ソフトバンク光

ソフトバンク光のONUとは?なしでも利用できるの?接続設定方法を詳しく解説!

投稿日:

ソフトバンク光

光コラボ回線の1つである「ソフトバンク光」。SoftBankの携帯電話を利用しているなら、月額料金がお得になる割引サービスも用意されているので、特にSoftBankユーザーから人気のあるインターネット接続サービスでもあります。

光回線のインターネットを利用する際には、さまざまな機器を接続する必要がありますが、「ONU」という装置をご存知でしょうか。

本記事では、ソフトバンク光のONUとはなんなのか、その接続設定方法などを詳しく解説します。

 

ソフトバンク光のONUとは?

そもそもONUとはなんなのでしょうか。

ONUとは、別名「光回線終端装置」とも呼ばれる装置です。

パソコンから送られてくるデータはデジタル信号です。これを光回線に転送する場合、送られてきたデジタル信号を光信号に変換する必要があります。逆も全く同じで、光回線から送られてきた光信号をパソコンへ転送するには、デジタル信号に変換する必要があります。

この光信号とデジタル信号を変換させる機会がONUなのです。

ONUがなければ信号をインターネットへ転送したり、受信したりすることができません。つまり、光信号を私たちが利用できる形に変えてくれる役割を果たしているのがONUというわけです。

 

ONUなしでも利用できるの?

では、ソフトバンク光はONUなしでも利用できるのでしょうか。

結論から言えば、NOです。ONUはインターネットに接続するための必須機器です。ONUがなければ、ただ自宅まで光回線が繋がっているだけで、インターネットに接続することはできません

ただし、ホームゲートウェイという機器があれば、ONUに変わる役割を果たしてくれるので、ONUなしでも利用することが可能です。

 

ONUとホームゲートウェイの違い

では、ONUとホームゲートウェイとはどのように違うのでしょうか。

ONUとホームゲートウェイの違いは、ホームゲートウェイの方が機能が多い機器だという点です。

ホームゲートウェイには、ONUと同じく「光信号をデジタル信号に変換する機能」が備わっています。それに加えて、ひかり電話を使うための機能や、Wi-Fiを使うためのルーター機能も持ち合わせています。

ONUの場合には、LANポートは1つしかないので、複数台のパソコンやスマートフォンをインターネットに接続するためには、ルーターと呼ばれる機器を別で用意しなければなりません。

しかし、ルーターとしての機能を持ち合わせているホームゲートウェイを利用することで、ホームゲートウェイ1台で複数のパソコンやスマートフォンをインターネットに接続することが可能になります。

 

ONUとルーター・光BBユニットの違い

では、上述でも登場したルーターやソフトバンク光でレンタルすることができる光BBユニットは、ONUとどのような違いがあるのでしょうか。

これまで述べてきた通り、ONUを使えばパソコンやスマートフォンなどの端末がインターネットに接続できるようになります。しかし、ONUは複数の端末と同時に通信する機能を持ち合わせておらず、基本的には1対1の通信しかできません。

ここで、同時に複数の端末との接続を可能にしてくれる機器がルーターです。ルーターは、2つ以上の端末をインターネットに接続するための通信機器で、ONUにルーターを接続すると、複数の端末が同時にインターネットに接続可能となります。

ソフトバンク光には、レンタルできるオプションとして「光BBユニット」という機器が用意されています。これもルーターの一種で、BBフォン・Wi-Fiマルチパック・ひかり電話機能を利用する際には必ず必要となるブロードバンドルーターです。

無線LAN機能・BBフォンを利用するための機能・ルーター機能の3つが備わっており、複数の機械を1つにまとめることで便利に利用できるのが特徴です。

 

ソフトバンク光のONUが届かないときの対処法

では、ソフトバンク光を契約したのに、ONUが届かないときにはどうすればいいのでしょうか。

ONUが届く日程の目安や、届かないときの問い合わせ先についてご紹介します。

ソフトバンク光のコールセンター

 

ONUはいつ届くの?

ソフトバンク光のONUは、工事の立ち会いがある場合は、工事の際に工事業者が持参してくれます

もし、立ち会い工事がない場合には、申し込みをした契約者の自宅へ、宅配便で開通工事の前日ごろを目安に配達されます。もし受け取れていないという場合には、一度不在票などは入っていなかったなど、確認をしてみてください。

また、この装置が送られてくる際の発送元は「SoftBank」ではなく「NTT社」です。

光BBユニットのレンタルをしている場合には、光BBユニットはSoftBankから届きます。

2つの機器は別々に届く、ということも覚えておきましょう。

 

ONUが届かいないときの問い合わせ先

もしそれでもONUが届いていないということがあれば、一度問い合わせをして確認した方が良いかもしれません。問い合わせ先は下記になります。

ソフトバンク光 サポートセンター
電話番号:0800-111-2009(通話料無料)
受付時間:10:00〜19:00(年中無休)

ソフトバンク光のサポートセンターは、受付開始直後や17時以降の時間帯、土日祝日は混み合う傾向があるので、できれば避けてかけた方がスムーズに繋がりやすいでしょう。

 

ソフトバンク光のONUの接続設定方法

ここまでで、ONUがどんな役割を果たしている機器なのか、そのほかに必要な機器なのかはなんとなく理解できたでしょうか。

では、ここからはONUの接続と設定方法をご紹介します。今回は、市販のルーターではなく、光BBユニットを使用したケースを例に紹介させていただきます。

接続の際は、全ての機器の電源を切って行なってください。

ソフトバンク光のONUの接続設定をする女性

 

STEP1.ONUと光コンセントを繋ぐ

まずは、光コンセントとONUのLINEポートを光コードで接続します。工事状況によっては、NTT東日本/西日本の設置担当者によって光コードが接続済みの場合もあります。

光コードをONUに接続するには、まずLINEポートのカバーを外します。次に、中についているキャップを外し光コードを差し込んだら、カバーを元に戻します。

 

STEP2.ONUと光BBユニットを繋ぐ

今度は、ONUと光BBユニットを繋ぐ作業です。

ONUのUNIポートと光BBユニットのインターネット回線ポートをLANケーブルで接続します。このとき、光BBユニットに同梱された灰色のコネクタのLANケーブルを利用してください

 

STEP3.光BBユニットとパソコンを繋ぐ

今度はさらに、光BBユニットとパソコンを繋ぐ作業です。

光BBユニットのパソコン1〜4のいずれかのポートとパソコンのLANポートはLANケーブルを使って接続します。

このとき、光BBユニットに同梱されたコネクタが青色のLANケーブルを利用してください

 

STEP4.ONUと光BBユニットの電源を入れる

最後に、電源に接続して命を吹き込みます。

電源アダプターを接続する際には、ONU、光BBユニットの順で差し込みましょう。

ここまでで配線作業は完了です。

 

STEP5.接続されているのかランプを確認する

配線が完了したら、ちゃんとインターネットに接続されているかどうかを、機器のランプの状態をみて確認しましょう。

光BBユニットの「電源」ランプと「インターネット回線」ランプは点灯しているでしょうか。ついていれば光BBユニットは問題ありません。あとは、パソコンの電源を入れインターネットに接続できることを確認します。

ここまで説明してきたのは、冒頭にも述べた通り、光BBユニットを利用しているケースの配線方法です。市販のルーターを使用している場合や、ひかり電話を利用している場合には、配線方法が異なる場合がありますので、その場合には「らくらく配線ツール」を参考にしてみてください。

らくらく配線ツールでは、利用する機器を選択することで、自分の機器の配線方法が、配線図やわかりやすい動画で確認できるようになっています。機械があまり得意ではないという方にとってもわかりやすいので、ぜひ利用してみてくださいね。

 

 

STEP6.Wi-Fiを利用する初期設定をする

ここからは、光BBユニットを用いたWi-Fiを利用する際の初期設定についてご紹介します。

Wi-Fi機能を有効にするには、光BBユニットのセットアップメニューから設定ができるようになっています。まず、光BBユニット2.2の場合は、光BBユニットに有線接続した状態でセットアップメニューへアクセスしてください。

 

 

次に、ユーザー名とパスワードを入力し、「OK」をクリックしてログインします。初期値では、 ユーザー名:user、パスワード:userとなっています

 

ログインできたら「詳細設定モード」をクリックし、保守の「無線LAN機能の停止」をクリックします。

無線LAN機能の有効に設定し、「OK」をクリックします。

最後に、設定を反映させるためには再起動となるので、画面左下部の再起動をクリックしてください。再起動が完了すると、変更した設定が反映されています。

光BBユニット2.3の場合にも、セットアップメニューにログインするまでは同じです。

ログイン後のページが少々違うので、ログインできたら「無線LANの設定」をクリックし、SSID1・2共通設定の「無線LAN機能停止設定」をクリックします。

無線LAN機能の有効を設定し、「設定を保存する」をクリックします。こちらも設定を反映させるためには再起動が必要となるので、再起動をクリックし、再起動が完了すると、変更した設定が反映されています。

あとはパソコン側の設定になるのですが、Windows10の場合には、まず画面右下のネットワークのアイコンを選択します。

そうすると周囲にあるネットワークの一覧が表示されるので、光BBユニット側面のラベルに記載されたSSIDと暗号キー(PSK‒AES)を確認します。

確認できたら確認したSSIDと同じ名前のアクセスポイントを選択し、「接続」をクリックします。また、確認した暗号キー(PSK-AES)を入力し、「次へ」をクリックし、接続済みになれば完了です。

Windows10以外の設定方法については、下記のWebページを確認してください。

 

 

ソフトバンク光のONUのランプの意味

ONUには、「認証」「UNI」「光回線」「電源」の4つのランプがあります。

「認証」は、回線情報の認証を判定しています。

「UNI」は、データ通信出来ているかを判定しています。

「光回線」は、光回線とONUの接続が出来ているかを判定しています。

「電源」は、ONUの電源が入っているかを判定しています。

正常な状態では、全てのランプは緑色に点灯しており、UNIのみ点滅していても正常です。

もし、全てのランプが正常に点灯しているのに接続できないなどの問題が発生している場合には、パソコンやスマホなどの接続機器側に問題があるか、光BBユニットやルーターに問題がある可能性が高いでしょう。

認証ランプが消灯している場合は、ONU自体がエラーを起こしている可能性が高いでしょう。コンセントを入れ直しても改善しなければ、交換するなどの手段を取らなければなりません。

UNIランプが消灯している場合には、ルーターやパソコンとの接続がうまくいっていない可能性が高いでしょう。接続状態を確認し、ケーブルが抜けていないかチェックしてみてください。繋がっているように見えても、接触不良を起こしている場合もあります。何度か差しなおしてみて、ランプが点灯するかどうかを確認しましょう。

光回線ランプが消灯している場合には、光ケーブルとONUの接続が正しく行われていない可能性があります。ONUの光回線を差しなおし、改善するかどうかを確認しましょう。

電源ランプが消灯している場合には、コンセントから電気が届いていません。コンセントが問題なく差し込まれているかを確認してみましょう。また、コンセント側に問題がある可能性も考えられるので、別のコンセントに接続してみるなども試してみてください。

 

ソフトバンク光のONUを交換することは可能?

もし、ONUが故障してしまった場合には、修理もしくは交換をしてもらうしか方法はありません

ONUは、基本的に市販で提供されていないため、自分で家電量販店などから買ってくるということはできないのです。

上記で紹介したようなランプの異常がみられ、改善しない場合には、ソフトバンク光のチャットサポートにまずは問い合わせてみてください。

 

※受付時間:10:00~19:00(年中無休)

手続きには、S-ID(認証ID)とパスワードが必要になるので、あらかじめ確認しておきましょう。

 

ソフトバンク光のONUは返却する必要があるの?

ソフトバンク光のONUは、ソフトバンク光を解約した際には返却する必要があります

返却方法は、SoftBankの機器とNTTのロゴが入った機器で異なります。ONUは、NTTのロゴが入った機器になるかと思いますが、その場合には、解約後に「レンタル機器返却キット」が送付されてくるので、返却キットを利用して返却を行なってください。

撤去工事の立会いが必要な場合は、工事業者が回収するので、郵送で返却する必要はありません。

 

ソフトバンク光を利用するためにはONUは必ず必要になる機器

本記事では、ソフトバンク光を利用する際のONUの役割や、接続設定方法についてご紹介しました。

ONUは、インターネットに接続する上で、非常に重要な部分の役割を担ってくれています。そのため、ONUなしではインターネットを利用することはできないのです。

初めて設定する際には、今回紹介した接続設定方法を参考にやってみてくださいね。

-ソフトバンク光
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.