WiMAX

WiMAXのバッテリーを交換する費用は?持ちが悪くなった・寿命のときの5つの対処法

投稿日:2020年1月26日 更新日:

WiMAXのバッテリーを交換する費用や持ちが悪くなった・寿命のときの対処法を考える女性

WiMAXのバッテリー交換費用は機種ごとに異なります。機種ごとのバッテリー交換費用を比較します。また古い機種を使っている場合はバッテリー交換よりも最新機種に乗り換えた方がお得になることもあります。最新機種への乗り換え方法を解説し、バッテリーを長持ちさせる5つのコツもお伝えします。

 

WiMAXのバッテリーの持ちが悪くなった!?

WiMAXのバッテリーの寿命は概ね2年と言われており、バッテリーの劣化具合は電池パックの様子を見て確認できます。

WiMAXのバッテリーがどのくらい持つのか、またWiMAXの機種ごとに1回の充電で何時間くらい使えるのかを解説していきます。

 

WiMAXのルーター別のバッテリー持ち時間

WiMAXの機種ごとのバッテリー持ち時間を比較します。

【ルーター別のバッテリー持ち時間】
W06:約9時間
W05:約9時間
W04:約9時間
W03:約10時間
W02:約7時間
W01:約8時間

WX05:約11.5時間
WX04:約11.5時間
WX03:約10時間
WX02:約10時間
WX01:約6.5時間

基本的にNEC製のWXシリーズの方が充電が良く持ち、最新機種同士では2時間半もの差があります。

WiMAXのバッテリーは充電を繰り返すほど劣化していくので、充電の持ちが良く充電の回数を少なくできるWXシリーズの方が、バッテリーの寿命を長持ちさせやすいでしょう。

 

WiMAXのバッテリーの寿命は2年程度

WiMAXのバッテリーにはリチウムイオン電池が使われており、バッテリーの寿命は2年程度です

リチウムイオン電池は500回ほど充電できる電池で、WiMAXを毎日充電する方ならおよそ1年半、毎日は充電しなくとも普通に使っていればおよそ2年で寿命が来る計算でしょう。

WiMAXの契約期間は概ね2年~3年なので、契約や使い方によっては契約期間が終わる前にバッテリーの寿命が来てしまいます。

とは言え必ずしも2年でバッテリーがダメなるわけではなく、WiMAXの使い方を工夫してバッテリーを長持ちさせることもできます。
もしバッテリーの寿命が来てもバッテリー交換をすれば、WiMAXを元のように使えるようになります。

 

WiMAXのバッテリーは電池パックの状態でチェック

WiMAXのバッテリーの状態は、電池パックの様子を見てチェックできます。電池パックの状態からバッテリーの劣化具合が分かるのです。

使っているWiMAXが電池パックを外せる機種なら、1度電池パックを外してみてどんな状態なのか見てみましょう。電池パックは通常板のような形をしていますが、劣化した電池パックは膨らみ、丸みを帯びた形になります。

そういえば「電池の膨張」が良くないって聞いたことがあるわ。
博士
うむ、電池パックが劣化し膨らむことを、「電池の膨張」と呼ぶ。膨張した電池は早めに交換するのじゃ。

劣化し膨張した電池パックを使い続けると、電池パックが破裂したり、感電や火災の原因となったりします。パンパンに膨らんだ電池パックを使い続けるのは危険なので、なるべく早くバッテリー交換してください。

 

WiMAXのバッテリーは交換できるの?

すべての機種でバッテリー交換が可能ですが、自分でバッテリー交換できるのはWXシリーズだけです。Wシリーズのバッテリー交換は契約プロパイダなどに頼まなければなりません

機種ごとのバッテリー交換方法や、新しいバッテリーを購入する方法を解説していきます。

 

WiMAXのバッテリーを自分で交換できるのは「WX」の機種のみ

自分でWiMAXのバッテリー交換ができるのは「WX」の機種のみです。「W」の機種では契約プロパイダやauショップに依頼し、バッテリー交換してもらわなければなりません。

【バッテリー交換できるか見分ける方法】
Speed Wi-Fi NEXT WX05

WX:自分でバッテリー交換できる
W:自分でバッテリー交換できない

Wシリーズは、新しいバッテリーを買えばすぐバッテリー交換できます。
Wシリーズのバッテリーを自分で交換する方法を詳しく見ていきましょう。

 

UQ公式ショップでバッテリーを購入できる

WiMAXのバッテリーは、WiMAXのサービスを提供しているUQ WiMAXの公式ショップから購入できます。

移動先のWebページから、バッテリー交換したい機種を選んでください

【電池パックの料金】
WX03用:2,950円
WX04/05用:3,150円

UQ WiMAXの公式ショップで取り扱っているのはWX03~WX05までのバッテリーのみで、WX02以前のバッテリーは取り扱いがありません。しかしWX02以前の古い機種を使っているなら、バッテリーよりもWiMAXそのものを交換することをおすすめします。

博士
WiMAXは新しい機種になるほど、通信速度もバッテリーの持ちも良くなるんじゃ。

 

WX03は無料で交換してもらえることも

「Speed Wi-Fi NEXT WX03」は無料でバッテリー交換してもらえることがあります

WX03のバッテリーには不具合が多く、3ヵ月程度でバッテリーが膨張したという口コミも見られます。バッテリーの劣化があまりにも早い場合など、明らかに製品に不具合がある場合は無料で新しいバッテリーと交換してもらえるのです。
必ず無料交換をしてもらえるとは言い切れませんが、WX03の場合は不具合も多く、無料でバッテリー交換してもらえるケースも多いので、1度窓口に電話してみましょう。

UQアクセサリーショップ・お客様サポート
電話番号:0120-933-685
受付時間:10:00~19:00(年中無休・年末年始を除く)

 

「WX」以外の場合は修理対応となる

WiMAXのモバイルルーターには「W」と「WX」がありますが、「WX」以外のバッテリー交換は修理対応となり、WiMAXがしばらく使えなくなることがあります。

WiMAXのバッテリー交換は契約プロパイダやauショップで申し込みます。通常、バッテリー交換中はプロパイダやauショップから代替機を貸してもらえますが、代替機の在庫がないなど貸し出し不可の場合、バッテリー交換中はWiMAXを使えません。

代替機がなくWiMAXが使えない間も、WiMAXの月額料金はいつも通りかかります。またWiMAXをパソコンの回線として使っていて、ほかの回線を持っていない場合、WiMAXが戻ってくるまでパソコンでインターネットが使えなくなります。

 

W04などの古い機種の場合は修理よりも最新のW06への機種変更がおすすめ

古い機種を使っている方は、バッテリー交換よりも最新機種への機種変更がおすすめです。

例えばUQ WiMAXで契約している場合は、一律15,000円で好きな機種への乗り換えができます。

またGMOとくとくBBでは契約期間に応じて、無料で最新機種への乗り換えが可能です。

2年契約の場合:20ヵ月以上利用で無料乗り換え可
3年契約の場合:32ヵ月以上利用で無料乗り換え可
※機種変更後でも、利用期間の条件を満たしているなら再度乗り換え可

契約プロパイダによって機種変更の条件は異なりますが、機種変更すればバッテリーの持ちが良くなるだけでなく通信速度も上がります。

 

WiMAXのバッテリーを交換する費用・料金

WiMAXのバッテリー交換にかかる費用は端末によって異なります。自分でバッテリー交換できるWXシリーズでは、バッテリーの購入価格がそのままバッテリーの交換費用となります。

【WXシリーズのバッテリー価格】
WX05:3,150円
WX04:3,150円
WX03:2,950円
WX02:公式サイトでの取り扱いはなし
WX01:公式サイトでの取り扱いはなし

またWシリーズのバッテリー交換は修理対応となります。
価格はネット上の口コミを見ると3,000円~20,000円と幅があり、正確な価格はプロパイダに問い合わせる必要があります。
問い合わせ先のプロパイダは契約しているプロパイダなので、契約書などで確認してみましょう。

WiMAXのバッテリーを交換する費用・料金について説明する女性

 

WiMAXのバッテリーの寿命を長持ちさせる5つの方法

WiMAXのバッテリーの寿命を延ばし、長く使うためのコツをお伝えします。

【WiMAXのバッテリーの寿命を長持ちさせる方法】

  1. 夜中など使っていないときには電源を切っておく
  2. 省電力モードや休止状態にしておく
  3. 充電しっぱなしにしない・充電したまま使わない
  4. 直射日光が当たる場所におくなど高温状態にしない
  5. 放電状態にせず、電池がなくなったら充電をする

ほんの少しの工夫でバッテリーの寿命はだいぶ変わります。それぞれのやり方を説明していきます。

 

1.夜中など使っていないときには電源を切っておく

WiMAXに限らず、どんな機械の電池も使えば使うほど劣化していきます。バッテリーを劣化から守るために、WiMAXを使わないときは電源を切っておきましょう。

例えば夜中寝ている間など、長時間WiMAXを使わないときは電源を切るとバッテリーが長持ちします。

度々電源を切ったり入れたりするのは面倒ですが、夜寝るときに電源を切って朝起きたら電源を入れる、というように毎日の日課にしてしまえばあまり面倒ではありません。

博士
WiMAXの電源を切るには、電源ボタンを長押しして、画面に表示される「電源を切る」をタップすればOKじゃ!
電源を入れるときは、電源ボタンを長押しするだけでOKよ。

 

2.省電力モードや休止状態にしておく

通信速度があまり必要ないときは省電力モードを、WiMAXを使わないときは休止状態を活用しましょう。

【省電力モード】
省電力モードはWiMAXの通信速度を下げて、電力消費を抑えるモードです。Webサイトの閲覧やSNS利用などの、通信速度が多少遅くても構わないコンテンツを利用するときは省電力モードにして、電池を長持ちさせましょう。

W06 省電力モードの設定方法
STEP1.WiMAXのホーム画面から「パフォーマンス設定」を開く

STEP2.パフォーマンス設定欄にある選択肢の中から「バッテリーセーブ」を選ぶ

WX05 省電力モードの設定方法
STEP1.WiMAXのホーム画面から「クイックメニュー」を開き、「ECO設定」を開く

STEP2.ECO設定画面から「省電力モード」を開き、「エコ」にチェックを入れる

【休止状態】
WiMAXでの通信が一定時間ないと、端末は自動的に休止状態に入り、消費電力を抑えます。電源オフと違い、休止状態のときに電源ボタンを押すとWiMAXは休止状態からすぐに復帰し、端末と接続して通信可能な状態になります。また電源ボタンを長押しすることで、手動で休止状態にすることもできます。

W06 休止状態になる時間の設定
STEP1.ホーム画面から「設定」を開き、「省電力設定」を開く

STEP2.「Wi-Fi自動停止時間」と表示されるので、好きな時間を選ぶ

WX05 休止状態になる時間の設定
STEP1.WiMAXのホーム画面から「クイックメニュー」を開き、「ECO設定」を開く

STEP2.ECO設定画面から「自動省電力設定」を開き、「休止状態」を選ぶ

STEP3.好きな時間を選ぶ

 

3.充電しっぱなしにしない・充電したまま使わない

「Speed Wi-Fi NEXT WX05」などのモバイルルーターは、充電量が100%なのに充電しっぱなしにしたり、充電したまま使ったりしないようにしましょう。

WiMAXの電池は長時間充電し続けると劣化が早くなります。WiMAXは充電が完了したら充電コードから外して、ある程度電池が減ったらまた充電するようにしましょう。

自宅の固定回線代わりで使っているからこまめに充電を外すのは面倒だわ。
博士
家事のついでや仕事から帰ってきたときなど、充電するタイミングを決めておくといいぞ。長時間充電に強い機種を使うのもおすすめじゃ。

W06やWX05などの新しい機種にはロングライフ充電というバッテリーを守る機能が付いています。ロングライフ充電状態ではWiMAXの充電状態が続くと、充電したまま電池を少しずつ放電していき、最大70%までしか充電されなくなります。

充電しながら少しずつ電池残量を減らして、バッテリーを守っているのね。

 

4.直射日光が当たる場所におくなど高温状態にしない

WiMAXの電池パックは熱に弱く、高温状態が続くことは劣化の原因になります。WiMAXを高温から守るために、端末の置き場所には気を付けてください。

【WiMAXが高温状態になる置き場所】

  • 日当りの良い窓際
  • 真夏の車内
  • 密閉され風通しの悪い空間

WiMAXを持ち歩いて使う方は多いと思いますが、夏場の持ち歩き時は車内などに端末を放置しないようにしましょう。

またWiMAXの電波は壁などの障害物に弱く、例えばマンションなどの室内だとまともに電波が入らないこともあります。窓際などに端末を置くことで電波状況は改善しますが、日当りの良い窓際に置くと端末が高温になり電池パックがダメージを受けてしまいます。

電波状況のために仕方なく窓際に置く場合も、なるべく直射日光を避けて置くようにしてください。

 

5.放電状態にせず、電池がなくなったら充電をする

WiMAXを充電コードに挿した状態が続くと、電池が放電状態となり、劣化が早まります。WiMAXは充電しながら使うのではなく、電池がなくなったら充電するようにしましょう。

WiMAXの充電状態が続くと、充電したまま電池残量が減り最大まで充電されなくなるロングライフ充電状態になるとお伝えしました。ロングライフ充電は確かにWiMAXのバッテリーを守ってくれますが、やはり電池がなくなったら充電をして使うのがバッテリーに最も優しい使い方です。

WiMAXは電池がなくなってから充電する、コレが基本ね!

 

WiMAXのバッテリー寿命は2年!電池がなくなってから充電すると、寿命が延びる

【本記事のまとめ】

  • WiMAXのバッテリーの寿命は約2年
  • WXシリーズは自分でバッテリー交換ができるが、Wシリーズはできない
  • バッテリーの寿命は工夫次第で延ばせる

WiMAXのバッテリーの寿命は2年ほどです。WiMAXの契約期間は概ね2年~3年なので、契約期間が終わる前にバッテリーの寿命が来る方も多いでしょう。寿命が来たバッテリーはすぐ電池がなくなるだけでなく、火災や感電の原因ともなるので、早めにバッテリー交換をしましょう。古い機種を使っているなら、バッテリー交換よりも機種変更の方がお得になることもあります。

またWiMAXの使い方次第でバッテリーの寿命は延ばせます。WiMAXはなるべく電池がなくなってから充電し、自宅で使うときも充電コードから外して使うようにしましょう。バッテリーが高温になるのを避け、充電回数を減らすことで、バッテリーは長持ちします。

-WiMAX
-, ,

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved.