ソフトバンク光

【ソフトバンク光】光BBユニットのインターネット回線が突然オレンジに点滅!どうしたらいいの?

更新日:

光BBユニットのインターネット回線が突然オレンジに点滅!どうしたらいいの?

ソフトバンク光の光BBユニットを利用中に、インターネット回線のランプがオレンジに点滅し始めることがあります。通常時は緑色に点灯しているのに、突如オレンジに点滅し始めたら「異常事態だったらどうしよう…」と不安になりますよね。

本記事では、光BBユニットのインターネット回線がオレンジに点滅し始めたときの対処法のほか、ランプの各色が意味することなどをご紹介していきます。

 

ソフトバンク光の光BBユニットの色の意味

まずはソフトバンク光の光BBユニットの色の意味をお伝えしていきます。光BBユニットにはランプがたくさんあり、どのランプがどのような光り方をしているかによって、意味が異なります。以下では「インターネット回線」のランプを中心に、緑・オレンジ・赤の各色の意味についてご紹介していきます。

「インターネット回線」以外のランプの光り方・色が意味する内容を知りたい方は、以下のリンクを参照してください。

緑のランプ

緑色のランプが点灯しているときは、基本的に「正常」を意味します。緑色のランプが点滅している場合は「通信中」を意味する場合が多いので覚えておきましょう。 「インターネット回線」のランプの色について言えば「緑点灯」は「インターネットが利用可能な状態」で、「緑点滅」が「光BBユニットの内部で通信を確立中の状態」です。

 

オレンジのランプ

オレンジのランプは何らかの不具合を表します。「インターネット回線」のランプがオレンジに点灯・点滅しているときは「光BBユニット内部でしっかりと認証ができていない状態」です。

この場合は、接続機器の再起動などが必要になります。オレンジのランプが点灯・点滅した際の対処法については後ほど詳しく説明します。

 

赤のランプ

赤のランプが点灯・点滅している場合も、何らかの不具合によってインターネットが利用不可になっている状態です。

インターネット回線のランプが赤色になることはありませんが「警告」ランプが赤色に点灯・点滅している場合は「異常を検知している状態」、「ステータス」が赤点灯している場合は「光電話機能が利用不可な状態」です。 赤のランプが点灯・点滅している場合も、オレンジのランプが点灯・点滅している場合と同様に、接続機器の再起動などの対処法が必要です。詳細は次項を読み進めてください。

 

ソフトバンク光の光BBユニットがオレンジになっている原因

原因を紹介する女性

ソフトバンク光の光BBユニットのランプがオレンジになっている原因には光BBユニット以外の問題や、光BBユニットそれ自体の問題など、様々なものがあります。以下では、光BBユニットのランプがオレンジ色になる原因として考えられることと、その見分け方について解説していきます。

 

インターネットに繋がっていない

光BBユニットのランプがオレンジ色に光っている原因として、最も考えやすいのはインターネットに繋がっていないことです。先にもご説明しましたが、インターネット回線のランプがオレンジ色に光っている場合は「光BBユニット内部でしっかりと認証ができていない状態」。そのほかのケースでも、オレンジのランプは何らかの理由によってインターネットに繋がっていないことを意味しています。

上記の場合は、光BBユニットの電源を一度切り、時間を置いて再起動することが必要です。詳細は「ソフトバンク光のインターネット回線が突然オレンジに点滅したときの対処法」をご覧ください。

 

対処法を試してもオレンジの場合は光BBユニットが故障している可能性もある

オレンジ色のランプが点いているときに、光BBユニットを再起動しても改善しない場合は光BBユニットが故障している可能性があります。

機器の故障については「チャットサポート」で相談してみましょう。チャットサポートは営業時間が決まっているものの、コールセンターよりも待ち時間が少なく、より迅速に問題解決ができるのでおすすめです。

※受付時間:10:00~19:00(年中無休)

 

ソフトバンク光のインターネット回線が突然オレンジに点滅したときの対処法

光BBユニットの「インターネット回線」ランプが突然オレンジに点滅したときは、光BBユニット内部でしっかりと認証ができていない状態に陥っています。状況を改善するためにまず試してほしい方法として、光BBユニットの再起動が挙げられます。以下では、手順の詳細をお伝えしていきます。

 

STEP1.光BBユニットの電源を切る

まずは光BBユニットの電源を切ります。ただし、電源を切る順番はインターネット接続したいパソコンやスマホなどの接続機器・光BBユニット・NTTロゴ入り機器の順です。いきなり光BBユニットの電源を落とさないように気を付けましょう

 

STEP2.コンセントやLANケーブルを挿し直す

接続機器や光BBユニットの電源が切れたら、コンセントやLANケーブルを挿し直し、配線の確認をします。配線がきちんとなされているかは「らくらく配線ツール」で確認できます。

ソフトバンク光で利用する機器の機種はさまざまですが、お手持ちの機器の種類を入力していくと、機器ごとの配線説明書が見られます。また、LANケーブルが劣化しているとインターネット通信に支障を来たす場合もあります。LANケーブル自体に問題がないか、よく確認するようにしましょう。

 

STEP3.パソコンやスマホなどの設定を確認・再起動させる

コンセントやLANケーブルを確認し、配線をし直したらパソコンやスマホなど接続機器の設定を確認します。問題がなければ、接続機器はじめ光BBユニットを再起動します。電源を入れる順番は、電源を切ったときとは逆の、NTTロゴ入り機器・光BBユニット・パソコンやスマホなどの接続機器という順番です。

一度電源を切ってから再起動するまでは30秒ほど時間を置くのもポイントです。

インターネットを利用していない間も機器の電源を入れっぱなしにしている場合は、機器が熱を持ち、不具合を起こしている可能性もあります。機器に熱がこもっている場合は、30分ほど時間を置くなどして機器を冷却させてから再起動を試すのも方法の1つです。

 

【番外編】メンテナンスや通信障害が起きていないか確認する

上記の方法を試しても状況が改善されない場合は、各家庭の機器の事情ではなく、回線全体に障害が起きている可能性もあります。通信障害やメンテナンス情報は以下のリンクから確認できます。下記リンク先からお住まいの地域を選択し、メンテナンスや通信障害が起きていないか確認するようにしてください。

 

また、TwitterなどのSNSで「ソフトバンク光 通信障害」などと検索すると、他のユーザーのリアルタイムな情報を知れて便利です。確実なのは公式ホームページでの情報ですが、いち早く情報を把握したいときはSNSを活用してみると良いでしょう

 

ソフトバンク光のインターネット回線がオレンジになったときの問い合わせ先

問い合わせ

ソフトバンク光のインターネット回線がオレンジになったときは「チャットサポート」へのお問い合わせが便利です。チャットサポートは、コールセンターよりも混雑が少ないため、より迅速に問題解決できる可能性があります。

※受付時間:10:00~19:00(年中無休)

電話でオペレーターに確認する場合は、直接電話する場合と折り返し電話予約をする場合の2つの方法があります。電話を直接かける場合はどうしても待ち時間が発生してしまうので、待ち時間を短縮したい方は事前に予約した時間にオペレーターから折り返しの電話がある「折り返し電話予約」が便利です。

コールセンター
電話番号:0800-111-2009
受付時間:10:00~19:00

 

上記の方法は少なからず待ち時間が発生してしまいます。ひとまず自分で解決できるか試してみたい方は、My SoftBankログイン後に利用できる「自動診断ツール」を活用してみてください。

 

ソフトバンク光の光BBユニットのランプがオレンジになったときは、接続機器を再起動させよう

【本記事のまとめ】

  • ソフトバンク光の光BBユニットはランプの色によって状態を示している
  • オレンジや赤色に点灯・点滅している場合は機器の再起動と配線の確認を試す
  • 上記を試しても改善されなかった場合は通信障害の可能性もある

本記事では、ソフトバンク光の光BBユニットのランプがオレンジ色に光る理由や対処法についてお伝えしてきました。基本的には再起動すれば改善されることがほとんどですが、機器自体の故障や通信障害の可能性も視野に入れておきましょう。解決できずソフトバンク光に問い合わせるときは、待ち時間の少ないチャットサポートを使うことがおすすめです。

 

-ソフトバンク光
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.