用語集

【初心者向け】IPアドレスとは?種類や設定のされ方、確認方法までわかりやすく解説

更新日:

IPアドレス

インターネットについて調べていると「IPアドレス」という用語にたどり着くかと思います。IPアドレスとは一体何を指す言葉なのでしょうか。本記事では、IPアドレスの概要や種類・設定のされ方・確認方法までを解説していきます。

 

IPアドレスとは?

まずはIPアドレスの概要についてお伝えしていきます。「IPアドレスとは何なのか」や「IPアドレスでわかること」「IPアドレスの表記の仕方」など、IPアドレスに関する基本的なことをご説明していくので、「IPアドレスについて何もわからない!」という方も安心して読み進めてくださいね。

 

IPアドレスはインターネット上での住所

IPアドレスはインターネットだけでなく、ネットワーク通信を行う際に使用されるネットワーク上の住所のような役割を果たしています。IPアドレスがあることにより、インターネットに接続されているコンピューターや通信機器を個々に特定でき、ネット上の情報を適切に送受信することが可能になっているのです。

ちなみに、IPアドレスはネットワークに接続されたIP電話やプリンターなどでも使用されています。普段意識することはありませんが、ネットワーク通信に関する機器には必ず搭載されている身近な存在なのです。

 

IPアドレスでわかること

IPアドレスが「個々の機器を特定するための住所だ」と聞くと、個人を特定できるのではないかと不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、その心配はありません。IPアドレスで特定できるのは「管理している企業・団体」です。個人で契約している場合はどのプロバイダと契約しているかの情報までが割り出されます。

犯罪捜査などの特殊な状況下では、プロバイダは警察に契約者の情報を開示する義務がありますが、それ以外の場合で個人や企業に個人情報が開示されることはありません。

 

IPアドレスは表記が決まっている

IPアドレスの表記の仕方は特殊です。

たとえば「255.255.255.255」や「192.168.0.1」のように、0-255の数字4組を組み合わせてドットアドレス形式で表記されます。IPアドレスは「ネットワーク部」と「ホスト部」に分かれています。「ネットワーク部」はどのネットワークに属しているかを示しており、「ホスト部」ではネットワーク部の中でのホストであるコンピューター端末を指しますが、どこからどこまでがネットワーク部かという区分けの仕方はIPアドレスによって異なります。

ちなみにIPアドレスが255までしか表記されないのは、コンピュータ内部ではIPアドレスが2進数で管理されているためです。たとえば、8ビットの「11111111」は10進数で「255」となるため、255が限度となります。これが従来のIPv4と呼ばれる形式によるIPアドレスの付与方法ですが、現在ではほぼすべての国に割り振られてしまっているため、IPアドレスの枯渇が問題になっていました。

そこで数年前にほぼ無限のIPアドレスが付与できるIPv6ができ、いち早い普及が望まれています。

 

IPアドレスの種類

次に、IPアドレスの種類についてお伝えしていきます。IPアドレスの種類は「グローバルIPアドレス」と「プライベート(ローカル)IPアドレス」の大きく2つに分かれます。以下では、各IPアドレスの特徴について詳しく説明していきます。

IPアドレス

 

グローバルIPアドレス

まずは「グローバルIPアドレス」について解説していきます。グローバルIPアドレスはPCなどの各接続機器とインターネットとの間に立ち、インターネットに接続するタイプのアドレスです。

グローバルIPアドレスは、さらに「動的IPアドレス」と「静的IPアドレス」の2つに分かれます。各IPアドレスの特徴については、以下で詳しくご説明します。

 

動的IPアドレス

グローバルIPアドレスの中でも、変動するアドレスとそうでないアドレスがあり、前者を「動的IPアドレス」と呼んでいます。たとえば、家庭でインターネットに接続する際に特別な設定なく、インターネットに接続することができるかと思います。これは、インターネット側が自動的にIPアドレスを割り当ててくれるためです。

つまり、IPアドレスを自動的に探知し、一定時間ごとやインターネットに接続し直すたびに別のグローバルIPアドレスが割り当てられます。上記のような仕組みを持つIPアドレスを「動的IPアドレス」と呼んでいるのです。

 

固定された静的IPアドレス

動的IPアドレスのように変動しないアドレスを「静的(固定)IPアドレス」と呼びます。具体的には、ホームページの公開サーバーや、メールの送受信のためのサーバーなどが該当します。ホームページやメールのIPアドレスが変わってしまうと、届けたいデータを適切な「住所」に届けることが難しくなってしまいます。

上記のようにコロコロ変わってしまっては困る場面で採用されるのが、静的IPアドレスなのです。

 

プライベート(ローカル)IPアドレス

グローバルIPアドレスの対になるのは、「プライベート(ローカル)IPアドレス」です。プライベートIPアドレスは「インターネットに接続していないほうのIPアドレス」などとも呼ばれます。インターネットに接続する側のグローバルIPアドレスよりもさらに内側、すなわち自宅の中のIPアドレスとしてインターネットから独立したネットワークに付与されるIPアドレスなのです。具体的には、家庭内ネットワーク上のPCなどに付与されたIPアドレスを指します。

ちなみに、プライベートIPアドレスは、グローバルIPアドレスと直接やり取りすることができません。したがって「NAT」と呼ばれるプライベートIPアドレスをグローバルIPアドレスに変換する機能を用いてインターネット接続を行っています。

 

IPアドレスはどのように設定されるの?

IPアドレスの種類についてお伝えしてきましたが、そもそもIPアドレスはどのように設定されるのでしょうか。以下では、IPアドレスの割り当てられ方と変更の可否についてご説明していきます。

 

基本的に割り当てされる

IPアドレスの設定のされ方についてですが、インターネット側から割り当てられるのが基本です。グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスでは、割り当てられ方が異なります。以下では、各ケースについて詳しく紹介していきます。

 

グローバルIPアドレスの管理の仕方

グローバルIPアドレスの管理は「ICANN」と呼ばれる国際機関が最上位となり、以下をエリアごとに階層的に統括しています。

ICANN→APNIC(主にアジアのIPアドレスを管理)→JPNIC(日本国内のIPアドレスを管理)→IPアドレス管理指定業者→ユーザー

上記の仕組みの中で、ユーザーがルーターを通じてインターネットに接続しようとするとき、インターネット側からグローバルIPアドレスが付与される仕組みです。

 

プライベートIPアドレスの管理の仕方

多層的だったグローバルIPアドレスの管理の仕方と比較して、プライベートIPアドレスの管理の仕方はとてもシンプルです。

スマホやPCなどの接続機器(DHCPクライアント)がインターネットに接続しようとすると、ルーター(DHCPサーバー)から自動的にIPアドレスが付与されます。上記の仕組みのおかげで他人と重複しないプライベートIPアドレスが付与されるようになっているのです。

 

変更することはできるの?

IPアドレスは基本的に自動で付与されますが、PCの設定を変更することで、手動で設定し直すことも可能です。設定方法はOSによって異なります。以下では、Windows10とMacの場合の設定方法をお伝えしていきます。入力するIPアドレスはルーターによって異なるので、各ルーターの販売元ページを参照してください。

 

【Windows10の場合のIPアドレス変更方法】

step
1
STEP1.画面左下のWindowsロゴをクリックした後「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」を選択する

step
2
STEP2.「ネットワークと共有センター」をクリックする

step
3
STEP3.「アダプターの設定の変更]」をクリックする

step
4
STEP4.LANアダプター名が表示されている接続アイコン(Wi-Fi・イーサネット)を右クリックし、「プロパティ」をクリックする

step
5
STEP5.「接続の方法」に使用中のLANアダプターのドライバー名が表示されるので「インターネット プロトコルバージョン 4(TCP/IPv4)」 にチェックが入っていることを確認する

step
6
STEP6.以下のように設定する

  •  「次のIPアドレスを使う」にチェックする
  • 「IPアドレス」「サブネットマスク」欄に入力する
  • 「デフォルトゲートウェイ」に無線LAN親機・ルーターのIPアドレスを入力する
  • 「次のDNSサーバーのアドレスを使う」 にチェックを入れる
  • 「優先DNSサーバー」に親機・ルーターのIPアドレスを入力する

step
7
STEP7.入力後、「OK」をクリックして画面を閉じる

 

【Macの場合のIPアドレスの変更方法】

step
1
STEP1.画面左上のアップルメニューから「システム環境設定」を選択する

step
2
STEP2.「ネットワーク」を選択する

step
3
STEP3.「Wi-Fi」を選択し、「詳細」をクリックする

step
4
STEP4.以下のように設定する

  • 「TCP/IP」タブをクリックし「IPv4の設定」の中から「手入力」を選択する
  • 「IPv4アドレス」「サブネットマスク」欄に入力する
  • 「ルーター」にWi-FiルーターのIPアドレスを入力する
  • 「OK」をクリックする

step
5
STEP5.「DNS」タブをクリックし「+」をクリックする、Wi-FiルーターのIPアドレスを入力し、「OK」をクリックする

step
6
STEP6.「適用」をクリックする

 

IPアドレスの確認・検索方法は?

自分が使用しているIPアドレスの確認・検索をするにはどうしたら良いのでしょうか。実は、自分のIPアドレスを確認するための簡単な方法があるのです。以下で詳しく解説していきます。

 

IPアドレスを確認するサイト

自分のIPアドレスを確認するための最も簡単な方法は「サーバー監視・ネットワーク監視サービス」を利用することです。

 

 

上記アドレスにアクセスするだけで、自身のグローバルIPアドレスがわかります。

 

ちなみに、プライベートIPアドレスを知りたい場合はPCから確認しましょう。Windowsでは、コマンドプロンプト画面を表示させ、画面上で「ipconfig」 というコマンドを入力し「Enter」キーを押します。このとき、IPv4の欄に載っているのがプライベートIPアドレスです。

Macでは、システム環境設定→ネットワークをクリックすると、利用しているIPアドレスが表示されます。

 

IPアドレスから住所を特定することはできるの?

IPアドレスはデータを送受信するためのネットワーク上の住所ですが、本当の住所まで特定されてしまうのではないかと不安になる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、IPアドレスから住所を特定されることはないので、安心してください。

IPアドレスから読み取れるのはIPアドレスを管理している企業・団体のみで、個人の場合はプロバイダが判明するにとどまります。稀に犯罪捜査などで警察に個人情報が渡る場合を除いては個人情報が晒される心配はありません。

 

IPアドレスが取得できない場合

最後に、IPアドレスが取得できない場合の対処法を解説していきます。電波状況は良好で無線接続ができているのにインターネットに接続できない場合は、下記の原因が考えられます。以下の対処法を順に試してみてください。

 

【IPアドレスが取得できない場合の対処法】

step
1
STEP1.ファイアウォールの解除

パソコンのセキュリティソフトやWindowsのファイアウォール機能を無効にしてみます。

step
2
STEP2.不要なネットワークアダプターの無効化

使用していないネットワークアダプター(LANカード)を無効にしてみます。

step
3
STEP3.IPアドレスの取得方法確認

IPアドレスが自動取得になっているか確認する。

step
4
STEP4.Wi-Fiアダプタードライバーの削除と再インストール

パソコンにWi-Fiアダプターを取りつけている場合は、Wi-Fiアダプターのドライバーを一旦削除したうえで再インストールを試します。

step
5
STEP5.ネットワークブリッジの削除

1台のパソコンをハブにして利用する機能「ネットワークブリッジ」を作成しているとIPアドレスの取得の妨げになる可能性があります。上記すべてを試してもダメな場合は一度ネットワークブリッジを削除してみてください。

 

IPアドレスはネットワーク通信に不可欠なインターネット上の住所

【本記事のまとめ】

  • IPアドレスはネットワーク上の住所
  • IPアドレスは基本的に自動で割り当てられる
  • 自分自身で変更することも可能

本記事では、IPアドレスについての基本的な知識についてご説明しました。IPアドレスはインターネット上の住所にあたるもので、基本的には自動的に付与されます。逆を言えば、IPアドレスがないとインターネットに接続することはできません。IPアドレスが取得できない場合には「ファイヤーウォール設定の解除」や「ネットワークアダプターの無効化」などを試してみると良いでしょう。

IPアドレスによって、住所や個人情報が公開されることは、警察が犯罪調査をするときなど稀な条件が揃わないと特定・公開されないため安心してくださいね。

-用語集
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.