hi-ho GoGo Wi-Fi

【クラウドSIMの次世代ルーター】hi-ho GoGo Wi-Fiの口コミ・評判

投稿日:

hi-ho GoGo Wi-Fiの口コミ・評判を紹介する女性

hi-ho GoGo Wi-Fiはデータ容量が完全に無制限のモバイルルーターとして注目を集めています。たくさんのモバイルルーターがある中で、hi-ho GoGo Wi-Fiはおすすめできるのでしょうか。

本記事では、実際にhi-ho GoGo Wi-Fiを利用している人の口コミや評判を紹介します。

 

hi-ho GoGo Wi-Fiの口コミ・評判

hi-ho GoGo Wi-Fiが気になっているんだけれど、評判が気になるなぁ。
hi-ho GoGo Wi-Fiは新しいサービスだから、まだ口コミがあまり見つからないんだ…。
博士
今回は、実際にhi-ho GoGo Wi-Fiを使っている人の口コミや評判を紹介するので、ぜひ確認するのじゃ!

 

良い口コミと評判

博士
まずはhi-ho GoGo Wi-Fiの良い口コミを紹介しよう。

【hi-ho GoGo Wi-Fiの良い口コミ一例】

「データ容量が無制限だから、動画やオンラインゲームも安心して利用できる」


「クラウドSIMの先駆けであるどんなときもWiFiよりも月額料金が安い」


「サポートセンターの対応が丁寧だった!」

hi-ho GoGo Wi-Fiはデータ容量に制限がないこと、月額料金が安いことから良い評判を集めているようです。

例えばWiMAXやPocket WiFiなどの従来のモバイルルーターは、月間データ容量が無制限のプランでも「3日で10GB以上使うと、夜間に速度制限がかかる」という制限がありましたが、hi-ho GoGo Wi-Fiはどれだけ利用しても速度制限にかかることはありません

また他社モバイルルーターと比べても月額料金が安く、サポートセンターの対応が丁寧な点も好評の理由のようです。

 

悪い口コミと評判

博士
次に、hi-ho GoGo Wi-Fiの悪い口コミを紹介しよう。

【hi-ho GoGo Wi-Fiの悪い口コミ一例】

「ハイホーの光回線で速度が遅かった記憶が…同じプロバイダだから大丈夫かな?」


「Mugen WiFiより月額料金が高い」


「メール問い合わせの返信が遅い」

hi-ho GoGo Wi-Fi提供元の株式会社ハイホーの光回線には速度が遅いという口コミもありますが、光回線は時間帯や利用する建物によって速度がかなり変わります。またhi-ho GoGo Wi-Fi自体の通信速度は下り40Mbpsほど出た、実測値が速いという口コミもあるので、光回線の口コミはそれほど関係ないといえるでしょう。

メール問い合わせの返信が遅いという口コミは多く見ましたが、反面、電話での問い合わせはとても丁寧だと高評価を集めています。急ぎの要件であればメールよりも電話での問い合わせをするといいでしょう。

 

hi-ho GoGo Wi-Fiの口コミ・評判からわかるメリット

博士
hi-ho GoGo Wi-Fiの口コミを見ていると、hi-ho GoGo Wi-Fiには以下の5つのメリットがあることが分かるのじゃ。

【hi-ho GoGo Wi-Fiのメリット】

  1. 老舗プロパイダ提供だから信頼できる
  2. 料金が一律で分かりやすく、業界最安級
  3. 海外での使用量が安い
  4. 通信容量が無制限で速度制限がかからない
  5. 実測値が速くて快適に使える

hi-ho GoGo Wi-Fiのメリットを1つずつ紹介していくので、実際の利用シーンをイメージしながら確認してみてくださいね。

hi-ho GoGo Wi-Fiの口コミ・評判からわかるメリットを説明する女性

 

メリット1.老舗プロバイダhi-hoなので信頼でき、サポートが丁寧で手厚い

hi-ho GoGo Wi-Fiのサービスを提供している株式会社ハイホーは老舗プロパイダで、プロパイダ事業をはじめたのは1995年です。

非常に長くプロパイダ事業を行っており、当時は旧松下電器産業の系列、現在は様々なインターネットサービスを提供する株式会社ISPホールディングス傘下なので安心して利用できます。

サポートセンターの品質が高い点でも有名で、電話問い合わせ時の応対はとても丁寧です。仮に電話口のオペレーターで対応不可な内容であっても、対応部署に確認した上で回答してもらえますし、すぐに対応できない内容でも折り返し電話で最後まで対応してもらえます。

信頼と安心がhi-ho GoGo Wi-Fiの特徴なんだね。

 

メリット2.料金が一律なのでわかりやすい&業界最安級

hi-ho GoGo Wi-Fiの月額料金は一律で途中で変わることがありません。月額料金そのものも業界最安級です。

【hi-ho GoGo Wi-Fiの料金】

通常プラン セレクト(G)プラン
初期費用 3,000円 3,000円
月額料金 3,355円 4,255円
契約期間 2年間 2年間
自動更新 1年ごと 1年ごと

※セレクト(G)プランには端末保証やデータバックアップが付きます

【他社モバイルルーターの月額料金例】

WiMAX(GMOとくとくBB) どんなときもWiFi
2ヵ月目まで 3,609円 3,480円
3ヵ月目以降 4,263円 3,980円

※クレジットカード払い、データ容量無制限のプランの場合

他のプロバイダのように途中から金額が変わらないのは嬉しいなぁ。

 

メリット3.海外での使用料が安い

hi-ho GoGo Wi-Fiの海外使用料は他社と比較してもお得なことがメリットです。

【海外使用料の比較】

hi-ho GoGo Wi-Fi Mugen WiFi どんなときもWiFi
エリア1 970円 1,200円 1,280円
エリア2 1,600円 1,600円 1,880円

表で紹介したサービスはすべて100以上の国と地域に対応しており、海外利用時の1日あたりのデータ容量は1GBです。

特に、韓国・中国・タイ・台湾・アメリカ・ドイツ・フランス・イタリアなどの人気国はhi-ho GoGo Wi-Fiが最安です。

※PDFファイルのため、ダウンロード時には通信量にご注意ください。

 

メリット4.通信容量無制限!速度制限がかからない

hi-ho GoGo Wi-Fiはデータ容量無制限で、速度制限がかかることはまずありません。動画やオンラインゲームなどのデータ通信量をたくさん使うコンテンツも安心して利用できます。

博士
ただし不正利用レベルの大容量通信をすると、速度制限がかかることもあるんじゃ。
常識の範囲内で使っていればまず大丈夫ってことだね。

 

メリット5.実測値が速い

hi-ho GoGo Wi-Fiの最大通信速度はWiMAXなどと比べて劣りますが、通信速度の実測値は十分高いです。

【最大通信速度の比較】

hi-ho GoGo Wi-Fi WiMAX(W06)
下り 150Mbps 558Mbps
上り 50Mbps 30Mbps

※WiMAXは月間データ容量無制限のハイスピードモードを利用した場合

博士
最大通信速度は、理論上可能な速度というだけで、実際の速度は異なるのじゃ。
博士
ちなみに、動画をスムーズに見るために必要な速度は30Mbpsといわれているよ。

【実測値の比較】

hi-ho GoGo Wi-Fi WiMAX(Speed Wi-FI NEXT W06)
下り 40Mbps程度 100Mbps程度
上り 25Mbps程度 15Mbps程度

※東京都での実測値

hi-ho GoGo Wi-FiとWiMAXの実測値を比べてみると、下り速度は両モバイルルーターとも十分な速度が出ており、上り速度はhi-ho GoGo Wi-Fiの方が速いという結果がでました。

実測値は測定場所や利用環境に左右されるものの、hi-ho GoGo Wi-Fiはほかのモバイルルーターと比べても十分な速度が出ると分かります。

 

hi-ho GoGo Wi-Fiの口コミ・評判からわかるデメリット

hi-ho GoGo Wi-Fiはメリットが多くて魅力的だなぁ。
博士
契約する前に、以下の2つのデメリットも確認しておくのじゃよ。

【hi-ho GoGo Wi-Fiのデメリット】

  1. Mugen WiFiより月額料金が高い
  2. クレジットカード決済しか利用できない

hi-ho GoGo Wi-Fiのデメリットが気になるときにおすすめできるモバイルルーターも紹介するので、自分に最適なものを選んでください。

 

デメリット1.Mugen WiFiより月額料金が高い

博士
同じクラウドSIMを採用しているMugen WiFiと比べると、hi-ho GoGo Wi-Fiの方が月額料金が高いことに注意するのじゃ。

hi-ho GoGo Wi-Fiを検討している方は、同じクラウドSIMを採用したモバイルルーター、Mugen WiFiやどんなときもWiFiも候補に入れている方も多いのではないでしょうか。

hi-ho GoGo Wi-Fiは、どんなときもWiFiよりは月額料金は低額ですが、Mugen WiFiと比較すると75円だけMugen WiFiのほうが安くなります。

【月額料金の比較】

hi-ho GoGo Wi-Fi Mugen WiFi 差額
3,355円 3,280円 75円
hi-ho GoGo Wi-Fiの方が月額75円高いんだね。うーん、毎月のことだしMugen WiFiの方が良いのかな?
博士
ただし海外での利用料はhi-ho GoGo Wi-Fiの方が安いんじゃ。

【海外での利用料の比較】

hi-ho GoGo Wi-Fi Mugen WiFi
エリア1 970円 1,200円
エリア2 1,600円 1,600円

※1日1GBまで。利用する国や地域によって料金は異なる

博士
韓国・台湾・タイ・アメリカ・フランスなどのよく行く国はエリア1に該当するのじゃよ。
月額料金は少し高くても、海外によく行くならhi-ho GoGo Wi-Fiの方が安く使えそうだね。

 

デメリット2.クレジットカード決済しか利用できない

博士
hi-ho GoGo Wi-Fiの支払い方法はクレジットカード決済のみなことに注意するのじゃ。

モバイルルーターではクレジットカード決済のみの回線が多い中、hi-ho GoGo Wi-Fiも例にもれず、クレジットカード決済のみ。口座振替や請求書払いなど、ほかの支払い方法は利用できません。

もし、クレジットカード以外の支払い方法しかできない場合は、口座振替ができるどんなときもWiFiがおすすめです。ただし、どんなときもWiFiでは支払方法によって月額料金が変わり、口座振替の方が月額料金が高くなります。

【どんなときもWiFi 支払方法ごとの月額料金】
クレジットカード 口座振替
24ヵ月目まで:3,480円     3,980円
(初月は日割) (初月は日割)
25ヵ月目以降:3,980円     4,410円
※口座振替の場合、口座振替手数料200円/月が別途かかります。

どうしてもクレジットカード以外の支払い方法が良いときは、どんなときもWiFiを選べば良いんだね。

 

hi-ho GoGo Wi-Fiはデータ容量無制限で海外でも使える次世代型モバイルルーター

【本記事のまとめ】

  • hi-ho GoGo Wi-Fiは月額料金が安くて一律
  • データ容量無制限で広いエリアで使えるから便利
  • インターネットを快適に使うために十分な通信速度が出る
  • hi-ho GoGo Wi-Fiは海外によく行く方に特におすすめ

hi-ho GoGo Wi-FiはクラウドSIMを利用することで広いエリアで利用可能。また、データ容量が無制限のため、速度制限がほぼかからないモバイルルーターです。

WiMAXやPocket WiFiなどの従来型のモバイルルーターには「3日で10GB以上データ容量を使うと、夜間に速度制限がかかる」という制限がありました。完全無制限で使えるhi-ho GoGo Wi-Fiは従来のモバイルルーターの常識を破るサービスとして好評です。

hi-ho GoGo Wi-Fiはほかのデータ容量が完全無制限のモバイルルーターと比べても月額料金は安く、特に海外での使用料は群を抜いて安いので、海外によく行く方に特におすすめできるモバイルルーターだといえるでしょう。

-hi-ho GoGo Wi-Fi
-, ,

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved.