ソフトバンク光

ソフトバンク光のひかり電話機能とは?光電話(N)・ホワイト光電話・BBフォンの違い

投稿日:

ソフトバンク光のひかり電話

インターネット回線を利用した電話サービス「ひかり電話」は、基本料金や通話料金の安さが魅力!多くのユーザーに選ばれている便利な電話サービスです。

本記事では、ソフトバンク光のひかり電話機能について徹底解説。基本的な機能はもちろん、光電話(N)・ホワイト光電話・BBフォンなどのさまざまな付随サービスについてご紹介します。ソフトバンク光回線や、ひかり電話の契約を検討中の方はぜひ参考にしてくださいね!

 

ソフトバンクのひかり電話機能・光電話機能とは?

まずは、ソフトバンク光の「ひかり電話機能」と「光電話機能」についてご紹介します。

同じ読み方ですが、ひらがな表記と漢字表記でサービス内容や機能が異なります。それぞれの詳しいサービス内容をチェックしていきましょう。

 

ひかり電話機能とは

「ひかり電話機能」は、NTT東日本・西日本が提供するフレッツ光の電話機能です。一般加入電話やひかり電話への通話料は、3分間あたり「8円」と定められています。

ひかり電話機能を利用するためには、ひかり電話の基本料金のほかに「光BBユニットレンタル料467円」「ひかり電話機能の月額利用料金372円」がかかります。基本プラン以外のプランに申し込む場合は、NTT東日本もしくはNTT西日本に直接申し込みが必要となります。

 

 

光電話機能とは

「光電話機能」は、ホームゲートウェイ(N)を経由せずにBBフォンと光電話(N)などを同時利用できるサービスです。月額料金は372円ですが、接続機器として光BBユニットのレンタルや光電話(N)の申し込みが必要になります。

新規契約や乗り換え時にソフトバンク光と光電話機能を同時申し込みした場合は、月額料金の無料キャンペーンが適用されます。

 

ソフトバンク光の電話サービスは光電話(N)・ホワイト光電話・BBフォンの中から選ぶ

ソフトバンク光電話機能を利用する場合は、「光電話(N)」「ホワイト光電話」「BBフォン」のなかから選択します。

それぞれのサービス内容や料金を比較していきましょう。

ソフトバンク光の電話サービスを利用する女性

光電話(N)

光電話(N)は、ソフトバンク光のインターネット回線と併用できる電話機能です。

光ファイバー網を使用した固定電話サービスで、通話料が一律で設定されており基本料金も非常にお得!固定電話の利用頻度が少ないユーザー向けのソフトバンク光電話プランです。

 

ホワイト光電話

ホワイト光電話は、現在使用している電話番号を継続利用できる電話サービス。3つのプランが用意されており、110番・119番・118番などの緊急電話も利用できます。

【ホワイト光電話 料金プラン】

  1. 基本プラン
    月額467円で利用できるライトなプラン。電話料金を安く抑えたい方や電話の利用頻度が少ない方におすすめです。
  2. 基本プランα
    月額943円で利用できるプランで、5つのオプションサービスを利用できます。最大3時間分の無料通話特典がついているので、頻繁に電話を利用される方に最適。
  3. だれとでも定額
    どの携帯電話や固定電話に発信した場合でも、1回の通話につき10分間通話料が無料。毎月500回まで利用できるので、最大83時間分まで通話料が発生しません。基本料金は1,410円です。

 

BBフォン

BBフォンは、固定電話をモデムに接続するだけで全国一律料金で通話できるサービスです。音声パケットを優先し、通話品質の高いIP電話サービスを提供しています。

また、 BBフォンに加入している電話番号同士の場合は通話料金が発生しません。

 

ソフトバンク光電話機能に加入する条件

前述したように、ソフトバンク光電話機能を利用するためには2つの条件が必要です。加入前にしっかり確認しておきましょう。

【ソフトバンク光電話機能 加入条件】
条件1.接続機器として光BBユニットレンタルを申し込む
条件2.光電話機能を利用する場合は、光電話(N)の申し込みが必須

【光BBユニットレンタルとは?】
光BBユニットレンタルはソフトバンク光サービスでBBフォン・Wi-Fiマルチパック・光電話機能・ひかり電話機能の利用時に必要なブロードバンドルーターのレンタルサービス。最大1Gbpsの「E-WMTA2.2/2.3」と 最大100Mbpsの「E-WMTA2.1」があります。レンタル料金は月額467円です。

 

 

ソフトバンク光の光電話機能プランと料金

次は、ソフトバンク光電話機能の料金やプラン内容について詳しくご紹介します。

光電話機能を利用するためには基本料金や通話料金だけでなく、工事費用などの初期費用も必要です。契約前に料金をしっかりシミュレーションしておきましょう!

ソフトバンク光の光電話機能プランと料金を確認する女性

初期費用・工事費

工事費用などを含む初期費用は、契約内容やプランによって異なります。それぞれのパターンの料金例をチェックしていきましょう。

【新規加入】

工事内容 交換機等工事費 番号ポータビリティ工事費 工事費総額
番号ポータビリティ 1,000円 2,000円 3,000円
新規番号取得 1,000円 なし 1,000円

 

【引っ越し】

工事内容 交換機等工事費 番号ポータビリティ工事費 工事費総額
番号変更(番号ポータビリティ解除) 1,000円 2,000円 3,000円
番号変更(番号ポータビリティなし) 1,000円 なし 1,000円
番号変更なし 1,000円 なし 1,000円

 

【変更】

工事内容 交換機等工事費 番号ポータビリティ工事費 工事費総額
電話番号変更 2,500円 なし 2,500円
料金プラン変更 1,000円 なし 1,000円

 

【解約】

工事内容 交換機等工事費 番号ポータビリティ工事費 工事費総額
番号ポータビリティ解除あり 1,000円 2,000円 3,000円
番号ポータビリティ解除なし 1,000円 なし 1,000円

 

月額費用

ソフトバンク光電話機能には「基本プラン(N)」と「スマート基本プラン(N)」の2種類のプランが用意されています。サービス内容や月額料金が異なるので、それぞれチェックしてきましょう。

【ソフトバンク光電話 月額料金】
基本プラン(N)は月額利用料500円で使用できるプランで、オプションサービスはついておらず気軽に使用したいユーザー向けです。

一方、スマート基本プラン(N)にはオプションサービスや480円分の無料通話特典がついており、固定電話の利用頻度が高いユーザー向けのプラン。基本料金は1,500円とやや高くになりますが、オプションサービスの費用を考えるとコスパは抜群ですよ!

【スマート基本プラン(N)のオプションサービス】

  • 番号表示
  • 番号通知リクエスト
  • キャッチ電話
  • 多機能転送
  • 着信お断り
  • 着信お知らせメール

 

通話料金

光電話(N)の通話料は、契約するエリアや発信先によって異なります。それぞれの通話料を確認していきましょう。

【基本プラン(N)契約時の通話料】

発信先 東日本エリア 西日本エリア
ドコモ携帯 16円/分 16円/分
ワイモバイル 16円/分 16円/分
au携帯 17.5円/分 18円/分
Softbank携帯 17.5円/分 18円/分
固定電話 全国一律16円/3分 全国一律16円/3分

 

【スマート基本プラン(N)の通話料】

発信先 東日本エリア 西日本エリア
ドコモ携帯 16円/分 16円/分
ワイモバイル 16円/分 16円/分
au携帯 17.5円/分 18円/分
Softbank携帯 17.5円/分 18円/分
固定電話(最大3時間分の無料通話あり) 全国一律16円/3分 全国一律16円/3分

 

ソフトバンク光の電話サービスに追加できるオプション

ソフトバンク光電話を利用する場合は、契約者のニーズに応じて有料オプションサービスを追加できます。

毎月月額料金が発生するので、サービス内容をしっかり確認したうえで加入を検討しましょう。

 

追加できるオプション

  1. 番号表示
    1回線につき毎月400円。着信相手の電話番号をパネルに表示。
  2. 番号通知リクエスト
    1回線につき毎月200円。非通知からの電話がかかってきた場合は着信を拒否。
  3. キャッチ電話
    1回線につき毎月300円。通話中にかかってきた別の電話番号からの着信があった場合、電話を受けられます。
  4. 多機能転送
    1回線につき毎月500円。固定電話にかかってきた電話を外出先でも受けられます。
  5. 着信お断り
    1回線もしくは1電話につき毎月200円。迷惑電話からの着信を拒否。
  6. 着信お知らせメール
    1つの番号につき毎月100円。着信がきた場合は、事前に登録したメールアドレスに連絡が入ります。

 

ソフトバンク光の光電話(N)に関するよくある質問

次は、ソフトバンク光電話を利用しているユーザーから問い合わせの多い質問をご紹介します。

光電話(N)を利用中の方はもちろん、今後契約を検討している方はぜひチェックしてくださいね!

ソフトバンク光の光電話(N)に関するよくある質問に答える女性

光電話機能を使うと、ホームゲートウェイやルーターは必要ないの?

ソフトバンク光回線と光電話機能を同時に申し込んだ場合、ホームゲートウェイやルーターが必要ないと思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、光電話機能を使用した場合でも光回線用のホームゲートウェイやルーターは必要になります。ソフトバンク光で光電話(N)や無線LAN(N)を利用する場合にはホームゲートウェイ(N)をレンタルすると良いですよ。ホームゲートウェイ(N)をレンタルする場合は、月額料金450円が発生します。

 

光電話(N)を使う場合ルーターは必要なの?

光電話(N)を利用する場合には、光電話機能を申し込んだ「光BBユニット」もしくは「ホームゲートウェイ(N)」を用意しなければなりません。ソフトバンク光からレンタルするか、ご自身で準備しましょう。

光電話1回線につき接続可能な電話機や光BBユニットは1台、ホームゲートウェイ(N)の場合は2台まで接続可能です。

 

番号を引き継いで利用できるの?

ソフトバンク光電話を契約する場合は、NTTでの手続き後に電話番号の引き継ぎが可能です。NTTでの工事費用とは別に、ソフトバンク光電話側でも工事費用が必要になるので覚えておきましょう!

【番号ポータビリティ 工事費用】

  1. ホワイト光電話
    基本工事費1,000円+番号ポータビリティの工事費用2,000円+NTTの工事費2,000円=5,000円
  2. 光電話(N)
    転用時無料+番号ポータビリティの工事費用2,000円+NTTの工事費2,000円=4,000円

【NTT 問い合わせ窓口】

東日本エリア
電話番号:116(局番なし)
携帯電話・PHS・他社からの固定電話の場合:0120-116-000
受付時間:9時~17時(年末年始除く)

西日本エリア
電話番号:0120-116-116
受付時間:9時~17時(年末年始除く)

 

電話番号を新しく作ることはできるの?

ソフトバンク光電話では、これまで電話番号を所有していなかった方が新規で番号を取得できます。番号ポータビリティの場合と手続きが異なるので注意しましょう。

【電話番号新規取得 手順】

step
1
STEP1. ソフトバンク光電話の申し込み

 

 

step
2
STEP2.接続機器の送付


ソフトバンク光電話の情報やBBユニットルーターが送られる

step
3
STEP3.光回線、光電話回線の開通工事

step
4
STEP4.光BBユニットの接続

 

セット割引も利用できるの?

ソフトバンク光回線を契約している場合は、3つの条件を満たした場合には「おうち割 光セット割」を利用できます。特典内容やソフトバンク光電話加入時の特典利用可否をチェックしていきましょう。

 

【おうち割 光セット割とは?】

ソフトバンク光のインターネット回線とソフトバンクのスマートフォン・携帯電話・タブレット端末を利用している場合に、契約プランや加入状況に応じて月額料金から割引を受けられます。最大1,000円割引&複数台の割引適用も可能なので、非常にお得なサービスです。

 

【おうち割 光セット割の適用条件】

条件1.ソフトバンク光の適用プランに加入
条件2.Softbankスマホ・携帯電話・タブレット端末の適用プランに加入
条件3.「光BBユニットレンタル」「Wi-Fiマルチパック」「ホワイト光電話」「光電話(N)+BBフォン」「BBフォン」のいずれかに加入

 

【おうち割光セット割の割引金額】

プラン名 割引金額
データプラン50GB+ 1,000円
データプランミニ 1,000円
データ定額 50GBプラス 1,000円
ミニモンスター 1,000円
データ定額50GB・20GB・5GB 1,000円
データ定額(おてがるプラン専用) 500円
データ定額ミニ 2GB/1GB 500円
データ定額(3Gケータイ) 500円
パケットし放題フラット for 4G LTE 1,000円
パケットし放題フラット for 4G 1,000円
パケットし放題フラット for スマートフォン 1,000円
パケットし放題MAX for スマートフォン 1,000円
4G/LTEデータし放題フラット 1,000円
4Gデータし放題フラット 1,000円
パケットし放題フラット for シンプルスマホ 500円
ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE 500円
ベーシックデータ定額プラン for 4G 500円

 

ソフトバンク光の光電話機能への申し込み方法

ソフトバンク光電話機能を申し込む場合は、専門窓口への電話が必要です、インターネット受付は利用できないので注意しましょう。

ソフトバンク光電話機能 新規受付センター
電話番号:0800-111-2009 (通話料無料)
受付時間:10:00~19:00

 

ソフトバンク光の光電話が繋がらないときの対処法

ソフトバンク光電話が繋がらない場合は、インフォメーションセンターに問い合わせる前に改善策を試してみましょう。

【ソフトバンク光電話 繋がらない場合の3つの対処法】

  1. 配線の確認
    ルーターの配線が正確に接続されていない場合は、回線がスムーズに繋がらない可能性があります。一度ケーブルを抜き、あらためて差し込んでみましょう。
  2. 電源の入れ直し
    電源状態を確認するためには、ルーターの電源ランプカラーを確認しましょう。「緑点灯=電源オン」「消灯=電源オフ」と規定されています。
  3. ランプ状態の確認
    ルーターの光電話ランプカラーをみると、トラブルの原因判明に繋がります。「緑点灯=ひかり電話利用可能」「緑点滅=ひかり電話で通話中・着信中・呼び出し中」「消灯=ひかり電話利用不可」を参考に、ランプ状態を確認しましょう。

 

ソフトバンク光の光電話を解約する方法

ソフトバンク光電話を解約する場合は、ソフトバンクユーザーページの「My Softbank」や電話、ショップで手続きできます。ショップで手続きをする場合は、本人確認書類が必要になります。

ソフトバンク光電話 サポートセンター
電話番号:0800-111-2009 (通話料無料)
受付時間:10:00~19:00 (年末年始を除く)

 

 

ソフトバンク光電話を利用して、固定電話の月額料金を抑えよう!

本記事でご紹介したように、ソフトバンク光電話は月額料金や初期費用がお得な固定電話サービスです。一般加入電話と比べて通話料も安いので、日常的に固定電話を利用している方にとってのおすすめです。また、有料オプションサービスにも加入できるので、ユーザーのニーズに応じた電話環境を整えられます。

固定電話サービスへの加入や乗り換えを検討中の方は、ぜひソフトバンク光電話についてチェックしてみてくださいね。

-ソフトバンク光
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.