WiMAX

【2019年度最新】WiMAXの実測スピードは平均30~50Mbps!測定方法や口コミを紹介

更新日:

WiMAXの実測スピードを説明する女性

WiMAXと契約しても通信速度が遅ければ、インターネットへ快適に接続できません。そのため、WiMAXとの契約を検討している方は、WiMAXの実測値について非常に気になっているでしょう。本記事では、WiMAX実測はどれくらいなのか、具体的な測定方法や実測値が遅かった場合の有効な対処方法についてわかりやすく解説します。

 

WiMAXの速度は「ベストエフォート」

WiMAXの速度は、ベストエフォートでの回線速度です。実は、ベストエフォートの回線速度では、明確な実測値はわかりません。実測の詳細について知るには、WiMAXのルータ別の速度や他のモバイルルーターとの速度の違い比較する必要があります。まずは、「ベストエフォート」についてご説明します。

 

理論上の速度

インターネット回線について公式サイトをチェックすると、「本サービスは、ベストエフォート型サービスです」と掲載されていることが多々あります。「ベストエフォート」とは、最大限努力するという意味があります。インターネット回線の速度は、サービス提供者以外の様々な要因が関係して速度が決まります。そのため、ベストエフォートとは理論上の数字であり、サービスの品質レベルを常に保証するものではありません。

例えば、理論上は、45Mbpsの速度が実現可能でも、室内の回線状況や建物の立地条件によっては、45Mbpsを大きく下回る速度しかでないことがあります。公式サイトに記載されている速度は、通信技術の規格上の最大値であって実測を証明するものではありません。

また、利用環境以外にも通信機器の能力にも依存するため、明確な実測は計測してみるまではわからないのです。

 

WiMAXのルーター別の速度

ではWiMAXでは、どれくらいの速度がでるのでしょうか。次に、WiMAXのルーター別の速度について確認していきます。

 

【WiMAX モバイルルーター別の速度】

ルーター名 最大速度(下り) 最大速度(上り)
W06 最大1.2Gbps 最大30Mbps
WX05 最大440Mbps 最大30Mbps
W05 最大758Mbps 最大30Mbps
HOME L02 最大1.2Mbps 最大75Mbps
HOME L01 最大440Mbps 最大30Mbps

 

上記は、あくまでもベストエフォートによる理論上の最大速度です。しかし、理論上の速度といえども、W06端末では最大1.2Gbpsの最大速度がでています。WX05端末と比べると2倍以上の速度です。また、多くの光回線は下り最大1Gbpsのため、モバイルルーターでありながら、光回線を超える速度であることがわかります。

 

他のモバイルルーターとの速度の比較

WiMAXのモバイルルーターの速度が速いのかについては、他社回線の他のルーターと比べてみるまではわかりません。モバイルルーターとして人気が高いPocket WiFiと比較してみましょう。

 

【Pocket WiFiのモバイルルーター別速度】

回線名 ルーター名 最大速度(下り) 最大速度(上り)
Pocket WiFi 803ZT 988Mbps 37.5Mbps
Pocket WiFi 801HW 972Mbps 37.5Mbps
Pocket WiFi 603HW 350Mbps 37.5Mbps

 

上記を見ると、決してWiMAXのルーターの速度が劣っているわけではないことがわかります。WiMAXのルーターは、十分な機能性を有しているといえるでしょう。

 

WiMAXの実測スピードはぶっちゃけどれくらい?

WiMAXのルーターの最大速度について知ったとしても、実測に関する明確な情報はわかりません。正直、実測スピードは、どれくらいになるのでしょうか。

実測スピードの詳細は、インターネット上の様々な場所で公開されているため、口コミを元に具体的な数値をリサーチしていきます。

インターネットを快適に使えている女性の様子

 

平均で30~50Mbps程度

UQ WiMAXで公開された主要エリアの実測スピードマップを参照すると、実測値は平均で30〜50Mbpsだとわかります

 

【実測スピードマップデータ一覧】

計測場所 実測
北海道(札幌市内)の実測 30Mbps以上
首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の実測 100Mbps以上
愛知県(名古屋市内)・三重県の実測 30Mbps以上
関西(大阪・京都・兵庫)の実測 50Mbps以上
福岡市内の実測 30Mbps以上

 

10Mbps以上で快適、30Mbps以上あれば全く問題なし

WiMAXの実測スピードが「平均で30~50Mbps程度」といわれても、遅いのか速いのか判断が難しいという方もいるでしょう。実測スピードの詳細については、下記を参照してください。

 

【実測スピードの詳細一覧】

実測 通信の快適性
30Mbps以上 非常に快適に使える
10~30Mbps 快適に使える
5~10Mbps まあまあ快適だが、使い方によっては満足できない可能性がある
1~5Mbps パソコンだと動画が止まる時が出てくる
1Mbps以下 動画の視聴が困難、または高画質画像の表示が遅い

 

仮に、WiMAXの実測スピードが10Mbpsであったとしても、インターネットは快適に利用できます。WiMAXの平均的な実測スピードの30Mbps以上である場合は、速度についてストレスを感じたり、問題になることはほとんどないでしょう。データ通信量の多い高画質の動画視聴やオンラインゲームでも快適に楽しめます。

 

WiMAXのスピードに関する口コミ・評判

WiMAXは平均で30〜50Mbpsが出ているため、速度には問題ないと思えます。では、実際にWiMAXを利用している人はスピードに満足しているのでしょうか。利用者の口コミをチェックしていきましょう。

「実測値で上り33.99Mbps、下り33.97Mbpsで電波状況も非常に安定しています」


「自宅のインターネット環境を他社サービスからWiMAXに変更したら、通信速度が非常に改善されました」


「以前、使っていた古い通信機器でのネット接続だと、速度が遅く少し不満でしたが、新端末へ変更すると速度が改善されました」


「上り40.63Mbps、下り24.82Mbpsでインターネット検索も快適にできています」


「インターネットでスピードチェックをしてみたら、40Mbpsと表示されて大満足です」


「奥部屋で使用していたときは、少し通信速度が遅かったのですが、部屋を変えると速度が速くなりました」


「キャンプに行ったときに持っていったけれど、あまり繋がらなくて、LTEを利用した」

SNSやWebサイトでWiMAXのスピードについて調べたところ、「上り、下りともに30Mbps以上で安定している」や、「動画視聴やインターネット検索なら、全く問題なくできる」という口コミが目立っています。

建物の立地条件や通信機器によっては、少し速度が遅いと感じるときもあるかもしれませんが、全体的な評判は良いといえるでしょう。

 

WiMAXの実測値を確かめる方法

ここまでWiMAXの実測値について紹介しました。ご自身でも実際にWiMAXの実測値を調べたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。実測値は、様々な方法で確かめることができます。例えば、下記の方法を利用すれば、実測値について非常に有益な情報を入手できます。

 

【実測値の確認方法一覧】

  • インターネットの口コミを確認する
  • WiMAXの利用者はスピードテストができるサイトを利用する
  • WiMAXを利用していない場合はTry WiMAXを利用して実測値を確かめる

それぞれの方法について確認していきます。

 

インターネットの口コミを確認する

WiMAXの実測値を確認するときは、まず検索エンジン上で「WiMAX 口コミ」や、「WiMAX 評判」などのキーワードを入力してインターネット検索してみましょう。すると、WiMAXの実測値について明確なデータを入手できます。

実測値について参考にする際は、計測日時や場所、通信端末が明確なものを選定すると、正確なデータを入手しやすいです。

他にも、SNSを利用することで具体的な実測値を確かめることができます。Twitterのキーワード検索画面で、先ほどと同じようにキーワード検索すれば、実測値がわかります。SNSは、通信速度についてリアルタイムな口コミを入手しやすいのでおすすめです。

 

WiMAXの利用者はスピードテストができるサイトを利用する

WiMAXの利用者は、スピードテストができるサイトを利用して実測スピードを計測してみましょう。下記のサービスは、スピードテストを実施しやすいです。

 

【Speedtest】

Speedtestは、日本以外にも世界中で利用されているスピードテストサービスです。デザインもシンプルで画面中心部分にある「Go」ボタンをクリックすると、WiMAXの上り速度と下り速度を計測できます。

 

 

【USEN】

USENのスピードテストサービスを利用すれば、1クリックで簡単にインターネットの通信速度を計測できます。現在、利用中の回線種別を選択して、「計測スタートボタン」をクリックすると、WiMAXの実測がわかります。

 

 

利用していない場合はTry WiMAXを利用して実測値を確かめる

WiMAXを利用していない方は、Try WiMAXを利用して実測値を確かめてみましょう。Try WiMAXとは、「WiMAXが自分のエリアで利用できるの?」「速度はどれくらいなの?」などの疑問や不安を解消するために、WiMAXをお試しで利用できるサービスのことです。

建物の立地条件や利用エリア、時間帯などで変化しやすい実測スピードは、Try WiMAXを利用することで、具体的な実測値を計測できます。

 

 

WiMAXの実測値が遅かったときの対処法

WiMAXの実測値が遅かったとしても、嘆く必要はありません。なぜなら、下記の方法を試すことで速度が改善することが数多く報告されているからです。

 

【WiMAXの実測値の改善方法一覧】

  • 窓際や、床から離したところなど電波が入りやすいところで利用する
  • 地下や山奥などの電波が届きにくいところで使っている場合は移動する

次に、WiMAXの実測値の具体的な対処方法について、ご説明します。

WiMAXの実測値が遅かったときの対処法を説明する女性

 

窓際や、床から離したところなど電波が入りやすいところで利用する

WiMAXの速度は、設置場所を工夫するだけで大幅に改善することがあります。例えば、窓際や、床から離したところなど電波が入りやすいところで利用するだけでも大幅にスピードアップすることも。

WiMAXの電波は基地局から飛ばされており、ほとんどの場合野外からやってきます。そのため窓のない部屋や、室内の奥まった場所では、通信速度が低下、または通信自体が停止することがあります。これらの問題を解決するには、WiMAXの電波の入りやすいポイントを見つけ、通信を遮断する障害物に覆われることがないように置き方を変えてみることが重要です。

たった数cm変えるだけで、電波が強くなることがあるため、根気よく電波の入りやすい場所を見つけましょう。

 

地下や山奥などの電波が届きにくいところで使っている場合は移動する

WiMAXを自宅の地下室や山奥にある住宅で利用していないでしょうか。UQ WiMAXの公式サイトには、サービスエリア内でも地下やトンネル内・ビルの陰・山間部・車中などでは、通信速度が低下する場合があると記されています。

そのため、WiMAXを地下や山奥などの電波が届きにくいところで使っているのであれば、今すぐ電波状況の良い場所へ移動しましょう。ただし、高層ビルやマンションなどの高階層の場合、見晴らしの良い場所であっても電波が届かず通信できないことがあることも覚えておきましょう。

WiMAXのサービス提供エリアは順次拡大中ですが、提供エリア内でも場所によっては電波が届いていない場所もあるため、様々な場所でWiMAXの実測値を調べてみましょう。

 

ハイスピードプラスエリアモードを利用するのもおすすめ

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードの回線へ変更すると、地下や山奥などの電波が届きにくいところでも繋がる可能性が高くなります。

なぜなら、通常圏外となる場所でもau 4G LTE回線を利用しているハイスピードプラスエリアモードなら、サービスの提供エリアとなっているケースが多いからです。そのため、WiMAXの実測値が遅い状態が続くようであれば、ハイスピードプラスエリアモードの利用をおすすめします。ハイスピードプラスエリアモードは、端末の通信モードの設定画面から自由に変更できます。

ただし、ハイスピードプラスエリアモードは、ギガ放題でも7GB以上利用することで、通信制限がかかってしまいます。上限なしにデータ通信ができるわけではないため、使いすぎて速度制限を受けないように注意してください。もし、上限まで使い速度制限を受けた場合は、WiMAX回線であるハイスピードモードの通信も制限対象となるので、電波が繋がる場所に移動したら通常のWiMAX回線に切り替えるようにしましょう

 

速度制限がかかっていないか確認する

WiMAXの実測値が遅い場合、速度制限がかかっていないか確認してみてください。WiMAXは、月間データ量上限なしとなっていますが、3日間で10GB以上利用する場合は、通信網の混雑回避のために速度制限を受けてしまいます。速度制限は、3日間で10GB利用した場合、翌日の18時〜翌々日2時までかかります。夜の時間帯に遅くなると感じる場合は、度制限がかかっているだけだった、なんてこともありえます。

また、LTEを使用するハイスピードプラスエリアモードは、月間合計7GBを利用すると通信制限を受けてしまいます。短期間でデータ通信をしすぎることがないように注意しましょう。具体的な通信量については、管理画面から確認できます。

 

ルーターや通信デバイスを再起動させる

WiMAXの実測値が遅い場合は、WiMAXのモバイルルーターやパソコンやスマホ、タブレットなどの接続端末を再起動してみましょう。WiMAXルーターやその他の通信デバイスを再起動させると、接続時の不具合が解消されてWiMAXの実測値が改善することがあります。

WiMAXのモバイルルーターを再起動させる方法は、下記のとおりです。

【再起動手順一覧】

step
1
STEP1.モバイルルーターの電源ボタンを長押しする

step
2
STEP2.設定ボタンを選択する

step
3
STEP3.メンテナンスを選択する

step
4
STEP4.再起動を選択する

上記の手順通りに進めると、WiMAXのモバイルルーターを再起動できます。ぜひ実測値が改善するか試してみてください。

 

WiMAXの実測を測定して、快適に接続できる場所を探そう

WiMAXのルーターの速度は、あくまでもベストエフォートによる回線速度です。あくまでも理論値であり、実際の速度を保証するものではありません。もし、通信速度が気になるのなら、インターネット検索やSNSなどで実測値に関する情報を調べてみたり、Try WiMAXを利用して実際に利用する環境での速度を確認したりしましょう。

WiMAXの全国的な実測スピードは、平均30~50Mbps程度です。仮に、実測値が遅かったとしても、ルーターの設置場所を変えることで大幅に改善することあります。インターネットを快適に楽しむためにも実測値の速い場所を見つけましょう。

-WiMAX
-,

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.