ソフトバンク光

ソフトバンク光の配線方法は?配線図・撤去方法・問い合わせ先を解説!

投稿日:

ソフトバンク光

ソフトバンク光を契約していざ利用しようと思ったとき、気になるのは配線方法ではないでしょうか。「配線が難しかったらどうしよう」と不安になる方もいるでしょう。

本記事では、ソフトバンク光の配線方法や配線図・撤去方法・問い合わせ先についてまとめてご紹介します。

 

ソフトバンク光の配線工事は必要なの?

そもそもソフトバンク光は、光ファイバーケーブルという回線を利用して提供されているインターネット接続サービスです。そのため、まずは光ファイバー回線を自宅内に引き込む工事が必要になります

通常光ファイバー回線は、電柱を使って自宅付近まで結ばれています。そのため、電柱からさらに自宅内へ光ファイバー回線を結ぶ工事を行う必要があり、この工事を「屋外工事」と呼びます。

マンションなどの集合住宅で工事を実施する場合には、共用部分に「接続装置」がすでに設置されていることがあります。この場合、屋外工事の必要はありません。接続装置があるということは、電柱から建物への光ファイバーはすでに引き込まれているので、接続装置から各部屋へ光ファイバーを繋げるだけの作業で済みます。この場合には、自宅で自ら作業する「宅内工事」のみで配線工事は完了です。

しかしマンションなどの集合住宅でも、共用部分に接続装置がない場合は屋外工事を実施する必要があります。

 

ソフトバンク光の配線方式・配線方法

ソフトバンク光では、回線を引き込む屋外工事は工事業者が自宅へ訪問して実施しますが、その後インターネットを自宅で使えるようにするための配線や設定は行っていません。

そのため、屋外工事後にインターネットへ接続できるようにするための配線や設置は、全て自分で行わなければならないのです。

ではソフトバンク光を利用する際、どのように配線すればいいのかをケース別にご紹介します。

 

らくらく配線ツールを利用している男女

 

らくらく配線ツールを利用する

いきなり配線と言われると、インターネット回線に詳しくない方にとっては少し難しく感じてしまいますよね。

しかし、ソフトバンク光では、配線のつなぎ方をスマートフォンやパソコンを用いてサポートしてくれる「らくらく配線ツール」という無料のサポートが用意されているため設定は難しくありません。

らくらく配線ツールを開いて利用している機器やサービスを選択していくと、配線環境に合わせた詳細な配線方法を動画や文章で解説してくれます。これなら、配線のイメージを掴みやすく、配線が得意でないという人でも安心して設定できるでしょう。らくらく配線ツールを使う前に確認しておくべきことは、光BBユニットの有無・NTTロゴ入りの機器の種類・電話サービスの種類です。

もし、これらのことが不明な方は、My SoftBankより確認をしてください。

 

 

ログインに必要な認証パスワードは、ソフトバンク光の契約時に送られてきている「インターネットご利用開始のご案内」に記載されています。

らくらく配線ツールをスマートフォンで利用する場合は、下記WebページのQRコードをスマートフォンのカメラで読み取るか、スマートフォンにURLを送ってアクセスしてください

 

 

モデム関係のみの配線方法

ソフトバンク光テレビなどのテレビ関係を含む配線を行う場合には、ONUおよびホームゲートウェイ(N)とテレビを接続する必要があります。

 

テレビのみの配線の場合

まずはONUの「RF OUT端子」に分配器同軸ケーブルを接続します

次に、テレビの「地上デジタル入力端子」と「BS・110度CS入力端子」が分配器の同軸ケーブルとどちらも接続されていることを確認し、ONUに電源アダプタを差してコンセントに接続します。ONUのLEDランプが、電源・ステータスランプ共に緑点灯になれば配線完了です。

 

レコーダーとテレビを接続する場合

まずONUの「RF OUT端子」に同軸ケーブルを接続します。同軸の反対側には同軸ケーブル2分配機へ接続します。

次に、分配器の出力側の同軸ケーブルのうち地上デジタル側のケーブルをレコーダーの「地上デジタル入力端子」に接続します。もう一方の同軸ケーブルは、レコーダーの「BS・110度CS入力端子」に接続します。

次に、レコーダーの「BS・110度CS出力端子」に同軸ケーブルを接続し、反対側をテレビ側の「BS・110度CS入力端子」に接続します。 同じ要領でレコーダーの「地上デジタル出力端子」に同軸ケーブルを接続し、反対側はテレビ側の「地上デジタル入力端子」に接続します。

最後に、ONUに電源アダプタを差し、コンセントと接続し、ONUのLEDランプが電源・ステータスランプ共に緑点灯になれば配線完了です。

それぞれ、最後の工程まで完了したら、テレビで動作確認を行ってください。

 

配線確認を終えた女性

 

テレビ関係を含む配線方法

ソフトバンク光テレビなどのテレビ関係を含む配線を行う場合には、ONUおよびホームゲートウェイ(N)とテレビを接続する必要があります。

 

テレビのみの配線の場合

まずはONUの「RF OUT端子」に分配器同軸ケーブルを接続します。

次に、テレビの「地上デジタル入力端子」と「BS・110度CS入力端子」が分配器の同軸ケーブルとどちらも接続されていることを確認し、ONUに電源アダプタを差してコンセントに接続します。

ONUのLEDランプが、電源・ステータスランプ共に緑点灯になれば配線完了です。

 

レコーダーとテレビを接続する場合

まずONUの「RF OUT端子」に同軸ケーブルを接続します。同軸の反対側には同軸ケーブル2分配機へ接続します。

次に、分配器の出力側の同軸ケーブルのうち地上デジタル側のケーブルをレコーダーの「地上デジタル入力端子」に接続します。もう一方の同軸ケーブルは、レコーダーの「BS・110度CS入力端子」に接続します。

次に、レコーダーの「BS・110度CS出力端子」に同軸ケーブルを接続し、反対側をテレビ側の「BS・110度CS入力端子」に接続します。 同じ要領でレコーダーの「地上デジタル出力端子」に同軸ケーブルを接続し、反対側はテレビ側の「地上デジタル入力端子」に接続します。

最後に、ONUに電源アダプタを差し、コンセントと接続し、ONUのLEDランプが電源・ステータスランプ共に緑点灯になれば配線完了です

それぞれ、最後の工程まで完了したら、テレビで動作確認を行ってください。

 

電話サービスを含む配線方法

最後に、電話サービスを含んだ配線方法をご紹介します。

電話サービスを含んだ配線は、ホワイト光電話・光電話(N)・BBフォン・光電話機能のどれをどのように利用しているのかによって配線方法は異なり、少々複雑です。また、戸建もしくは集合住宅で光配線方式の場合の配線と、VDSL方式の場合の配線、LAN配線方式の場合の配線でも配線方法は変わります。

「そんな複雑な配線できなさそう…」と思った方も、安心してください。ソフトバンク光ではそれぞれのケース別に、配線方法を配線図と動画で解説してくれています。

自分がどの電話サービスをどの組み合わせで利用しているか、どの方式で利用しているかを確認し、当てはまる配線方法を確認してください。

 

 

ソフトバンク光の配線の図は公式サイトで確認

配線方法について簡単にご紹介してきました。ここまでの内容を含めて、ソフトバンク光を利用する際の配線図については、公式サイトで確認できます。

実際の配線方法はインターネットの接続タイプによって異なるため、上記でご紹介したものが当てはまらない方は、ソフトバンク光公式サイトを確認してみるといいでしょう。

 

 

また、各種機器の接続設定方法については、下記のWebページを参考にしてみてください。

 

 

ソフトバンク光の配線の撤去方法

ソフトバンク光を利用している方が、他社回線へ乗り換えるのではなく引っ越しによって解約する場合には、ソフトバンク光の光回線を撤去する工事が必要かどうかを確認しなければなりません。

撤去工事が必要になるケースは、マンションやアパートなどの集合住宅で利用していて、管理会社側から退去時に光回線を撤去するよう言われている場合などです。

ただし、もともとマンションタイプの光回線が導入されていて、ソフトバンク光をマンションタイプで契約し利用していたのであれば、撤去工事は不要になるケースが多いでしょう。

 

ソフトバンク光の配線に関する問い合わせ先

ソフトバンク光の配線に関してわからないことがある場合は、電話もしくはチャットやメールで問い合わせができるようになっています。

電話の場合には、下記の連絡先を利用してください。

ソフトバンク光 サポートセンター
電話番号:0800-111-2009(通話料無料)
受付時間:10:00~19:00(年中無休)

チャットサポートは、下記のWebページより利用できます。受付時間は10:00〜24:00です。

 

 

メールでの問い合わせの場合には、下記WebページよりMy SoftBankにログインし、フォームより送信してください。

 

 

メールでの問い合わせは返信に時間がかかることもあるため、他の問い合わせ方法では時間が合わない場合や、レスポンスが遅くてもかまわない場合に利用するといいでしょう。

 

ソフトバンク光の配線は初心者でも安心

本記事では、ソフトバンク光の配線についてご紹介しました。

ソフトバンク光ではらくらく配線ツールが用意されているので、インターネット回線に詳しくない人でも配線のイメージがしやすく、安心して作業を行えるでしょう。もしわからないことがあれば、電話もしくはチャットやメールでの問い合わせも受け付けています。

配線が不安でインターネットの契約を悩んでいた人は、ぜひソフトバンク光の契約を検討してみてはいかがでしょうか。

-ソフトバンク光
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.