Pocket WiFi

【1分で簡単チェック】Pocket WiFiが対応しているエリアを確認しよう

投稿日:2020年1月5日 更新日:

Pocket WiFiが対応しているエリアを説明する女性

モバイルルーターを契約するとき、最初に確認すべきなのがサービス提供エリアです。

本記事では、Y!mobileとSoftBankが提供するPocket WiFiのサービス提供エリアについて徹底解説。利用できるエリアか否かを、1分で簡単にチェックする方法をご紹介します。Pocket WiFi契約を検討中の方は必見ですよ。

Pocket WiFiが対応しているエリア

まずは、Pocket WiFiのサービス提供エリアを確認する方法をご紹介します。

Pocket WiFiはSoftBankとY!mobileから提供されており、エリアのチェック方法だけでなく取り扱い機種も異なるので注意しましょう。

 

Y!mobileのPocket WiFi

Y!mobileでPocket WiFiを契約する場合には、Y!mobile公式サイトからエリアを検索しましょう。以下の手順を参考に、利用したい機種をタップしてサービス提供エリアをチェックしてくださいね。

【Y!mobileのPocket WiFi サービス提供エリア検索方法】

step
1
STEP1.Y!mobileの公式サイト「エリア」にアクセス

step
2
STEP2.利用予定のPocket WiFiを選択

step
3
STEP3.エリアマップで自宅周辺をタップ

step
4
STEP4.マップのカラーでサービス提供エリアを確認する


ピンク色:高速データ通信 4G 対応エリア
青:アドバンスモード対応エリア(標準モードも利用可能)
白:サービス提供エリア外

博士
マップに色がついていないところでは残念ながら、利用できないのじゃ。

 

SoftBankのPocket WiFi

SoftBankでPocket WiFiを契約する場合は、SoftBank公式サイトからエリアを検索しましょう。以下の手順を参考に、利用するルーターのメーカーや機種を入力して検索してみてくださいね。

【SoftBankのPocket WiFi サービス提供エリア検索方法】

step
1
STEP1.SoftBank公式サイト「サービスエリア」にアクセス

step
2
STEP2.製品カテゴリーでモバイルデータ通信を選択

step
3
STEP3.利用予定のルーターのメーカーと機種を選択

step
4
STEP4.該当機種で利用できるネットワークサービスが表示される


例:Pocket WiFi601HWの場合は、SoftBank 4G LTEとSoftBank 4Gが利用可能

step
5
STEP5.自宅周辺のエリアをタップして、サービス提供エリア内であるかを確認する

 

Pocket WiFiのエリア外だった場合はどうしたらいいの?

インターネット回線はいくらルーターや接続機器を準備しても、回線の電波が届いていなければ利用できません。サービス提供エリア検索でエリア外と結果が出た場合には、残念ながら他のモバイルルーターを契約するしかないのです…。

では、Pocket WiFiのサービス提供エリア検索をして自宅や勤務先がエリア外であった場合はどうすればよいのでしょうか。

次は、Pocket WiFi以外でおすすめしたいモバイルルーター「WiMAX」と「どんなときもWiFi」をご紹介します。

 

比較的エリアが広いのはWiMAX

UQコミュニケーションズ社の提供するWiMAXは、ユーザーからの人気や業界シェア率の高いモバイルルーターのひとつです。サービス提供エリアも比較的広く、WiMAX回線だけでなくKDDIが提供する「au 4G LTE回線」への切り替えにも対応しています。Pocket WiFiのサービス提供エリア外にお住まいの方は、WiMAXを契約するのも一案です。

2019年12月現在、WiMAXを新規契約する場合は「ギガ放題」でのプラン契約となります。ギガ放題は月間通信量に定めがなく、速度制限は3日間で10GBを超過した場合の翌18時~2時までと限定されています。インターネットヘビーユーザーにもおすすめのモバイルルーターですよ。

 

どんなときもWiFiなら3大キャリアの範囲で利用できる

「出張でさまざまな場所に移動する」「山間部や島など、都心から離れた場所に行くことが多い」など、サービス提供エリアに縛られたくない方はどんなときもWiFiがおすすめです。

次世代技術のクラウドSIMを利用しているどんなときもWiFiは、挿し込んでいるSIMカードのエリアでしか利用できない従来までのモバイルルーターと違い、トリプルキャリアネットワークに対応しています。au・docomo・SoftBankの3キャリアのサービス提供エリア内で利用できるので、どこでも快適にインターネットを楽しめます。月間通信量無制限で利用できるので、通信制限の心配もありません。

注意しておきたいのが、どんなときもWiFiの弱点である他モバイルルーターよりも通信速度が遅いこと。WiMAXのW06が最大1.2Gbps、Pocket WiFiの803ZTが最大988Mbpsであるなか、どんなときもWiFiのルーターD1は下り最大150Mbpsしか発揮されません。通信速度にこだわりたい方は、WiMAXやPocket WiFiの契約のほうがおすすめです。

 

モバイルルーターのエリアを確認するときの注意点

実は、モバイルルーターのサービス提供エリアを確認する際はいくつか注意すべきポイントがあるのです。

エリア確認時には、次の2つの注意点をしっかりチェックしておきましょう。

モバイルルーターのエリアを確認するときの注意点を説明する男性

 

エリアによって最大速度が変わることもある

モバイルルーターの機種の詳細を確認した際やエリアを確認した際、「下り最大速度〇〇Gbps/上り〇〇Mbpps」と速度が表示されています。しかし、記載されている数値はベストエフォート値と呼ばれる最大数値のこと。利用する環境・接続するスマートフォンやパソコンの性能・エリア・回線混雑状況などがすべて揃った場合に、はじめて発揮される通信速度を指しています。通常の利用時にはベストエフォート値が発揮されることは少なく、基本的にはベストエフォート値を下回った速度でのインターネット接続となります。

また、ルーターの最高速度が利用するエリアによって変化することもしばしば。たとえば、WiMAXのW06のベストエフォート値は1.2Gbpsですが、この値は東京都・埼玉県・愛知県・大阪府の一部エリアに限定されています。

モバイルルーターの最大速度は必ずしも発揮される数値でないこと、利用エリアによって最大速度が変わる可能性があることを十分理解しておきましょう。

 

地下鉄や、ビルの中などは繋がりにくくなることが多い

モバイルルーターは基地局から発信される電波をモバイルルーターがキャッチし、スマートフォンやタブレット端末に無線LAN接続することでインターネットに接続しています。そのため、基地局からの電波が届きにくくなってしまう地下鉄・地下街・高層ビルなどでは、回線に繋がりにくくなってしまうのです。

サービス提供エリア検索でエリア内と判断された場合であっても、特定の場所ではスムーズな通信が行えない可能性もあるので注意しましょう。

 

モバイルルーターは契約前にお試しするのがおすすめ

ルーターの機種代金や毎月発生する基本料金など、さまざまな手間とお金が発生するモバイルルーターの契約はじっくり進めたいもの。モバイルルーターの使用感を確かめてから本契約に進みたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

最後に、契約前に行いたいモバイルルーターのお試しサービスについて解説します。無料で試せるトライアルサービスと有料のレンタルサービスをそれぞれチェックしていきましょう。

 

WiMAXなら無料でお試し利用できる

UQコミュニケーションズ社の提供するUQ WiMAXでは、15日間無料でWiMAXを試せる「Try WiMAX」を実施中です。希望機種を2週間にわたりじっくり試せるので、回線強度や通信速度を本契約前にチェックできます。トライアル料金だけでなく、送料や初期費用も一切不要なのも嬉しいポイントです。

モバイルルーターの契約を迷っている方は、実際に使用感を確かめられるTry WiMAXをぜひ利用してみてくださいね!

 

Pocket WiFiはレンタルサービスを利用するのもおすすめ

Pocket WiFiでは、WiMAXのようなトライアルサービスは実施されていません。本契約前に使用感を確かめたい方は、Wi-Fiレンタルサービスを利用してみましょう。月間の通信量・通信速度・レンタル料金・取り扱い機種などは、レンタル業者によって異なります。自身のニーズにマッチする業者を選んで、試してみたい機種をレンタルしてみてくださいね。

【Pocket WiFi レンタルサービス例「カシモバ」】
Wi-Fiレンタル専門店のカシモバではPocket WiFi502HWを1日あたり460円、1ヵ月6,630円でレンタル可能。3日間で10GBを超過した場合にのみ限定的な通信制限がありますが、月間の通信量に制限はありません。Pocket WiFiの性能や使用感をじっくり試したい方におすすめです。

 

Pocket WiFi契約前は、まずサービス提供エリアを確認しよう!

Pocket WiFiを契約する際は、機種やプラン選びの前にサービス提供エリアを要確認。契約予定のSoftBank、Y!mobileのいずれかの公式サイトのエリアマップから検索してみてくださいね。仮にPocket WiFiのエリア外と結果が出た場合には、WiMAXやどんなときもWiFiなどの他モバイルルーターを契約するのも一案です。

モバイルルーター契約を迷っている方は、本記事でご紹介したトライアルサービスやレンタルサービスを利用するのがおすすめ。実際の通信速度や回線強度を確かめたうえで契約に進みましょう。

-Pocket WiFi
-,

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved.