ぷらら光

フレッツ光からぷらら光に乗り換え・転用するとお得になるの?手続きの3つのステップ

更新日:

フレッツ光からぷらら光に乗り換え・転用するとお得になるのか考える男性

毎月の通信費、少しでも抑えたいところですよね。家計の見直しや契約期間の区切りをきっかけに、今よりもお得な回線があるのか気になっている方もいるのではないでしょうか。

現在フレッツ光を使っている方は、ぷらら光に乗り換えることで今よりもお得になる可能性があります。本記事では、乗り換え方法やメリットについてご説明します。

 

フレッツ光からぷらら光に乗り換え・転用するとお得になるの?乗り換えするメリット

回線の乗り換えには、それなりに手間と時間がかかるもの。検討する際に、まず気になるのが手間をかけて乗り換えるメリットではないでしょうか。フレッツ光からぷらら光に乗り換え、転用することによるメリットには、以下の3点があります。

【フレッツ光からぷらら光への乗り換え・転用するメリット】

  • 月額料金がお得になる
  • ぷらら光は契約年数の縛りがない
  • 工事なしで簡単に乗り換えできる

1つずつ詳しくご説明していきますね。

 

月額料金がお得になる

まず1つ目のメリットは、月額料金です。フレッツ光とぷらら光の月額料金を、以下で比較してみましょう。

【月額料金】

回線名 プラン名 月額料金
ぷらら光 ホームタイプ 4,800円
フレッツ光 戸建て向けフレッツ光ネクスト 5,700円
ぷらら光 マンションタイプ 3,600円
フレッツ光 集合住宅向けフレッツ光ネクスト 3,350円・3,750円・4,350円

フレッツ光の特徴は、データの送受信量に合わせてプランが複数に分かれていること。一方、ぷらら光はホームタイプ、マンションタイプともに料金体系が1種類ずつとわかりやすいのが特徴です。フレッツ光を契約したときのように、複数プランから悩む必要がない点もメリットだといえますね。

また集合住宅向けプランでは、プランによってフレッツ光が安いケースがありますが、戸建てプランではぷらら光の方が月額1,000円近くも安くなることがわかります。

通信費は毎月かかるものなので、月々少しでも安くなるのは大きな違いだといえるでしょう。

 

ぷらら光は契約年数の縛りなしで契約できる

光回線を契約する際、一般的には契約年数の縛りがあります。有無が選べる際は、契約年数の縛りなしプランの方が月額料金が割り増しになるといったケースが珍しくありません。

フレッツ光もそのうちの1つ。必ずしも契約期間を設ける必要はありませんが、2年契約縛りのある「にねん割」を適用させた方が月額料金が割安になるため、2年契約を選んでいる方も多いのではないでしょうか。

一方で、ぷらら光には契約期間の縛りが一切ありません。引っ越しで解約せざるを得なくなる可能性がある方や、定期的に光回線業者の見直しを行いたい方にとって、縛りがないことは大きなメリットになるでしょう。

 

工事なしで簡単に乗り換えできる

光回線業者と契約する際、必要となるのが回線の開通工事です。工事には費用が発生し、工事日には立ち会いも必要となります。費用面・スケジュール面ともに、ネックとなる部分だといえるでしょう。

しかし、ぷらら光の場合、フレッツ光から乗り換え・転用をする方は回線工事を行う必要がありません。そのため、あらためて工事費用を支払う必要はなし。事務手数料もかかりません。

余計な費用が発生しないため、お財布にもやさしいのです。

 

フレッツ光からぷらら光に乗り換えするときに使えるキャンペーンはあるの?

光回線と契約する際、気になるものの1つがキャンペーンではないでしょうか。少しでもお得になるのであればうれしいですよね。ただし、多くのキャンペーンが、対象を新規申し込み者に絞っているケースが多いのが特徴です。乗り換え・転用は対象に含まれながらも、お得度が著しく下がることが珍しくないのです。

では、ぷらら光はどうなのでしょうか。フレッツ光からぷらら光へ乗り換える際、使えるキャンペーンについてご説明していきます。

フレッツ光からぷらら光に乗り換えするときに使えるキャンペーンを説明する女性

 

おすすめのキャンペーン

ぷらら光の特徴の1つが、乗り換え・転用であってもお得なキャンペーンが利用できることです。なお、フレッツ光に限らず、コラボ光からの乗り換え・転用であっても高額キャッシュバックを得ることができますよ。

キャンペーンの内容は以下のとおりです。

【乗り換え・転用者向け 最大30,000円キャッシュバックキャンペーン】

乗り換え・転用者向け 最大30,000円キャッシュバックキャンペーン
対象プラン ぷらら光(ホームタイプ・マンションタイプ)/ひかりTV(テレビおすすめプラン・ビデオざんまいプラン・お値うちプラン)
キャッシュバック金額 ぷらら光単独契約:10,000円
ぷらら光+ひかりTV同時契約:30,000円
適用条件 申し込みから3ヵ月後の月末までに利用開始すること
対象サービスを10ヵ月継続して利用すること
受け取り時期・方法 10ヵ月の継続利用後、送付されるメールにて振込口座の手続きをメール送信日から翌月末までに行うこと

キャッシュバックキャンペーンは、時期によって内容が変動することがあります。申し込みの際は、必ず最新の情報をチェックしてくださいね。

 

キャンペーンを利用すると契約年数の縛りが出ることもあるので注意

キャンペーンを利用する際の注意点は、違約金です。先ほどもご説明したように、ぷらら光には契約年数の縛りがありません。しかし、キャッシュバックキャンペーンを利用した場合は、契約年数に縛りが発生するのです。

契約年数は新規・乗り換えや転用によって異なり、乗り換え・転用の場合は2年間。もし2年以内に解約・変更を行った場合は、10,000円を支払わなければなりません。

キャンペーンを利用する場合は、2年以上継続利用してから解約するように注意しましょう

 

ぷらら光以外におすすめの回線はあるの?

ぷらら光以外にも、光回線はたくさんあります。単純に月額料金を比較したり通信速度で比較したりするのも1つの手ですが、検討材料として押さえておきたいのがスマートフォン、携帯電話の料金がお安くなるかどうかです。

もし、au、SoftBank、docomoといった3大キャリアを利用しているのであれば、各キャリアの利用料金がお安くなる回線を選ぶのも1つの手ですよ。スマートフォン、携帯電話料金がお安くなるサービスは、1台ごとに割引適用されるため、同キャリアを使う家族がいれば、さらにお得に利用できます。

利用キャリア キャンペーン名 対象サービス 月額割引料金
au auスマートバリュー auひかり 月額最大1,000円
ビッグローブ光
So-net光
@nifty光
eo光
@TCOM光
WiMAX
SoftBank おうち割 光セット ソフトバンク光 月額最大1,000円
NURO光
docomo ドコモ光セット割 ドコモ光 月額最大1,000円
ぷらら光

単純計算をして月額最大1,000円×人数分の割引はかなり大きな金額になります。せっかく大手キャリアと契約しているなら、利用したい割引ではないでしょうか。

しかし、SoftBankユーザーが「おうち割 光セット」を利用するときにはソフトバンク光の場合、必須オプション(月額500円〜1,500円)があります。NURO光の場合には、月額500円のNURO光でんわの契約も必要なことに注意しましょう。

なお、一人暮らしの方は固定回線ではなくモバイルルーターを契約するのもおすすめ。自宅では固定回線のように使え、外出時にもWi-Fi環境を持ち運べます。例として、WiMAXであれば、月額3,880円から月額データ量の上限なしでネットが利用できます。また、auひかり利用者はauスマートバリューも利用可能のためお得です。

 

フレッツ光からぷらら光に乗り換え・転用する手順

ここまで確認して、フレッツ光からぷらら光に乗り換えをしたいと思った場合、乗り換えの手続きを進めましょう。フレッツ光からぷらら光に乗り換え・転用する手順は、以下の3ステップです。

フレッツ光からぷらら光に乗り換えする女性

 

【フレッツ光からぷらら光への乗り換え・転用手順】
STEP1 転用承諾番号を発行する
STEP2 ぷらら光に申し込みをする
STEP3 回線の切り替わり後、初期設定を行い利用開始

それぞれについて、詳しくご説明していきますね。

 

STEP1.転用承諾番号を発行する

1つ目のステップは、転用承諾番号の発行です。転用承諾番号とは、転用手続きを行う際に必要となる番号のこと。今回はフレッツ光からぷらら光への乗り換えを行うため、フレッツ光の提供元であるNTT東日本または西日本で発行手続きを行います。

それぞれの窓口は以下のとおりです。

【NTT東日本の窓口】

※Web受付時間は8:30~22:00(土日祝営業・年末年始を除く)

電話:0120-140-202(通話料無料)
電話受付時間:9:00~17:00(土日祝営業・年末年始を除く)

【NTT西日本の窓口】

※Web受付時間は7:00~25:00(土日祝営業・年末年始を除く)

電話:0120-553-104
電話受付時間:9:00~17:00(土日祝営業・年末年始を除く)

なお、取得した転用承諾番号には15日間の有効期限があります。有効期限を過ぎてしまった場合は、再度番号を取得しなければならないため、取得後は早めに2つ目のステップに移りましょう。

 

STEP2.ぷらら光に申し込みをする

2つ目のステップは、ぷらら光への申し込みです。1つ目のステップで取得した転用承諾番号には15日間の有効期限があるとご説明しましたが、申し込みの段階で残日数が7日以上なければなりません。期限ぎりぎりでは手続きができないため、余裕をもって申し込みを行いましょう。

申し込みページでは、別途申し込める「ぷらら光電話」、「ひかりTV」も同時に手続きができます。必要なサービスにチェックを入れ、手続きを進めましょう。

 

STEP3.回線が切り替わったら、初期設定を行って利用開始

申し込みが終われば、あとは回線が切り替わるのを待つだけです。本記事でもご説明したように、フレッツ光からの乗り換え・転用の場合は開通工事をする必要がありません。無事に回線が切り替わったのち、ぷらら光から契約内容が書面またはメールで連絡されれば利用開始となります。

なお、アカウントIDは今後の手続きに必要となるため、大切に保管しておきましょう。

 

フレッツ光からぷらら光への乗り換え手続きは簡単!もっとお得にネットを利用しよう

フレッツ光からぷらら光への乗り換えは、転用承諾番号の発行手続きが必要となるほかは、複雑な手続きをすることなく行えます。月額料金もフレッツ光よりも安くなる上、乗り換え・転用であっても高額キャッシュバックが受け取れるため、お財布にもうれしい乗り換え・転用ですよ。

今フレッツ光を使用中で「少しでも通信費を引き下げたい」と考えている方は、ぜひぷらら光への乗り換えを検討してみてくださいね。

-ぷらら光
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.