WiMAX

WiMAXの7GB制限はギガ放題にも適用される?料金や制限・解除方法

更新日:

WiMAXの7GB制限や料金について紹介する女性

最大1.2Gbpsの高速通信で快適なインターネット接続が叶う、WiMAX回線。プランは月間の速度制限に制限のない「UQ Flatツープラス ギガ放題」やおしゃべりプランSがついた「ウルトラギガMAX」、2019年9月まで提供されていた「UQ Flatツープラス」があります。

本記事では、WiMAX回線のプラン別料金や速度制限について徹底解説。気になる7GB制限や、速度制限にかかった場合の対応やオプションサービス「au 4G LTE回線」についても詳しくご紹介します。

WiMAXを利用している方はもちろん、WiMAX回線の契約を検討中の方もぜひチェックしてみてくださいね。

 

WiMAXの7GB制限について

プラン選びは快適なインターネット環境を整える上で非常に重要なポイントです。ご自身のニーズをしっかり把握した上で、最適なプランを選ぶようにしましょう。

まずは、WiMAX回線で用意されているプラン内容や速度制限の有無について詳しく確認していきます。

 

WiMAXのプランは2種類ある

WiMAXのプランは、現在「UQ Flatツープラス ギガ放題」と「ウルトラギガMAX」の2種類です。プロバイダごとに契約年数やプラン名称は異なりますが、基本的なプラン内容は同じです。2019年9月30日まで加入できた「UQ Flatツープラス」は申し込みを終了しており、新規契約者は選べないので注意しましょう。

ギガ放題は名称のとおり、月間の通信量に制限がない使い放題のプランです。一方のUQ Flatツープラスは、1ヵ月に使用できる通信量が7GB以上になると速度制限がかかるライトなインターネットユーザー向けのプランです。

 

ギガ放題の場合は3日間で10GBの速度制限がかかる

ギガ放題は通信量が使い放題であると説明しましたが、一定要件を超過してしまった場合には速度制限がかかります。「なぜ使い放題のプランなのに速度制限になるの?」と疑問に思う方も多いですよね。

次に、ギガ放題の速度制限と制限後の通信速度について詳しくチェックしていきましょう。

 

速度制限の内容と適用時間

ギガ放題では、3日間の合計通信量が10GBを超えた場合に限定的な速度制限が適用されます。制限期間は10GBを超過した日の翌日18時から翌々日の深夜2時まで。ネットワーク混雑時間限定で約8時間の速度制限が実施されます。

制限後の速度は「概ね1Mbps」となります。1Mbpsは標準画質での動画再生がスムーズに行えるレベルなので、極端に不便になるわけではありません。

 

7GBでインターネットはどれくらい使えるの?

では、現在新規受付を終了しているUQ Flatツープラスで契約している場合はどの程度インターネットを利用できるのでしょうか。動画再生を例に挙げて、7GBを使い切るまでに鑑賞できる総時間をご紹介します。

 

【スマートフォンをWiMAX回線に接続して動画再生をした場合】

画質 消費データ量(5分) 7GBで可能な視聴時間
超高画質 約113MB 約5時間
高画質 約60MB 約9時間半
標準画質 約17.5MB 約33時間
低画質 約10MB 約60時間

 

WiMAXの7GB制限があるプランはおすすめ?

WiMAXのUQ Flatツープラスの口コミをチェックすると、「7GBは少ないからギガ放題に変更した!」「128Kbpsでのインターネット通信は辛い…」という意見もちらほら。

では、UQ Flatツープラスはどのような人に向いているのでしょうか。UQ Flatツープラスに向いているユーザー像を詳しく解説していきます。

WiMAXの7GB制限があるプランをおすすめする女性

 

ギガ放題より安いので7GBしか使わないのであればおすすめ

UQ Flatツープラスのデメリットは、やはり厳しい速度制限があること。制限後は通信速度も128Kbpsまで落ちるのも気になるポイントですよね。

ギガ放題よりもUQ Flatツープラスが向いているのは、インターネットの利用頻度の少ないライトユーザーです。「テキストメールの送受信がメイン」「1日に短時間のネット閲覧しかしない」という方は7GBでも問題なくWiMAXを利用できるでしょう。

 

金額の差が小さいのでギガ放題にしておくと安心

では、ギガ放題とUQ Flatツープラスでは月額料金にいくら差があるのでしょうか。UQ WiMAX・GMOとくとくBB・Broad WiMAXの3社を例に挙げ、プランごとの月額料金をチェックしていきましょう。

 

【プロバイダ別 各プランの月額料金(3年プラン)】

プロバイダ名 7GBプラン ギガ放題
UQ WiMAX 3,696円 3,696円
GMOとくとくBB 3,609円 4,263円
Broad WiMAX 2,726円 3,411円

上記を確認すると、ギガ放題とUQ Flatツープラスの月額料金差は「UQ WiMAXで0円」「GMOとくとくBBで654円」「Broad WiMAXで685円」となっています。ギガ放題の方が月額料金からの割引特典額が高いこともあり、金額の差は数百円になっています。

現在、UQ Flatツープラスを契約している場合でもプラン変更はいつでも可能です。「インターネットを思いっきり使いたい」「今の通信慮では足りない…」とお悩みの方はコストパフォーマンスの高いギガ放題に変更するのがおすすめですよ。

 

7GB制限にかかった場合128Kbpsになり速度制限を解除する方法はない

携帯電話やスマートフォン利用中に速度制限にかかった場合は、追加でデータ容量を購入できますよね。しかし、残念ながらWiMAX回線の場合は追加でデータ容量を購入することや、速度制限解除の策はありません。7GBを超えて使用した月は、ずっと128Kbpsが適用されるので注意しましょう。

【128Kbpsでインターネット通信をしたとき】

  • ネット閲覧:テキストのみであれば閲覧可能。写真が多いWebページは読み取りに時間がかかる
  • SNS閲覧・投稿:テキストのみであれば可能。写真や動画の投稿が難しい
  • 動画再生:低画質でも再生までにかかる時間は長く、停止することも多い
  • オンラインゲーム:動かない。動いた場合でもすぐに停止、画質の割れが起こり通常のプレイは困難

仮に速度制限にかかってしまった場合は、他のインターネット回線やフリーWiFiを使用して乗り切りましょう!WiMAXでは、「UQ WiFi プレミアム」と呼ばれる公衆WiFiサービスを運用しています。初期費用・月額使用料・通信料不要なので、ぜひ利用してみてくださいね。

 

キャンペーンやキャッシュバック額が下がることもある

各プロバイダは、WiMAXの新規契約や乗り換え時に独自のキャンペーンやキャッシュバックを用意しています。トータルで数万円になることも多く、お得にWiMAXを契約したい方には見逃せないサービスです。

キャッシュバックやキャンペーン内容はプランによって異なり、2019年9月までは「ギガ放題契約者のみ適用」や「ギガ放題の方が高額キャッシュバック」と規定されていることも多かったのです。

 

プランの変更は無料で可能

WiMAXでは、「UQ Flatツープラス(2年・3年・4年)」と「UQ Flatツープラス ギガ放題(2年・3年)」間でのプラン変更はいつでも無料で可能です。My UQ WiMAXから簡単に手続きが行え、翌月からは変更後のプランが適用されます。

しかし、3年プランから2年プランへの変更など、契約期間を短くする契約プラン変更には契約解除料が発生する場合もあるので注意しましょう。また、UQ Flatツープラスは新プランの開始によって新規契約を停止しています。既にWiMAXを使用しているユーザーしか利用できないプランであるので注意しましょう。

【契約年数を短くするプラン変更の場合の契約解除料 ※UQ WiMAXの場合】

  • 「UQ Flatツープラス(2年)」「UQ Flatツープラス ギガ放題(2年)」の契約解除料
    1~13ヵ月目:19,000円
    14~25ヵ月目:14,000円
  • 「UQ Flatツープラス(3年)」「UQ Flatツープラス ギガ放題(3年)」の契約解除料
    1~13ヵ月目:19,000円
    14~25ヵ月目:14,000円
    26~37ヵ月目:9,500円
  • 「UQ Flatツープラス(4年)」の契約解除料
    1~13ヵ月目:19,000円
    14~25ヵ月目:14,000円
    26~37ヵ月目:9,500円

 

WiMAXでギガ放題を選んだ場合でも「au 4G LTE」は7GBに制限される

「インターネットを頻繁に利用するから、UQ Flatツープラスからギガ放題に変更しよう」と考える方も多いのではないでしょうか。

しかし、ギガ放題を契約するときには1点注意しておかなければならないポイントがあります。最後に、au 4G LTE回線を使用した場合の通信制限や速度制限後の対応についてチェックしていきましょう。

WiMAX

 

WiMAX回線の使用量に制限はない

前述したように、ギガ放題を選んだ場合は月内の通信量に制限はありません。3日間で10GB超過時のみ、と極めて限定的な速度制限が規定されています。

月間使用量は無制限なので、オンラインゲームやビデオチャットなどを使用するインターネットヘビーユーザーも安心のプランですよね。

 

au 4G LTEの使用量のみ7GB

月間100GB以上の通信量を使用できるギガ放題でも、実は、「au 4G LTE回線」を7GB以上利用した場合には速度制限の対象になってしまうことに注意しましょう。

【au 4G LTE回線の概要やメリット・デメリット】

au 4G LTE回線は、KDDIの提供する回線を経由してインターネット接続するサービスのこと。auスマートフォンや携帯電話で利用している回線と同一で、人口カバー率99%の広範囲かつ強力な電波を受信できます。

山間部や高層ビルなど、WiMAX電波の届きにくいエリアでもサクサクと接続できる点がメリットですが、1ヵ月間に7GBの通信制限がかかってしまう点がデメリットとして挙げられます。

 

 

LTE回線を7GB以上使ったら速度制限される

au 4G LTE回線を利用するときのデメリットとして挙げられる「速度制限」。UQ Flatツープラスと同様に、au 4G LTE回線切り替え後に7GBを超過した場合は128Kbpsの低速がかかってしまいます。

本記事の冒頭でご紹介したように、128Kbpsでは写真の多いWebサイトの閲覧や低画質の動画再生もスムーズに行えなくなってしまう可能性大。快適にインターネットを使用できず、せっかくのWiMAXを活用できなくなってしまいます。

 

LTE回線で速度制限された場合WiMAX回線も速度制限になる

「au 4G LTE回線が128Kbpsになったら、WiMAX回線に戻せばいいのでは」と思ってしまいますが、実はau 4G LTE回線に切り替えてしまうと、該当月はWiMAX回線でも7GBの通信制限がかかります

せっかくギガ放題を契約している状態で通信量に制限がかかってしまうのは、もったいないですよね。

 

必要なときだけ切り替えて利用することが吉

世界遺産・山道・キャンプ場など、電波の繋がりにくいエリアにも対応したau 4G LTE回線は非常に便利なオプションサービスです。しかし、au 4G LTE回線を使用してしまうと7GBの速度制限がかかってしまうため、どうしても必要なタイミングだけ使用するのが懸命です。出張や旅行などでWiMAX回線が繋がりにくいエリアに行く時だけ切り替え、通常回線で繋がるエリアに戻ったらWiMAX回線に切り替えると安心です。

また、au 4G LTE回線を使用したときは当月中にWiMAX回線に戻しておくのを忘れないようにしましょう。月をまたいで解除し忘れてしまうと、翌月もau 4G LTE回線を利用することになるので、注意してくださいね。

通信制限を避けながら利用するためには、こまめに現在の使用通信量をチェックすると良いですよ。通信量はモバイルルーターの端末メニューやWiMAXの会員ページから確認できます。

 

 

WiMAXはギガ放題で、通信量を気にせず使おう!

これまで大きく分けて2つのプランに分かれていたWiMAX回線ですが、現在は新規契約できるのは「ギガ放題」のみ。従来までのUQ Flatツープラスは申し込みを終了しているので、新規契約者はWiMAX回線使用時には7GBの通信量を気にする必要はありませんよ。

一方、2019年9月までに契約していた方はプランの見直しも一案。「毎月7GBを越えてしまう」「速度制限にかかりたくない」という方は、ギガ放題への変更も視野に入れてみてくださいね。

-WiMAX
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.