ソフトバンク光

ソフトバンク光のVDSL方式とは?光配線・LAN方式との違いと通信速度

更新日:

ソフトバンク光のVDSL方式について知りたい女性

光コラボ回線の1つであるソフトバンク光。SoftBankのスマホを利用している方ならお得な割引を受けられることもあり、人気な回線の1つです。

そんなソフトバンク光の通信速度ですが、「VDSL方式になると遅い」という話があるのです。

本記事では、そもそもVDSL方式とは何なのか、光配線・LAN方式との違いや通信速度などについて徹底解説します。

ソフトバンク光のVDSL方式とは?

そもそも、ソフトバンク光では、マンションで契約しようと思ったとき、光配線方式・VDSL方式・LAN配線方式
という3つのうち、いずれかの方式でインターネットが導入されているケースがほとんどなのです。

では、VDSL方式とはどのようなもので、光配線やLAN方式との違いは何なのでしょうか。

 

マンションで使用されることが多いVDSL方式

VDSL方式とは、インターネット使う部屋まで光回線を繋ぐための、配線方法のことを指しています

VDSL方式は、3つある配線方法の中で1番通信速度が遅いタイプの配線方法であり、最も速い光配線では最大1Gbpsの通信速度が実現可能ですが、VDSL配線方式ではそのたった10分の1である、最大100Mbps程度の通信速度しか出せません。

というのも、VDSL方式では光ファイバーケーブルを自宅室内にまで引き込まず、電話回線の素材を通信経路に使いまわしているのです。

VDSL方式は、マンションで利用されていることが多いです。光回線が普及する前に作られた建物には、光ファイバーを通す配管がないので、共有部分まで光ファイバーを通し、そこからは電話用ケーブルを用いている、VDSL方式を採用しています。

 

光配線とVDSL方式の違いは?

では、光配線とVDSL方式にはどのような違いがあるのでしょうか。

光配線の場合、電柱から伸びている光ファイバーケーブルは、マンションの共用部に引き込まれ、そこからさらに個人の自宅まで引き込まれています。つまり、自宅まで光回線はそのまま繋がっているわけですね。

しかし、VDSL方式の場合には、光配線方式のように自宅まで光ファイバーケーブルは繋がっていません。光ファイバーケーブルは、建物内の共用スペースに置かれているMDF室までしか繋がっていないのです。

そして、MDF室から自宅まで繋がっているのは電話回線なのです。光回線を電話回線で分岐してシェアしている状態にあるわけですね。

光配線が、光回線→自宅なのに対して、VDSL方式は、光回線→電話回線→自宅という経路になっているわけです。

 

LAN方式とVDSL方式の違いは?

では、LAN方式とVDSL方式の違いはなんなのでしょうか。

LAN配線方式を採用しているのは、マンションに入居してからすぐに使えるインターネットを取り入れているところが多いでしょう。「無料インターネット完備」や「入居してすぐにインターネットが利用できます」というように謳っている物件ですね。

LAN配線方式でも、電柱からマンションまでは光ファイバーケーブルが繋がっていますが、マンションの共用スペースからそれぞれの自宅まではLANケーブルによって配線されています。

つまり、途中までは光ファイバーケーブルが伸びていますが、実際に自分の部屋につながっているのはLANケーブルというわけです。

VDSL方式との違いは、共用スペースから自宅までを何で配線しているのかというポイントですね。LAN方式では、光回線→LANケーブル→自宅という経路なのに対して、VDSL方式は光回線→電話回線→自宅、という経路になっているのです。

 

マンションの場合、配線方式の確認が必須

VDSL方式やLAN方式が取り入れられているのは、マンションがほとんどです。そのため、マンションでソフトバンク光を契約しようと思っているのであれば、あらかじめ配線方式を確認しておくことは必須事項だと言えるでしょう。

自宅の宅内配線方式がどれに当てはまるのかを調べる場合には、光コンセントの有無をチェックします。

光コンセントがある場合には、光配線方式。光コンセントが無い場合には、VDSL配線方式もしくはLAN配線方式というわけです。

LAN配線方式は、比較的新しめのマンションにしか導入されていないため、光コンセントがない場合のほとんどがVDSL配線方式だといえるでしょう。

 

VDSL方式の通信速度

VDSL方式の通信速度は、3つの配線方式の中でも1番遅いと言いましたが、実際のところはどうなのでしょうか。

VDSL方式の通信速度や、実際に利用している方の口コミ、IPv6を利用することで速度は改善されるのかについてご紹介します。

ソフトバンク光のVDSL方式

 

VDSL方式の速度

ソフトバンク光でVDSL方式を利用した場合、通信速度は最大速度で100Mbpsしか出ません。

「ソフトバンク光の最大速度って1Gbpsなんじゃないの?」と思った方もいるかもしれませんね。しかし、この速度が出せるのは、光配線方式のみなのです。

とはいえ、快適にインターネットを楽しむための実用速度として必要なのは、常時30Mbpsほど確保できれば問題ないと言われています。

30Mbpsの速度が出ていれば、オンラインゲームもできますし、動画の視聴にも問題ありません。VDSLだからといって何もできないわけではなく、光インターネットを楽しむための十分な速度は提供されています。

 

VDSL方式を利用している方の口コミ

では、実際にVDSL方式を利用している方の口コミはどうなのでしょうか。

VDSLを利用している方の中でも、問題なく常時50Mbpsほどの速度が出ているという方、最悪10Mbpsほど出ればいいかと思っていたけど15Mbpsほどは出ており、日常での利用には支障がないという意見も多く見受けられました。

しかし、中には夜間に1Mbpsほどの速度しかでず、快適に利用できていないという口コミもありました。

また、最大100Mbpsというのはあくまで理論値ですので、それだけの速度がでているという方の口コミは見受けられません。

そもそも、通信速度の目安として、一般的にストレスなく通信できるのは10Mbps~30Mbps程度と言われています。スマホの場合には5Mbpsでも十分でしょう。

最大通信速度としてインターネット接続サービスが提示している数値は、ベストエフォート方式という回線事業者が提示する最大数値であり、あくまで理論上の数値なのです。そのため、そもそも常にこの速度での通信が保証されているわけではないのです。

同じVDSL方式を利用している方の口コミでも、利用している環境や時間帯によって、でている通信速度に差があります。とはいえ、ほとんどの意見では、VDSL方式でも日常利用に支障がないレベルの速度を十分に出せているといえそうです

 

IPv6を利用したら速度は速くなるの?

これまで、インターネットではIPv4と呼ばれる接続方式が主流でした。

しかし、最近ではインターネット利用量の増加により、IPv4では、ネットワーク経路上で混雑が起こり、通信速度が落ちてしまう現象が発生しています。

そこで、最近では、混雑問題を回避してインターネットに接続できるIPv6と呼ばれる接続方式が、新たに普及し始めています。IPv6は、IPv4とは違うネットワーク経路を使ってインターネットに接続できるので、混雑している回線を回避することが可能です。

つまり、ソフトバンク光をVDSL方式で利用していて通信速度が思うようにでない場合には、IPv6に対応させることで速度が早くなる可能性があるのです。ソフトバンク光でIPv6に対応させるには、「光BBユニット」をレンタルして使用するだけ。光BBユニットは、月額467円でレンタルできます。

 

ソフトバンク光のVDSL方式を利用するときには工事は必要なの?

では、ソフトバンク光のVDSL方式を利用するとき、工事は必要になるのでしょうか。

ここではどのような工事を行うのか、工事費用はいくら必要になるのかについて解説します。

ソフトバンク光のVDSL方式の工事を担当する男性

 

工事の内容

VDSL方式を採用している場合、すでに電柱から光ファイバーケーブルは建物の共用部分までに通った状態になっています。

そのため、あとは共用部分の装置から各部屋へ光ファイバーケーブルを繋げるだけの、宅内工事を行うことになります。

 

工事費用

工事費用ですが、ソフトバンク光でVDSL方式の場合には、24,000円の支払いが必要になります。

通常、宅内工事のみの場合には工事費は9,600円なのですが、VDSL方式についてはこの限りではないので、注意が必要です。

工事の所要時間は約1時間程度で、60回分割払いの場合は月額400円の支払いになります。

 

ソフトバンク光のVDSLの接続方法

次に、ソフトバンク光のVDSLの場合の接続方法についてご紹介します。

まずは、モジュラージャックとVDSL装置のLINEポートをモジュラーケーブルで接続します。モジュラージャックは、分配器で2つに分岐させ、片方をVDSL装置、もう片方にラインフィルタを接続します。このとき、NTT東日本/西日本の設置担当者によってモジュラーケーブルが接続済みになっている場合もあります。

次に、VDSL装置のLANポートと光BBユニットのインターネット回線ポートをLANケーブルで接続します。このとき、光BBユニット同梱のコネクタが灰色のLANケーブルを利用してください。

次に、光BBユニットのパソコン1〜4のいずれかのポートとパソコンのLANポートをLANケーブルで接続します。このとき、光BBユニット同梱のコネクタが青色のLANケーブルを利用してください。

最後に、VDSL装置→光BBユニットの順で電源アダプターを接続します。あとは光BBユニットの電源ランプとインターネット回線ランプの点灯を確認し、パソコンの電源を入れインターネットに接続できることを確認します。問題がなければこれで終了です。

 

ソフトバンク光のVDSL接続に必要なもの

次に、ソフトバンク光のVDSL接続に必要なものについてご紹介します。

 

光BBユニットや無線ルーター

まず必要なのは、光BBユニットや無線ルーターです。これらの機器は、簡単に説明すると、パソコンやスマホなどの複数の機器を、インターネットに接続するための装置です。

また、ソフトバンク光では光BBユニットを利用することで、ソフトバンク光の高速ハイブリット接続である、IPv6接続が使用可能になります。

前述した通り、IPv6接続を利用することで、通信速度のアップが期待できるので、利用して損はない機器だといえるでしょう。

 

モデム

次にモデムです。モデムとは、アナログ信号とデジタル信号を相互に変換する機械のことを指します

インターネットに接続する電話回線はアナログ信号、パソコンのデータはデジタル信号なので、そのままでは通信ができません。そこで、モデムによって信号を変換する必要があるのです。

つまり、電話回線を用いてインターネットと接続する方式に当たる、VDSL方式にとって、モデムは必ず必要になる機器なのです。

 

ソフトバンク光のVDSLを利用する料金

次に、ソフトバンク光のVDSLを利用する際の料金について紹介します。

料金としてかかってくるのは、初期費用としての工事費と、月額料金が挙げられるでしょう。

 

工事費用

開通工事費は、前述した通り24,000円が必要になります。

また、土日休日に工事を実施する場合は、土日休日工事割増金として、プラスで3,000円がかかります。

ソフトバンク光の解約時に工事費の残金がある場合は、支払いの必要がなくなるわけではなく、請求されるものになるので、こちらも注意しておきましょう。

 

月額料金

月額料金については、ソフトバンク光のマンションタイプの料金が発生することになります。

マンションタイプの月額料金は、2年自動更新プランで月々3,800円です。

この料金については、光配線、VDSL方式、LAN方式など、接続方式で変わるものではなく、どの接続方式が採用されていても毎月月額3,800円です。

2年自動更新プランとは、契約期間内に解約完了しなかった場合、さらに2年間を契約期間として自動更新されるもので、契約満了月以外で解約した場合、9,500円の解除料が必要となります。

また、自動更新なしプランは4,900円で用意されています

 

マンションでVDSLを使いたくない場合はどうする?

できることなら同じマンションタイプでも通信速度の速い光配線がいいと思う方は多いでしょう。

最後に、マンションでVDSL方式を使いたくない場合にはどうすればいいのかについてご紹介します。

マンションでVDSLを使いたくない女性の様子

 

回線方式が異なる光回線を利用する

VDSL配線から光配線に変更する方法として挙げられるのが、フレッツ光とは異なる回線事業者と契約を結ぶ方法です。

ソフトバンク光とは、フレッツ光の光回線を用いた光コラボ回線です。

現在日本国内では、光ファイバーケーブルの回線設備を提供する事業者は、フレッツ光の大元であるNTT東日本やNTT西日本に限らず、ほかにもさまざまな光回線業者が出てきているのです。

具体的にあげれば、NTTの未使用回線に当たる「ダークファイバー」を利用しているNURO光や、KDDIが運営するauひかり、関西電力の自社回線設備を利用しているeo光などが挙げられるでしょう。これらのインターネット接続サービスは、NTTのフレッツ光回線とは違う系統の光回線サービスを利用しているので、住んでいるエリアが対応していれば、光回線の導入をしてもらえます。

もし、自分の住んでいるエリアが対象エリアかどうかを調べるには、下記サイトを参考にしてみてください。

 

 

 

ただし、現在VDSL方式が入っていて光配線方式が入っていない建物ということは、建物自体に何らかの設備上の問題があるケースも考えられるでしょう。その場合には、他社の光配線を入れることも少々難しいかもしれません。

 

WiMAXはPocket Wi-Fiなど工事費用で利用できる回線を利用する

上記のようにマンションの設備的な問題がある場合や、何だかめんどくさそうでよくわからないという場合には、WiMAXやPocket Wi-Fiなどのモバイルルーターを利用してみてはいかがでしょうか。

「でもモバイルルーターって速度が出ないんじゃないの?それならVDSL方式を利用しているのとあまり変わりがないし…」と思った方もいるかもしれません。しかし、その認識は間違いです。

あまり速度が出ないものだと思われがちなモバイルルーターですが、実際のところはマンションのVDSL方式よりも速度が出るケースが多いのです。利用エリアによっても多少の差はありますが、最低でも10〜15Mbpsは出る場合がほとんどなので、VDSK方式で夜間に1Mbpsしか出ないというVDSLと比べれば速いと感じる方も多いのではないでしょうか。

また、モバイルルーターには2つのメリットがあります。

1つ目は、持ち運びができるという点です。外でもタブレットなどをバンバン使用したいという方にとっては、むしろこちらの方が向いているかもしれませんね。

2つ目は、モバイルルーターの最大のメリットともいえる、工事が不要だという点です。ソフトバンク光をVDSL方式で利用する場合には、工事費が24,000円かかるとご紹介しました。これは初期費用としてはかなり高額ですよね。

しかし、モバイルルーターならば工事は必要ありません。従って、高額な工事費も必要ないのです。モバイルルーターは、箱から取り出しただけで、すぐにインターネットが利用できる状態になります。そのため、設定が難しくてできないという方や、機械が苦手だという方にもおすすめです。

また、月々の利用料金もプランによりますが4,000円前後と、ソフトバンク光のマンションタイプを利用するのと大差ないでしょう。

 

ソフトバンク光ではVDSL方式でも日常的なインターネット利用においては十分問題ない速度は出せる

本記事では、ソフトバンク光のVDSL方式について、光配線・LAN方式との違いや通信速度などを詳しく解説しました。

そもそも、ソフトバンク光の光回線サービスは3種類の引き込み方法に分かれており、VDSL方式とはそのうちの1つです

VDSL方式では、建物に引かれた光回線を電話回線で分岐してそれぞれの部屋にシェアして利用する形をとっており、光配線に比べると通信の質は劣ってしまいます。VDSL方式は光配線よりも最大速度の面では劣っていますが、あくまで数値上の話であり、VDSL方式でも日常的なインターネット利用においては十分快適に使えるだけの速度は出ています

とはいえ、それでもVDSL方式を利用したくないというのであれば、サービスを変えれば光配線方式でインターネットが使える可能性はあるのでそちらを試してみるか、モバイルルーターを利用するのがいいでしょう。

-ソフトバンク光
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.