用語集

【初心者向け】プロバイダとは何?契約するときには必ず必要な理由を解説

更新日:

プロバイダ

光回線を契約する際に必ず出てくる単語の1つに「プロバイダ」があります。インターネットを利用する際に必須となるものですが、その理由はなぜなのでしょうか。本記事では、プロバイダの仕組み・役割やプロバイダに関係する用語もまるっと解説していきます。

 

インターネットに接続するためにはプロバイダが必須

インターネットに接続する際、プロバイダは必要不可欠な存在です。光回線を選ぶときにはプロバイダ選びをすることになりますが、その際に仕組みをよく理解しておくと役立つはず。以下では、プロバイダの仕組みや役割といった概要について説明していきます。

 

インターネット回線に接続する仕組み

まずは、プロバイダの仕組みについて解説していきます。インターネットを自宅で接続する際、世界中に張り巡らされた「インターネット」との間を「プロバイダ」と「光回線業者」が仲立ちしてくれます。光回線業者はインターネットを宅内に引き入れる役割をしていますが、プロバイダは光回線業者よりもさらにインターネット側に立ち、インターネットを光回線業者に繋ぐ役割を果たしているのです。この意味で、プロバイダはインターネットの入り口とも呼ばれます。

ちなみに、先に登場した光回線業者の一例としては、フレッツ光・ドコモ光・ソフトバンク光・auひかり・NURO光などが挙げられます。プロバイダの具体例としては、So-netやYahoo!BB・GMOとくとくBB・plalaなどがあります。

 

プロバイダの役割

先の説明とも重複しますが、プロバイダの役割は、フレッツ光などの光回線業者をインターネットに繋ぐことです。もう少し専門的な言い方をすれば、インターネットを利用・接続する際に介さなければいけない「アクセスポイント(基地局)」というものがありますが、このアクセスポイントを提供しているのがプロバイダなのです。

元々、プロバイダという言葉には「商品やサービスを提供している人や会社」という意味があるので、「アクセスポイントを提供している会社」と考えるとわかりやすいかもしれません。

一般的には光回線業者とプロバイダは別々に契約することになっていますが、ソフトバンク光がフレッツ光とYahoo!BBをセットで提供しているように、光回線とプロバイダをセットで提供しているケースもあります。

 

代理店の役割

プロバイダについて話すときによく出てくるのが代理店の存在です。代理店は、ソフトバンク光やドコモ光といった光回線業者への申し込みを代行してくれる業者です。

一般的に、公式窓口よりも代理店経由での申し込みのほうが、キャンペーンなどの特典が充実しています。公式よりもお得に申し込める理由は、光回線業者が代理店に新規顧客を増やすための広告費としてお金を払っているからです。いずれにしても、公式窓口の「代理」で申し込みを請け負ってくれるのが代理店の役割といえます。

 

プロバイダが代理店の役割をすることもある

前項では代理店の役割についてご説明しましたが、プロバイダが代理店の役割を担うこともあります。たとえば、「WiMAX」というモバイルルーターは、光回線業者との契約が必要ないため、プロバイダが窓口となります。公式の窓口は「UQ WiMAX」というプロバイダですが、それ以外はすべて代理店扱いです。具体的には「GMOとくとくBB」や「JP WiMAX」などが挙げられます。

ちなみに、詳しい金額は割愛しますが、プロバイダが代理店の役割を果たす場合においても、公式以外のプロバイダのほうがキャンペーン特典が手厚い傾向にあります。プロバイダを選ぶ際の1つの基準にすると良いでしょう。

 

日本のプロバイダ事業者の例

次に、日本のプロバイダ事業者の例を見ていきましょう。日本には数百ものプロバイダ事業者があると言われています。

具体的には「GMOとくとくBB」や「BIGLOBE」「@nifty」「OCN」のような有名大手のほか、「hi-ho」「coara」「@ネスク」などの中規模業者、それ以上に小規模な業者など規模感も様々です。

上記のプロバイダ事業者の違いは、月額料金やキャンペーン内容・エリアなどが主になります。プロバイダ業者の選び方については、次項以降で詳しく解説していきます。

 

プロバイダを利用するときの選び方

数あるプロバイダの中から1つを選ぶ基準には一体どんなものがあるのでしょうか。以下では、プロバイダを利用するときの選び方について解説していきます。これからプロバイダに加入する方は参考にしてみてくださいね。

プロバイダ

 

対応しているエリアで選ぶ

プロバイダを利用するときの選び方の1つ目は、対応しているエリアで選ぶことです。プロバイダによって対応エリアが異なるため、エリア外だった場合はそもそも加入できない可能性もあるのです。

加入したいプロバイダが見つかったら、まずは「エリア確認」をしましょう。エリア確認は、各プロバイダ・光回線業者のホームページ上からできます。お住まいの地域の郵便番号を入力するだけで済む簡単なものがほとんどなので、加入を検討し始めた段階ですぐに取り掛かるのがおすすめです。

郊外などの場合は同じ市町村であっても提供エリア内か否かが分かれることも稀にあるので、不安な方は各プロバイダ・光回線業者に問い合わせてみてください。

 

プロバイダ利用料で選ぶ

プロバイダを利用するときの選び方の2つ目は、プロバイダの利用料で選ぶことです。利用料は、プロバイダによって最も違いが出る項目ともいえます。たとえば、ドコモ光の場合はタイプA・タイプBという2種類のプロバイダに分けられており、料金に月額200円ほど差があります。ちなみに、タイプAとタイプBという区分はドコモ光による便宜上のもので一般的な分け方ではありません。

また、モバイルルーターであるWiMAXのプロバイダは各プロバイダのキャンペーンを適用した際の料金の違いが非常に顕著です。たとえば、UQ WiMAXが月額3,880円なのに対し、JP WiMAXは3ヵ月目までは2,800円、24ヵ月目までは3,500円、それ以降は4,100円という独自の料金体系が敷かれています。

上記のようにプロバイダの料金で選ぶのは1つの基準となって良いでしょう。

 

IPv6への対応、接続方式で選ぶ

プロバイダを利用するときの選び方の3つ目は、IPv6への対応・接続方式で選ぶことです。IPv6は次世代高速インターネット通信と呼ばれるもので、従来型のIPv4とは桁違いのIPアドレスを持っています。また、IPoE方式はPPPoE方式よりも帯域幅が広いため混雑しにくく、通信速度が速くなっているのです。つまり、IPv4よりもIPv6を、PPPoE方式よりもIPoE方式を選んだほうがインターネットをスムーズに利用できるのです

基本的にIPv6はIPoE方式に、IPv4はPPPoE方式という接続方式に結びついていますが、稀に「PPPoE IPv6」という種類のIPv6もあります。PPPoE IPv6は、IPv6でありながらPPPoE方式で接続されるもの。最大通信速度が200Mbpsまでしか出ないなど、IPv6の速度の速さの恩恵を受けられなくなってしまいます。

IPv6かつIPoE方式で接続できるプロバイダを選ぶと、快適なインターネット環境が得られるのでおすすめです。

 

ルーターレンタルの有無で選ぶ

プロバイダを利用するときの選び方の4つ目は、ルーターレンタルの有無で選ぶことです。光回線を用いたインターネットを利用するときはルーターが必須となりますが、プロバイダによってはルーターをレンタルしてくれる業者もあります。どのルーターを選べば良いかわからない方にとってはありがたいですよね。

また、プロバイダによってはルーターをキャンペーン特典として提供してくれる場合もあります。機器について詳しくなく、各プロバイダのおすすめのルーターを使いたい方はルーターレンタルの有無で選ぶのも方法の1つでしょう。

 

セキュリティサービスの有無で選ぶ

プロバイダを利用するときの選び方の5つ目は、セキュリティサービスの有無で選ぶことです。インターネットを利用する際の安全を担保するため、セキュリティーサービスへの加入が推奨されていますが、数あるサービスの中から1つを選ぶのはなかなか難しいもの。セキュリティサービスを無料・格安で提供しているプロバイダは多いので、セキュリティサービス選びに自信がない方は、予めオプションとして付属しているものを選ぶと良いでしょう

 

初期設定のサービスの有無で選ぶ

プロバイダを利用するときの選び方の6つ目は、初期設定のサービスの有無で選ぶことです。光回線を用いたインターネットを利用する場合は、回線工事後に初期設定を自分自身で行う必要があります。初期設定の仕方は各光回線・プロバイダのホームページなどに載っていますが、それでもわからない場合は有料のサポートを受けることもできます。

ただし、プロバイダによってはこの初期設定のアシストサービスが無料で受けられるケースもあります。初期設定に自信がない方は、サポートが受けられるプロバイダを選んでみるのもおすすめです。

 

自分のプロバイダがわからないときはどうやって調べたらいいの?

現在、インターネットを契約している方で、自分のプロバイダがわからない方もいらっしゃるかと思います。自分が契約しているプロバイダの調べ方は、大きく分けて4つあります。

1つ目は、契約書を見返す方法です。プロバイダとの契約した際には書面が発行されている場合がほとんどなので、探し出すことができればすぐにプロバイダがわかります。ただし、普段使用しない契約書を引っ張り出すのは大変かもしれません。

2つ目は、毎月の請求書を確認する方法です。請求書がない場合は、クレジットカード明細や通帳に記載される口座引き落としの履歴でも良いでしょう。ただし、この方法が有効なのは、光回線業者とプロバイダの請求が別になっている場合のみ。光回線業者がプロバイダの請求もとりまとめている場合はどのプロバイダと契約しているのかわからなくなってしまうので注意してください。

3つ目は、光回線業者専用Webサイトにアクセスすることです。ソフトバンク光のMy SoftBankのように、IDとパスワードを入力してログインする形式のサイトでは契約中のプロバイダの情報も確認できる可能性が高いといえます。コールセンターのように混みあうこともなく、24時間アクセスできることもメリットの1つです。

4つ目は、契約している光回線業者のコールセンターに問い合わせることです。先にもお伝えしたようにコールセンターは混雑し、待ち時間が発生します。そのため、最終手段ではありますが、契約しているプロバイダを知るには最も確実な方法といえるでしょう。

 

プロバイダを解約するときの注意点

次に、プロバイダを解約するときの注意点をお伝えしていきます。一度プロバイダを解約してしまうと元には戻れません。後から困ったことにならないように下記の注意点に目を通し、いざプロバイダを解約するときにも慌てないようにしましょう。

プロバイダを解約するときの注意点を紹介する女性

 

回線の解約だけでなくプロバイダの解約も必要

プロバイダを解約するときの注意点の1つ目は、回線の解約だけでなく、プロバイダの解約も必要になることです。回線とプロバイダはセットでの契約が基本となっています。そのため、回線を解約する際はプロバイダも一緒に解約しなくてはいけなくなってしまいます

もしも契約更新月以外の月に解約した場合は、回線・プロバイダそれぞれに違約金が発生するケースがほとんどです。回線の解約だけを見込んで解約を申し込み、うっかりプロバイダも解約してしまわぬよう、上記のことはしっかりと覚えておきましょう。

 

プロバイダのサービスを利用したいなら回線だけ解約することも可能

回線を解約する際はプロバイダも解約しなければいけないとお伝えしましたが、プロバイダを解約してしまうとプロバイダから提供されているメールアドレスも消去されてしまいます。メールアドレスを引き継ぎたい場合はどうしたら良いのでしょうか。

プロバイダのメールアドレスなど、一部のサービスだけ引き継ぎたい場合は200~500円の低料金で利用することもできます。具体的には「メールコース」や「モバイルコース」といった特定のコースへの変更が必要です。プロバイダを一度解約してしまうと、メールアドレスが消え、復旧が難しくなるので、必ず解約する前にコース変更手続きを済ませるようにしましょう。

 

プロバイダは光回線と同様にインターネット接続に必須

【本記事のまとめ】

  • プロバイダはインターネットの入り口のようなもの
  • 光回線業者にインターネットを繋ぐ役割
  • 光回線と同様に契約が必須
  • 対応エリアや料金・オプションなどで選ぶのがおすすめ

本記事では、プロバイダについて解説してきました。プロバイダは、いわばインターネットの入り口のようなもの。光回線業者とインターネットの間に立つ仲介役を果たしていて、インターネットに接続するうえではなくてはならない存在です。日本にプロバイダは数百あるとも言われているため、選ぶのが大変ですが、対応エリアや料金・オプションなどで選ぶと良いでしょう。

ご自身に合ったプロバイダを選んで、お得で快適なインターネットライフを楽しんでくださいね。

-用語集
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.