モバイルルーター

モバイルルーターのメリット・デメリットは?初心者にもわかりやすく特徴や料金を解説します

投稿日:

モバイルルーターのメリット・デメリットをチェックする女性

モバイルルーターとは持ち運びができるWi-Fiルーターのことで、スマホやタブレット、パソコンなどの通信端末とインターネット回線を無線接続できます。モバイルルーターを選ぶ際に気をつけるポイントや、各社のサービス例を比較するので、自分にあったモバイルルーターを選べるようにしましょう。

モバイルルーターとは何をするための機械なの?

モバイルルーターとは持ち運びができるWi-Fiルーターのことで、スマホやタブレット、ノートPCなどの端末を外出先でもインターネット回線と繋ぐことができます。

固定回線の場合、インターネットを利用するためにはモデムやルーターと呼ばれる機器を用意し、自宅に引き込んだ回線に繋ぐ必要があります。回線を引き込む工事や、引き込んだ回線とモデムなどの設備をケーブルで繋ぐなどの環境整備をしなければならず、また、自宅でしかインターネット回線を使うことができません。

モバイルルーターはWi-Fiを利用した小型のモデムのようなもので、回線を引き込んだりケーブルで設備を繋いだりする必要もなく、持ち歩けるので外出先でもインターネット回線を使うことができます。

 

モバイルルーターのメリット

モバイルルーターのメリットは、場所を選ばずスマホやタブレット、ノートPCなどの通信端末とインターネット回線を接続できることにあります。

【モバイルルーターのメリット】

  • 工事なしでインターネット環境を整えられる
  • 時や場所を選ばずインターネット接続できる
  • 複数のデバイスに同時接続できる
  • スマホの通信量を節約できる

モバイルルーターの具体的なメリットを、1つずつ紹介していきます。

 

工事なしでインターネット環境を整えられる

回線工事もLANケーブルも用意せずにインターネット環境を整えられるのがモバイルルーターの大きなメリットです。

光(コラボ)回線などの固定回線のように工事をしなくとも、モバイルルーター端末が電波を受信し、接続機器にWi-Fiの電波を飛ばしてくれます。

 

時や場所を選ばずWi-FiやUSBでインターネット接続できる

持ち運びができてLANケーブルが必要ないモバイルルーターでは時間や場所を選ばずに、様々な端末でインターネット接続ができます。

モバイルルーターはWi-Fi電波を使ってスマホやタブレット、ノートPCなどと無線接続が可能です。LANケーブル不要で端末のインターネット環境を整えられます。

またデスクトップPCなどの無線LAN機能が付いていない機器と接続したい場合も、LANケーブルではなくUSBを通して接続することができます。モバイルルーターの充電用として付いているUSBケーブルを使って機器と繋ぐことができるので、接続のために色々な機材を揃える必要なく手軽に使えます。

 

複数のデバイスに同時接続できる

モバイルルーターは複数のデバイスと同時接続が可能で、最大16台と同時接続が可能なモデルもあります。

光(コラボ)回線などの固定回線と違い、据え置き型のルーターも、ルーターとのLANケーブルを介した接続もモバイルルーターには必要ありません。
無線接続なのでケーブルが絡まったり散らかったりしない点も魅力です。

 

スマホの通信量を節約できるので、格安SIMとの組み合わせで通信費を節約できる

格安SIMの月額料金は大手携帯キャリアの半分ほどになることもあり、モバイルルーターの中にはデータ容量無制限で利用できるものもあるので、格安SIMと組み合わせて使うことで通信費を節約することができます。

自宅や外出先でスマホとモバイルルーターを常に接続しておき、データ通信はモバイルルーターで、音声通話は格安SIMで行うといった利用の仕方もおすすめです。

 

モバイルルーターのデメリット・注意点

モバイルルーターは持ち運びできることが大きなメリットですが、持ち運びできるが故に生まれるデメリットもあります。

【モバイルルーターのデメリット・注意点】

  • 端末を持ち運ぶ必要がある
  • 充電切れした場合はインターネット接続できなくなる
  • 場所によっては繋がりにくいところもある

デメリットの解説だけでなく解決策も紹介するので、よく読んでモバイルルーターをもっと上手に使いこなせるようになりましょう。

 

端末を持ち運ぶ必要がある

持ち運びできるのがモバイルルーターのメリットではありますが、裏を返せば持ち運ばなければ外出先で使うことができません。モバイルルーターは小型ではありますが荷物になりますし、家に忘れてしまえば外出先で使うことはできません。

しかし最近では、スマホよりも小型なものが多く重量が軽いモデルも出ており、どんどん持ち運びやすくなっています。

 

充電切れした場合はインターネット接続できなくなる

モバイルルーターはコンセントに繋いで使用するのではなく、充電して使います。スマホやタブレットなどの端末であればモバイルルーターの電池が切れても、端末の回線を使うことで外出先でインターネット接続ができます。

しかしノートPCなどの機器単体では通信ができないものは、モバイルルーターの充電が切れた時点でインターネットとの接続が途絶えてしまいます。

モバイルルーターは家に帰ったら忘れず充電し、モバイルバッテリーを持ち歩くなどして電池切れさせないようにしましょう。モバイルバッテリーは電池容量が多くてUSBポートが複数あるものだと、スマホやタブレットなどのモバイルルーターと一緒に使う端末も同時に充電できて便利です。

 

場所によっては繋がりにくいところもある

モバイルルーターは場所によっては繋がりにくいところがあり、大手携帯キャリアの電波よりも繋がりにくい場所が多いです。

建物内での障害物による影響を受けやすく、マンションやホテル内でスマホの電波は良いのに、モバイルルーターの電波は悪いというケースも良くあります。電波が悪くなった場合は一度Wi-Fi接続を切って、電波状況が良い場所に行くまでスマホやタブレットそのものの回線を使うなど、回線の使い分けをしましょう。

なお特に移動したわけでもないのに急に電波が悪くなったようなときは、モバイルルーターの再起動で電波状況が改善することがあります。

 

モバイルルーターの使い方

モバイルルーターの使い方はとても簡単です。端末の電源を入れて、インターネット接続したい機器をモバイルルーターと接続すればOKです。

モバイルルーターの使い方を説明する女性

 

【モバイルルーターの使い方】

step
1
STEP1.モバイルルーターの電源を入れる


電源ボタンを長押しすることでONになる端末がほとんどです。画面が表示されるまで電源ボタンを押し続けましょう。

step
2
STEP2.モバイルルーターのSSIDと暗号化キーを確認する


メニュー内の「端末情報」を選ぶとSSIDや暗号化キーが確認できます。SSIDはモバイルルーターの名前、暗号化キーは機器を接続するときに必要なパスワードです。

step
3
STEP3.通信端末の設定画面で、モバイルルーターと接続する


スマホやタブレットの場合は設定画面にある「Wi-Fi」から、パソコンの場合は画面右下にある「インターネットアクセス」から、モバイルルーターに接続しましょう。

接続可能な回線の一覧が表示されるので、自分のモバイルルーターのSSIDを選び、パスワードが求められたら暗号化キーを入力してください。入力が完了ししばらく待っていると接続が完了します。

 

モバイルルーターの選び方

モバイルルーターを選ぶときはどんなことを気にして選ぶといいのでしょうか。

【モバイルルーターの選ぶときに見るべきポイント】

  1. 使えるエリア
  2. 通信速度
  3. 通信量や速度制限
  4. 契約期間
  5. コスト

1つずつ解説していくので、最適なモバイルルーター選びにお役立てください。

 

選び方1.使えるエリアで選ぶ

端末によって使えるエリアが変わってくるので、自分の使いたいエリアで使えるか確認してから選びましょう。またLTE対応の機種を選ぶ場合は、使いたいエリアに対応しているかも確認してください。

大抵のモバイルルーターには、モバイルルーター用の回線を使った通信モードと、LTE(携帯電話の回線)とモバイルルーター用の回線を組み合わせて使うモードの、2つのモードがあります。

それぞれ対応エリアが異なる場合があるので、どのモードをどこで使うのかを踏まえた上で、エリアの確認を行いましょう。

 

選び方2.通信速度で選ぶ

モバイルルーターは端末ごとに最大通信速度が違います。通信速度はモバイルルーターの能力に依存するため、高速通信のプランと契約してもモバイルルーターの最大通信速度を超えた通信速度を出すことはできません。

最大通信速度とは端末が出すことのできる通信速度の最大値で、通信速度には2種類あり下り速度はダウンロード速度、上り速度はアップロード速度を表しています。

動画や音楽などのコンテンツ視聴、Webサイトの閲覧には下り速度が関わり、動画投稿などのファイルのアップロードには上り速度が関わります。概ね30Mbps出ていれば大抵のコンテンツは快適に利用できるでしょう

 

選び方3.通信量や速度制限の有無で選ぶ

モバイルルーターは通信量や速度制限の有無で選ぶといいでしょう。モバイルルーターには大きく分けて2種類のプランが用意されているものが多いです。

【モバイルルーターのプラン】

  • データ通信量に制限があるプラン
    「1ヵ月で7GBまで」というように、月間で使えるデータ容量が決まっており、決められたデータ通信量を超えると速度制限がかかるもの。
  • データ通信量が無制限のプラン
    月間のデータ通信量に制限がなく、たくさんのデータ容量を使っても月額料金が変わらず、速度制限がかからないもの。

基本的にデータ通信量が無制限のプランを選んだほうがお得ですが、データ通信量が無制限のプランでも、実は短期間でデータ通信量を使いすぎると一時的に速度制限がかかります。

例えば「3日間で合計10GB以上のデータ通信量を使うと、翌日の夜間に速度制限がかかる」というプランも多いので、月間のデータ通信量だけでなく、短期間でのデータ通信量の制限についても契約前に確認するようにしてください。

上記の例えで使った「3日間」や「10GB」といった日数や通信量は、モバイルルーターごとに違うので、自分の通信量を見ながら最適なものを探すといいでしょう。

 

選び方4.契約期間で選ぶ

モバイルルーターには契約期間が決まっているものと契約期間が決まっていないものがあります。

【契約期間が決まっているもの】
契約期間の縛りがあり、契約期間内に解約すると違約金の支払いが必要になりますが、月額料金は契約期間がないプランよりも割引されています。ちなみに契約期間は2年〜3年のものが多く、契約期間が満了するとさらに2年〜3年というように自動更新されます。

【契約期間が決まっていないもの】
契約期間の縛りがない代わりに、契約期間の縛りがあるプランよりも月額料金が高めに設定されています。また契約期間に縛りがない場合でも、モバイルルーターの端末を分割払いで購入していた場合は、解約時に残債の支払いが必要になることもあります。

 

選び方5.コストで選ぶ

モバイルルーターのコストには主に2種類のものがあります。

【モバイルルーターのコスト】

  • 初期費用:モバイルルーターの端末代や、契約にかかる手数料などの費用です。
  • 月額料金:スマホや携帯電話のように、モバイルルーターは月額の利用料がかかります。

上記のようなコストは端末や会社ごとに違います。なるべくコストの安いものを選んでお得に使いましょう。

またコストが安いものと言っても、単純に料金が低ければいいというわけではありません。

モバイルルーターの最大通信速度や電池容量といった性能、使いたいエリアで快適に使えるかとか補償内容といった要素と照らし合わせて、満足のいくものの中から料金が安いものを選ぶようにしてください。
料金はすごく安いのに使い勝手が悪いものを選んでしまうと、費用対効果は悪くなりコストが高いと感じることでしょう。

 

モバイルルーターのサービス例

モバイルルーターのサービス例を5つ紹介します。

モバイルルーターのサービス例を紹介する女性

 

【モバイルルーターのサービス例】

エリア 通信速度 データ容量 契約期間 コスト
大手携帯キャリアのもの 広い 早い 少なめ 2年 高い
Y!mobileのPocket WiFi 狭い 早い 7GB or 無制限 なし やや高い
UQ WiMAX やや広い 普通 7GB or 無制限 2年 安い
クラウドSIMのもの 広い 遅い 無制限のものが多い なし~2年程度 安いものが多い
SIMフリーのもの 使用するSIMのキャリアによって調整可能

各モバイルルーターの特徴や、どんな方におすすめなのかも解説するので、自分に合ったものを選んでください。

 

docomo・au・SoftBankの大手キャリアのモバイルルーター

大手携帯キャリアのモバイルルーターは、基本的にはおすすめしません。他のモバイルルーターと比べたメリットとデメリットを見比べてみましょう。

【メリット】

  • 大手携帯キャリアの電波を利用しているので、電波状況が良く使えるエリアが広い。
  • docomo以外はスマホなどとセットにすることで割引を受けられる。

【デメリット】

  • au以外はデータ通信量に制限がある。
  • 月額料金が高く、スマホとセット割引にしても他社よりもコストがかかる。

大手携帯キャリアのモバイルルーターは、au以外はあまりおすすめできません。docomoは月間30GBまで、SoftBankは月間50GBまでのデータ通信量の制限があるからです。またauのモバイルルーターにはデータ通信量の制限はありませんが、後述する「UQ WiMAX」はauと同じ条件で使えてコストがより安いです。

携帯キャリアの電波が使えるモードは他社のモバイルルーターにもありますし、特に「WiMAX2+」という電波は利用可能エリアをどんどんと広げていっています。

他社と比べてメリットよりもデメリットが大きいので、モバイルルーターは携帯キャリア以外の物を使うことをおすすめします。

 

Y!mobileのPocket WiFi

Y!mobileのPocket WiFiは月額料金は高めですが、データ容量無制限で利用ができ、契約期間の縛りがない点が大きな魅力です

データ通信量無制限のプランは、Pocket WiFiプラン2(ベーシック)にアドバンスモードというオプションに加入する形になり、
月額4,380円で利用できます。最新端末の「Pocket WiFi803ZT」はWi-Fi接続時の最大通信速度が866Mbpsと速いので、速度にこだわりたい方におすすめです。

アドバンスモードを使えるエリアは限られるので、下記よりご確認ください。

 

UQコミュニケーションズのUQ WiMAX

UQコミュニケーションズが提供するUQ WiMAXは月額料金が安く、キャッシュバックキャンペーンも充実しているのでお得に使えるモバイルルーターです。

例えばGMOとくとくBB経由で契約すると高額キャッシュバックを受け取ることができます。

選べる端末も豊富で、最新の「Speed Wi-Fi NEXT W06」は、月間の通信量制限がないハイスピードモードでは下り最大558Mbpsと高速通信が可能です。

 

クラウドSIMを利用したどんなときもWiFiやNOZOMI WiFi

クラウドSIMというSIMをクラウド上で管理するモバイルルーターは、海外で使えることや通信量の制限がほぼないという点が魅力です。

例えばクラウドSIMの「どんなときもWiFi」は「3日で10GB以上使うと、翌日の夜間に速度制限がかかる」というような短期間での通信制限すらなく、「NOZOMI WiFi」では1日10GBまでは速度制限なしで使えます。

データ容量をたくさん使いたい方におすすめできるタイプですが、端末の最大通信速度は他の端末よりも低い場合が多いです。

 

SIMフリーのモバイルルーターもある

SIMフリーのモバイルルーターは使いたいSIMを自分で選べます。SIMを自分で選ぶことにより同じ端末を使いながらキャリアを変えることが可能です。データ通信を行うためにはSIMが必要で、端末にSIMカードを入れたりクラウドSIMと接続したりすることではじめてデータ通信ができるようになります。

SIMを自分で選べるSIMフリー端末では、安いキャリアや使い勝手の良いキャリアなど、自分に合ったキャリアを選べるのです。

 

モバイルルーターは持ち運びできる無線LANルーター!自分に合ったものを選んでお得に使おう

モバイルルーターは手軽に持ち運べて、スマホやタブレット、パソコンなどとWi-Fi接続することで簡単にインターネット環境を整えられる無線LANルーターです。

持ち運び可能なので置き忘れや持ち運びの手間、電池切れなどのデメリットもありますが、モバイルバッテリーを利用したり軽量化された機種を選んだりなどの工夫をすることで解消できるでしょう。また場所によっては繋がりにくいところもあるので、契約する前に自分の使いたい場所で使えるかよく確認してください。

おすすめは「UQ WiMAX」で、月間のデータ容量の制限がありません。使えるエリアが広めで月額料金も安く、使い勝手が良いです。モバイルルーターを選ぶときはエリアの確認はもちろん、通信速度やデータ容量の多さ、コストなどを各社で比べながら自分に合ったものを選びましょう。

-モバイルルーター
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved.