Pocket WiFi

Pocket WiFiは無制限に使えるの?他社の無制限で使えるポケットWiFiも紹介!

投稿日:

Pocket WiFiは無制限に使えるのか・社の無制限で使えるポケットWiFiも紹介する女性

モバイルルーターは使用データ量に応じて速度制限が課せられる場合も多くあります。Y!mobileが提供するモバイルルーター、Pocket WiFiは無制限で使えるのでしょうか。本記事では、Pocket WiFiの速度制限についてや無制限で使えるモバイルルーターについてもご説明していきます。

 

Pocket WiFiは容量無制限で使えるの?

まずはモバイルルーター「Pocket WiFi」の速度制限についてご説明していきます。多くのモバイルルーターは、使用データ量に応じて速度制限が課せられます。しかし、Pocket WiFiの場合は一定の条件を満たせば無制限で使うことができるのです。以下では、Pocket WiFiについての概要と、容量無制限で使う方法についてご紹介していきます。

 

Pocket WiFiはSoftBankが提供するモバイルルーターのこと

まずはPocket WiFiの概要についてご紹介していきます。Pocket WiFiは、Y!mobileが提供するモバイルルーターのこと。モバイルルーターを「ポケットWiFi」と呼ぶ場合もありますが、一般呼称ではなく、特定の商品名だということを覚えておいてください。

ちなみに、2019年12月現在、展開されているPocket WiFiは6種類です。機能やスペックも機種によってまちまちで、オンラインストアで購入できるものとそうでないものがあります。購入を検討している方は下記リンクで比較してみると良いでしょう。

 

アドバンスオプションに加入した場合容量無制限で利用できる

Pocket WiFiの速度制限について、結論から言うと、一般的なモバイルルーター同様に速度制限がかかってしまいます。データ量の上限である7GBを越えると、4Gの高速通信から最大通信速度128Kbpsと速度がかなり落ち込んでしまうのです。

ただし「アドバンスオプション」に加入した場合は容量無制限で利用できます。同オプションは月額684円で利用できるサービスで、以下の対象プラン・機種に該当する方が利用できます。

【アドバンスプランの加入条件】

アドバンスプランの加入条件
対象プラン Pocket WiFiプラン2(ベーシック)
Pocket WiFiプラン2
対象機種 Pocket WiFi 803ZT
Pocket WiFi 801HW
Pocket WiFi 701UC
Pocket WiFi 603HW
Pocket WiFi 504HW
Pocket WiFi 502HW

 

アドバンスオプションの申し込みは「My! Ymobile」から手続き可能です。

 

ただし、3日間で10GBのデータを使用してしまった場合は、通信品質確保のため、アドバンスオプションに加入していた場合にも速度制御がなされます。アドバンスオプションに加入していた場合で、直近3日間のデータ使用量が10GBを切れば速度は元に戻ります。短期間に集中してデータを使用しすぎないように注意しましょう。

 

他社モバイルルーター(ポケットWiFi)は無制限で利用できる?

モバイルルーター「Pocket WiFi」についてご紹介してきましたが、上記以外の会社が提供するモバイルルーターにはどんなものがあるのでしょうか。以下では、docomo・au・UQ WiMAX・どんなときもWiFiの4つのモバイルルーターが無制限で利用できるかどうかについてご説明していきます。

 

docomoが提供するモバイルルーター

1つ目にご紹介するのは、docomoが提供するモバイルルーターの速度制限についてです。docomoが提供するモバイルルーターのプランは「ギガホ」と「ギガライト」の2つに分かれています。ギガホの場合は30GB、ギガライトの場合は7GBを越えると、ギガホの場合は送受信最大1Mbps、ギガライトの場合は送受信最大128kbpsの速度制限がかかります。

ただし、月額1,000円の「データプラス」に申し込むことによって、各データ量上限を越えても同じ速度で快適に利用することができます。

 

auが提供するモバイルルーター

2つ目にご紹介するのは、auが提供するモバイルルーターの速度制限についてです。auのモバイルルーターは、利用しているプランによって速度制限の条件が異なります。

【「WiMAX 2+ フラット for DATA」の場合】
データ利用量が7GBを越えた場合、当月末までの通信速度が128Kbpsになります。このとき「エクストラオプション」に加入している場合のみ、速度制限の影響を受けません。

【「WiMAX 2+ フラット for DATA EX」の場合】
データ利用量が7GBを越えた場合、当月末までの通信速度が128Kbpsになります。ただし、 「ハイスピードモード」のみの利用の場合は、速度制限の影響を受けません。

上記以外に、3日間で10GB以上のデータを使用した場合は、 18時~2時に通信速度が128Kbpsになります。これは2つのプランのいずれにも共通し、残データ容量にかかわらず制限の対象となります。

 

UQ WiMAXが提供するモバイルルーター

3つ目にご紹介するのは、UQ WiMAXが提供するモバイルルーターの速度制限についてです。UQ WiMAXは「ギガ放題」と呼ばれる、通信量の上限がないプランを提供しています。しかし、3日間で10GB以上のデータ利用があった場合は、3日間で10GBを越えた日の翌日の18時頃~翌2時頃まで、最大概ね1Mbpsの速度制限がかかることを覚えておきましょう。

UQ WiMAXの場合はデータ量を増やす救済措置はありません。代わりに、公衆無線LANサービス「UQ Wi-Fiプレミアム」を利用する方法はあります。

UQ Wi-Fiプレミアムは、駅や列車・空港といったUQ Wi-Fiエリアなど、全国にあるアクセスポイントでWi-Fiが利用できるサービスです。利用料は無料で、申し込みはmy UQ WiMAXで手続きできます。

 

どんなときもWiFi

4つ目にご紹介するのは、どんなときもWiFiが提供するモバイルルーターの速度制限についてです。どんなときもWiFiは今回ご紹介するモバイルルーターの中で唯一、データ容量無制限で利用できます

どんなときもWiFiはモバイルSIMを採用したルーターです。他社ルーターの場合はルーター内のSIMが近くの電波塔から出ている電波をキャッチして通信を行いますが、どんなときもWiFiはSIMの差し込み不要。クラウド上の複数のSIMから最適なSIM情報を適用していることが特徴です。

ただし、著しくネットワークを占有するレベルの大容量のデータ送受信を行った場合は、通信速度が制限される場合もあります。違法ダウンロードなどの不正ダウンロードの疑いがある場合は利用停止になることもあるので注意しましょう。

 

無制限のモバイルルーター(ポケットWiFi)はおすすめできない?

データ容量無制限のモバイルルーターとして「どんなときもWiFi」をご紹介しましたが、容量無制限のモバイルルーターはおすすめできない説もあります。一体なぜなのでしょうか。

無制限のモバイルルーター(ポケットWiFi)はおすすめできないと聞いて悩む女性

 

以下では、無制限のモバイルルーターがおすすめできないと言われる理由についてご紹介していきます。

 

通信速度が遅いことが多い

無制限のモバイルルーターがおすすめできない理由の1つ目は、通信速度が遅いことです。無制限のモバイルルーターはデータ容量に制限がない分、通信速度が遅いケースもあります

たとえば「どんなときもWiFi」の最大通信速度は、下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsです。対してdocomoのWi-Fi STATION HW-01Lの最大通信速度は下り1288Mbpsと、どんなときもWiFiの10倍近くの速度が出ます。

機種にもよりますが、無制限のモバイルルーターは確かに通信速度が遅い傾向にあるといえるでしょう。ただし、60Mbps程度あれば高画質の動画も問題なく見られる程度のスピードです。実測値が速い場合、理論上のスピードはあまり気にしすぎなくても大丈夫です。口コミなどを参考に判断しましょう。

 

容量は無制限でも通信制限がかかることもある

無制限のモバイルルーターがおすすめできない理由の2つ目は、無制限でも速度制限がかかることもあります。

たとえば、どんなときもWiFiの場合は、ネットワークに著しい支障をもたらす大容量のデータ通信をすると速度制限がかかる可能性があるのです。無制限のモバイルルーターの通信制限はよほどのことがないとかかりませんが、通信制限される可能性がまったくゼロではないことには注意しておきましょう。

他社モバイルルーターの場合は3日間で10GBなどの上限が設定されています。制限があると聞くと、敬遠しがちですがご自身の使用量を考えて、3日で10GBあれば十分なのか足りないのか判断するのも一案です。

 

契約期間が長い可能性がある

無制限のモバイルルーターがおすすめできない理由の3つ目は、契約期間が長い可能性があることです。モバイルルーターの一般的な契約期間は2年ですが、中には3年契約のルーターも。特に容量無制限のモバイルルーターは契約期間が長いものが多く、契約更新月以外の解約で違約金が発生しやすくなっているケースもあります。先にご説明した「どんなときもWiFi」の契約期間は2年間ですが、それ以外のルーターの契約期間もよく確認するようにしましょう。

 

おすすめの容量無制限のモバイルルーター(ポケットWiFi)は?

上記を踏まえて、最もおすすめの容量無制限のモバイルルーターは「どんなときもWiFi」です。

速度制限がかからないと書いてあるものでも、実際には3日間で10GBを越えると一時的に速度制限がかかるなどの制約があります。その点、どんなときもWiFiはネットワークに著しい影響を及ぼさない限りは速度制限がかかりません。実質容量無制限なのは、どんなときもWiFiだけなのです。

ただし、通信速度は他社のモバイルルーターよりも遅めに設定されています。速度面が気になる方は、WiMAXの公衆無線LANを利用してデータ使用量を抑えたり、auやdocomo・Pocket WiFiのデータ容量を増やすプランを申し込んで使用する方法はあります。容量無制限をとるか、速度をとるかは悩ましいところですが、使用する環境やデータ量などを比べてベストな選択をしてみてくださいね。

 

Pocket WiFiを使うならアドバンスオプションを申し込もう

【本記事のまとめ】

  • Pocket WiFiは7GBを越えると速度制限がかかる
  • アドバンスオプションに申し込めば速度制限はない
  • ただし3日間で10GBを越えると速度制限がかかる
  • どんなときもWiFiは完全容量無制限のWiFiだが、通信速度が遅い
  • 完全容量無制限ならどんなときもWiFi、速度が気になるならデータ量を足して他社モバイルルーターを利用する

本記事では、Pocket WiFiが容量無制限かどうかと、他社のモバイルルーターの通信制限事情について解説してきました。結論から言うと、Pocket WiFiは容量無制限ではありません。アドバンスオプションを付ければ制限が解除されますが、データ使用量が3日間で10GBを越えた場合は速度制限がかかります

完全容量無制限のモバイルルーターはどんなときもWiFiですが、通信速度は他社よりも遅くなっています。そのため、速度が気になる方は他社のモバイルルーターを使用するのがおすすめです。使用環境やデータ量などを比べて、自分に合うモバイルルーターを見つけてみてくださいね。

-Pocket WiFi
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved.