モバイルルーター

【初心者向け】ポケットWiFi(モバイルルーター)の仕組みが知りたい!わかりやすく解説します

投稿日:

ポケットWiFi(モバイルルーター)の仕組みを説明する男性

「ポケットWiFiの選び方がわからない」「光回線となにが違うの?」など、ポケットWiFiについて疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

本記事では、ポケットWiFiの仕組みを初心者向けに詳しく解説。ポケットWiFi契約を検討中の方やすでに契約しているけどいまいち仕組みを理解できていない方は要チェックです。

ポケットWiFi(モバイルルーター)の定義

そもそもポケットWiFiとは、どのようなものを指す言葉なのでしょうか。まずは、もっとも初歩的な部分である、ポケットWiFiの定義についてご紹介します。

混同しやすい「ポケットWiFiとPocket WiFiの違い」や「ポケットWiFiとモバイルルーターの関係」も解説していくので、基本からしっかりマスターしていきましょう。

 

ポケットWiFiはY!mobileの「Pocket WiFi」のこと

インターネットでポケットWiFiと検索すると、英語表記のPocket WiFiと表示されているサイトがヒットします。「表記が異なるだけで、意味は同じもの」と感じてしまいますが、実はポケットWiFiとPocket WiFiは別のものを指しています。

英語表記のPocket WiFiは、Y!mobileが提供しているモバイルWi-Fiルーターのこと。モバイルルーター全体を表しているのではなく、特定の会社が販売している商品名なのです。

ついつい混同してしまいますが、Pocket WiFi=Y!mobileのモバイルルーターと認識しておきましょう。

 

モバイルルーターのことを「ポケットWiFi」ということもある

一方、カタカナで表記されたポケットWiFiは、一般的なモバイルルーターを指す言葉として利用されています。正式名称では「Y!mobileのポケットWiFi=Pocket WiFi」「UQコミュニケーションズ社のポケットWiFi=WiMAX」となりますが、総称してポケットWiFiと呼ばれることも多いのです。

 

モバイルルーターは3大キャリアやWiMAX・どんなときもWiFiなどのサービスがある

持ち運びに適したモバイルWi-Fiルーターを提供しているのは、au・docomo・SoftBankの大手3大キャリアに加えて、WiMAXの提供元であるUQコミュニケーションズや、どんなときもWiFi、Y!mobileなどが挙げられます。各モバイルルーターは使用する回線や月間の通信量が異なり、通信速度もさまざまです。

各モバイルルーターの違いや特徴をチェックしていきましょう。

【なにが違う?各回線、モバイルルーター別のスペック】

Pocket WiFi WiMAX docomo au どんなときもWiFi
使用回線 SoftBank回線 WiMAX/au 4G LTE docomo回線 WiMAX/au 4G LTE回線 キャリア回線3社
機種名 803ZT 801HW W06 L02 SH-05L HW-01L W06 D1
上り速度 37.5Mbps 37.5Mbps 75Mbps 75Mbps 75Mbps 131.3Mbps 75Mbps 50Mbps
下り速度 988Mbps 972Mbps 1.2Gbps 1Gbps 988Mbps 1.28Gbps 1.2Gbps 150Mbps

 

ポケットWiFi(モバイルルーター)とは?

インターネット回線について調べたときに登場する、ルーター・無線LAN接続・Wi-Fiなどのさまざまなフレーズ。知っているようで、正確に意味や役割を理解できていない方も多いのではないでしょうか。

次は、モバイルルーターを指す「ポケットWiFi」の仕組みを詳しく解説していきます。単語の意味や細かな違いについても丁寧に説明するので、じっくりチェックしてみてくださいね。

ポケットWiFi(モバイルルーター)について説明する女性

 

無線LANでインターネットに接続するための通信端末

ポケットWiFiやモバイルルーターとは、持ち運び可能なインターネット接続機器のこと。前述したとおり、Pocket WiFiは正確にはY!mobileのモバイルWi-Fiルーターを指す言葉ですが、現在はモバイルルーターを指す広い意味でも使用されています。

ポケットWiFiは、有線接続・無線LANルーター不要でインターネットに接続できるもの。基地局から発信される電波をポケットWiFiがキャッチして、パソコンやスマートフォンなどの各種端末に届けています。LANケーブルを用いた有線接続が必要ないため、自宅だけでなく外出先にも持ち出せるのが大きな特徴です。

 

そもそもルーターとは?

ポケットWiFiだけでなく、さまざまなインターネット回線でWi-Fiを利用する際に必要となるのがルーターです。

光回線や光コラボレーション回線などの固定回線を使ってインターネットを利用する際には、モデムやONUと呼ばれる機器と接続したい端末をLANケーブルで有線接続することでインターネット接続を行います。

複数の接続機器をインターネット接続したい場合や、スマートフォンやタブレット端末と無線接続したい場合に必要となるのが無線LANルーターです。無線LAN機能に対応したルーターを用意することで、ケーブル差し込み口のない接続機器もインターネット接続が可能になります。

 

そもそも無線LAN・WiFiとは?

ポケットWiFiの仕組みを説明する際にお伝えしたように、ポケットWiFiは無線LANでの接続が可能です。では、無線LAN接続を利用するためにはどうすればよいのでしょうか。無線LAN(Wi-Fi)の意味や仕組みを確認してみましょう。

無線LANは文字通り、インターネット回線とパソコンやスマートフォンなどの端末が無線状態でインターネットに接続すること。無線LAN接続のためには、アクセスポイントとなる親機と無線LANルーターを接続して電波を届ける必要があります。

無線LANルーターを利用しない場合、有線接続は可能ですが、LANケーブルの差し込み口のないスマートフォンやタブレット端末では接続できません。LANケーブル非対応の端末をインターネット接続したい場合や、親機と離れた端末にも電波を届けたいときに活躍するのが無線LAN機能です。無線LAN機能搭載のルーターを使えば、さまざまな端末に無線で電波を届けられます。

有線接続とちがい、無線LAN接続の場合はルーターのスペックに応じて10台以上の機器を同時接続可能。自宅で家族とインターネットを利用する場合や勤務先で複数の社員が回線を利用する場合には、無線LAN接続の方が利便的なのです。

 

ポケットWiFiでインターネット接続するために必要なもの

ポケットWiFiを利用するためには、ルーター本体だけでなく回線の契約もマストです。

次は、ポケットWiFiをインターネット接続するために用意しなければならないものを解説します。インターネット回線を選ぶ際の重要ポイントも解説するので、ポケットWiFi契約を検討している方はぜひ参考にしてくださいね。

 

本体端末

ポケットWiFiを利用するためには、基地局からの電波を接続機器に発信している本体を用意しなければなりません。端末自体はリユースショップやフリマアプリでも中古品が販売されていますが、性能面の不安もあるので極力公式サイトから新品を購入する方がおすすめです。

インターネット回線によって取り扱われている端末は異なるので、下記のページから各回線の端末をチェックしてみてくださいね。なお、auではKDDIグループ会社のUQコミュニケーションズ社が提供するWiMAX端末が販売されています。

【インターネット回線別 取り扱い機種】

 

インターネット回線の契約

ポケットWiFiを利用するためには、本体端末に加えてインターネット回線の契約も必要です。本体端末のみを所有していても、インターネット接続はできないので注意しましょう。

ポケットWiFiのインターネット回線は、会社によって月間の通信量や通信速度制限が大きく異なります。回線を選ぶ先には、サービス提供エリア・通信速度・月間の通信量・月額料金を総合的に比較していきましょう。

 

ポケットWiFi(モバイルルーター)はなぜインターネットに接続できるの?仕組みは?

これまでご紹介しているとおり、ポケットWiFiはインターネット回線各社の基地局から発信された電波をキャッチして接続機器に届けるもの。スマートフォンや携帯電話と同様に、回線契約された端末であれば外出先でもインターネットを利用できるのです。

ただし、インターネット回線を契約したポケットWiFiであってもサービス提供エリア外では通信は行えません。サービス提供エリア外は基地局からの電波が届かないエリアなので、どうしてもインターネット接続が困難になってしまうのです。

 

ポケットWiFi(モバイルルーター)と光回線の違い

「インターネット回線を契約したいけど、光回線とポケットWiFiで迷っている」「光回線とポケットWiFiはなにが違うの?」など、回線ごとの相違点についてよく知らない方も多いのではないでしょうか。

次は、モバイル回線であるポケットWiFiと固定回線である光回線の違いを解説。それぞれの回線のメリット・デメリットを確認していくので、回線選びの判断材料にしてくださいね!

 

ポケットWiFiは外出先でも利用できる

光回線は、一般的に自宅や勤務先などの屋内で使用するインターネット回線のことを指し、代表的なものとしてNTT東日本・西日本が提供するフレッツ光回線やKDDIの提供するauひかりなどが挙げられます。光ファイバー網と呼ばれるケーブルを電柱から宅内に引き込み、ONU(モデム)と引き込んだ回線を接続することでインターネット接続が可能になります。

ケーブルの引き込みや配線が必要であるため、光回線は特定の場所以外での使用や持ち運びができません。契約している場所やルーターから離れすぎてしまうと、いくらWi-Fi機能対応のルーターを用意していても接続機器の電波が届かなくなってしまうので注意しましょう。

一方、ポケットWiFiの場合はルーターさえ持っていればどこでもインターネット接続が可能。外出先でもインターネットを利用できるのが最大のメリットです。

 

ポケットWiFiは工事なしで利用できる

前述したように、光回線を利用するためには電波を届けるための光ファイバー網の引き込み作業が必要です。光回線を新規契約する場合は、原則スタッフによる自宅内での工事が行われます。回線開通工事は契約者もしくは契約者の家族や知人の立ち会いを求められる場合が多く、どうしても面倒な手間と工事費用がかかってしまいます。

一方、ポケットWiFiはインターネット回線を契約したルーターさえあればインターネット接続可能。インターネット回線の申し込み後、ルーターを受け取ればすぐにインターネット接続を開始できます。工事なしで利用できるのも、ポケットWiFiの魅力のひとつなのです。

 

ポケットWiFiは光回線よりも料金が安いことが多い

使用するエリアやプランによって多少の差はありますが、一般的にポケットWiFiは光回線よりも月額料金が安く設定されています。「とにかく安くインターネット回線を契約したい」と考えている方にとっては、断然ポケットWiFiがおすすめです。下記の表で、ポケットWiFiとフレッツ光回線の料金差を確認してみましょう。

【ポケットWiFiと光回線の月額料金差】

フレッツ光回線 Pocket WiFi どんなときもWiFi WiMAX
プラン名 フレッツ光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ Pocket WiFi2(ベーシック) 定額プラン ギガ放題
月額料金 5,700円+プロバイダ使用料 3,696円 3,480円 3,880円~

※上記月額料金にはオプション料金や端末分割費用などは含まれていません

上の表を比較すると、光回線とモバイルルーターとの料金差は一目瞭然。契約するモバイルルーターやプロバイダによって多少の差はありますが、モバイルルーターの方が光回線よりも2,000~3,000円以上安く利用できるのです。

 

ポケットWiFiは速度制限や通信量の制限があることが多い

持ち運び可能で月額料金も安いポケットWiFiですが、デメリットもいくつかあります。ポケットWiFiの最大の難点として挙げられるのが、通信量の制限や速度制限です。

月間の通信量に一切定めのない光回線に比べて、ポケットWiFiの場合は各回線や端末ごとに一定の規定や制限条件が設けられています。たとえば、WiMAXの「ギガ放題」やPocket WiFiの「Pocket WiFi2(ベーシック)アドパンスオプション加入時」であれば月間の通信量は無制限ですが、3日間の通信量が10GBを超えた場合に限定的な速度制限が適用されます。

通信量が無制限と謳いつつも、速度制限があるためオンラインゲームや高画質での動画視聴など通信量の大きなインターネット接続を行っている方にとって、ポケットWiFiはやや力不足な場合もあるのです。

 

ポケットWiFiは光回線よりも安定しないことがある

ポケットWiFiの魅力である無線LAN接続は、安定性を欠く原因にもなってしまいます。どうしても自宅まで光ファイバー網が引き込まれている光回線と比べて、場所を移動しながら利用するポケットWiFiは通信の安定性がやや弱くなってしまうのです。

SNS・メール送受信・Webサイトの閲覧などであれば問題ありませんが、通信量を多く消費するコンテンツを利用したり、オンラインゲームをするときには注意しましょう。

 

ポケットWiFiは充電が切れると使えないため注意が必要

ご紹介したように、ポケットWiFiは基地局から発信された電波をルーターから接続機器に届けています。つまり、ポケットWiFiのシステム上、ルーターが使えない状態ではインターネット接続を行えないのです。

スマートフォンや携帯電話と同様に、ルーターを持っていないときや電池切れの場合には使えないので気を付けてくださいね。

 

ポケットWiFiがおすすめの人

本記事では、ポケットWiFiの仕組みやメリット・デメリットについて詳しく解説してきました。では、結局のところポケットWiFiはどのような方におすすめなのでしょうか。最後に、ポケットWiFi利用に向いているユーザーをご紹介します。

どんな人にポケットWiFiがおすすめなのかチェックする女性

 

【ポケットWiFiの利用がおすすめの人】

  • 自宅でも外出先でもインターネット環境を整えたい
  • 月間の通信量が少ない格安SIMのスマホを利用している
  • 転勤や引っ越しが多く、固定回線を契約しづらい
  • 工事や面倒な配線をしたくない

上記に当てはまる方は、光回線よりもポケットWiFiの利用の方がおすすめです。

 

ポケットWiFiの魅力は、無線接続&工事不要!

「Pocket WiFiとWiMAXはなにが違うの?」「光回線とポケットWiFiはどちらがいいの?」など、インターネット回線の契約時はつい迷ってしまうもの。ルーターや無線LANなど、聞き慣れない単語も登場するので難しく感じてしまう方も多いのではないでしょうか。

しかし、本記事で解説したようにポケットWiFiの仕組みは非常にシンプル。各回線の基地局から発信される電波をポケットWiFiの端末を通じてスマートフォンやパソコンに届けています。現在新しいインターネット回線の契約を検討中の方は、持ち運び可能で月額料金も安いポケットWiFiについても検討してみてはいかがでしょうか。

-モバイルルーター
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved.