ぷらら光

ぷらら光の引っ越し手続きを徹底解説!工事費・費用・違約金はどれくらい?

投稿日:2019年12月13日 更新日:

ぷらら光の引っ越し手続きの準備をする女性

転勤や就職で引っ越すことになった際には、自宅の固定回線の手続きも忘れずに行わなければなりません。引っ越し後も同じ光回線を利用したい場合は、初めて導入したときと同様、あらためて工事を行う必要があるのです。

今回は、ぷらら光を利用している方が引っ越すことになった場合に必要な手続き方法についてご説明します。

 

ぷらら光の引っ越し手続き

インターネット回線は、普段当たり前のように利用している分、契約後は細かいことを忘れてしまいがち。引っ越しに際して行う手続き方法についても、「何も知らない」という方も多いでしょう。

ぷらら光の引っ越し手続きは、以下の4ステップです。

【ぷらら光の引っ越し手続き4ステップ】
STEP1.引っ越し先でもぷらら光が利用できるのか確認する
STEP2.移転手続きや登録情報の変更を行う
STEP3.撤去が必要な場合は撤去工事を行う
STEP4.引っ越し先で導入工事を行う

1つ目のステップから、順にご説明していきますね。

 

STEP1.引越し先でもぷらら光が利用できるのか確認する

1つ目のステップは、引っ越し先でのサービス提供状況の確認です。引っ越し後もぷらら光を使い続けたいと思っていても、新規契約時と同様、その場所にぷらら光のサービスが導入されていなければ利用することはできません。

ぷらら光のサービスが使えるのは、フレッツ光のエリアです。NTT東日本エリア、西日本エリアそれぞれの公式サイトにあるエリア確認のページから、引っ越し先のお住まいでぷらら光が使えるかどうかを確認してみましょう。

 

 

STEP2.移転の手続きや登録情報の変更を行う

1つ目のステップで、引っ越し先でもぷらら光が使えることがわかったら、次は移転の手続きや登録情報の変更手続きを行いましょう。

対応は、ぷららサポート窓口で行っています。

 

 

問い合わせ方法は、チャット、メールフォーム、電話の3種類です。

チャットでの問い合わせは、質問を24時間いつでも投げかけられるのが特徴。受付時間内であれば、オペレーターへ繋いでもらうことも可能です。

 

※オペレーター受付時間:10:00~19:00(年中無休)

 

また、お問い合わせフォームは、以下から送信しましょう。営業時間内に送信した場合、基本的に返事がくるまでにかかる時間は24時間。ただし、内容によっては変動することもあります。

 

※営業時間:10:00~19:00(年中無休)

 

その他、電話で直接問い合わせることも可能です。

【ぷらら光への電話問い合わせ先】
電話番号:009-192-33(通話料無料)
ひかり電話からの通話:0120-971-391(通話料無料)
携帯電話からの通話:050-7560-0033(通話料有料)

なお、登録されている住所や電話番号の変更は、オペレーターに届け出て手続きをしてもらうほか、自分でマイページから変更することもできますよ。

電話で問い合わせる場合は、ユーザーIDまたはお客さま番号をあらかじめ手元に用意しておきましょう。

移転手続きは、状況によって数日~数週間と時間がかかる可能性があります。特に引っ越しの繁忙期には時間がかかることが多いため、引っ越しが決まったあとはできるだけ早く手続きを行いましょう。

 

STEP3.撤去が必要な場合撤去工事を行う

3つ目のステップは、撤去工事についてです。これまでのお住まいで使ってきた設備の撤去が必要な場合のみ、撤去工事が必要となります。ほとんどの場合で撤去工事は必要ないので、開通工事のときと同様、撤去工事にも立ち会いが必要です。工事にかかる時間は1時間程度となります。

引っ越し後には新しい機器を導入するため、撤去工事を行う場合はONUなど、インターネット機器の回収も工事業者が行います。撤去工事を行わない場合は、ぷらら光から送られてくる回収キットを利用して古い機器を返却しましょう。

STEP4.引越し先で導入工事を行う

4つ目のステップは、引っ越し先での導入工事です。新規契約時と同様、本人または家族立ち会いのもと開通工事を行います。

工事の要不要や内容は、引っ越し先のお住まいの状況により異なります。また、移転時に発生する工事は有料です。工事費用については、後ほどご紹介します。

 

ぷらら光の引っ越しにかかる費用

ぷらら光の引っ越しでは、必要となる工事に応じた導入工事費用が発生します。

ぷらら光の引っ越しにかかる費用を計算する

 

撤去工事日は無料だが導入工事は工事費が必要

ぷらら光を撤去する必要がある場合の撤去工事費用は無料です。しかし、引っ越し先での導入工事には、相応の工事費用負担が発生します。

光回線によっては、新規契約時と変わらない工事費用が発生するケースもありますが、ぷらら光では移転工事費用として新規契約時とは別の料金体系を敷いています。

 

導入工事にかかる工事費

導入工事にかかる工事費用は、NTT東日本・西日本のエリアにより異なります。また、支払いは一括払いのほか、分割払いが選べるものもありますよ。

各移転工事費用は以下のとおりです。

 

【NTT東日本ぷらら光 移転工事費】

プラン 工事先への担当者訪問 屋内配線の新設 一括払い金額(税込) 分割払い金額(税込)
ぷらら光ホームタイプ あり あり 9,900円 330円×30=9,900円
ぷらら光マンションタイプ あり あり 8,250円 275円×30=8,250円
ぷらら光ホームタイプ あり なし 7,150円 238円×29+248=7,150円
ぷらら光マンションタイプ あり なし 7,150円 238円×29+248=7,150円
ぷらら光ホームタイプ なし なし 2,200円 分割払い不可
ぷらら光マンションタイプ なし なし 2,200円 分割払い不可

 

【NTT西日本ぷらら光 移転工事費】

プラン サービス種類 工事先への担当者訪問 一括払い(税込) 分割払い金額(税込)
ぷらら光ホームタイプ 光コンセントあり あり 7,150円 238円×29+248=7,150円
ぷらら光ホームタイプ 上記以外 あり 9,900円 330円×30=9,900円
ぷらら光マンションタイプ LAN方式以外 あり 8,250円 275円×30=8,250円
ぷらら光マンションタイプ LAN方式 あり 7,150円 238円×29+248=7,150円
ぷらら光ホームタイプ        - なし 2,200円 分割払い不可
ぷらら光マンションタイプ        - なし 2,200円 分割払い不可

 

なお、NTT東日本・西日本ともに、土日祝での工事には別途3,000円が必要です。

 

引越し先でもぷらら光を利用するより、他社回線に乗り換えた方がお得?

ぷらら光では、移転に対して2019年11月現在、引っ越しに関するキャンペーンを行ってはいません。引っ越しを機に別の回線に乗り換える場合は、乗り換えキャンペーンなどを利用することでキャッシュバックをもらえるため、お得だといえるでしょう。

違約金や工事費の残債分も含めた高額キャッシュバックをもらえるキャンペーンもありますよ。

 

【光回線業者 乗り換え時に利用可能なキャッシュバック・特典キャンペーン例】

光回線 キャンペーン名 キャッシュバック・特典金額
NURO光 キャッシュバックプレゼント 最大35,000円
auひかり 新スタートサポート ホーム 最大30,000円
ソフトバンク光 SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン 最大10万円
ドコモ光 ドコモ光dポイントプレゼント特典 dポイント5,000pt

 

違約金や工事費用が発生する方におすすめなのは、最大10万円まで費用負担をしてもらえるSoftBankです。また、各キャリアのスマートフォンをお持ちの方は、スマートフォンとのセット割でスマホの月額利用料金が割引になります。これらのことを合わせて乗り換え先を検討するとお得ですね。

 

ぷらら光を引っ越しが原因で解約する場合違約金は必要?

通常、光回線サービスには契約期間の縛りがあります。更新月以外の更新や変更には、一定の違約金が発生するのがネックですよね。

しかし、ぷらら光自体には契約期間の縛りはありません。ただ、新規契約時にキャッシュバックキャンペーンを利用している場合は、自動的に契約期間が発生しているため、注意が必要です。

 

【ぷらら光契約期間・違約金】

対象 契約期間 違約金
新規契約者 3年間 35,000円
他社からの乗り換え・転用 2年間 10,000円

 

契約期間と違約金は、新規または乗り換え、転用により異なります。新規の場合は3年以上、乗り換え・転用の方は2年以上利用すれば、違約金は発生しません。

 

引越し先で使えないことが原因でも違約金は必要になる

「引っ越し先で継続利用するつもりだったのに、引っ越し先ではぷらら光が使えなかった」。こうしたやむを得ない理由での解約であっても、既定の契約期間内での解約には違約金が発生します。

 

工事費の残債がある場合は、一括で支払いの必要あり

解約時に必要になる費用は、違約金だけではありません。導入工事費用を分割払いにしていた方で、まだ支払いが終わっていない場合は、残債を一括で支払う必要がありますよ。

分割払い回数は、いずれも30回。分割払いを選んだ方は、30ヵ月経っていない時期での解約には、残りの工事費用を支払う必要があると覚えておきましょう。

 

ぷらら光の引っ越しに関するよくある質問

そう何度も経験するわけではない、引っ越し時の手続き。わからなかったり不安だったりすることも多いですよね。ここでは、ぷらら光の引っ越しに関して、よく寄せられる2つの質問についてお答えしていきますね。

 

引っ越しの手続きはいつまでに行えばいいの?

多くの方から寄せられる質問が、引っ越しの手続きの時期です。できれば、遅くとも引っ越しをする日の1ヵ月前までには移転の申し込み手続きを済ませておきましょう。特に年末年始、年度末といった引っ越しが多くなるシーズンは、撤去工事・導入工事共に混み合う時期です。

撤去工事が不要であれば、導入工事が行われるまでレンタルモバイルWi-Fiなどでしのげばいい話です。しかし、撤去工事を行わなければならない場合、立ち会いが必要なため、引っ越し日までに工事を行っておかなければなりません。

なお、撤去工事や導入工事の日程は、申し込み後2週間以上先になるケースが大半です。時期によってはさらに待ちが発生する可能性があるため、決まった時点で早めに手続きを行っておくほうがよいでしょう。

 

ひかり電話を利用している場合、電話番号は変わるの?

ひかり電話の番号が変更するかどうかは、引っ越し先によって異なります。変更になるのかどうかは、NTT東日本・西日本の各窓口に問い合わせてみましょう。

【NTT東日本】
電話番号:116
携帯電話からの通話:0120-116-000(通話料無料)
受付時間:9:00~17:00(年末年始休み)

【NTT西日本】
電話番号:0120-116-116(通話料無料)
受付時間:9:00~17:00(12月29日~1月3日休み)

NTT西日本は、お問い合わせフォームでも問い合わせを受け付けています。

 

 

ぷらら光の引っ越し手続きはお早めに!

ぷらら光では、サービス提供エリア内であれば、引っ越し後も引き続きサービスを利用できます。引っ越しに際しては、撤去工事と導入工事がお住まいの状況に応じて必要となるため、最低でも引っ越しの1ヵ月前には手続きを行いましょう。なお、引っ越し先の導入工事には、状況に応じた工事費用が発生します

違約金や工事費用の残債支払いが発生する場合は、NURO光やソフトバンク光など、高額キャッシュバックをもらえる他社回線への乗り換えもおすすめです。

-ぷらら光
-, ,

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved.