モバイルルーター

3社のモバイルルーターを徹底比較!自分にあったモバイルルーターを見つけよう

投稿日:

3社のモバイルルーターを比較する女性

モバイルルーターの中でもおすすめできるWiMAXとPocket WiFi、どんなときもWiFiを比較しながら、どんな方にどのモバイルルーターが合うのかを解説します。各モバイルルーターの利用可能エリアや、おすすめポイントをよく理解して、自分に最適なものを見つけられるようにしてください。

3社のモバイルルーターを項目別に比較

WiMAX・Pocket WiFi・どんなときもWiFiの3社のモバイルルーターは性能やサービスが充実しており、非常におすすめできるものです。モバイルルーターにとって重要な要素を3社で比較しながら、3社の特徴を解説します。

【モバイルルーター選びに重要な5つの要素】

  • エリア
  • 対応している回線
  • 速度制限
  • 通信量
  • 月額料金

モバイルルーター選びでは月額料金の安さに目が向きがちですが、単純な金額ではなく使い勝手と費用を照らし合わせて、納得感の高いものを選ぶことが大切です。

3社のモバイルルーターの特徴を解説していきます。

 

エリア

使えるエリアが最も広いのはどんなときもWiFiで、別途料金はかかりますが海外でも使えます。

【使えるエリアの比較】

エリアの広さ
WiMAX 広い
Pocket WiFi 狭い
どんなときもWiFi とても広い

 

WiMAXで利用している「WiMAX2+」は利用可能エリアが広く、今後もエリアを拡大する予定です。反対にPocket WiFiのエリアは狭く、都市部以外ではデータ容量無制限で使えるエリアはかなり限られています。

どんなときもWiFiはクラウドSIMと呼ばれる、様々な回線を自動で切り替えながら使える仕組みを利用しています。電波状況が悪くなっても、電波状況の良い別な回線に切り替えてくれるので、広いエリアで快適に使えるでしょう。

 

対応している回線

対応している回線が最も多いのは、様々な回線を自動で切り替えられるどんなときもWiFiです。

【対応している回線の比較】

データ容量無制限のモード データ容量に制限のあるモード
WiMAX WiMAX2+ au4GLTE
Pocket WiFi AXGP/TDD-LTE LTE-AXGP
どんなときもWiFi 様々な回線を自動切り替えで利用

WiMAXの「au4GLTE」とPocket WiFiの「LTE-AXGP」はそれぞれ携帯キャリアの保有している回線で、使えるエリアが広いのが特徴です。ただし両回線とも月間7GBまでしか使うことができず、7GBを超えると速度制限がかかります。

「WiMAX2+」と「AXGP/TDD-LTE」は月間のデータ容量制限がなく使えるモードで、「WiMAX2+」の方が広い範囲で利用可能です。

 

スピード

対応回線が多く、使えるエリアも広かったどんなときもWiFiですが、スピードではWiMAXとPocket WiFiに勝っています

【最大通信速度の比較】

下り 上り 端末
WiMAX 440Mbps 30Mbps Speed Wi-Fi NEXT W06
Pocket WiFi 866Mbps 37.5Mbps Pocket WiFi 803ZT
どんなときもWiFi 150Mbps 50Mbps D1

※無線通信を利用した場合の速度です。
※データ容量が無制限のモードでの比較です。

最大通信速度が最も早いのはPocket WiFiですが、データ容量無制限のモードを使えるエリアは都市部が中心です。都市部以外に住んでいるのであれば、最も快適なスピードが出るのはWiMAXのケースが多いのです。

 

速度制限

速度制限が最もかかりにくいのはどんなときもWiFiです

【速度制限の比較】

通信制限がかかる条件
WiMAX 3日で10GB以上使ったとき
Pocket WiFi(通常プラン) 月間7GB以上使ったとき
Pocket WiFi(アドバンスオプション) 3日で10GB以上使ったとき
どんなときもWiFi ネットワークを占有するほどの大容量通信をしたとき

Pocket WiFiの通常プランは月間7GBまでの制限があり、7GBを使いきると月が替わるまで速度制限がかかります。

WiMAX、Pocket WiFiのアドバンスオプション、どんなときもWiFiは月間のデータ容量に制限がないため、データ容量をたくさん使っても月が替わるまで速度制限がかかることはありません。

ただしデータ容量無制限のプランでもWiMAXとPocket WiFiでは3日で10GB以上のデータ容量を使ったときは翌日の夜間に速度制限がかかります。またどんなときもWiFiでは他のユーザーの通信に支障をきたすレベルの大容量通信をした場合は、速度制限がかかる可能性があります。

 

通信量

Pocket WiFiのみ月間のデータ通信量に制限のあるプランがありますが、WiMAXとどんなときもWiFiの通信量は基本的に無制限です。

前述のとおり、データ容量無制限でも、WiMAXとPocket WiFiの「アドバンスオプション」では、3日で10GBまでの上限があります。どんなときもWiFiでは通信量の上限は特に定められておらず、速度制限がかかることは基本的にありません。

 

月額料金

月額料金が最も安いのはどんなときもWiFiですが、3社とも金額は近く、他のモバイルルーターと比べてお得といえるでしょう。

【月額料金の比較】

月額料金
WiMAX 3,880円
Pocket WiFi 4,380円
どんなときもWiFi 3,480円

※データ容量無制限のプランでの比較

WiMAXでは「ハイスピード」と「ハイスピードプラスエリア」の2つのモードがあり、「ハイスピードプラスエリア」を利用すると、利用した月は別途1,005円のオプション料がかかります。

ただ、単純に月額料金だけで「安い」「高い」を決めないことです。オプション料や速度、使えるエリアなどを照らし合わせながら使い勝手の良いものを選ぶことが、コストに対しての納得感を高めるでしょう。

 

WiMAXを利用するなら、プロバイダの検討が必要

WiMAXは公式サイトだけでなくプロパイダ経由での申し込みも可能で、プロパイダ経由で申し込んだ方がお得な場合も多いです。

プロパイダ経由で申し込むことによりどんなメリットがあるのか、具体的にどのプロパイダから申し込むのがおすすめなのかを解説します。

プロバイダから説明を受ける女性

 

プロバイダ経由の契約でキャッシュバック・キャンペーンが利用できる

WiMAXは公式サイトで申し込むよりもプロパイダから申し込んだ方がキャッシュバックやキャンペーンが利用できてお得です

公式サイトから申し込んだ場合、月額料金は安いですが初期費用としてモバイルルーターの端末購入代の15,000円がかかり、結果的に費用は高くなります。プロパイダによっては端末購入代を無料にするキャンペーンを行っているところもあるので、上手に利用しましょう。

またキャッシュバックを行っているプロパイダもあり、数万円のキャッシュバックを受けられるプロパイダもあります。

 

プロバイダによって月額料金が異なる

WiMAXの月額料金はプロパイダによって異なります。

公式である「UQコミュニケーションズ」からの申し込みでは月額料金がずっと3,880円と、プロパイダ経由での申し込みよりも安く使えます。

とはいえプロパイダのキャンペーンやキャッシュバックもかなりお得です。よりお得なプロパイダを選んだり、どのくらいの期間使うのかを考えたりして、最終的に最もお得に契約できるところから申し込むと良いでしょう。

 

おすすめのプロバイダはGMOとくとくBB

WiMAXのプロパイダとして最もおすすめなのはGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBでは端末購入代が無料になるキャンペーンを行っており、初期費用を抑えることができます。また最大で31,000円のキャッシュバックを受けられるキャンペーンもあるので、ぜひ活用しましょう。

上記ページからの申し込みでないとキャンペーンは受けられないため、お気を付けください。

 

どのモバイルルーターがおすすめ?

3社のモバイルルーターを比較しながら紹介してきましたが、結果的にどのモバイルルーターがおすすめなのかお伝えします。

【モバイルルーターのおすすめ】

  • 速度を求める方:WiMAX
  • 速度制限を気にしたくない方:どんなときもWiFi

どんな方にどのモバイルルーターがおすすめなのか、理由も合わせて紹介します。モバイルルーターがあったらどんな使い方をするかイメージしながらお読みください。

 

速度を求めるならWiMAX

インターネット回線を快適に利用するための速度を求めるならWiMAXがおすすめです。

Pocket WiFiも速度は速いですがデータ容量無制限で使えるエリアが限られているので、データ容量を使い切って速度制限がかかり、結果的に速度が遅くなる可能性が高いです。

データ容量無制限で使えるエリアが広く、端末の通信速度の速いWiMAXを使うことで、どんな場所でも快適にインターネットを利用できるでしょう。

 

速度制限を気にせず利用したいならどんなときもWiFi

速度制限を気にせずデータ容量をたくさん使いたい方にはどんなときもWiFiがおすすめです。

WiMAXにもPocket WiFiにも月間のデータ容量無制限のプランはありますが、両モバイルルーターとも3日で10GB以上データ容量を使用すると一定時間、通信制限がかかります。

どんなときもWiFiには他のモバイルルーターのような短期間でのデータ容量制限もないので、本当の意味でデータ容量無制限で使うことができるでしょう。

 

【速度ならWiMAX、データ容量ならどんなときもWiFi】モバイルルーターは自分にとって使い勝手の良いものを選ぼう

WiMAX・Pocket WiFi・どんなときもWiFi、3社ともおすすめできるモバイルルーターですが、特におすすめなのがWiMAXとどんなときもWiFiです

様々な回線を切り替えながら使うことで利用可能エリアを広げ、速度制限を受けることがほぼないどんなときもWiFiは、データ通信量が多く色々な場所でモバイルルーターを使いたい方におすすめできます。WiMAXは通信速度が速く利用可能エリアも広い使い勝手の良いモバイルルーターで、キャンペーンが充実しておりお得度も高いといえるでしょう。

使えるエリアやデータ容量、月額料金とキャンペーンの有無など、使い勝手と総合的なコストを照らし合わせて自分に合ったモバイルルーターを選んでくださいね。

-モバイルルーター
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved.