ぷらら光

ぷらら光のIPv6「ぷららv6エクスプレス」とは?申込方法や、開通済みか確認する方法

投稿日:2019年12月6日 更新日:

ぷらら光のIPv6「ぷららv6エクスプレス」の申込方法を説明する男性

突然ですが、皆さんはIPv6という用語をご存知ですか? IPv6は従来のIPv4よりも通信速度を速めることができる接続。ぷらら光でも「ぷららv6エクスプレス」と呼ばれるIPv6通信のサービスが利用できるのです。本記事では「ぷららv6エクスプレス」の申し込み方法や、開通済かどうか確認する方法などをお伝えしていきます。

 

ぷらら光はIPv6に無料で対応している

冒頭でご説明したIPv6は、回線業者やプロバイダによっては別途オプション料金が発生する可能性もあります。しかし、ぷらら光はIPv6に無料で対応。快適なインターネット環境がオプション料金なしで利用できるのです。

以下では、ぷらら光のIPv6通信サービスである「ぷららv6エクスプレス」について詳しくご説明していきます。

 

IPoE方式のIPv6接続ができる「v6エクスプレス」

早速「v6エクスプレス」の特徴についてお伝えしていきます。ぷらら光が提供するIPv6接続ができる「v6エクスプレス」はIPoE方式という接続方式を採用しています。IPoE方式は次世代の新しい接続方式のこと。従来のPPPoE方式と比較して帯域が比較的広いため混雑しにくく、通信速度が速くなるという特徴があります。回線やプロバイダによっては、IPv6接続をしながらも接続方式はPPPoE方式を採用している業者もあるのですが、ぷらら光はIPoE方式での接続なので安心して利用できます。

また、IPv6に回線側が対応していてもサイトがIPv4だと閲覧できないという場合もあるのですが「v6エクスプレス」はサイトの仕様ごとに切り替えができる「IPv4 over IPv6接続」。サイトの仕様に関わらず、インターネットを利用できるのです。

 

IPv6に対応したルーターも無料でレンタルできる

v6エクスプレスの特徴について簡単にご説明しましたが、もう1つの大きなメリットとして、IPv6に対応したルーターが無料でレンタルできることが挙げられます。

IPv6通信は回線側がIPv6に対応していても、ルーターやLANケーブルが対応していなければ、IPv6の恩恵を受けられません。したがってIPv6に対応したルーターを用意する必要があるのですが、自分で買い揃えるのは手間がかかりますし、金銭的な負担にもなります。

その点、ぷらら光の「v6エクスプレス」では、IPv6に対応したルーターが無料でレンタルできるので、買い揃える手間や負担が抑えられるのです。他社回線ではルーターのレンタルにオプション料金が発生する場合やレンタルサービスがそもそもない場合もあることを考えると、ぷらら光のv6エクスプレスのメリットは大きいといえるでしょう。

 

ぷらら光のIPv6の申し込み方法

ぷらら光のIPv6「v6エクスプレス」の申し込み方法についてお伝えしていきます。上記でお伝えしたようにメリットの多い「v6エクスプレス」の申し込みに必要な手続きや条件などはあるのか、以下で詳しくご説明していきます。

 

申し込み不要で適用されていることが多い

v6エクスプレスの申し込み方法についてお伝えするといいましたが、実は一部の例外を除いて申し込み不要で利用できます。利用料金がかからない回線・プロバイダはありますが、申し込み不要で利用できる業者はそうないので、その点でもv6エクスプレスはメリットが大きいといえます。

 

ぷららv6エクスプレスの申し込みが必要になる場合

前項にて一部の例外を除いて申し込み不要とお伝えしましたが「ぷらら光セット」を契約中の方は申し込みが必要となります。また、以下に当てはまる方は申し込みをすることで、早期開通の手配ができます。

【早期開通の手配対象者】

  • ぷらら光、ドコモ光、ぷらら特別物件光タイプ(全戸)
    2018年2月以前に申し込みをした方で、早期開通をご希望の方
  • ぷらら光メイト、ぷらら光パック
    NTT西日本エリアの方、またはNTT東日本エリアで2019年2月11日以前に申し込みをした方で、早期開通を希望している方

 

ぷららv6エクスプレスに対応しているのか確認する方法

前項でご紹介したプランの方以外は、基本的には申し込み不要で「v6エクスプレス」が適用されています。ただし、ご自身がv6エクスプレスを適用・対応しているのか不安になる方もいるかと思います。

「ぷららv6エクスプレス」に対応しているかどうか確認する方法には「マイページ」にアクセスする方法があります。詳しい確認方法は以下です。

【ぷららv6エクスプレスの確認方法】
STEP1.マイページにログインする

STEP2.「利用状況照会」を開く

STEP3.「IPoEご利用状況」を確認する

「開通済み」と書いてあれば、開通しています。万が一開通していなかった場合は、マイページから開通手続きをすることが可能です。

 

ぷらら光のIPv6を利用していても遅いときの対処法

ぷらら光のIPv6「ぷららv6エクスプレス」を利用していると、通信速度が以前よりも速くなるのが一般的です。しかし、ぷらら光のIPv6を利用していても遅くなってしまうケースも稀にあります。IPv6を利用していても遅いときの対処法にはどんなものがあるのでしょうか。以下で詳しくご説明していきます。

ぷらら光のIPv6を利用していても遅いと感じて困る女性

 

自前のルーターを使用している場合IPoE方式に対応しているのか確認する

ぷらら光のIPv6を利用していても遅いときの対処法の1つ目は、自前のルーターを使用している場合IPoE方式に対応しているのか確認することです。IPv6通信は回線がIPoE方式に対応していても、ルーターがIPoE方式非対応の場合は、IPv6の恩恵を受けることができません。したがって、自前のルーターを使用している場合やIPoE方式に対応しているのか確認する必要があるのです。

ルーターがIPoE方式に対応しているか確認するには、各メーカーのサイトを見る方法があります。下記のバッファローのサイトのように「IPv6動作確認済リスト」がまとまっている場合もあります。

自分の使っているルーターのメーカーサイトを見るか問い合わせてみると良いでしょう。

 

LANケーブルの規格を確認する

ぷらら光のIPv6を利用していても遅いときの対処法の2つ目は、LANケーブルの規格を確認することです。LANケーブル規格によってはIPv6の最大通信速度に対応していない場合もあるので確認する必要があるのです。LANケーブルの規格はCAT7Aまで種類があり、数字が大きいほど速い機器に対応しています。IPv6を利用する際に使うLANケーブルには、最大速度1Gbpsに対応している5e以上、できればカテゴリ6以上がおすすめです。

【LANケーブルの規格と用途】

規格 最大通信速度 用途 料金の目安
カテゴリ5e 1Gbps 企業の大量導入・ADSL・光回線 180~850円
カテゴリ6 1Gbps 1GbpsのLAN配線・ADSL・光回線 250~1,200円
カテゴリ6A 10Gbps 液晶テレビ・動画コンテンツ 290~880円
カテゴリ7 10Gbps 業務用サーバーや基幹配線・とにかく最速を求める方 880~3,280円

 

余談ですが、LANケーブルの規格が合っていても劣化している場合は同様に、最大通信速度が出ない可能性があります。規格とともに、劣化していないかどうかも合わせてチェックするようにしましょう。

 

ぷらら光のIPv6通信は無料で申し込み不要

【本記事のまとめ】

  • ぷらら光のIPv6通信は無料のうえ申し込み不要で利用できる
  • 一部のプランを利用中の方のみ申し込みが必要
  • IPv6対応のルーターも無料でレンタル可能
  • IPv6適用後も速度が遅い場合はルーターやLANケーブルの規格を確認してみよう

本記事では、ぷらら光のIPv6通信についてご紹介してきました。ぷらら光のIPv6通信「ぷららv6エクスプレス」は、申し込み不要かつ無料で利用できます。他社回線でオプション料金が発生したり、申し込みが必要になったりする場合が多いほか、IPv6対応のルーターも無料でレンタルできることを考えると、ぷらら光のIPv6通信にはメリットが多いといって良いでしょう。

IPv6通信の適用後も速度が遅い場合は、ルーターやLANケーブルの規格を確認すると改善される可能性があります。使用しているルーターのメーカーへの問い合わせや「6」以上のLANケーブルを使用して快適なインターネット環境を楽しんでくださいね。

-ぷらら光
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved.