用語集

【初心者向けに解説】転用・自社転用・他社転用って何?

更新日:

転用・自社転用・他社転用について解説する女性

各光回線について調べているとき「転用」という言葉を見かけることがあるかと思います。転用のみならず「自社転用」「他社転用」という言葉もあり、何が何だかわからなくなってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では、転用・自社転用・他社転用という3つの用語について解説するとともに、転用手続きの仕方やよくある質問などについて解説していきます。

 

転用・自社転用・他社転用って何?

まずは「転用」「自社転用」「他社転用」といった3つの用語について解説していきます。「転用」は一般的な新規契約と何が違うのか、メリット・デメリットは何なのか、「自社転用」「他社転用」の特徴は何なのかなど、3つの用語に関する疑問をまるっと解決していきます。

 

転用とは?

まずは「転用」についてご説明していきます。転用とは、利用中の「フレッツ光」から「コラボ光」に変更する際に必要となる手続きです。コラボ光は、フレッツ光の光回線と自社サービスを組み合わせて提供するサービスのこと。

フレッツ光からコラボ光に契約先を変更する際には、契約先も「NTT東日本・西日本」から「光コラボレーション事業者」に変更となります。ちなみに、このときの「お客さまID」や「ひかり電話番号」はそのままです。光コラボレーション事業者の代表例はソフトバンク光ですが、それ以外の業者は以下をご参照ください。

 

 

 

転用する場合は、NTT東日本・西日本に問い合わせてもらった「転用承諾番号」を光コラボレーション事業者に伝えて乗り換えをします。ちなみに、転用する際は契約先のみの変更なので解約金は必要ありません。必要なのは光コラボレーション事業者への手数料の支払いのみです。ただし、新規契約と比較するとキャンペーンのキャッシュバック金額も減ることは覚えておきましょう。

 

自社転用とは?

転用は「自社転用」と「他社転用」の2つに分かれます。

まずは「自社転用」からご紹介していきます。フレッツ光を利用しているときにプロバイダも同時に契約しているかと思います。自社転用は転用する際にプロバイダが提供する光コラボに転用することを指します。

たとえば、フレッツ光とOCNの組み合わせで利用していた方がOCN光に、フレッツ光とso-netの組み合わせで利用していた方がso-net光に転用するようなケースが良い例です。自社転用のメリットとしては環境変化によるストレスが少なく、違約金もかからないことなどが挙げられます。自社転用のデメリットとしては、転用の際のキャンペーンが適用されにくいことなどが挙げられます

ただし、フレッツ光よりも光コラボのほうが料金が安くなる傾向にあるので、キャンペーンが適用されなくても転用したほうがお得になる可能性が高くあります。

 

他社転用とは?

自社転用に対して「他社転用」は、フレッツ光を利用しているときのプロバイダとは異なるプロバイダが提供する光コラボに転用することです。前項と同じ例を用いるならば、フレッツ光とOCNの組み合わせで利用していた方がso-net光などに転用するようなイメージです。

他社転用の場合、違約金はかかりますが、乗り換えキャンペーンなどの適用条件に当てはまることが多く、お得に契約できる可能性があります。他社転用をする場合は、各プロバイダのキャンペーンの条件を比較検討してから転用先を決めるようにしましょう。

 

転用する方法

転用の意味と自社転用・他社転用の違いを知ったところで、転用する方法をご説明していきます。転用する方法は「転用承諾番号をもらうこと」と「承諾番号を転用先に伝えて契約すること」の2ステップです。ただし、転用承諾番号をもらう先は、お住まいの地域がどこかによって問い合わせ先が異なります。

以下では、転用する際の手続きを1ステップずつ解説していきます。

転用手続き先

 

STEP1.転用承諾番号をもらうことが必須!

まずはお住まいの地域のNTTに問い合わせて、転用承諾番号をもらいます。転用承諾番号は、光コラボレーション事業者に契約内容を引き継ぐために重要な番号です。転用承諾番号の取得は無料で、期限は15日間です。期限を過ぎると再発行しなければならないので、早めに手続きするようにしましょう。

申し込みの際に用意すべきものは以下です。

【申し込みの際に用意すべきもの】

  • お客さまID・ひかり電話番号もしくは契約者の連絡先電話番号
  • 契約者様名
  • フレッツ光利用場所住所
  • フレッツ光利用料金の支払い方法

ご自身がNTT東日本・西日本のどちらに属すかわからない方は、下記のURLを参照してみてくださいね。

 

 

 

東日本の転用手続き

NTT東日本の転用手続きはWebか電話かのいずれかで申し込めます。連絡先の詳細は、以下です。

【NTT東日本の転用手続き窓口】

 

電話番号:0120-140-202(無料)
受付番号:9:00~17:00(年末年始を除く年中無休)

 

西日本の転用手続き

NTT西日本の転用手続きはWebか電話かのいずれかで申し込めます。連絡先の詳細は、以下です。

【NTT西日本の転用手続き窓口】

 

※CLUB NTT-West会員サイトにログインしてから手続きすると、多くの項目での入力が省かれ、簡単に申し込みすることができます。

電話番号:0120-553-104(無料)
受付番号:9:00~17:00(年末年始を除く年中無休)

 

STEP2.承諾番号を転用先に伝えて契約する

NTT東日本・西日本から転用承諾番号を入手したら、転用先である各光コラボレーション業者に伝えて契約をします。したがって、転用承諾番号は必ず申し込みの前に取得し、手元に控えた状態で申し込みをするようにしてください。転用日は申し込みから2日以降となります。詳しくは転用先の光コラボレーション業者に確認するようにしてください。

 

転用するときのよくある質問

次に、上記では説明しきれなかった点への「転用するときのよくある質問」についてお伝えしていきます。転用を検討している方は下記を読み込み、不安や疑問点を解消したうえで転用してみてくださいね。

 

転用するときに手数料は必要なの?

業者によって異なりますが、基本的には転用先の光コラボレーション業者に転用する際の手数料として3,000円が必要となります。ただし、自社転用の場合は違約金がかからず、手数料のみで移行できます。

他社転用の場合は、契約更新月以外でプロバイダを解約した際には違約金が発生しますが、プロバイダのキャンペーンを適用し、お得に乗り換えられる可能性が高いといえます。

 

転用承諾番号の取得後キャンセルはできる?

転用承諾番号の取得後、申し込みをせずにいれば転用承諾番号は失効し、自動的にキャンセルできます。また、転用承諾番号を取得し、申し込みまで済ませてしまった後は基本的にはキャンセルできず、解約した場合は通常通り違約金が課せられます。唯一の救済措置として「初期契約解除制度」があります。同制度は、申し込み日を初日として8日間が経過するまでは、電気通信事業者の合意不要で契約解除できるというものです。

同制度を利用した場合は、サービス利用料・一定の工事費・事務手数料は支払わなければいけませんが、違約金を支払わずにキャンセルすることができます。

 

転用するときの注意点

最後に、転用するときの注意点についてお伝えしていきます。以下の項目について知らずに転用してしまうと、二度手間になったり大きく損をしたりと、後から困ったことになりかねません。これから転用しようとしている方は特に、以下の項目を読み込んでみてください。

転用するときの注意点を紹介する女性

 

転用したら戻すことはできない

転用するときの注意点の1つ目は、転用したら戻すことができないことです。コラボ光からフレッツ光に戻すには、「事業者変更」と呼ばれる手続きが別途必要になります。事業者変更の手続きは以下です。

 

【事業者変更の手続き】

step
1
STEP1.現在契約中の光コラボレーション事業者に解約の旨を伝え、「事業者変更承諾番号」を取得する

NTT東日本・西日本の付加サービスを利用中の方は、この時点でNTT東日本・西日本に「情報開示許諾申し込み」も必要となります。その際、以下の情報も用意しておくようにしてください。

【手続きに必要なもの】

  • お客さまIDまたはひかり電話番号
  • 契約者名
  • 当社付加サービス利用場所住所
  • 当社付加サービス利用料金の支払い方法

 

NTT東日本情報開示許諾申し込み窓口

電話番号:0120-112-335(無料)
受付時間:9:00~17:00(年末年始を除く年中無休)

 

NTT西日本情報開示許諾申し込み窓口

電話番号:0800-200-1057(無料)
受付時間:9:00~17:00(年末年始を除く年中無休)

 

step
2
STEP2.NTT東日本・西日本に新規申し込みを行う

事業者変更承諾番号を取得し、各NTT事業者に情報開示許諾申し込みも済ませたら、新規申し込みをしてフレッツ光に再度契約します。

 

転用承諾番号には期限がある

転用するときの注意点の2つ目は、転用承諾番号には期限があることです。転用承諾番号の期限は取得から15日間です。15日間の期限を過ぎると自動的に失効してしまい、転用手続きを進めたい場合は再度問い合わせて発行してもらわなければなりません。

特に罰金などが発生することはありませんが、問い合わせにも手間と時間がかかるので、転用承諾番号を取得した場合は速やかに手続きを進めるようにしましょう。

 

転用の場合はキャンペーン額が減ることが多い

転用するときの注意点の3つ目は、転用の場合はキャンペーン額が減ることが多いことです。他社転用の場合はプロバイダ間の乗り換えがあるため、まだキャンペーンの適用条件に当てはまる場合がありますが、自社転用の場合はプロバイダにも変更がないのでキャンペーンの対象外となり、キャンペーン額が一切もらえないこともあります。ただし、自社転用の場合は違約金が発生しません。

光回線・プロバイダともに解約し、新規契約をした場合は違約金が増額される代わりに、キャンペーンのキャッシュバック金額も増える傾向にあります。差し引きしてどちらがお得になるかはよく考えたほうが良いでしょう。

 

転用は、自社転用と他社転用で違約金やキャンペーン金額が異なる

【本記事のまとめ】

  • 転用は、フレッツ光から光コラボレーション事業者への契約変更のこと
  • 転用をした場合は、立ち合いの工事は必要なく、一般的に料金が抑えられる傾向にある
  • 自社転用は転用前に利用していたプロバイダが提供する光コラボに転用する場合
  • 他社転用は転用前に利用していたプロバイダではない他社のプロバイダが提供する光コラボに転用する場合
  • 自社転用の場合は違約金が発生しない代わりにキャンペーン金額がほとんどなくなる

本記事では、転用・自社転用・他社転用の3つについて解説してきました。転用はフレッツ光を引き続き使用するので、環境の変化が少なく、立ち合いの工事が不要なことがメリットです。また、一般的に光コラボのほうが料金が安くなる傾向にあります。

自社転用は光回線とプロバイダの両方とも変わらないので違約金がかからないことがメリットですが、キャンペーンのキャッシュバック金額はあまり多くはありません。反対に、他社転用はプロバイダの変更に伴う違約金が発生する可能性はありますが、キャッシュバックも受け取れる余地もあります。

新規契約を含め、どの手段が最もお得なのかを考えてみると良いでしょう。

-用語集
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.