WiMAX

WiMAXの利用中引っ越しをするときの手続方法・繋がらないときの対処法は?

投稿日:

WiMAXの利用中引っ越しをするときの手続方法・繋がらないときの対処法を紹介する女性

固定のインターネット回線契約時に引っ越しをする場合、所定手続きや転居工事が必要になります。では、モバイル回線のWiMAXを利用しているときにはどのような手続きを行うのでしょうか。

本記事では、WiMAX利用時の引っ越し手続きについて徹底解説!手続きフォームや入力事項に加えて、転居後に繋がらないときの対処策についてもご紹介します。引っ越し予定のある方はもちろん、現在WiMAX回線を利用中の方もチェックしてみてくださいね。

 

WiMAXの利用中引っ越しの手続き方法

WiMAXは開通工事や配線が不要のモバイル回線なので、光回線のような転居工事は必要ありません。当然、工事費用や手数料も発生しないので安心してくださいね。

しかし、転居についてはUQ WiMAXやプロバイダ側に知らせなければなりません。まずは、WiMAX利用時の引っ越し手続きについてチェックしていきましょう!

 

My UQでの住所変更の手続き方法

WiMAX利用時に引っ越しが決まった場合は、UQ WiMAXの会員ページ「My UQ WiMAX」から住所変更の手続きを行います。UQ WiMAXからのお知らせや更新案内など、自宅への郵送物が届く可能性があるので必ず住所変更を行ってくださいね。

【My UQで住所変更を行う手順】

step
1
STEP1.「My UQ WiMAX」にアクセスし、ユーザーIDとパスワードを入力

step
2
STEP2.トップ画面にある「ご契約内容」をクリック


step
3
STEP3.「契約者情報の照会と変更」を選択


step
4
STEP4.契約者住所の欄に転居先住所を入力する


step
5
STEP5.「請求書先住所も変更」を選択して、完了

 

WiMAXが引っ越しで繋がらないときはどうすればいいの?

「故障はしていないのに接続不良が起きる」「引っ越し先でWiMAXの電源をいれたら、電波が入らなくなっていた…」など、転居先でWiMAXが使えないトラブルに遭遇するユーザーは意外と多いのです。

次は、WiMAXが引っ越し先で使用できない理由や対応策を解説します。もしもの事態に備えて、しっかりチェックしてくださいね。

WiMAXが引っ越し先で繋がらなくて困っている女性

 

引っ越し先がエリア内か、圏外になるか確認する

引っ越し先で接続不良が起きている場合は、転居先住所がWiMAXのサービス提供エリア内であるかをチェックします。サービス提供エリア外もしくは繋がりにくいエリアではないのかを確認しましょう。

【WiMAXのサービス提供エリア確認ステップ】

step
1
STEP1.UQ WiMAXのサービス提供エリア検索サイトにアクセス

step
2
STEP2.サービスエリアマップ、またはピンポイントエリア判定に転居先住所を入力

step
3
STEP3.サービス提供可否をチェック

※サービスエリアマップは「440Mbps対応エリア」「WiMAX 2+サービスエリア」「拡大予定のWiMAX 2+サービスエリア」が色別で表示される
※ピンポイントエリア判定は「WiMAX回線への接続良好=〇」「接続が不安定になる可能性があるエリア=△」「WiMAX回線への接続不可=✕」のいずれかが表示される

サービスエリアマップはおおまかな表示なので、より細かいピンポイントエリア判定での検索をおすすめします。ピンポイントエリア判定で△や✕が表示された場合は、通信速度低下や接続困難などさまざまな不具合が生じるエリアです。〇のエリアであるにもかかわらず接続不良が続く場合は、UQ WiMAXに相談しましょう。

【UQ WiMAX お客さまサポートセンター】
電話番号:0120-929-818(携帯電話・PHS可)
受付時間:9:00~21:00(年中無休)

 

引っ越し先で使えない場合は解約するしかない

サービス提供エリア検索でWiMAX回線への接続不可と表示された場合は、残念ながらWiMAX回線の継続利用は困難です。

KDDI提供の「au 4G LTE通信」を利用すれば端末を利用し続けられますが、月額料金が発生する点や通信量が制限されることを考えると現実的な対処法とはいえません。WiMAX回線を解約して、別のインターネット回線を契約するようにしましょう。

 

【au 4G LTE通信とは?】

au 4G LTE通信は、WiMAX端末でKDDI回線を受信する有料オプションサービス。月額料金1,005円がかかりますが、WiMAX回線の繋がりにくいエリアでもスムーズなインターネット接続が可能です。

しかし、1ヵ月に7GBの通信量制限がかかってしまうのがデメリットとして挙げられます。ギガ放題プランを契約している場合でも、au 4G LTE通信に切り替えた月はWiMAX回線も7GBの制限がかかるので注意しましょう。

 

解約する場合は違約金の支払いが必要

転居先がサービス提供エリア外であるイレギュラーなケースであっても、契約更新月以外の解約には違約金が発生します。契約してから月数が経っていない場合は契約解除料が高額になる可能性もあるので注意しましょう。

 

【UQ WiMAX プラン別の契約解除料】

ケース1.「UQ Flatツープラス(2年)」「UQ Flatツープラス ギガ放題(2年)」の契約解除料
1~13ヵ月目:19,000円
14~25ヵ月目:14,000円

ケース2.「UQ Flatツープラス(3年)」「UQ Flatツープラス ギガ放題(3年)」の契約解除料
1~13ヵ月目:19,000円
14~25ヵ月目:14,000円
26~37ヵ月目:9,500円

ケース3.「UQ Flatツープラス(4年)」の契約解除料
1~13ヵ月目:19,000円
14~25ヵ月目:14,000円
26~49ヵ月目:9,500円

上記はUQ WiMAXでの契約解除料ですが、プロバイダによってはさらに高額な契約解除料が設定されていることもしばしば…。契約更新月が近い場合は、更新のタイミングを待って契約更新月0円で解約するのが賢明です。

 

引越し先でWiMAXが利用できない場合の対処法

最後に、引っ越し先でWiMAX回線が使用できない場合の対処法をご紹介します。

WiMAX回線の解約を余儀なくされた場合、どのインターネット回線を契約すれば良いのか確認していきましょう。

引越し先でWiMAXが利用できない場合の対処法を説明する女性

 

Pocket WiFiの契約を利用する

これまで通り、モバイルルーターでインターネット回線に接続したい方はワイモバイルの「ポケットWi-Fi」がおすすめです!WiMAX回線と同様に、最大1Gbpsの高速通信&月間の通信量無制限プランの用意があります

ワイモバイルの公式ページから購入できるので、端末スペックを比較しながら選んでみてくださいね。

 

光回線の契約を検討する

「モバイル回線から固定回線に切り替えたい」「これまでのモバイル回線に不満があった」という方は、引っ越しを機に固定回線に切り替えるのもおすすめ!無線通信よりも通信速度が速く、安定したインターネット接続が可能です。

固定回線を契約する際は、フレッツ光の光回線を借りた「光コラボレーション回線」がお得。光回線と同等の接続速度や強度を保ちながら、月額料金は安く設定されています。各インターネット回線のキャンペーンや割引サービスを比較したうえで、もっともコストパフォーマンスの高い回線を選んでくださいね。

【光コラボレーション回線のサービス提供エリアチェック】

 

【光コラボレーション回線の詳細をチェック】

 

引っ越し時にはサービス提供エリア判定を忘れずに!

WiMAX回線は光回線のような転居工事が必要ないので、引っ越し時もスムーズに手続きを行えるのが魅力です。

しかし、本記事でご紹介したように転居先の住所によってはWiMAX回線が繋がらないことも…。引っ越しが決まった際はWiMAXのサービス提供エリア判定を行って、転居先でも使用できるのかを確認しておくと安心です。

-WiMAX
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.