応次第で速度を改善できるので、考えられる原因にアプローチしてみる価値があるでしょう。具体的な原因としては「電波が入りにくい場所に置いている」ことや「周波数が合わないこと」「回線が混雑していること」などが挙げられます。

以下では、速度が遅くなった際に試すべき方法をご紹介していきます。

SoftBank Airの速度が遅くなった原因を調べる女性

 

実測値を確認してみる

SoftBank Airの速度が遅くなったときに試してみてほしいことの1つ目は、実測値を確認してみることです。遅いと感じていても実際にはそれほど遅くないこともありえますし、実測値次第で対処の仕方が異なるためです。実測値の確認方法には「Fast」などのWebサイトの利用があります。サイトにアクセスするだけで簡単に確認できるので、可能であれば定期的に測定して通常時の実測値を把握しておくと、速度が遅くなったときにすぐにわかって便利です。

 

 

具体的にどのくらいの速さが適切なのか、知りたい方は次項を読んでみてください。

 

ストレスなく使えるのは10Mbpsから

前項で実測値の確認をおすすめしましたが、ストレスなく使えるのは10Mbpsからといわれています。Airターミナル4の最大通信速度は481Mbps(一部エリアでは962Mbps)なので、10Mbps以下というのはかなり低速といえます。

より具体的な目安でいえば、10Mbpsはメールやブログ、テキストや容量の小さい画像・SNSなどが閲覧できるレベルという最低限の速度です。ちなみに30MbpsだとWebページでの動画の閲覧や、ゲーム・ショッピングサイトなどの利用ができ、60Mbps以上だと高画質・高音質の動画コンテンツなどがスムーズに視聴できます。インターネットを快適に利用するためには60Mbps以上は欲しいところですね。

たとえば、30Mbpsの速度が出ていたとしても、高画質・高音質の動画は少し遅れが出ることも。利用目的と通信速度の関係は頭の片隅に留めておきましょう。

 

電波が入りにくい場所に置いていないか確認する

SoftBank Airの速度が遅くなったときに試してみてほしいことの3つ目は、電波が入りにくい場所に置いていないか確認することです。電化製品・金属製の家具の近くや床に近い低い場所に設置していると電波が入りにくくなってしまっている可能性があります。電化製品・金属の家具から遠ざける、窓辺に近いところに移動させる、高さのある位置に設置するなどを試してみてください。

ベストなポジションを探るために数ヵ所に置いてみて、通信速度をその都度測定してみるのも良いでしょう。

 

電波を切り替えてみる

SoftBank Airの速度が遅くなったときに試してみてほしいことの4つ目は、電波を切り替えてみることです。SoftBank Airに限らずですが、インターネット回線には2.4GHzと5GHzという2つの周波数があります。各周波数は特徴があり、繋がりやすさや電波の強度に違いがあるのです。以下では、各周波数の特徴についてご紹介していきます。利用する場所にあわせて使い分けてみてください。

 

2.4GHzの特徴

まずは、2.4GHzの特徴についてお伝えしていきます。2.4GHzの特徴はずばり「速度低下を起こしやすいが届く範囲は広い」ことです。2.4GHzは広く普及しており、無線Wi-Fiに関わらず様々な家電機器で利用されています。そのため、他の機器との干渉を受けやすく、速度低下を起こしやすいデメリットもあるのです。したがって通信速度が遅いと感じたとき、5GHzに切り替えることで改善されるケースもあります。

一方、2.4GHzは5GHzと比べて遠くまで電波が届きやすいというメリットがあります。SoftBank Airを設定している部屋以外の場所で利用するときには、2.4GHzの方が繋がりやすくなるでしょう。

 

5GHzの特徴

次に、5GHzの特徴についてお伝えしていきます。5GHzの特徴を一言で言うならば「速度低下を起こしにくいが届く範囲は狭い」ことです。5GHzは先にもお伝えしたように同じ周波数を利用している機器が少ないため、外部の干渉を受けることも少なく、安定して通信することができます。ただし、電波があまり遠くへ届かないため、電波を飛ばす先の接続機器との距離が遠かったり、間に遮蔽物が多かったりすると途端に不安定になってしまう傾向もあるのです。

一軒家や1つ以上の部屋で利用する場合は、2.4GHzに設定しておいたほうが良いかもしれません。

 

Airターミナルや接続機器を再起動させる

SoftBank Airの速度が遅くなったときに試してみてほしいことの5つ目は、Airターミナルや接続機器を再起動させることです。電源を入れ直すことで、問題が改善される場合が多々あります。電源を切る順番は、接続機器→Airターミナルの順で、電源を入れる順番は反対の、Airターミナル→接続機器の順番です。電源を切ってから30秒後以降に電源を入れるのがベストと言われていますが、Airターミナルが熱を持っている場合は30分以上待ち、機器が冷えてからの再起動がベターです。

また、余談ですが、AirターミナルのLTEランプが赤点灯している場合や青いランプが1つしか点灯していない場合は電波が弱い状況です。再起動をした後に機器の状態が改善されたかどうかの判断基準にしてみてはいかがでしょうか。

 

SoftBank Airはデータ量に応じた通信制限はない

【本記事のまとめ】

  • SoftBank Airはデータ量に応じた通信制限はない
  • その代わり、以下の条件に当てはまる場合は速度制限がかかる可能性がある
    1.音声通話やテレビ電話などパケット信号をデータ通信に変換して利用するサービスや動画の閲覧、動画・画像ファイルの送受信をするとき
    2.特定のエリアでネットワークに高負荷がかかった場合
    3.過去3ヵ月の利用状況を鑑みて、特定エリアおよび特定時間帯におけるネットワークの高負荷が一部の利用者によるものと考えられる場合
  • 速度制限がかかった場合はなす術がないが、速度制限以外の原因の場合は「機器の再起動」や「設置場所の工夫」などの対処法はある

本記事では、SoftBank Airの通信制限についてお伝えしてきました。結論からお伝えすると、SoftBank Airに利用データ量に応じた通信制限はありません。ただし、上記の特定の条件に当てはまる場合のみ速度制限がかかることが稀にあります。通信制限がかかった場合は対処の方法はありませんが、原因がそれ以外にある場合は工夫次第で速度の改善が見込めます。「ちょっと遅いかな?」と思ったら、機器の再起動や設置場所の工夫・実測値を測るなどの対処法を試してみましょう。

-SoftBank Air
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.