ぷらら光

ぷらら光を解約したい…手続き方法から違約金まで気になることをチェック!

投稿日:

ぷらら光を解約方法を教える女性

インターネット回線によって解約方法は異なるもの。ぷらら光を解約したい場合はどのような手続きを行えばいいのでしょうか。本記事では、手続き方法から違約金まで気になることをまとめてご紹介。注意点もあわせてお伝えしていくので、ぷらら光の解約に失敗したくない方はぜひ目を通してみてくださいね。

 

ぷらら光を解約するときには「解約」と「退会」があることに注意

ぷらら光を解約したいときに覚えておいてほしいのは「解約」のほかに「退会」があること。ぷらら光の「解約」と「退会」の違いはどんなものなのでしょうか。以下で詳しく解説していきましょう。

 

解約をするとどうなるの?

まずは「解約」から解説していきます。ぷらら光の「解約」はサービスの休止を意味します。手続き上の話でいうとぷらら光の光回線の利用は停止しつつも、「ぷららライト」という月額利用料無料のサービスへの切り替えをすることになるのです。

つまり、有料オプションの申し込み・ダイヤルアップ接続等の利用がなければ、料金を発生させないまま、ぷららとの契約自体を継続することができます。また、コースを変更すればメールアドレスや設定情報を変更することなく、利用を継続できるのです。

解約をするシチュエーションとしては、家の建て替えなど「ぷららとの契約は継続したいが、ぷらら光を停止している間に光回線の料金を発生させたくない場合」などが挙げられます。解約のお申込みはぷららサポート窓口で手続きできます。

ぷららサポート窓口
電話番号:009192-33(無料)
ひかり電話からの場合:0120-971-391(無料)
携帯電話などからの場合:050-7560-0033
受付時間:10:00~19:00(年中無休)

 

 

退会をするとどうなるの?

契約休止にあたる「解約」に対して「退会」は会員契約の終了を意味します。他の回線でいうところの「解約」と大きく相違ないでしょう。会員登録証のユーザーIDやメールアドレスも無効になるため、再契約をした際はIDやアドレスも新たに取得し直さなければいけません。退会の場合はWebか電話のいずれかで手続きできます。

 

【電話での退会手続き】

電話番号:009192-33(無料)
ひかり電話からの場合:0120-971-391(無料)
携帯電話などからの場合:050-7560-0033
受付時間:10:00~19:00(年中無休)

 

ぷらら光を退会するときの手続き

次に、ぷらら光を退会するときの手続きについてお伝えしていきます。ぷらら光を退会する方法はWebか電話かのいずれかから選べます。以下では各URL・電話番号と手順についてご説明するとともに、他社の光回線に変更する場合の方法についても詳しくご説明していきます。

ぷらら光のオペレーター

 

インターネットで手続きする方法

インターネット経由でぷらら光を退会する場合は、退会フォームにアクセスして必要事項を記入します。この際、注意事項が書かれたチェックボックスへのチェックやお客様情報の入力、個人情報の取り扱いへの同意などをします。上記をすべて終えたら「確認」ボタンを押して申請をします。

具体的な注意点としては「違約金がかかること」や「メールやオプションも終了すること」「電話番号が変わる場合があること」「ひかりTVを契約している場合は別途解約が必要なこと」などが挙げられます。詳細は、本記事下部にてご説明します。

 

 

電話で手続きする方法

電話を利用してぷらら光を退会する場合は、所定の電話番号にダイヤルした後、ガイダンスに従って番号を入力します。退会する場合は「1」を押した後に「2」を押せばスムーズにオペレーターに繋がります。電話をする前には手元に「ユーザーID」か「お客様番号」を控えておくと良いでしょう。

また、電話で退会手続きをした場合はその月の末日まで利用が可能です。

【電話での退会手続き】

電話番号:009192-33(無料)
ひかり電話からの場合:0120-971-391(無料)
携帯電話などからの場合:050-7560-0033
受付時間:10:00~19:00(年中無休)

 

他社の光回線に変更する場合

他社の光回線に変更する場合は、変更先の回線が光コラボレーションモデル事業者か否かで手続きの方法が異なります。変更先の回線が光コラボレーションモデルの場合は「事業者変更手続き」を行います。それ以外の場合はぷらら光を一度解約し、新しい回線の開設をしなければなりません。それぞれの手続きについては以下をご覧ください。

【変更先が光コラボレーションモデルの場合】

step
1
STEP1.マイページで事業者変更承諾番号を取得する

step
2
STEP2.変更先の光コラボレーション事業者に事業者変更を申し込む

step
3
STEP3.変更手続きが完了するとぷらら光は自動的に退会になる

ぷらら光を継続して利用する場合は、手続き後にぷららダイヤルに連絡しましょう。

電話番号:009192-33(無料)
ひかり電話からの場合:0120-971-391(無料)
携帯電話などからの場合:050-7560-0033
受付時間:10:00~19:00(年中無休)

 

【変更先が光コラボレーションモデル以外の場合】
電話での退会(解約)の手続きと同じ方法で退会の手続きを行います。下記のいずれかの電話番号にかけた後、「1」→「2」を押してオペレーターに繋がるのを待ってください。

電話番号:009192-33(無料)
ひかり電話からの場合:0120-971-391(無料)
携帯電話などからの場合:050-7560-0033
受付時間:10:00~19:00(年中無休)

 

ぷらら光を退会するときに必要な費用

次に、ぷらら光を退会するときに必要な費用についてお伝えしていきます。

ぷらら光を退会する際にかかる可能性がある費用としては「解約金」と「工事費の残債」が挙げられます。ケースごとに異なる解約金の金額の詳細や、工事費の残債の支払いについては以下で詳しく解説していきます。

ぷらら光を退会するときに必要な費用を考えている女性の様子

 

解約金がかかる場合は解約金

ぷらら光を退会する際にかかる料金の1つ目に「解約金」があります。解約金はキャッシュバックやキャンペーンを適用している場合で、所定の期間を満たすことなく退会してしまった場合やひかりTVを契約している場合などに発生する可能性があります。以下では、各ケースの解約金について解説していきます。

 

キャッシュバックやキャンペーンを適用している場合

解約金が発生するケースの1つ目は、キャッシュバックやキャンペーンを適用している場合です。キャッシュバックの具体例として「2ねん割」が挙げられます。同キャッシュバックを利用していて、契約月から数えて24ヵ月間利用しなかった場合は、戸建て向けで10,450円(税込)、集合住宅向けで1,650円(税込)を支払わなければなりません。また、2ねん割は満了月の翌1ヵ月で解約しなければ自動更新となり、解約金を支払う対象になってしまいます。解約金を支払いたくない場合は、満了月の翌1ヵ月で解約をするようにしましょう。

また、キャンペーンの解約金はキャンペーンごとに異なります。実際にいくらかかるか知りたい方は退会時に電話で確認してみましょう。

 

ひかりTVを契約している場合

解約金が発生するケースの2つ目は、ひかりTVを契約していて「ひかりTV2ねん割」を適用中の場合です。24ヵ月に満たずに退会してしまった場合は解約金として9,900円(税込)がかかります。光回線と同時期にひかりTVを契約した場合で、両方とも契約更新月以外の退会をしてしまうと、高額な解約金を支払わなくてはいけなくなります。

光回線とひかりTVの両方を契約している場合は、契約更新月を見据えて退会の計画を立てましょう。

 

工事費の残債

ぷらら光を退会する際にかかる料金の2つ目に「工事費の残債」があります。ぷらら光の工事費用の支払いで分割払いを選択し、退会する際に未払いがある場合は退会時に一括で支払わなければいけません。以下に、1ヵ月あたりの支払い金額を記しましたので参考にしてください。

【NTT東日本の営業区域に該当する場合】
・屋内配線あり
ぷらら光ホームタイプ 660円/月×30回=19,800円
ぷらら光マンションタイプ 550円/月×30回=16,500円

・屋内配線なし
ぷらら光ホームタイプ 278円/月×29回+298円(最終月)=8,360円
ぷらら光マンションタイプ 278円/月×29回+298円(最終月)=8,360円

【NTT西日本の営業区域に該当する場合】
・ぷらら光ホームタイプ
下記以外の場合 660円/月×30回=19,800円
光コンセントありの場合 278円/月×29回+298円(最終月)=8,360円

・ぷらら光マンションタイプ
LAN方式以外の場合 550円/月×30回=16,500円
LAN方式の場合 278円/月×29回+298円(最終月)=8,360円

 

ぷらら光を退会するときの注意点

最後に、ぷらら光を退会するときの注意点を3つお伝えします。1つ目は「インターネットだけでなくメールサービスも利用できなくなること」、2つ目は「20日までに解約申し込みを行うこと」、3つ目は「解約時の日割り計算はできないこと」が挙げられます。

各項目についての詳細を確認していきましょう。

 

インターネットだけでなくメールサービスなども利用できなくなる

ぷらら光を退会するときの注意点の1つ目は、インターネットだけでなくメールサービスも利用できなくなることです。ぷらら光が提供するメールアドレスをメインに利用されている方は困ってしまいますよね。

退会してもメールアドレスを引き続き利用したい場合は、メールアドレスのみのプラン(220円/月)に変更することも可能です。ただし、継続するメールアドレスが「本メールアドレス」の場合と「複数メールアドレス」の場合で手続きの方法が異なります。詳細は以下をご覧ください。

 

本メールアドレスの場合

本メールアドレスの場合は「ぷらコミ0」(220円/月)にコース変更することで、継続して利用できます。ぷらら光やドコモ光以外を利用している方は、以下のリンクから手続きしてみてください。

 

 

ぷらら光やドコモ光を利用している場合は、ぷららサポート窓口に連絡しましょう。

 

ぷららサポート窓口

電話番号:009192-33(無料)
ひかり電話からの場合:0120-971-391(無料)
携帯電話などからの場合:050-7560-0033
受付時間:10:00~19:00(年中無休)

 

複数メールアドレスの場合

複数メールアドレスの継続は「ぷららライト」という月額基本料金0円のプランに変更し、オプションの1つである「複数メールアドレス」を選択することで利用できます。料金は、1アドレスあたり220円/月です。ぷららライトへの変更は、ぷららサポート窓口に連絡してみてください。

 

20日までに解約申し込みを行う

ぷらら光を退会するときの注意点の2つ目は、20日までに解約申し込みを済ませることです。20日を過ぎると、翌月の解約となり、1ヵ月分の利用料金がかかってしまうので注意しましょう。

 

解約時の日割り計算はできない

ぷらら光を退会するときの注意点の3つ目は、解約時の日割り計算ができないことです。解約月の21日~当月20日までのどのタイミングで解約を申し出ても解約月1ヵ月分の利用料金はかかってしまうので注意しましょう。ただし、ダイヤルアップ等従量制のサービスについては、退会月末までに発生した超過料金を含みます。上記を鑑みて、良いタイミングで解約を申し出るようにしてください。

 

ぷらら光の解約は2種類あることに注意

【本記事のまとめ】

  • ぷらら光の解約は「解約」と「退会」の2種類がある
  • 解約は「一時停止」、退会は「契約終了」を意味する
  • 退会する際は、解約金や工事費の残債の支払いが必要になる場合はある
  • 退会の手続きは当月の20日までに行うことや退会時の日割り計算ができないことに注意が必要

本記事では、ぷらら光の解約についてご説明してきました。ぷらら光には「解約」と「退会」の2種類があり、他社回線でいうところの契約終了を意味する、一般的な「解約」はぷらら光の「退会」を意味します。

解約・退会など、いかなるケースにおいても計画的に行動して損はありません。退会する際は解約金や工事費の残債の支払いが必要なこと、20日までに連絡することなどを覚えておきましょう。

-ぷらら光
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.