ぷらら光

ぷらら光は工事費無料のキャンペーンがない?工事内容や期間・費用についてチェックしよう

投稿日:

ぷらら光は工事費無料のキャンペーンがないのか考える女性

光回線を利用開始するときには、インターネットの開通工事を行わなければなりません。会社によっては、工事に関するキャンペーンを設けているところも多いのですが、ぷらら光も工事費に関するキャンペーンはあるのでしょうか。

本記事では、ぷらら光の開通工事に関する内容、費用、キャンペーンの有無についてご説明していきます。

 

ぷらら光を利用するには工事が必要!

冒頭でもご説明したように、ぷらら光を利用するためには、インターネット回線の開通工事を行わなければなりません。

ただし、工事が必要となるかどうかは、光回線をこれまで導入したことがあるかどうかによって判断が異なります。少なくとも、今回初めて光回線を導入する方は、必ず開通工事を行う必要があると覚えておきましょう。

 

はじめて光回線の契約をする人は工事をして回線を引く必要あり

光回線の導入自体が初めてだという方は、例外なく開通工事を行う必要があります。戸建て向けホームタイプ、集合住宅向けマンションタイプのいずれであっても同様です。なお、屋内への配線を新設しなければならないか否かによって、工事費用は変動します。

工事費用については、後ほど詳しくご紹介します。

 

フレッツ光や光コラボ回線を利用している場合は工事なし

これまで、フレッツ光や他社のコラボレーション光回線を利用してきた方が、ぷらら光に転用・事業者変更を行う場合、開通工事を行う必要はありません。コラボレーション光とは、ぷらら光のようにフレッツ光回線を利用してプロバイダ会社が提供している光回線のこと。略して「コラボ光」と呼ばれることが多いです。コラボ光の一例を以下でご紹介します。

【コラボ光一例】

  • ドコモ光
  • auひかり
  • ソフトバンク光
  • ビッグローブ光
  • OCN光

コラボ光を利用していた方は、事業者変更をしてそのまま回線を利用できるので、工事なしで利用できます。

ただし、これまでコラボ光を利用していた方でも、転用に伴い回線の種類を変更しなければならない場合は、新たに回線設置工事を行わなければいけないことに注意しましょう。

 

ぷらら光の工事の内容は?

ぷらら光の工事として、主に行うの内容は以下の4つです。

【ぷらら光の開通工事の内容】

  1. 光ファイバーを自宅内へ引き込む
  2. 自宅内にホームゲートウェイ、ONUといった光回線終端装置を設置する
  3. 光回線終端装置と光ファイバーを接続
  4. 通信確認

ぷらら光の工事は、「屋内配線の新設有無」によって工事費用が異なります。これまでに利用していた屋内配線がそのまま使える場合は新設する必要がないため、工事費用が割安になるのです。

 

ぷらら光の工事に関する期間はどれくらい?

ぷらら光の開通工事は、ホームタイプ、マンションタイプともに立ち会いが必要です。工事にかかる所要時間はタイプによって異なり、以下となります。

ぷらら光 開通工事所要時間
ホームタイプ 約1~2時間
マンションタイプ 約15分

 

なお、マンションタイプの「約15分」は、工事ではなく宅内回線の導線確認にかかる時間となります。マンションでは多くの場合、すでに電話配線が敷かれているため工事の必要がないためです。

工事自体はホームタイプであっても1~2時間で終わりますが、工事日を迎えるまでにかかる期間は申し込み状況によって異なります。特に、混みやすい土日祝を希望する場合は、即工事が行えない場合があると思っておきましょう。

 

ぷらら光の工事にかかる費用はどれくらいなの?

ぷらら光の開通工事費用は、NTT東日本エリア、西日本エリアによって異なります。また、工事費用は一括払い、分割払いのいずれかから選択可能です。

 

戸建て・ホームタイプの場合

ぷらら光の開通工事費用は、NTT東日本エリア、西日本エリアによって異なります。戸建て・ホームタイプの料金は以下のとおりです。

【戸建て・ホームタイプの場合の工事費用】

エリア 工事先への工事担当者訪問有無 タイプの種類 金額(税込)
NTT東日本 あり 屋内配線新設あり 19,800円
NTT東日本 あり 屋内配線新設なし 8,360円
NTT東日本 なし - 2,200円
NTT西日本 あり 光コンセントあり 8,360円
NTT西日本 なし - 2,200円
NTT西日本 あり 上記以外 19,800円

 

マンションタイプの場合

マンションタイプの場合の工事費用は以下のとおりです。

【マンションタイプの場合の工事費用】

エリア 工事先への工事担当者訪問有無 タイプの種類 金額(税込)
NTT東日本 あり 屋内配線新設あり 16,500円
NTT東日本 あり 屋内配線新設なし 8,360円
NTT東日本 なし - 2,200円
NTT西日本 あり LAN方式以外 16,500円
NTT西日本 あり LAN方式 8,360円
NTT西日本 なし - 2,200円

 

工事費は分割で支払いできるの?

工事費用は、一括の他、分割払いでも支払い可能です。ただし、途中で分割払いに変更することはできません。

NTT東日本エリア、西日本エリアの各料金プランの分割時の支払い回数、支払額は以下のとおりです。

【NTT東日本のエリアに該当する地域の工事費用:分割払い】

工事先への工事担当者訪問有無 屋内配線の新設有無 タイプの種類 金額(税込)
あり あり ぷらら光ホームタイプ 660円×30回=19,800円
あり あり ぷらら光マンションタイプ 550円×30回=16,500円
あり なし ぷらら光ホームタイプ 278円×29回+298円(最終月)=8,360円
あり なし ぷらら光マンションタイプ 278円×29回+298円(最終月)=8,360円
なし なし ぷらら光ホームタイプ・マンションタイプ 分割不可

 

【NTT西日本のエリアに該当する地域の工事費用:分割払い】

工事先への工事担当者訪問有無 タイプの種類 金額(税込)
あり ぷらら光ホームタイプ 660円×30回=19,800円
あり ぷらら光ホームタイプ 光コンセントあり 278円×29回+298円(最終月)=8,360円
あり ぷらら光マンションタイプ LAN方式以外 550円×30回=16,500円
あり ぷらら光マンションタイプ LAN方式 278円×29回+298円(最終月)=8,360円
なし ぷらら光ホームタイプ・マンションタイプ 分割不可

 

ぷらら光の工事に関する注意点

ぷらら光の工事に関する注意点は、以下の2点です。

 

ぷらら光の工事に関する注意点を説明する女性

【ぷらら光の工事に関する注意点】

  • 新規契約であっても工事費用に関するキャンペーンはない
  • 土日祝日に工事を行うと別途3,000円が必要

それぞれについてご説明していきます。

 

新規契約でも工事費に関するキャンペーンはないので注意

他社光回線業者には、工事費用に関するキャンペーンを用意しているところがあります。代表的なものが、初期費用相当割引です。これは、分割した工事費用と同額を毎月割り引くことで、実質工事費用がゼロ円になるもの。

しかし、ぷらら光では、工事費用に関するキャンペーンは何も行われていません。転用・事業者変更だけではなく、新規契約であっても同様です。工事費用丸々を実際に負担しなければならないことを押さえておきましょう。

 

土日祝日に工事を行うと3000円必要

工事日の希望を土日祝日にした場合、別途費用として3,000円の負担が発生します。土日祝は希望者が多いため、致し方ない措置だといえるでしょう。

土日祝の工事費用別料金制度は、ぷらら光だけが行っているものではなく、他社回線でも多く見られる料金設定です。できるだけ平日に工事を行うことで、料金を節約できますよ。

 

ぷらら光は光回線新規の場合工事が必須!キャンペーンがない点に注意しよう

ぷらら光は、光回線を新規で導入する場合に限り、回線開通工事が必須となります。工事にかかる時間は最大でも1~2時間ですが、立ち会いが必要となるため、都合の合う日程で調整しましょう。なお、土日祝の工事も可能ですが、別途3,000円が必要となります。

他社回線では工事費用と同額が割り引かれることにより実質負担がなくなるキャンペーンが行われていることがありますが、ぷらら光では2019年11月現在、工事に関するキャンペーンは一切行われていません。定められた工事費用を支払う必要があります。

なお、フレッツ光回線、コラボ光回線を利用していた方が転用・事業者変更でぷらら光を申し込む場合は、既設の回線を利用できるため、新規の工事は不要です。

既存回線を使えるかどうか、屋内配線の有無といった詳しい点は、ぷらら光に問い合わせて確認してみましょう。

【ぷらら光 問い合わせ先】
電話番号:009192-150(通話料無料)
ひかり電話の場合:0120-577150
受付時間:10:00~19:00 (12月29日~1月3日を除く)

-ぷらら光
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.