モバイルルーター

SIMフリーのモバイルルーターの特徴や、選ぶときの7つのポイントを紹介します

投稿日:

SIMフリーのモバイルルーターの特徴や、選ぶときの7つのポイントを紹介する女性

現在、SIMフリーのモバイルルーターの選び方について悩んでいませんか?モバイルルーターによって通信速度やSIMカードのサイズ、LTEの対応有無が異なるため、自分にとって最適なものを選ぶのは非常に難しいですよね。

本記事では、SIMフリーのモバイルルーターを選ぶときの7つポイントやおすすめのルーターについて解説していきます。

 

SIMフリーのモバイルルーターとは?

インターネットの通信費を抑えられる点や料金プランの選びやすさから注目されつつあるSIMフリーのモバイルルーターですが、そもそもSIMにはどのような役割があるのでしょうか。また、SIMフリーのモバイルルーターを利用するなら、どのようなメリットやデメリットがあるのか知っておくことも大切です。

まずは、SIMフリーのモバイルルーターとは、どのようなものなのか、その特徴について確認していきます。

 

SIMの役割とは?

SIMとは、Subscriber Identity Module Card(加入者識別モジュールカード)の略称で、正式名称は「SIMカード」です。

SIMカードには音声通話やデータ通信を実現する役割があり、音声通話とデータ通信が両方できるもの、音声通信のみのもの、データ通信のみのものなど、SIMカードの中にも種類があります。一般的にスマホを利用する際には、音声通話とデータ通信が両方できるSIMを挿入します。

一方で、モバイルルーターに挿入するSIMカードは、データ通信のみのものになります。

SIMカードにはdocomo・au・SoftBankなどの通信会社との契約情報が記されており、スマホの身分証明書としての機能を有しています。大手携帯会社が販売しているモバイルルーターは、特定の携帯会社しか利用できないようにSIMにロックがかかっています。そのため、例えばSIMロックのかかったauのモバイルルーターであればdocomoのサービスを利用できないのが原則です。

しかし、すべてのモバイルルーターにSIMロックがかかっているわけではなく、SIMロックのかかっていない通信端末も存在します。SIMロックのかかっていないものは、「SIMフリー端末」と呼ばれます。

SIMフリーのモバイルルーターを購入すれば、通信会社の縛りなくデータ通信が可能になります。

 

SIMフリーのモバイルルーターのメリット

SIMフリーのモバイルルーターを利用すれば、docomo・au・SoftBankなどの大手通信会社以外にも制限なくインターネット接続ができますが、実際に使用するとどのようなメリットがあるのでしょうか。具体的なメリットは、下記のとおりです。

【メリット一覧】

  • 格安の通信会社と契約できるため、通信費を節約できる
  • 通信会社の縛りがなく、好きなモバイルルーターの機種を選ぶことができる
  • 様々な料金プランから自分に合ったものを簡単に見つけられる

SIMフリーのモバイルルーターには、契約先に制限がないため通信費を節約しやすく、好きなモバイルルーターの機種を選べるメリットがあります。また、様々なインターネットの通信会社と自由に契約できるため、自分の生活スタイルや使用状況などに合った料金プランを見つけやすいのです。

 

SIMフリーのモバイルルーターのデメリット

一方で、SIMフリーのモバイルルーターを利用すれば、どのようなデメリットがあるのでしょうか。具体的なデメリットは、下記のとおりです。

【デメリット一覧】

  • 様々な種類やサイズのSIMカードから自分で最適なものを選ぶ手間が発生する
  • 通信会社のサポートが手厚くないケースが多いため、機器の初期設定やトラブルの解決を自分でする必要がある

SIMカードには様々な種類やサイズがあり、SIMフリーのモバイルルーターを利用する場合は、自分で最適なSIMカードを選ばなければいけません。そのため、SIMカードについてわからないことが多いという方は、少し不安に思うでしょう。

他にも、初期設定やトラブルの解決方法について店頭で説明を受けるのが難しいケースがほとんどなので、自分で解決する必要があります。

 

SIMフリーのモバイルルーターの使い方

SIMフリーのモバイルルーターは、「通常のものよりも使い方が難しいのでは?」と疑問に思っている方もいるでしょう。

モバイルルーターの一般的な使用手順は、下記のとおりです。

SIMフリーのモバイルルーターの使い方を考える女性

 

【モバイルルーターの使用手順】

STEP1.付属のACアダプターをコンセントに繋いで、モバイルルーターのバッテリーを充電する

STEP2.モバイルルーターの充電が完了したら、SIMカードの挿入を確認したうえで電源を入れる

STEP3.モバイルルーターと使用予定のパソコンやスマホなどの通信端末を接続する

特に、使い方が難しいということはありません。初期設定さえ済ませれば、電源をオンにするだけでインターネットと接続できます。

 

SIMフリーの価格の目安

SIMフリーのモバイルルーターを利用する場合、端末の購入代金としてどれくらいの予算を用意しておく必要があるのでしょうか。最新のモバイルルーターの違いについては後述しますが、価格の目安としては10,000~20,000円前後で購入が可能です。

モバイルルーターによって接続速度や通信方式が異なるため、価格だけでモバイルルーターの購入を決めることはあまりおすすめできません。価格以外にも性能の違いや契約後の使い方なども考慮したほうが自分に合ったものを見つけやすいです。

 

SIMフリーのモバイルルーターを選ぶポイント

SIMフリーのモバイルルーターを選ぶ際の、具体的な判断のポイントは下記の7点です。

  1. 対応している周波数帯(バンド)
  2. 通信速度
  3. USBや無線などのタイプ
  4. SIMカードのサイズ
  5. LTEに対応しているか
  6. デュアルSIM対応か
  7. バッテリーの持ち時間

SIMフリーのモバイルルーターを選ぶポイントについて、それぞれ詳しく確認していきます。

 

ポイント1.対応している周波数帯(バンド)

SIMフリーのモバイルルーターの選び方の1つ目のポイントは、対応している周波数帯(バンド)の違いです。

通常、スマホやパソコンは電波を利用してインターネット通信を行っています。電波は、契約先の通信会社によって使用可能な周波数帯が細かく区分けされています。なぜ区分けされているのかというと接続可能な周波数には限りがあるからです。接続可能な周波数帯は、モバイルルーターの端末によって明確に異なります。

例えば、あるSIMフリーの端末はdocomoやauなどの一部の周波数帯に接続できません。しかし、特定の周波数帯への接続ができなくても、他の周波数帯には接続できるため、SoftBankには接続が可能といったケースがあります。

SIMフリーのモバイルルーターを選ぶ際には、使用したいSIMの周波数帯への接続が可能なのか調べておきましょう。

 

ポイント2.通信速度

SIMフリーのモバイルルーターの選び方の2つ目のポイントは、通信速度の速さです。

高速データ通信プランを契約していても、モバイルルーターの性能がその通信速度に対応していなければ、契約したプランどおりの速度は実現できません。例えば、最大通信速度1Gbpsのプランを契約していたとしても、モバイルルーターで出せる速度が150Mbpsだった場合、150Mbps以上の通信速度は出ません。

とはいえ、下記の表にあるとおり、一般的にインターネット接続は10~30Mbpsもあれば十分です。

【スピードと快適性の詳細一覧】

スピード 通信の快適性
30Mbps以上 非常に快適に使える
10~30Mbps 快適に使える
5~10Mbps まあまあ快適だが、使い方によっては満足できない可能性がある
1~5Mbps パソコンだと動画が止まる時が出てくる
1Mbps以下 動画の視聴が困難、または高画質画像の表示が遅い

 

ポイント3.USBや無線などのタイプ

SIMフリーのモバイルルーターの選び方の3つ目のポイントは、USBや無線などのタイプです。モバイルルーターには、USB接続タイプと無線で接続する2つのタイプがあります。

USBで接続するタイプは、USB端子のないタブレットやゲーム機などの端末には利用できませんが、接続端子のあるノートパソコンでの利用に最適です。USBタイプは、接続端子から給電しながら利用するため充電を気にすることなく使用できます。

一方で、無線で接続するタイプのモバイルルーターは、USB端子のないタブレットやゲーム機でも、無線でインターネット接続ができます。無線接続に対応している様々な端末に接続できるメリットがありますが、モバイルルーターを利用するには事前に充電する必要があります。

 

ポイント4.SIMカードのサイズ

SIMフリーのモバイルルーターの選び方の4つ目のポイントは、SIMカードのサイズです。SIMカードには、3種類の代表的なサイズがあります。

【サイズ一覧】

  • 標準SIM
  • micro(マイクロ)SIM
  • nano(ナノ)SIM

SIMカードのサイズは、標準規格化されており会社によって大きく異なるということはありません。しかし、SIMカードのサイズを間違えるとモバイルルーターに差し込むことができないので、どのサイズに対応している端末なのか調べてから購入しましょう。

 

ポイント5.LTEに対応しているか

SIMフリーのモバイルルーターの選び方の5つ目のポイントは、LTEに対応しているかです。LTEとは、次世代の高速携帯通信規格のことで、従来の通信規格である3Gの通信規格を高速化させたものです。

LTEの通信技術を利用するには、モバイルルーターがLTEの通信規格に対応している必要があります。SIMカードがLTEに対応していても、モバイルルーターがLTEに対応していなければ高速通信は実現できません。

そのため、モバイルルーターを選ぶ際は、LTEに対応しているかを事前に確認しましょう。

 

ポイント6.デュアルSIM対応か

SIMフリーのモバイルルーターの選び方の6つ目のポイントは、デュアルSIM対応かどうかです。デュアルSIMに対応しているモバイルルーターを利用すれば、2つの回線を1台の端末で同時に扱うことができます。他にも、デュアルSIMならデータプランを私生活と仕事で使い分けることも可能です。

複数のSIMカードが手元にあってもデュアルSIMに対応していないモバイルルーターは、利用のたびに抜き差し作業が発生します。もし、モバイルルーターがデュアルSIMに対応していれば2枚以上のSIMカードを同時に入れられるため抜き差す必要がなくなります。

 

ポイント7.バッテリーの持ち時間

SIMフリーのモバイルルーターの選び方の7つ目のポイントは、バッテリーの持ち時間の長さです。どれだけ性能が良くてもバッテリーの持ち時間が短ければ、非常に不便です。長時間、バッテリーの充電量を気にすることなく利用したい方は、大容量バッテリーを搭載したモバイルルーターを選びましょう。

 

SIMフリーのモバイルルーターの比較

2019年の最新のSIMフリーのモバイルルーターを8つの項目で比較します。比較内容は、下記のとおりです。

【モバイルルーター比較表】

商品名 Aterm MR05LN Mobile WiFi E5577 +F FS040U +F FS030W Aterm MP02LN
メーカー NEC HUAWEI 富士ソフト 富士ソフト NEC
周波数帯 公式サイトを参照 公式サイトを参照 公式サイトを参照 公式サイトを参照 公式サイトを参照
通信速度 下り150Mbps 下り150Mbps 下り150Mbps 下り150Mbps 下り150Mbps
上り50Mbps 上り50Mbps 上り50Mbps 上り50Mbps
接続タイプ 無線 無線 USB 無線 無線
SIMカードサイズ nanoSIM 標準SIM microSIM microSIM microSIM
LTEの対応有無 対応あり 対応あり 対応あり 対応あり 対応あり
デュアルSIM対応有無 対応あり 対応なし 対応なし 対応なし 対応なし
バッテリーの持ち時間 約14時間 約12時間 約20時間 約10時間

全体的に通信速度には、特に差がありません。

2枚以上のSIMカードを利用したいのなら、デュアルSIMに対応しているNECのAterm MR05LNがおすすめです。バッテリーの持ち時間を優先するのなら約20時間利用できる富士ソフトの+F FS030Wが約20時間と、他のモバイルルーターと比較すると魅力的です。

有線での使用が前提であれば、富士ソフトの+F FS040Uは、USBでの接続タイプなのでバッテリーを気にせずに利用できます。

周波数帯については、複雑に分岐するため、下記の公式サイトを参照してください。

 

SIMフリーのモバイルルーターのよくある質問

SIMフリーのモバイルルーターについてよくある質問を確認していきます。

SIMフリーのモバイルルーターについて質問する女性

 

中古のものでもおすすめ?

中古のSIMフリーのモバイルルーターを利用する際は、少し注意が必要です。主な注意点は、下記のとおりです。

【注意点一覧】

  • 性能が悪く、通信速度が遅くて使えないことがある
  • バッテリーが消耗しており、充電してもすぐに電源が切れてしまうことがある
  • 特定の回線に限定して対応したものであれば、他で利用できないことがある

中古のSIMフリーのモバイルルーターを購入する最大のメリットは、格安で端末を購入できることですが、動作確認が行われておらず使えないことがあります。他にも通信性能の悪さやバッテリーの消耗など、購入前にはわからなかった問題も発生するケースもあるため十分に注意してください。

 

海外でも利用できるの?

せっかくSIMフリーのモバイルルーターを利用するのなら、海外でも利用したいですよね。SIMフリーのモバイルルーターなら海外でも問題なくインターネット接続ができます。海外で利用する際は、現地のSIMカードを購入してインターネット接続を行います。

請求料金は、現地のSIMカードを購入した場合は現地の標準価格となります。

 

回線契約しているモバイルルーターもSIMフリー化できるの?

インターネット上でも詳細不明な情報が多く見つかったため、真偽の確認のために回線業者の方に「回線契約しているモバイルルーターは、SIMフリー化できますか?」と質問してみました。すると、「端末に同梱されておりますSIMカードを挿入いただいて通信開始となっておりますが、お客様がお持ちのカード等と差し替えてのご利用につきましては、動作保証等確認ができないため、可否等につきましては一概には断言致しかねます」と回答していただきました。

深く追求するため「機種によって仕様が異なるため断言できないもののモバイルルーターをSIMフリー化できるということですか?」と再度質問したところ、「可能性としてはできる場合があります」と回答していただきました。

つまり、回線契約しているモバイルルーターをSIMフリー化する場合は、端末の仕様によってその可否が決まるため、気になる方は事前に機器の詳細について調べておいた方が良いでしょう。

 

SIMフリーのモバイルルーターを7つのポイントから選ぼう

SIMフリーのモバイルルーターは、SIMロックが解除されているため通信会社に縛られずインターネットが利用できます。
SIMフリーだからといって使い方が難しいということはなく、無線タイプならモバイルルーターを充電し、電源をオンにして初期設定さえ済ませれば、いつでも簡単にインターネット接続ができます。一方で、USBタイプなら充電なしで利用できます。

モバイルルーターを選ぶ際は、デュアルSIM対応の有無や、バッテリーの持ち、最大通信速度などのポイントを軸に、自分に合うものを見つけましょう。

-モバイルルーター
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved.