WiMAX

【機種変更したい人必見】WiMAX・WiMAX2+の機種変更と新規契約はどちらがお得?

投稿日:

WiMAX・WiMAX2+の機種変更と新規契約はどちらがお得なのか考える男性

「ルーターを最新機種にしたい」「WiMAXからWiMAX2+へ変更したい」と考えたときに、機種変更をするのか新規契約をするのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 本記事では、よりお得にWiMAX2+を最新機種にする方法や、機種変更に際しての注意点を紹介します。これから機種変更をする方はぜひ参考にしてくださいね。

WiMAXからWiMAX2+への機種変更をするメリット

WiMAXを1年、2年と使っているうちに「通信速度が他の回線利用時と比べて遅い気がする…」「バッテリーのなくなるスピードが早くなってきた」など、最初に比べて通信速度や端末に不満を感じるようになった場合は、端末を変更するタイミングかも!?

これから新規契約する方はWiMAX2+対応端末での契約となりますが、現在WiMAX専用機種を使っている方はWiMAX2+対応機種へ変更することをおすすめします。

博士
まずはWiMAXを利用している人が、WiMAX2+対応機種に変更することで得られるメリットをご紹介します。

 

WiMAX2+ではより速い速度での通信が可能

WiMAXサービスはWiMAX2+へ多くの周波数帯を割り当てているため、WiMAXと比較して通信スピードも高速化しています。

WiMAXの最高速度が13.3Mbpsなのに対してWiMAX2+では最高440Mbps、一部ルーターではLTE利用時に1.2Gbpsと格段にスピードアップしました。WiMAX2+では2020年に1Gbpsまで速度を上げる予定と発表しており、さらなる通信速度の高速化が期待できます。

また、WiMAXよりもWiMAX2+のほうがエリアが広いため、これまで繋がりにくかった地域での接続もできるようになります。

WiMAX2+に切り替えることで、より快適なインターネット環境を整えることができるでしょう。

 

WiMAXは2020年3月31日でサービス終了

UQ WiMAXは、周波数帯を有効利用するため、旧WiMAXサービスで利用していた周波数帯をWiMAX2+に移行することを進めていました。そしてついに、WiMAXのサービスは2020年3月31日をもって終了すると発表しています。

博士
現在、WiMAXを使っている人は、サービス終了前に切り替えないと利用できなくなってしまうのじゃ。

 

WiMAXからWiMAX2+への機種変更をお得にする方法は?

WiMAXからWiMAX2+へ切り替えるには、どうしたらいいのかな?
博士
「おトクに機種変更」を利用するか、一度解約して新規契約する方法があるよ。

WiMAXからWiMAX2+へ機種変更するときには、どういった方法を選ぶともっともお得なのでしょうか。

実は契約更新月が近い場合は、機種変更をするより、一度契約を解除して新規契約を結び直すほうがお得になることも。さっそく詳しく確認していきましょう。

 

「おトクに機種変更」を利用する方法もある

現在UQ WiMAXでは「おトクに機種変更」を実施しています。キャンペーンの詳細は以下です。

「おトクに機種変更」の詳細
対象期間 2018年10月1日~2020年3月10日
交換後の機器 Speed Wi-Fi NEXT W05

Speed Wi-Fi NEXT WX04

Speed Wi-Fi HOME L01s

料金 WiMAX契約解除料、登録料、端末代金が0円

Q Flatツープラスギガ放題 3年プランが通常月額4,380円のところ3年間月額3,696円で利用できる

博士
つまり、WiMAXからWiMAX2+に無料で切り替えできて、月額料金も安くなるってことだね。
このキャンペーンを利用したらお得に切り替えできるんだ!?
博士
実は、「おトクに機種変更」では最新機種が選べないことに注意が必要じゃ。

現在WiMAX2+では、最新機種「Speed Wi-Fi NEXT W06」を提供しています。しかし、「おトクに機種変更」を利用すると、最新機種を選ぶことはできません。機能的に大きな差はないとはいっても、長期間使うことになるルーターは、できるだけ最新ものものを選んでおきたいもの。そのため、おすすめな方法とは言い難いのです…。

 

一度解約してから新規契約をする方がお得

WiMAXを新規契約するときには、最新機種を選べるプロバイダが多数。そのため、WiMAXを一度解約して、他のプロバイダでWiMAX2+を契約し直すことによって最新機種を手に入れられます。

博士
最新機種を利用したい場合は、契約中のプロバイダを一度解約して、別のプロバイダでWiMAX2+を新規契約するのじゃよ。

WiMAXは2年・3年など契約年数が決まっており、契約期間が満了する更新月以外に解約すると「違約金」が発生します。違約金はプロバイダによって異なりますが、平均して20,000円前後となっています。更新月をすぎると契約は自動で更新され、次の更新月になるまでは無料では解約することができません。

もし更新月が近い場合は更新月に現在のプロバイダを解約して、別のプロバイダでWiMAX2+を新規契約するのがおすすめです。

更新月が遠いときにはどうしたらいいの?
博士
WiMAXのサービス終了まで待てば、解約するのにお金は必要ないのじゃ。

WiMAXのサービスが終了した場合には当然、違約金を払う必要はありません。現在契約しているWiMAXを更新月まで待って解約すれば、解約手数料を払う必要がなくなるので、更新月が遠い場合は、WiMAXの終了を待つのも一案です。

 

キャンペーンが適用されるのでお得に契約可能

WiMAX2+を新規契約する場合には、各プロバイダお得なキャンペーンを実施しています。例えば、GMOとくとくBBの場合、最新機種のW06を利用できるだけでなく、最大31,100円のキャッシュバックも受け取れます。

また、月額料金は1〜2ヵ月目は3,609円、3ヵ月目以降は4,263円です。

あれ、「おトクに機種変更」だと月額料金は3,696円になるから、「おトクに機種変更」の方がお得になるんじゃない?

「おトクに機種変更」を利用した場合と、GMOとくとくBBで契約した場合とで、3年間利用した場合のトータル費用を比較してみましょう。

おトクに機種変更 GMOとくとくBB
利用できる機種 W05 W06
月額料金 133,056円

(3,696円×36ヵ月)

152,160円

(3,609円×2ヵ月+4,263円×34ヵ月)

キャッシュバック 0円 31,100円
3年間の合計 133,056円 121,060円
博士
3年間のトータル費用を見てみると、GMOとくとくBBのほうが1万円以上安くなるのじゃ。

 

WiMAX2+の機種変更は無料でできるの?

WiMAX2+をすでに使っている方の中でも「使っているうちに電池の減りが早くなってきた」「通信速度に物足りなさを感じてきた」という方は、次々と性能の良い新端末が登場しているため、最新機種に乗り換えたいと思うこともあるでしょう。

しかし、機種変更にあたって別途費用がかかるとなるとためらってしまうのも正直なところですよね。

すでにWiMAX2+を利用している場合、機種変更は無料でできるのでしょうか?どのような条件で無料の機種変更ができるのかについて詳しく紹介します。

 

現在利用している期間に応じて新規端末の販売価格が変わる

解約せずにそのまま同じプロバイダで機種変更をする際、利用期間(契約からどのくらい日がたっているか)で新しいルーターの値段が決まります。

UQ WiMAX公式で契約している場合と、プロバイダから契約している場合それぞれの機種交換にかかる費用を確認してみましょう。

 

UQ WiMAXで契約をしている場合

UQ WiMAXでは、全機種一律15,000円で機種変更が可能です。機種変更する場合は、機種変更サイトで申し込みを行いましょう。新しい機種が届いたら、新しいルーターに同封されている「回線切替の手順」を見ながら、回線登録を行いましょう。

機種変更の申し込みは、以下の公式サイトを確認しながら、当てはまるものを選択していくとよいでしょう。

 

プロバイダで契約をしている場合

プロバイダを経由してWiMAX回線を利用している場合、プロバイダ経由で機種交換の申し込みをする必要があります。GMOとくとくBB、BroadWiMAXでは契約期間20ヵ月以上で機種変更が無料になります。契約期間が20ヵ月未満でも機種変更はできますが、所定の販売価格を支払う必要があるので注意しましょう。

一方、WiMAX2+からWiMAX2+への機種変更は行っていないプロバイダもあります。もし、利用しているプロバイダが機種変更を行っていない場合は、プロバイダを乗り換える必要があります。

白ロムを使うのはありかな?
博士
不具合が起きても自己責任。おすすめはできない方法じゃ。

裏技として、白ロムと呼ばれるSIMロックのかかっていない最新ルーターを購入して、現機種に入っているSIMカードを差し替えるという方法を聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。白ロムを使った場合、メーカーによる製品保証が適用されず不具合が起きても自己責任となります。あまりおすすめはできない方法です。

 

WiMAX2+の機種変更をするときの注意点

20ヵ月以上利用していた場合、WiMAX2+の機種変更が無料でできることがわかりました。

しかし、WiMAXの機種変更には注意すべき点がいくつかあります。例外的に機種変更ができないパターンや、機種変更後しばらくは解約できないパターンなど、機種変更前に知っておきたいことを紹介します。

WiMAX2+の機種変更をするときの注意点を説明する女性

 

法人契約の場合機種変更ができないので注意

個人契約の場合は最新機種へと簡単に変更できますが、法人契約の場合は機種変更できません。法人契約で機種変更をしたい場合には、一度解約して再度契約をし直す必要があります。更新月以外での解約には違約金が発生するため、注意が必要です。

またUQ WiMAXの場合、個人契約だと電話やメールでも解約可能ですが法人契約の解約は郵送のみの受付となっています。電話またはインターネットで「UQ通信サービス解約届」を入手して、必要書類を同封のうえUQコミュニケーションズ株式会社へ送付しましょう。

※PDFのためダウンロード時には通信量に注意してください。

郵送を経由すると解約までに時間がかかります。解約の手続きはスケジュールに余裕を持って行いましょう。

 

無償交換をした場合契約期間が変更になる可能性もある

長期契約により端末を無料で機種変更した場合、プロバイダによっては契約期間や契約内容がリセットされ、キャンペーンの適用されない通常価格で2〜3年継続しなくてはならないケースや、一定期間の継続利用が必須となることもあります

機種変更によって契約期間やプランの料金は変わるのかは事前に確認しておくことがおすすめです。

 

場合によっては乗り換えして新規契約をした方が安くなることも

プロバイダによっては、機種変更をすることで契約期間がリセットされ1ヵ月目からの契約になってしまうケースや、料金体系が変わることもあると説明しました。

各プロバイダが実施しているキャンペーンの特典が得られるのは基本的に1回だけです。そのため、機種変更をすることでキャンペーン特典のない通常料金に戻ってしまう場合があるのです。そうすると契約更新の2年、3年後まで割引のない通常料金を払わなければならない可能性があります。

このようなケースでは、無料で機種交換できても結果的にお得とはいえません。機種変更せずに解約し、他のプロバイダに乗り換えて新規端末を手に入れた方がお得になるといえます。

 

WiMAXの機種変更の手続き方法は?

WiMAXの機種変更の手続きを行おうと思うんだけれど、手続きはどうしたらいいかな?

機種変更をする手続きはとっても簡単。機種変更するルーターを手元に用意し、10分ほどで申し込みが完了します。新しい端末が届いた後も手順書や取扱説明書に従って必要事項を登録するだけです。

WiMAXの機種変更方法について、簡単に流れをご説明します。

 

機種変更サイトで申し込み

UQ WiMAXや各種プロバイダでは機種変更の申し込みサイトを開設しており、10分程度で機種変更の手続きは完了します。

申し込みの際にはルーターの識別用番号やSIMカードの番号などの入力が求められます。申し込みを行う前には必ず現在使用しているルーターとSIMカードを手元に用意しておきましょう。

 

1~2営業日で到着後、回線登録

申し込みをしてから約1〜2営業日程度で新端末が宅配便で到着します。届いたら開封をして、回線切替の登録を行いましょう。

まず電源が入るかどうか、正常に動くかどうか動作確認をします。SIMカードを手元に用意し、回線登録(切替)受付ページで必要事項を登録します。最後に新しい端末にSIMカードを挿入し電源を入れます。あとは同梱の取扱説明書に基づいて初期設定を行えば新しい端末が使えるようになります。

博士
SIMカードの金属部分を素手で触らないように、手袋をして行うことがおすすめじゃよ。

WX04以降の端末ではSIMカードはnano simサイズと呼ばれる極小サイズで統一されているため、SIMカードの再発行は必要ありません。新端末到着後に今の端末から差し替えればOKです。逆にW04以前の機種から機種変更を行う場合はSIMカードの再発行が必要です。公式サイトで切り替え手続きを行いましょう。

回線登録(切替)受付ページの受付時間は9:00〜22:00です。それ以外の時間は登録ができないので注意してください。

 

古いWiMAXの端末はどうするの?

WiMAXの端末は光回線と違い基本的に買い取り。機種変更をすると古いルーターは返却するのではなく個々で廃棄処分となります。

今のルーターも使えるのに捨ててしまうのはなんだかもったいないなぁ。

それでは、古いWiMAXの端末は再利用できないのでしょうか?中古買取などの方法も含め、再利用の可能性についてご説明します。

 

再利用はおすすめしない

ルーターの再利用は基本的にはおすすめできません。WiMAX提供会社から送られてくる端末には、その契約先でしか使えないようにSIMロックされていることが多いためです。同じ契約会社間でSIMカードを差し替えれば予備の端末機器として使うこともできますが、別途追加料金もかかるため特にメリットはありません。

ルーターの充電切れなどを心配している場合は、モバイル充電器を準備する方が現実的です。

また、WiMAX用の端末機器は独自の設定が施されておりネットワークの設定知識が豊富でないとWi-Fiルーターとしての再利用はかなり難しいといえます。

再利用するための方法も検索をすると出てきますが、下手に設定を変えてしまい使えなくしてしまう恐れがあるので、無理に操作することはおすすめできません。

 

オークションや買い取り専用業者に売ることがおすすめ

端末の廃棄がもったいないという場合は、ヤフオクやメルカリなどで個人オークションに出品して売るか、「カウモバイル」のようなWi-Fiルーターを扱う買取専門業者へ査定に出して買い取ってもらうことがおすすめです。例えば「AtermWM3800R PA-WM3800R(AT)」であれば上限2000円で買い取ってくれます。

基本的にWi-Fiルーターは専用の回線を使えるSIMカードがあってはじめて通信できる機器です。その上、1〜2年もすれば最新機種が次々に登場することもあり、中古でも元々の相場は低めです。それでも買い取り業者に引き渡すだけで、わずかながら収入にもなるので良い選択ではないでしょうか。

 

WiMAX機種変更はタイミングを見て乗り換えるのがおすすめ

【本記事のまとめ】

  • WiMAXは2020年3月31日でサービス終了
  • WiMAXからWiMAX2+は新規契約の方がお得
  • WiMAX2+では継続利用で機種変更できる場合もある

WiMAXを最新ルーターで利用したい場合、継続利用年数によっては無料で機種変更できることがわかりました。しかし、多くのケースでは一度解約をして新しいプロバイダで契約をした方が、新たなキャンペーンも適用されるのでお得に利用できることが多いのです。

解約する場合には、更新月のタイミングを逃すと違約金がかかってしまいます。「そろそろ新しいルーターに変更したいな」と思い出したタイミングで、更新月はいつなのか確認するのがおすすめです。

-WiMAX
-, ,

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved.