ソフトバンク光

ソフトバンク光は違約金負担が手厚い!負担してくれる内容と金額は?

更新日:

ソフトバンク光は違約金負担について説明する女性

光コラボ回線の1つである「ソフトバンク光」。スマートフォンや携帯電話もSoftBankで契約しているのであれば、月々の利用料金に適用される割引サービスも用意されていることもあり、他社回線から乗り換えを検討している人も多いのではないでしょうか。

しかし、回線を乗り換える際の悩みといえば、解約時の違約金ですよね。ソフトバンク光では、違約金の負担が手厚いと話題になっているんです。

本記事では、ソフトバンク光の違約金負担について、負担してくれる内容や金額などを詳しく解説します。

 

ソフトバンクは違約金負担が手厚い!

インターネット回線を乗り換える際に気になるのが、解約違約金や撤去工事にかかる費用ですよね。先々の利用でお得になるかもしれなくても、乗り換え時の負担が大きくては、なかなか踏ん切りがつかないことも多いでしょう。

しかし、SoftBankでは、なんと他社への違約金や撤去工事費を満額負担してくれるというのです。これはかなり手厚い違約金負担ですよね。一体どのようなサービスなのでしょうか。

 

SoftBankあんしん乗り換えキャンペーン

違約金負担をしてくれるキャンペーンは、その名も「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」。

対象者は、他社固定ブロードバンド回線または他社モバイルブロードバンド回線を利用していてソフトバンク光やソフトバンク Airに新規申し込みをした方です。他社サービスを解約する際に発生する違約金や回線の撤去工事費は、SoftBankが全て負担してくれます。また、電話のアナログ回線復活費用やインターネット開通工事費用の割賦残債なども負担対象になります。

これだけ手厚い保障があれば、乗り換えの際にネックになるポイントはほぼ解消されるといっても過言ではないでしょう。

この場合の負担は、後日SoftBankからキャッシュバックが受けられるという形で還元されます。

 

ソフトバンク光の違約金負担はいくらまで?

「満額負担っていっても、一体いくらまで負担してくれるの?」と気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

違約金負担額は、他社サービス解約時に発生する違約金・撤去費用・他社モバイルブロードバンド端末代金の残債の合計で最大10万円までと定められています。ただし、他社モバイルブロードバンド端末代金の残債に対するキャッシュバック金額は、上限が42,000円までと定められているので、注意が必要です。

また、実際にSoftBankからキャッシュバックされる金額は、違約金として請求された額によって決まります

例えば、違約金や撤去費用の合計が24,001円〜25,000円以下だった場合には、25,000円のキャッシュバック。29,001円〜30,000円以下だった場合には、30,000円のキャッシュバックというような区切りで支払われます。

 

ソフトバンク光の違約金負担に含まれるもの

ここまで、解約違約金や撤去工事費用がソフトバンク光の違約金負担に含まれる対象になると述べてきました。では、具体的にどの項目がソフトバンク光の違約金負担に含まれて、どの項目がソフトバンク光の違約金負担に含まれないのでしょうか。

しかし、残念ながら解約にまつわる全ての違約金を完全にカバーしてくれているわけではありません。上限金額などと合わせて詳しくみていきましょう。

ソフトバンク光

 

他社回線の違約金

他社回線の違約金ですが、解約料金・長期割引解約金・テレビ解除料金・他社モバイルブロードバンド回線解除料金・他社モバイルブロードバンド端末の割賦残債・事業者変更承諾番号発行手数料などが対象です。

また、これらは解約する他社プロバイダー・他社固定回線に紐づく費用の場合のみが対象となるので、注意が必要です。

前述でも触れましたが、他社モバイルブロードバンド端末の割賦残債は、42,000円が上限に定められています。仮に42,000円以上かかっていても、もらえる金額は42,000円が最高金額ですので、こちらも注意しましょう。

 

他社回線の撤去工事費

次に、他社回線の撤去工事費ですが、回線撤去費用・電話撤去費用・アナログ電話復活工事費・開通時の工事費残債(フレッツ光以外)・テレビ撤去費用などが対象です。

 

違約金負担として認められないもの

次に、違約金負担として認められないものですが、下記のようなものが挙げられます。

  • 回線解約を伴わないオプションの解約料金
  • 携帯電話違約金(セット割の場合も含む)
  • プラン変更手数料(元回線を別プランにて継続する際に発生する費用)
  • 転用時のフレッツ光工事費残債
  • 自社モバイルブロードバンド回線解除料金
  • 自社モバイルブロードバンド端末の割賦残債
  • オプションとして割賦購入したタブレットやその他機器の残債

ここでの注意点ですが、「フレッツ光からの転用の場合は、工事費の残債は違約金負担の対象にならない」という点です。しかし、基本的には、SoftBank(Yahoo!BB)系列以外のサービス解約の際に発生する違約金は負担の対象ですので、あらかじめ確認しておきましょう。

 

ソフトバンク光の違約金負担の条件

「こんなに負担してもらえるなんて、何か面倒な条件があるんじゃないの?」と思う人もいるのではないでしょうか。確かに、SoftBank あんしん乗り換えキャンペーンを適用させるには、条件があります。どのような内容なのか、詳しく確認しておきましょう。

まず1つ目は、2018年7月2日(月)以降に、新たに「ソフトバンク光」または「SoftBank Air」に申し込むこと。さらに、「ソフトバンク光」は申し込み日から180日以内、「SoftBank Air」は申し込み日から90日以内に課金開始すること。

2つ目の条件は、「ソフトバンク光」または「SoftBank Air」に申し込んだ際に、他社固定ブロードバンド回線または他社モバイルブロードバンド回線を利用していること。ただし、SoftBankが提携するケーブルラインを、取り扱いしているCATV事業者のインターネット回線を利用中の方は、対象外になります。

3つ目の条件は、課金開始月を1ヵ月目として5ヵ月目の末日(特典適用確定日)までに、下記の条件を満たしていること。

 

  • 他社サービス解約時に発生する「違約金」「撤去費用」「他社モバイルブロードバンド端末代金の残債金額」が確認できる証明書を、指定の方法で提出し、特典適用確定日までに届いていること。なお、提出した証明書に不備があった場合は、特典適用の対象外になります。
  • 証明書に記載されている契約者が、キャンペーンの申し込み者本人、または同一苗字の家族であること。
  • 「ソフトバンク光」または「SoftBank Air」を利用中であること。
  • 支払い方法登録を、「SoftBankまたはワイモバイル携帯合算」「クレジットカード」「口座振替」のいずれかで完了していること。
  • 毎月の利用料金を支払期日までに入金していること。

やや手間がかかるように思うかもしれませんが、要するに「定められた期日までに、解約したネット回線の違約金や撤去費用の請求証明を、SoftBankに送付すること」を守ればいいのです。

 

ソフトバンク光の違約金負担キャンペーンの申し込み方法

SoftBank あんしん乗り換えキャンペーンへの申し込み方法について説明します。

インターネット乗り換え時に発生した違約金・撤去工事費の証明書を準備します。新たに「ソフトバンク光」または「SoftBank Air」に申し込んだ後、利用開始月を1ヵ月目として5ヵ月目の末日までに、証明書貼付シートを使ってコピーを返送するか、専用Webページへアップロードします。

これで申し込みは完了です。

 

ソフトバンク光の違約金負担のためには証明書は必要?

前述でも触れていますが、ソフトバンク光の違約金負担してもらうためには、証明書の発行が必要不可欠です。この手続きが完了していなければ、違約金の負担はしてもらえず、損をしてしまいますので必ず証明書の発行方法・提出方法を確認しておきましょう。

 

証明書の発行方法

そもそも証明書とは、他社サービス解約時に発生する違約金・撤去費用の金額が確認できるもののことを指します。

SoftBankの契約前に契約していた、他社サービスの利用が確認できる書面や回線撤去費用/解約料金が確認できる請求書は、「氏名が分かる情報」と「他社のサービス名・プロバイダ名の情報が記載されているもの」を用意しましょう。提出する証明書が複数枚ある場合は、アップロードする写真を複数枚撮影して、枚数分アップロードをしましょう。もし、該当する書類を持っていない、無くしてしまった場合には、以前利用していた事業者に証明書を再発行できないか確認をしてください。

証明書の用意ができたら、スマートフォンもしくはパソコンを使って書類をアップロードする方法か、郵送する方法か、好きな方法を選んで提出しましょう。

スマートフォンから手続きする場合には、SMSが届きますので、記載のURLからMy SoftBankにログインしましょう。「ファイルを選択/カメラを起動」をタップし、「写真を撮る」をタップします。証明書をカメラで撮影し、「写真を使用」をタップし、「書類を送信する」をタップすれば、アップロードは完了です。

パソコンでアップロードする方法も記載されてますので、下記Webページを確認してみてください。

 

 

郵送の場合は、こちらから確認してみてください。

 

ソフトバンク光の違約金負担はいつ振り込みしてもらえるの?

最後に、ソフトバンク光の違約金負担のキャッシュバックはいつ受け取ることができるのでしょうか。

キャンペーンの適用条件をすべて満たした場合には、振り込みではなく、SoftBankより普通為替でキャッシュバックが行われます。

普通為替は、特典適用確定日の翌月下旬頃から順次、特典適用確定日時点の「送付物受取先住所」へ発送されます。「送付物受取先住所」を指定していない場合は、設置先住所に発送されます。課金開始月を1ヵ月目として5ヵ月目の末日が特典適用確定日ですので、6ヵ月目以降になります。契約からかなり日が経ってからの発送ですので、受け取りを忘れないようにしておきましょう。

また、特典適用確定日から4ヵ月後の末日までに受け取らなかった場合は、特典の権利が失効してしまうので気を付けましょう。

 

ソフトバンク光は高待遇なあんしん乗り換えキャンペーンが用意されている

本記事では、ソフトバンク光の違約金負担についてご紹介しました。ソフトバンク光で実施している、SoftBank あんしん乗り換えキャンペーンは、他社回線解約時の違約金を最大10万円まで負担してもらえます。これだけの金額を負担してくれる回線はなかなかないでしょう。

現在、ソフトバンク光への乗り換えを検討しているのであれば、利用しない手はありません。ぜひお得に利用してみてくださいね。

-ソフトバンク光
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.