用語集

IPv6とはどういう意味なの?対応しているか確認・設定する方法を初心者にわかりやすく解説!

更新日:

光回線について調べていると出てくる「IPv6」という用語。次世代高速インターネット通信を指すのですが、それだけではどんな内容なのかわかりませんよね。本記事ではIPv6やIPv6に関連する用語をまるっとご説明していきます。専門用語に苦手意識がある方にもわかりやすいように解説していくので、安心して読み進めてくださいね。

 

まずはIPv6を利用するメリットを確認しよう

まずはIPv6を利用するメリット・デメリットについてご説明していきます。そもそも「IPv6とは何なのか」ということについては後ほど詳しく説明しますので、まずは「どんな良いことがあるのか」知ってみてくださいね。

 

IPv6を利用するメリット

IPv6を利用する最大のメリットは「通信速度が速くなる」ことです。通信速度に不満を持っていた方も、IPv6に申し込むことで速度への不満が解消されたという声が、どの光回線を利用している方からも多く聞かれました。中には利用料金が発生する回線・プロバイダもありますが、少なくともソフトバンク光・auひかり・ドコモ光の3社は無料で利用できます。

料金が発生する場合にも法外な料金が発生するわけではないので、少額で通信速度が改善されるならば、メリットのほうが大きいといえるのではないでしょうか。

 

IPv6を利用するデメリット

IPv6を利用するメリットに対して、デメリットをご紹介していきます。とはいえ、IPv6のデメリットは特にありません。中には申し込みが必要な光回線・プロバイダもありますが、IPv6通信の申し込みはネットで完結する場合がほとんどなので、それほど大変な作業ではありません。

また、前項でお伝えしたように追加でオプション料金が発生する回線もありますが、それさえ気にならなければデメリットはほとんどないといってよいでしょう。

 

IPv6とは?

IPv6のメリット・デメリットをご説明したところで「IPv6とは何か」という基本的な説明に入りたいと思います。IPv6は次世代高速通信と呼ばれるものですが、1つ前の形式に「IPv4」と呼ばれるものがあります。IPv6とIPv4の違いはどんなところにあるのでしょうか。

また、IPv6とIPv4の違いについて語るときに「PPPoE方式」と「IPoE方式」という用語も避けては通れないものとなります。以下では、IPv6とIPv4、双方に関する用語をご紹介していきます。

 

IPv4

IPv6を説明する前に、IPv4の説明を先にしていきます。インターネット上では「IPアドレス」と呼ばれるデータを適切に届けるための「住所」のようなものがあります。このIPアドレスを付与する従来の形式が「IPv4」です。IPv4が抱えられるIPアドレスの数は約43億個でしたが、近年のインターネット人口の増加に伴ってIPアドレスの枯渇が課題として挙げられていました。

また、IPv4は「PPPoE方式」にしか対応していないため、通信速度が遅くなってしまう問題点もあります。PPPoE方式については後ほどご説明します。

 

IPv6

IPアドレスの枯渇を改善すべく、従来の接続方式であるIPv4に代わって導入された接続方式が「IPv6」です。IPv4が持つIPアドレスの数は約43億個でしたが、IPv6では、2の128乗である約340澗(340兆の1兆倍の1兆倍)個というほぼ無限のIPアドレスを付与することができるようになりました。

IPv6の誕生により新しいサービスの誕生が期待されているほか「PPPoE方式」の次世代接続方式「IPoE方式」に対応しているため、PPPoE方式にしか対応していないIPv4よりも通信速度が速くなるのです。ややわかりにくいですが、「IPv6通信だから速い」というよりは、「IPoE方式に対応しているから速い」という認識が正しくなります。いずれにしても、IPv6通信に切り替えると速度が速くなるのは事実です。

 

PPPoE方式

IPv4の項目で少し話題に上りましたが、IPv4が対応しているのは「PPPoE方式」という接続方式です。従来のPPPoE方式と次世代のIpoE方式の間の違いは大きく「通信速度の速さ」と「セキュリティ」にあります。

PPPoE方式は帯域幅が比較的狭いため、通信が混雑しやすい傾向にあります。また、通信速度に関してもPPPoE方式は200Mbpsまでしか対応しておらず、それ以上の速度を出すことができないのです。ソフトバンク光やauひかりといった大手光回線の中には最大1Gbpsを謳っている回線もありますが、PPPoE方式を採用しているプランの場合は1Gbpsを出すことは不可能といえます。

セキュリティに関しても、PPPoE方式はIDとパスワードによるユーザー認証が必要になるなど、面倒な工程を挟まなければならず不便なのです。

 

IPoE方式

従来のPPPoE方式に対して次世代の接続方式であるIPoE方式は、通信の混雑がしにくいため通信速度が速いという大きなメリットがあります。PPPoE方式の最大通信速度は200Mbpsでしたが、IPoE方式は100Gbpsと桁違いの最大通信速度が見込めるのです。

また、IPoE方式はPPPoE方式のように面倒なユーザー認証が必要ありません。ただし、セキュリティが脆弱なわけではなく、インターネット接続に必要な設定情報が回線側からルーターに自動的に送信される仕組みになっています。

以上のことから通信速度の面でも、セキュリティの面でも、手間の面でもIPoE方式が優れているといえます。

 

IPv4 over IPv6

次に「IPv4 over IPv6」という用語について解説していきます。PPPoE方式にのみ対応しているIPv4よりも、IPoE方式に対応しているIPv6のほうが結果的に通信速度が速くなるというお話をしましたが、IPv6に申し込みを済ませても閲覧しているサイト側がIPv6に対応していなければ、IPv6の恩恵を受けることができません。

しかし、IPv4・IPv6どちらのサイトに繋ぐときも「IPoE方式」で接続できる方法が「IPv4 over IPv6」なのです。PPPoE方式を利用しないので、どのWebサイトを閲覧するときでも通信速度を落とさず利用できます。

 

IPv6に対応しているのか確認する方法

IPv6のメリットを知ると、すぐにでもIPv6に対応させたくなりますよね。以下では、現在利用している回線がIPv6に対応しているかどうか確認する方法やIPv6に対応させるための方法についてご説明していきます。

スピードテストを試してみる女性

 

スピードテストを行う

IPv6に対応しているのか確認する方法で汎用性が高いのは「スピードテスト」です。スピードテストの中には、通信速度がわかるばかりでなく、IPv6対応かどうかの判定が出るタイプのサービスもあります。具体的には、So-netのスピードテストがおすすめです。

 

 

IPv6に対応しているかどうか調べる以外にも、普段の実測値を定期的に測っておくことで「ちょっと遅いな」という感じたときにいつもよりどのくらいの影響が出ているのか、目で見た数字で確認できるのでおすすめです。

 

IPv4の場合でもIPv6に変更できる

上記のスピードテストでIPv4だという判定が出た場合でも、各光回線・プロバイダに申し込むことでIPv6に変更することができます。ただし、そもそもIPv6に対応していない光回線やプロバイダ・プランの場合は変更することができないので、興味のある方は各回線・プロバイダに問い合わせをしてみるようにしてください。

 

スマホもIPv6に対応しているの?

光回線・プロバイダがIPv6対応であってもPCやスマホなどの接続機器がIPv6に対応していなければ意味がありません。iPhoneなどのスマホはIPv6に対応しているのでしょうか。

結論からいうと、最近のiPhone・スマホはIPv6に対応しています。具体的な機種などは以下をご覧ください。

Android:2017年夏モデル以降の対象機種
iOS:iPhone 6・6 Plus以降・iPad Air 2以降・iPad mini 4以降・iPad Pro以降
OSバージョン:iOS 11以降

 

IPv6の設定・接続をするために必要なもの

次に、IPv6の設定・接続をするために必要なものを解説していきます。IPv6の設定・接続をするために各社共通して必要なものは、IPv6に対応しているルーターです。以下では、IPv6に対応しているルーターでおすすめのものをメーカーごとにご紹介するとともに、どんな機能が付いていると良いのかも合わせてご紹介していきます。

 

IPv6に対応しているルーター

先ほどご説明したように、IPv6の設定・接続をするために必要なのは「IPv6に対応しているルーター」です。以下では、バッファローとNECという人気メーカーでIPv6に対応しているルーターをご紹介していきます。以下では、その中でも価格.comで人気があるものを1つずつピックアップしていきます。

IPv6の導入を検討していて、どのルーターを選べば良いか迷っている方は以下の項目を読み込んでみてくださいね。

 

バッファローのおすすめルーター

バッファローのおすすめルーター1つ目は「AirStation WSR-2533DHP2-CB」です。同ルーターの特徴は、全部で4つです。1つ目は「11ac 4×4」を搭載しているので、5GHz帯は最大1733Mbps、2.4GHz帯は最大800Mbpsの高速通信ができること。2つ目は「MU-MIMO対応」なので、複数端末に同時接続できること。3つ目は「ビームフォーミングEX」です。iPhoneから出る電波を手掛かりに電波を飛ばすことができるので、iPhoneでも高速Wi-Fiが可能になります。

同ルーターは価格.comでも5位の人気を誇り(2019年10月現在)、価格も10,000円前後とそれほど高くない点でもおすすめできるルーターの1つといえるでしょう。

 

NECのおすすめルーター

NECのおすすめのルーターは「Aterm WG1200HP3 PA-WG1200HP3」です。同ルーターはおすすめポイントが特に多いので、いくつかに絞ってお伝えしていきます。

同ルーターの特徴の1つ目は、「ビームフォーミングEX&MU-MIMO対応」です。「ビームフォーミング」は特定の通信相手に直接電波を送るもので、今まで電波を送りにくかったiPhoneなどにも電波を届けることができます。また、「MU-MIMO」という複数の端末と同時通信できる機能も搭載しています。同ルーターの場合は最大2台までMU-MIMOで通信できます。

特徴の2つ目は「ハイパワーシステム搭載」です。ハイパワーシステム搭載は、電波が届きにくかった部屋でも快適に動画視聴ができるようになる機能で、具体的には快適通信エリアが15%拡大します。

特徴の3つ目は「らくらく『かざして』スタート」です。同機能は設定を簡略化するもの。スマホ・タブレットに「「らくらく『かざして』スタート」をダウンロードし、商品に付いている「Wi-Fi設定シート」のNFCタグ(近距離無線通信)にスマホをかざせば設定が完了します。

同ルーターの価格.comでの人気は3位です(2019年10月現在)。口コミ数が多いうえに評価が高いのもポイントで、価格は10,000円前後です。

 

IPv6のパススルー機能とは

IPv6のパススルー機能は、ルーターが持つ機能の1つです。通常はIPv4対応のサイトはIPv4のみ、IPv6対応のサイトはIPv6のみしか閲覧できませんが、同機能を設定することで、もう一方のネットワークに素通りさせることができ、IPv6であってもIPv4のサイトも閲覧できるようになります。逆にパススルー機能を設定しないと、IPv6への申し込み後にIPv4のサイトが閲覧できなくなるので注意しましょう。

パススルー機能の設定方法はプロバイダによって異なりますが、ブラウザにアドレスを入力して設定を変えるだけの極めてシンプルなものが多いので安心して利用できます。

 

IPv6が利用できない場合

IPv6の魅力をたっぷりお伝えしてきましたが、残念ながらIPv6を利用できない場合もあります。その理由は「IPv6をそもそも申し込めない場合」と「IPv6の申し込みをしても適用されない場合」の2つに分かれます。

一体どういうケースが該当するのか、以下で詳しく解説していきます。

IPv6が利用できない理由を考える女性

 

IPv6のオプションがない回線やプロバイダ

IPv6が利用できない場合の1つ目は、IPv6のオプションがない回線やプロバイダを利用しているケースです。元々IPv6を利用する環境がないので、IPv6を利用できないのは当然ですね。

IPv6のオプションがない回線やプロバイダは稀ですが、IPv6に対応していても接続自体はPPPoE方式というケースもあり得ます。これはドコモ光における「PPPoE IPv6通信」のプロバイダですが「エディオンネット」「BB.Excite」「ネスク」「TikiTikiインターネット」などが該当します

IPv6対応インターネット接続を謳っていても想定していた速度が出ない可能性もあるので気を付けましょう。

 

サイトがIPv6に対応していない

IPv6が利用できない場合の2つ目は、サイトがIPv6に対応していないケースです。IPv6は回線・プロバイダに申し込みをして適用されていてもサイト側がIPv6に対応していなければ利用することができません。その場合はIPv6非対応のサイトであってもIPoE方式を利用できる「IPv4 over IPv6」の機能が付いている光回線・プロバイダを選ぶと解決します。

IPv6の利用を検討していて、これから光回線を選ぶときは、IPv6のオプションが付いているかはもちろん「IPv4 over IPv6」が利用できるかをよく確認しておきましょう。

 

インターネット回線を契約するときのIPv6に関する注意点

IPv6についての知識を蓄えたところで、最後にインターネット回線を契約するときのIPv6に関する注意点をお伝えしていきます。IPv6に関して確認しておくべき注意点は「オプションとして利用料金がかかるのか」ということと「接続方式」についてです。以下で詳しく解説していきます。

 

オプションとして利用料金がかかるのか確認する

インターネット回線を契約するときのIPv6に関する注意点の1つ目は、オプションとして利用料金がかかるのか確認することです。

IPv6は無料で利用できる回線・プロバイダもありますが、中には有料オプションとして加入しなければいけないプロバイダも存在します。利用料金は法外な金額にはなりませんが、想定外の出費とならないよう、IPv6オプションに加入する前には、利用中の回線・プロバイダに料金について確認するようにしましょう。

 

接続方式を確認する

インターネット回線を契約するときのIPv6に関する注意点の2つ目は、接続方式を確認することです。IPv6に対応していてもPPPoE方式しか使えないということもありえます。たとえば、ドコモ光のIPv6通信には「PPPoE IPv6通信」「IPoE IPv6通信」「IPoE IPv4 over IPv6通信」の3つがあります。各通信の特徴の詳細は以下をご覧ください。

【IPv6通信の種類】

  • IPoE IPv6通信:IPv6に対応したサイトを閲覧するときのみIPoE方式が使える
  • IPoE IPv4 over IPv6通信:IPv6非対応のサイトであってもIPoE方式で閲覧できる
  • PPPoE IPv6通信:IPv6で通信できるが、PPPoE方式を採用している

PPPoE IPv6通信しか使えないプロバイダの場合は、IPv6対応のサイトを閲覧した際もPPPoE方式での接続となります。PPPoE方式は帯域幅がIPoE方式と比較して狭くなっており混雑しやすくなっています。最大通信速度も200Mbpsです。したがって、IPv6通信に変更しても速度があまり上がらない可能性が高いのです。

上記のように、どのIPv6インターネット接続機能を採用しているかはプロバイダによって異なります。申し込み前にはどのIPv6通信なのかをよく確認するようにしましょう。「IPoE IPv4 over IPv6通信」を採用しているプロバイダを選ぶのが最も理想ですが、少なくとも「IPoE IPv6通信」を選べるようにしたいところですね

 

IPv6通信は、通信速度が速く設定も簡単

【本記事のまとめ】

  • IPv6通信は通信速度が速く、設定も簡単
  • 従来型のIPv4と比較してIPアドレスの数が桁違いに多い
  • 回線やサイトがIPv6に対応していない場合はそもそも利用できない
  • IPv6を利用する際に料金が発生する場合もあるので注意

本記事では、IPv6について解説してきました。従来型のIPv4と比較して通信速度が速く、設定も簡単なIPv6にデメリットはほとんどありません。ただし、回線やサイトがIPv6に対応していない場合はそもそも利用することができません。また、オプション料金が発生することもあるのでIPv6への切り替えを検討している方はまずは利用中の回線・プロバイダに確認してみるようにしましょう。

-用語集
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.