WiMAX

WiMAXの周波数5GHzと2.4GHzの違いは?使い方・切り替えのときの注意点

投稿日:

WiMAXの周波数5GHzと2.5GHzの違いについて説明する女性

WiMAXの周波数は、5GHzと2.4GHzの2つを選べることを知っていますか?本記事では、「WiMAXの5GHzと2.4GHzってなに?」「そもそも周波数は何なの?」など、WiMAXユーザーの疑問をしっかり解決していきます。

各周波数のメリット・デメリットに加えて、切り替え方法の手順も紹介するので、WiMAXユーザーは参考にしてみてください。

WiMAXの周波数は2.4GHzと5GHzの2種類ある

博士
WiMAXの周波数は「2.4GHz」と「5GHz」の2種類あるのは知っていた?
知らなかった...!そもそも周波数って何なの?

周波数は、電波工学のなかで電磁波が何回繰り返されているのかを表すもの。簡単に言えば、WiMAXがどのくらい稼働できるのかを表すもので「Hz=ヘルツ」という単位を用いて数値化します。数値が大きくなればなるほど、インターネット処理速度が速くなるのです。

じゃあ、5GHzを使ったほうが速くなるってことだよね!?
博士
どんなときでも5GHzのほうがいいわけではないのじゃよ。
博士
それぞれの周波数の特徴を知って、使い分けるのがおすすめなのじゃ。

では、「2.4GHz」「5GHz」それぞれのメリット・デメリットを確認していきましょう。

 

2.4GHzを利用するメリット

博士
2.4GHzの方が障害物に強いのじゃ。

WiMAXの電波は、直線方向に進行します。まっすぐに電波が進む場合には、非常に速度は速いものの、障害物があった場合には回り込んでしまい、電波を伝えにくくなってしまう特徴があるのです。

できるだけ障害物のない場所で使用しようと思っても、周囲になにもない状況はほとんどないでしょう。屋内で使用する場合には壁・床・家具など、屋外で使用する場合にはビル・地下鉄・トンネルなどが電波遮断の原因になります。

直進性は、GHzの前に付いている数値が大きくなればなるほど高くなり、数値が低い方が回り込める性質があります。そのため、2.4GHz帯を使用した方が障害物のある場合でも繋がりやすいのです。人や建物の多い場所で利用する場合でもストレスなく使用できるのが、2.4GHz帯を利用するメリットです。

博士
ルーターから少し離れた場所で使うときには2.4GHzがおすすめじゃよ。

 

2.4GHzを利用するデメリット

博士
2.4GHzは、電波干渉しやすいことがデメリットなのじゃ。

2.4GHzは、WiMAX回線以外の家電やインターネット機器にも多く利用されています。そのため、同じ周波数や近い周波数を持つものが周囲に設置されている環境では、「電波干渉」を起こしてしまうのがデメリットのひとつだといえます。

電波干渉とは、近い周波数を持つ機器や家電が集まることによる生じる通信不良のこと。それぞれの機器から発信される電波が接触することで、インターネット通信の速度低下や通信不良を起こす原因となってしまいます。

電波干渉には、「さまざまな無線通信が、同一の周波数帯で接続を奪い合うケース」と「無線通信機器に家電などの異なる電磁波がぶつかるケース」の2種類あります。つまり、無線通信を行う電話機の子機・他のインターネット回線のほかにも、電子レンジなど身近な家電も電波干渉の原因となるのです。

博士:電子レンジや冷蔵庫の上にWiMAXを置くと、電波干渉起こしやすくなるので置き場所には注意するのじゃよ。

 

5GHzを利用するメリット

博士
高速通信を行いたい場合は5GHzがおすすめじゃ!

5GHzを利用することで、これまでメインで使用されていた2.4GHz帯よりも、高速かつ安定したインターネット通信が可能になりました。2.4GHz帯の弱点でもあった、山間部・離島などでのカバー力も高い周波数です。

また、5GHzは平成25年からサービスが全国提供されたばかり。利用者や対応端末も少ないので、回線が混雑しにくくスムーズなインターネット通信が可能なのです。通信量が多くなるテレビ電話やアプリケーションのダウンロードなど、2.4GHz帯利用時には時間のかかる処理もサクサク行えますよ。

【5GHz帯対応のWi-Fi・接続機器の例】

  • Wi-Fi規格:802.11a/n/ac
  • iPhone5以降に発売された端末
  • HUAWAY P10 lite など

5GHzを利用するデメリット

博士
5GHzは直進性が高いから、障害物の多いエリアでは速度が落ちてしまうことに注意しよう。

5GHz帯を利用するデメリットは、「障害物のあるエリアではインターネットの通信速度が低下すること」「対応機種が限定的」などが挙げられます。

先ほどご紹介したように、周波数は数値が上がるほど直進性が高まります。そのため、障害物が多い場合は、2.4GHz帯利用時よりも5GHz帯利用時の方が接続不良を起こしやすいのです。障害物のみでなく、かばんや机の中に入れるなど周囲を覆われた状態でもインターネットの通信速度が低下します。

また、5GHz帯は使用開始されて日が浅いことから対応機種が限定的。古いパソコンやタブレット端末などは利用できないこともあるので、念の為手持ちの端末が5GHzに対応しているのか、確認が必要です。

 

WiMAXの2.4GHzと5GHzの特徴からわかる使い分け方法

前述したとおり、WiMAXの電波には「2.4GHz帯=障害物を回りこめるが、電波干渉を起こしやすい」「5GHz帯=接続や処理は速いが、障害物に弱く対応機種が限定的」といった特徴があります。

2つの周波数には特徴があるから、使い分けるのがよさそうだね。
博士
そのとおりじゃ!では、使い分け方について確認していこう。

次は、特徴をふまえた上でそれぞれの周波数の最適な利用シーンをご紹介します。WiMAXをもっと活用するためにも、2.4GHz帯と5GHz帯を上手に使い分けていきましょう!

 

2.4GHz・5GHzどちらの周波数を利用しても料金は変わらない

はっ……!もしかすると5GHzの方が速いから料金が高くなったりするのかな!?
博士
2.4GHz・5GHzどちらを利用しても料金は同じじゃ。追加料金が必要になることもないので、安心するのじゃよ。

 

2.4GHzの利用がおすすめの場合

博士
まずは、2.4GHzを使うのがおすすめのケースを確認しよう。

障害物があっても回り込みやすい2.4GHz帯の特徴をふまえて、おすすめの利用シーン、向いていないシーンを紹介します。

【2.4GHz帯が向いているシーン】

  • 周囲に人や建物が多い屋外エリアでの利用
  • 自宅内で複数端末に接続したい場合

【2.4GHz帯が向いていないシーン】

  • 電子レンジやワイヤレス電話機があるリビングルーム
  • 他のインターネット回線やBluetooth機器の近くでの使用
  • 山間部
  • 地下鉄やトンネルの中

5GHzの利用がおすすめの場合

博士
次は、5GHzを使うのがおすすめのケースを確認しよう。

インターネット処理能力が高く、電波干渉を起こしにくい5GHz帯の特徴をふまえて、おすすめの利用シーン・おすすめできない利用シーンを紹介します。

【5GHz帯が向いているシーン】

  • 2.4GHz帯でカバー写真できない、山間部や離島など地方のエリア
  • 処理に時間がかかる、消費データ容量の大きなインターネット通信
  • 2.4GHz帯の電波が密集し混雑する、平日夜や休日の利用
  • ルーターの近くで作業する場合

【5GHz帯が向いていないシーン】

  • 床や壁の近くでの利用
  • 屋内利用時に、WiMAXルーターと接続機器が別の部屋にある場合
  • 5GHz非対応のパソコン・スマートフォン・タブレット端末を利用している場合

WiMAXの周波数2.4GHzと5GHzの速さの違いは?

実際に2.4GHzと5GHzを使い分けると、速さは変わるのかな?
博士
これまで紹介したように、場所や利用状況によってどちらが速いのかは変わってくるのじゃ。
博士
通信速度が遅くなったな、と思ったときには、周波数を切替えてみて速い方を利用するのがおすすめじゃよ。

通信速度は、もちろん体感でどちらが速いのか選んでも問題ありませんが、より詳しく知りたい場合は、速度を確認できる「 Fast.com」で確認するといいでしょう。

 

 

WiMAXを2.4GHzから5GHzへ切り替える方法

WiMAXで周波数を切替えるにはどうしたらいいのかな?
博士
モバイルルーターの場合は操作して簡単に切り替えられるよ。

【WiMAXモバイルルータータイプの場合】
SETP1.ルーターのディスプレイを操作し、「設定」を選択
SETP2.設定内にある「LAN設定」を選択
SETP3.「Wi-Fi設定」を選択
SETP4.周波数を「2.4GHz」「5GHz・屋内」「5GHz・屋外」の中から選択する

ホームルータータイプは、切り替えをしなくてもそれぞれの周波数を同時に利用できます。

 

WiMAXを5GHzで使うときの注意点

よっし、これで5GHzが使えるぞ〜!
あれ、5GHzには屋内と屋外があるみたいだけれど、違いは何なのかな?

※屋内モード・屋外モードがない機種もあります。

博士
よく気がついたね。
博士
5GHzを使うときの注意点を3つだけ確認しておこう。

 

注意点1.屋内モードと屋外モードの違い

博士
まずは、屋内モードと、屋外モードの違いについてじゃ。

5GHzは、WiMAXの他にもGPS衛星や気象レーダー、公共電波にも利用されています。電波干渉による悪影響を防止するため、原則WiMAXを5GHz帯で屋外利用することは電波法にて禁止されているのです。

5GHzは屋内利用しか使えないの?
博士
WiMAXの最新ルーター、W06やW05はDFS機能がついているので、屋外でも利用できるのじゃよ。
博士
DFS機能が搭載されていないルーターを利用している場合は、「5GHz帯」の表示の横に屋内と記載されているのじゃ。

DFS機能とは、「Dynamic Frequency Selection(ダイナミック・フリークエンンシー・セレクション」の略。「動的周波数選択」と訳され、簡単に言うと、周りに電波干渉するものがないのか調べる機能です。

DFS機能がついていないルーターを利用する場合、屋内利用に限定されている5GHzを利用した後は、外出時には2.4GHz帯への切り替えを忘れず行いましょう。

 

屋外で屋内モードを利用していたらバレるの?

もし屋外で、屋内モードの5GHzを利用していたらバレるのかな?
博士
DFS機能がついている場合だと、自動で感知して違う周波数に戻してくれるので安心じゃよ。
博士
最新機種ではほとんどの場合自動で切り替えてくれるので、気にしすぎることはないじゃろう。

 

注意点2.クレードル接続中は屋内モードと認識される

クレードルを利用している場合、クレードルに接続して5GHz帯を利用した場合は、自動的に屋内モードが適用されます。電波干渉防止のための「電波サーチ」も不要なので、WiMAXを立ち上げるとすぐに5GHz帯でインターネット接続が行えますよ。

クレードルとは、WiMAXの拡張機のこと。無線LANスポットや充電器としても利用できる優れもの。クレードルを使用することで、インターネット接続の安定性は格段にアップ。5GHz帯の持つ「障害物に弱い」「電波エリアが狭い」といった弱点をカバーしてくれますよ。

また、クレードルを使用することで有線接続も可能になります。

博士
WiMAXの最新機種W06はクレードルには対応していないので注意するのじゃよ。

 

注意点3.5GHzが使えない・対応していない機種もある

5GHz帯は、導入されて間もない周波数。そのため、端末・接続機器・ケーブルが対応していないことも多いのです。古い型のモバイルルーターやパソコン・スマートフォンを利用している場合は2.4GHz帯しか利用できないので注意しましょう。

博士
iPhoneの場合は5以降だと5GHzに対応しているよ。

また、見落としてしまうポイントが「LANケーブルの規格」です。LANケーブルには、カテゴリと呼ばれる規格があり、対応できるインターネット速度が定められています。クレードルに有線接続して5GHz帯を利用する場合は、カテゴリ値の高いケーブルを選んでくださいね。

【LANケーブルカテゴリ】
カテゴリー5:最大通信速度100Mbps→5GHz帯に不向き
カテゴリー5e:最大通信速度1Gbps→5GHz帯対応
カテゴリー6:最大通信速度1Gbps→5GHz帯対応
カテゴリー7:最大通信速度10Gbp→5GHz帯利用時に最適

 

WiMAXの5GHzが使えないときはハイスピードプラスエリアモードがおすすめ

5GHzに変えても遅い場合はどうしたらいいのかな?
博士
最終手段としてハイスピードプラスエリアモードがあるよ。

一部エリアでは、5GHzを利用しても電波が繋がりにくいことや、速度が遅くなってしまうこともあります。そんなときには、ハイスピードプラスエリアモードに切り替えるのがおすすめです。

博士
ハイスピードプラスエリアモードのメリット、デメリットを確認してみましょう。

 

ハイスピードプラスエリアモードを利用するメリット

ハイスピードプラスエリアモードとは、WiMAX回線とは異なり、KDDIが提供する「au 4G LTE」を利用できるモードです。

KDDIの基地局は日本全国ほぼすべてのエリアをカバーしており、auのスマートフォンで利用されている回線と同じ回線を利用するため、WiMAXが繋がりにくい場所でも繋がるようになります。

WiMAXの基地局が少ない山間部・地下鉄でも接続できるのが大きなメリットです。

ハイスピードプラスエリアモードを利用するメリットを説明する女性

 

ハイスピードプラスエリアモードのデメリット・注意点

サービス提供エリアが広く、高速インターネット通信が可能な「ハイスピードプラスエリアモード」は便利ですが、注意点があります。

実は、ハイスピードプラスエリアモードを1ヵ月で7GB以上を利用すると、翌月まで低速モードが適用されるのです。速度制限時は「128kbps」が適用されます。128kbpsは、動画鑑賞やファイルのダウンロードはもちろん、ウェブサイト閲覧やSNSチェックも難しいレベル。

WiMAXのギガ放題プランを契約していても、ハイスピードエリアモードを7GB以上利用した場合、通常のWiMAX回線に切り替えても、速度制限はかかったままになってしまいます。ハイスピードプラスエリアモードは緊急時のお助け機能として利用し、WiMAX回線が繋がるエリアに戻ったら、WiMAX回線にすぐに切り替えるのがおすすめです。

また、ハイスピードプラスエリアモードを利用するには別途オプション料金が必要となる場合もあるので要注意。3年契約の場合は、ハイスピードプラスエリアモードを利用しても追加料金がかからなくなっていることが多いので、利用する前には必ず契約を確認しておきましょう。

 

周波数帯の切り替えで、WiMAXはもっと便利に!

【本記事のまとめ】

  • WiMAXの周波数は2.4GHzと5GHzの2種類ある
  • どちらの周波数を利用しても料金は変わらない
  • 5GHzの方が高速だが、障害物が多い場合は2.4GHzがおすすめ
  • ハイスピードプラスエリアモードはauの回線を利用していてエリアが広い

「周波数」や「GHz」は一見難しく感じますが、WiMAXの処理能力を表す数値だと考えるとわかりやすくなったのではないでしょうか。

本記事でご紹介したように「2.4GHz帯=障害物を回り込めるが、電波干渉が起きやすい」「5GHz帯=接続や処理は速いが、回り込む力が弱い」など、それぞれ異なる特徴をもっています。

WiMAXは、周波数値の切り替えによって便利さが格段にアップします。利用するシーンによって、最適な周波数を使い分けてくださいね。

-WiMAX
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved.