ソフトバンク光

ソフトバンク光でIPv6に対応しているのか確認する方法

投稿日:

ソフトバンク光でIPv6

ソフトバンク光でも高速インターネット通信「IPv6」が利用できます。申し込みをすれば無料で利用できるソフトバンク光のIPv6通信ですが、対応しているかどうか確認するにはどうしたら良いのでしょうか。

本記事では、IPv6通信の概要をお伝えするとともに、ソフトバンク光のIPv6通信に対応させる方法や設備についてお伝えしていきます。

 

ソフトバンク光でIPv6を利用しているのか確認する方法

まずはご自身のパソコンやスマホなどの接続機器が、IPv6で利用できているのか確認しましょう。IPv6通信を利用しているのか確認するには、以下のURLにアクセスしてください。

IPv6通信に対応していない場合は「お客様はIPv4インターネットで接続しています」などと表示されるので、別途IPv6通信の環境を整えることが必要です。

 

 

 

IPv6接続の申し込みはWeb上でできます。申し込み画面は以下のURL先の画面下部「手続き画面へ」をクリックしてください。

 

 

 

また、後ほど詳しくご説明しますが、IPv6接続の利用にあたっては「光BBユニット」が必要です。接続方式の申し込み後、同梱されている「光BBユニット設定ガイド」を見ながら配線をするようにしてください。

 

ソフトバンク光でIPv6を利用したら何が変わるの?

IPv6通信に申し込みをする前に、ソフトバンク光でIPv6を利用することで何が変わるのかについては知っておきたいですよね。以下では、IPv6とIPv4の違いや、メリット・デメリットについてご紹介していきます。

ソフトバンク光でIPv6を利用をしたときのメリットについて知りたい女性

IPv6とは?IPv4との違い

まずはIPv6の説明についてご説明していきます。インターネット上には様々な情報を適切に届けるための住所があり、それを「IPアドレス」と呼んでいます。IPv4の場合はIPアドレスが約43億個ありますが、近年のインターネット人口の増加によるIPアドレスの枯渇が問題視されていました。

IPアドレスが約43億個あったIPv4に対し、IPv6では約340澗(340兆の1兆倍の1兆倍)個とほぼ無限のIPアドレスが利用できるようになり、その分インターネットの混雑が解消され、通信速度が速く利用できるようになったのです。

そのほかにも細かな違いは色々とありますが、IPv6のほうがIPv4よりも通信速度が速いと考えておけば良いでしょう。

 

IPv6のメリット・デメリット

次に、IPv6のメリットとデメリットについてご紹介していきます。IPv6の最大のメリットは、通信速度が速くなることです。実際に、ソフトバンク光を利用していて速度が遅いと感じていた方でもIPv6通信への切り替えをすることによって、速度の改善を感じたという声が筆者の周囲でも多く聞かれました。

IPv6のメリットに対して、デメリットは特にありません。後ほど詳しくご説明しますが、IPv6の申し込みはWeb上から簡単に、そして無料で行えます。これといったデメリットはないので、適用条件を満たしている方はIPv6通信への申し込みを済ませることをおすすめします。

 

IPv6を利用している人の口コミ

先にも少しお伝えしましたが、IPv6に切り替えた方の良い口コミはインターネット上でも数多く見られます。IPv4通信のときは速度に不満があった方も、切替後に速度の改善を実感したり、実際に測定して数倍の速度が出るようになった方もいらっしゃいました

中には「IPv6通信を申し込んだのにIPv4通信になってしまう」といった口コミもありましたが、これはソフトバンク光ではなく、閲覧しているホームページ側の事情です。IPv6通信に対応しているサイトとそうでないサイトがあるので、非対応のサイトを閲覧する際はIPv4になってしまいます。

ちなみに他の光回線では、IPv6通信とIPv4通信の切り替えが自動的にされず、IPv6非対応のサイトを閲覧した際に表示すらされないというケースもありますが、ソフトバンク光の場合は自動切り替えが行われるのでその点の心配はありません。

 

ソフトバンク光のIPv6に対応させる方法

ソフトバンク光のIPv6についての理解が深まったところで、IPv6に対応させる方法について詳しく解説していきましょう。以下では、IPv6に必要なものや料金についてご説明していきます。

 

IPv6に必要なもの

IPv6に必要なものは、光BBユニットです。光BBユニットはソフトバンク光が貸し出しているルーター機能を搭載した機器のことで、月額467円からレンタルできます。この光BBユニットには「E-WMTA2.3」と「E-WMTA2.2」という機種があり、後者の場合は機器の交換が必要になります。

光BBユニットの契約は、ソフトバンクショップか以下のページから手続きできます。

 

 

 

また、必要なものではありませんが、適用条件として以下のいずれかのプランに契約していなければなりません。もしも該当するプランを契約していない場合は、プランの変更をしてください。

【IPv6通信対応のプラン】

  • フレッツ 光ネクスト ハイスピードタイプ
  • スーパーハイスピードタイプ 隼
  • ギガファミリー・スマートタイプ
  • ファミリー・ギガラインタイプ
  • ギガマンション・スマートタイプ
  • マンション・ギガラインタイプ

 

市販のルーターではIPv6に対応できないの?

ソフトバンク光でIPv6通信をするにあたって、光BBユニットへの申し込みが必要だとお伝えしましたが、市販のルーターでもIPv6対応のものであれば利用することは可能です。ただし、現状IPv6に対応したルーターの種類は少ないうえ高額なことも多く、設定も光BBユニットよりは難しくなっています。

また、光BBユニットはインターネットを無線接続する「Wi-Fiマルチパック」の必須オプションにもなっています。Wi-Fiマルチパックを申し込む場合は必然的に光BBユニットレンタルにも申し込みますし、光BBユニット自体もそれほど高額なものではありません。特別なこだわりがなければ光BBユニットに申し込むことをおすすめします。

 

IPv6に対応させるために必要な料金

最後に、IPv6に対応させるために必要な料金についてご紹介していきます。

ソフトバンク光でIPv6通信を利用する際にかかるお金はありません。他の光回線では有料の場合もあるので、無料で利用できるのはうれしいポイントですね。

利用自体に料金はかかりませんが、「光BBユニットレンタル(月額467円)」に申し込みと、同オプションの必須オプションである「Wi-Fiマルチパック(990円)」の料金は必要になります。ただし、両サービスはソフトバンク光を利用する方のほとんどが申し込みをするものなので、IPv6に対応させるために必要な料金には計上されないことがほとんどでしょう。

よって、ソフトバンク光のIPv6に対応させるための料金は実質無料だといえるのです。

 

ソフトバンク光のIPv6は無料で利用でき、手続きも簡単

【本記事のまとめ】

  • ソフトバンク光のIPv6通信は無料で利用でき、手続きも簡単
  • IPv6は従来のIPv4よりも通信速度が速いメリットがある
  • 利用にあたっては光BBユニットのレンタルが必要

本記事では、ソフトバンク光のIPv6の概要や申し込み方法、適用できているかの確認方法についてお伝えしてきました。ソフトバンク光のIPv6はWeb上で申し込みができ、無料で利用できるので、適用条件に当てはまる方は率先して申し込みをすることをおすすめします。

申し込みと光BBユニットの設定を終えた後、きちんとIPv6が適用できているか知るためには、以下のリンクにアクセスするようにしてみましょう。

 

 

 

申し込みをしているのに、IPv4通信で接続されている場合はサイト側がIPv6に非対応な可能性があります。ただし、速度があまりに改善されない場合やうまく適用できているか不安な場合はSoftBankに問い合わせてみてください。

ソフトバンク光サポートセンター
電話番号:0800-111-2009
営業時間:10:00~19:00(土日祝日は一部休業)

-ソフトバンク光
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.