WiMAX

WiMAXの2台目を安く契約する方法は?追加するメリットや割引・注意点について解説します!

投稿日:

WiMAXの2台目を持つことについて紹介する女性

高速インターネット通信が魅力の「WiMAX」は持ち運びにも便利な優れもの。自宅用のホームルーターと外出用のモバイルルーターの2台契約もおすすめなんですよ。

本記事では、WiMAXの2台目をお得に契約するための秘訣を徹底解説!2台目を契約する際のメリットや割引サービス、契約時の注意点を詳しくご紹介します。

 

WiMAXの2台目を追加契約するメリット

WiMAXの2台持ち、と聞いて「どうしてモバイル回線を2台も契約するの?」と不思議に思われる方も多いのではないでしょうか。

しかし、予想している以上にWiMAXの追加契約にはさまざまなメリットがあります。まずは、WiMAXの2台目追加で契約するメリットをチェックしていきましょう。現在WiMAX回線を契約中の方はもちろん、今後契約を検討している方も必見ですよ!

 

外出用のモバイルルーター・自宅用のホームルーターと分けられる

WiMAXを2台契約すると、それぞれのルーターによって使用シーンや目的を区別できます。たとえば「外出用と自宅用に分けたいから、追加用はホームルーターを契約しよう」「家族の外出用にモバイルルーターを2台契約しよう」など、ご自身のニーズに合わせた使い方ができるのです。

モバイルルーターとホームルーターを選ぶときは、どちらも最新機種を選ぶのがおすすめ!スペックも高く、古いルーターと比較して通信速度も格段に向上しています。

 

【2019年11月現在 WiMAXの最新機種】

モバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W06」
通信速度 下り最大1.2Gbps
対応の通信規格 WiMAX 2+/au 4G LTE
連続通信時間 約9時間
サイズ 約W128×H64×D11.9mm
重量 約125g
Wi-Fi規格 IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz帯)/IEEE802.11n/11g/11b(2.4GHz帯)
ホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L02」
通信速度 下り最大1.0Gbps対応
対応の通信規格 WiMAX 2+/au 4G LTE
サイズ 約93(W)×178(H)×93(D)mm
重量 約436g
無線LAN規格 IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz帯)/IEEE802.11n/11g/11b(2.4GHz帯)

 

3日で10GB以上利用する場合、通信容量を分散できる

現在WiMAXを新規申し込みする場合、2019年10月1日からスタートした「ギガ放題」での契約になります。ギガ放題はWiMAX2+回線の月間の通信量に制限がないので、インターネットヘビーユーザーも安心です。

しかし、WiMAXを利用するうえで注意したいのが月間の通信量制限ではなく3日間の10GB制限。連続する3日間の通信量が合計10GBを超えたときには、一時的に速度制限の対象になってしまうのです。

速度制限は通信量が10GBを超過した翌日18時~翌々日2時までと短いですが、夜にインターネットを利用するユーザーにとっては少し不便なもの…。WiMAXを2台契約することで通信量を分散できるので、速度制限を回避する対策にもなりますよ。

 

【2019年10月開始「ギガ放題」の詳細をチェック】
月額料金 3,880円
WiMAX 2+回線の通信量 月間データ量上限なし
LTE回線の通信量 7GB
契約年数 2年
速度制限 3日間で10GB以上利用時/ハイスピードプラスエリアモードで月間7GB超過時

 

外出先でも充電を気にせず利用できる

コンセントから電源を確保している光回線やホームルーターと異なり、モバイルルーターはバッテリーに蓄えた電力でルーターが動く仕組みです。そのため、外出先でも利用できるのですが、ルーターの性質上、当然バッテリーが切れてしまった場合にはインターネット回線は使用できなくなってしまいます。

外出先での充電切れを気にしたくない方や、旅行や出張などの長時間の移動が多い方にはモバイルルーターの2台契約も一案です。1つのルーターの充電が切れてしまっても、もう1台のルーターを使用すれば快適にインターネットを利用できます。

 

契約時期をずらして契約することで、最新ルーターを利用できる

さきほどご紹介したように、WiMAXのルーターを選ぶときはスペックの高い最新機種を選ぶのが賢明です。しかし、契約後に新しい機種が登場してしまったときにすぐに機種変更するのは難しいもの…。

「どうしても最新機種を使いたい!」と考えている方は、2台の契約時期をずらして2台目を最新機種にするのがおすすめ。契約期間やプロバイダによっては機種変更をする場合よりも安く契約できることもありますよ。

 

WiMAXの2台目割引はあるの?

通信量の分散やバッテリー切れの心配がなくなるなど、さまざまなメリットがあるWiMAXの追加契約。お得に契約するためのキャンペーンやキャッシュバックは実施されているのでしょうか。

次は、WiMAXを2台契約する際の割引についてチェック!少しでも安く契約できる方法を確認していきましょう。

WiMAXの2台目割引について考える女性

 

現在はWiMAX2+の契約となるため2台目割引や複数同時契約による割引はない

WiMAXをこれから新規契約する場合には、新回線である「WiMAX2+回線」での契約になります。2019年11月現在、UQ WiMAXでは旧回線のWiMAX回線を使用する場合にしか2台目割引や複数同時割引は実施されていないので、新規申し込みの方は割引を受けられません…。

同じ代理店やプロバイダで2台目割引を適用できるのは、旧回線のWiMAX回線を利用している方に限定されるので注意しましょう

 

WiMAXを利用中の人は、ファミ得パックや機能追加オプションを利用できる

旧回線のWiMAX回線を利用している方は、「ファミ得パック」や「機能追加オプション」を利用するのがおすすめです。これらのサービスはUQ WiMAXを利用している方がWiMAX機器を追加で1台利用したい場合に申し込めるサービスです。

前述したとおり、WiMAX2+回線の料金プランやUQ Flatプラスを契約している方は利用できないので、WiMAX回線を利用している方を対象としています。

 

ファミ得パックとは?

「ファミ得パック」は、WiMAXのルーターを2台同時にインターネット回線に接続できるサービス。家族が異なる場所でインターネット接続を頻繁に行う場合に、2台契約するときの月額料金よりもお得に利用できます。月額利用料は月額2,363円です。

  1. 【ファミ得パック利用時のシミュレーション】
    2台目も通常の契約をした場合
    1台目3,696円+2台目3,696円=7,392円
  2. 2台目をファミ得パックを利用した場合

1台目3,696円+2台目2,363円=6,059円

上記ケースの場合、1,333円もお得になります。

 

 

機能追加オプションとは?

機能追加オプションは、さまざまなWiMAX搭載機器をシーンごとに使い分けられるサービス。WiMAX機器を追加登録することで、1回線の契約で登録した複数のWiMAX搭載機器からインターネット回線を利用できます。ただし、インターネット接続を同時には行えません。機器の追加は1台につき191円で、1契約あたり2台まで追加登録できます。

【機器追加オプションの追加例】
自宅ではWiMAX搭載のパソコンからWiMAX回線にアクセスし、外出先ではスマートフォンやタブレット端末をモバイルルーターに接続してインターネットを利用する

 

 

新規で2台契約したい人は新規契約を別途行うことがおすすめ

ご紹介した「ファミ得パック」や「機器追加オプション」は、WiMAX2+回線を利用している方は申し込めません。

現在、WiMAX2+回線を契約している方や新規でWiMAXを契約する方が2台契約を行う場合には、新規契約を別途行うのがおすすめです。1台目と異なるプロバイダから新規契約することによって、お得なキャンペーンやキャッシュバックを利用できますよ。

 

WiMAXの2台目を安く契約する方法

では、WiMAX2+回線を利用中の方が2台目をお得に追加するためにはどのように契約すればよいのでしょうか。

次は、2台目を安く追加するために別プロバイダで契約する方法を解説。キャッシュバックやキャンペーンのチェックポイントから、高額キャッシュバックを実施しているおすすめプロバイダまでご紹介します。WiMAX回線の2台契約を検討中の方は、プロバイダ選びの判断材料にもしてくださいね。

 

別プロバイダで契約して、キャッシュバック・キャンペーンを利用する

WiMAX2+回線を利用している方が、2台目以降を追加契約するためには別プロバイダでの契約が最適。キャンペーンやキャッシュバックを利用できるので、同じプロバイダで2台目を契約する場合と比較して非常にお得に契約できます。

2台目追加契約を安く契約したい方は、キャッシュバックやキャンペーン内容を十分にチェックしてみましょう。

 

高額キャッシュバックがあるのはGMOとくとくBB

WiMAXプロバイダの中でも、とくにおすすめなのが「GMOとくとくBB」です。高額なキャッシュバックだけでなく、ユーザーへのサポート態勢も万全な優良プロバイダとして人気があります。

 

【GMOとくとくBB キャッシュバック&キャンペーン内容】

  1. 端末に応じて、最大31,000円のキャッシュバック
  2. 端末購入費は0円
  3. 初月、2ヵ月目は月額料金が3,609円

【GMOとくとくBBの申し込み方法】

step
1
STEP1.WiMAXのサービスエリアを確認する

 

 

step
2
STEP2.個人情報を入力して、端末や料金プランを選んで申し込み

 

 

step
3
STEP3.端末が到着して、インターネット回線の利用開始

また、GMOとくとくBBの申し込み前にはUQ WiMAXのトライアルサービス「Try WiMAX」の利用がおすすめ。Try WiMAXを利用すると15日間無料でWiMAX端末を試せるので、はじめてWiMAXを契約する方でも、快適にインターネット環境を整えられるのか確認してから契約できます。

 

 

WiMAXの2台目を契約するときの注意点

では、WiMAXを追加で契約する際にはどのような注意点があるのでしょうか。

最後に、WiMAXの2台目を契約するときに注意したいポイントを2つ解説していきます。追加契約を検討している方は、しっかり目を通してくださいね。

WiMAXの2台目を契約するときの注意点を説明する女性

 

過去にキャッシュバックを受けたプロバイダでは再度受け取ることはできない

前述したように、1台目と2台目の契約プロバイダを変更するとお得なキャッシュバックやキャンペーンを利用できます。しかし、多くのプロバイダでは特典の利用条件のなかに「はじめて自社で契約する方」と規定しているため「1台目と同じプロバイダで2台目を契約したい」「以前同じキャッシュバックを利用して特典を受け取っていた」といった場合には再度キャンペーンを利用することはできないのです。

キャンペーンやキャッシュバック内容を利用する際には、ご自身が同じ特典をこれまで受け取ったことがないかも要確認。契約前に適用条件を満たしているかチェックしておきましょう。

 

auスマートバリューmineはスマホ1回線につき、WiMAX1回線しか適用できない

auスマートフォンとWiMAX回線を同時に契約している場合には、割引サービス「auスマートバリュー mine」が利用できます。契約プランや期間に応じてauスマートフォン料金から毎月最大1,000円の割引が受けられるので、対象者にとっては非常にお得なサービスです。

しかし、残念ながら「auスマートバリューmine」はスマートフォンや携帯電話1回線につき、WiMAX1回線まで。WiMAXを2台契約しているからといって、1台のスマートフォンに重複して割引が適用になるわけではないのです。

 

WiMAXの2台目を追加するときは、別プロバイダの特典を活用してお得に契約しよう!

WiMAXの2台目を追加すると通信量の分散や最新ルーターを購入できるなど、さまざまなメリットがあります。速度制限やバッテリー切れが心配な方は、ぜひ追加契約を検討してみてはいかがでしょうか。

本記事で解説したとおり、WiMAX2+回線を契約している方が2台目を追加する場合には別プロバイダでの申し込みがおすすめです。キャッシュバックやキャンペーンを活用できるので、同じプロバイダで2台目を契約するよりも断然お得に契約できます。

追加契約を検討している方は、ご紹介した「GMOとくとくBB」など高額キャッシュバックを実施しているプロバイダをチェックしてみてくださいね。

-WiMAX
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.