OCN光

OCN光からドコモ光に乗り換えたい!手続きの方法・費用について解説

投稿日:

OCN光からドコモ光に乗り換えを検討している女性

ドコモのスマホを利用中かつ自宅でWi-Fiを利用したい場合は、セット割引や特典が受けられるドコモ光がお得。さらにもしOCN光からドコモ光への乗り換えなら、面倒な工事が不要です!

この記事ではOCN光からドコモ光に乗り換える方法や、お得な特典を受けるための注意点を詳しく解説します。

 

OCN光からドコモ光への乗り換えは「事業者変更」で工事不要

現在OCN光を契約中なら、ドコモ光へ乗り換える際の撤去工事や開通工事など、面倒な工程は一切ありません。乗り換えに必要なのは、「事業者変更」という簡単な手続きだけ。「事業者変更って何?」という方のために、詳しく説明していきます。

 

事業者変更とは?

事業者変更について理解するにはまず、「光コラボ」について把握しておく必要があります。光コラボとは、NTT東日本あるいはNTT西日本が提供する「フレッツ光」という光回線を借りて、各事業者が販売しているサービスのことを指します。OCN光やドコモ光は独自の光回線を持っていないため、NTTから借りる必要があるのです。

OCN光とドコモ光のように、同じ光回線を借りている事業者が提供しているサービスであれば、契約を切り替える際に工事などの手順を省いて簡単に乗り換えることができます。これを事業者変更と呼びます。

 

OCN光からドコモ光に乗り換えすると何が変わるの?

ドコモ光はOCN光と比較してどんなところが異なるのでしょうか。せっかく乗り換えを検討しているなら、どんなメリットがあるのかを具体的に把握したいところ。こちらも詳しく解説していきます。

OCN光からドコモ光に乗り換えすると何が変わるのか考えている女性

 

プロバイダを自由に選べるようになる

まず1つ目に、「プロバイダを自由に選べるようになる」ことが挙げられます。

プロバイダとは、回線をインターネットに接続するために必要なサービスを提供している事業者のことです。そもそもインターネットを利用するためには、インターネット回線を自宅に引き込む必要があります。しかしインターネット回線を自宅に引き込んだだけでは、まだインターネットに接続することができません。そこで必要になるのがプロバイダ。インターネットとパソコンを繋ぐ役割を担っています。

プロバイダを契約しないとインターネットが使えないため、光回線を契約するときにはプロバイダも同時に契約する必要があるのです。

OCN光の場合、プロバイダはOCNしか選ぶことができません。ところがドコモ光なら、24種類のなかから自分にピッタリのサービスを提供しているプロバイダを選択することができます。

 

月額料金や割引の内容が変わる

OCN光からドコモ光に乗り換えると、当然ながら月額料金も変更になります。ドコモ光の場合、契約できるプロバイダがタイプAとタイプBに分かれており、そのどちらかによっても料金が異なります。

タイプAとタイプBのプロバイダの違いは、タイプAの月額料金が200円安いこと。それによって通信速度が変わることはないので、こだわりがなければ月額料金が200円安いタイプAのプロバイダを選ぶと良いでしょう。

ドコモ光の場合、どのプロバイダを選ぶかによって受けられる特典はさまざま。例えばWi-Fiルーターが無料でレンタルできるプロバイダ、無料のセキュリティサービスがついているプロバイダ、無料で訪問設定してくれるプロバイダなど、豊富な選択肢の中から選ぶことができるのです。プロバイダを選ぶ際は、自分にとっていちばん嬉しいサービスを提供しているものを探してみましょう。

 

 

ドコモ光のセット割引

「ドコモ光セット割」とは、ドコモのスマホや携帯電話、タブレットなどを契約している方が、自宅のインターネット回線としてドコモ光を契約することで適用される割引のこと

この割引はドコモ光の月額料金からではなく、月々のドコモのスマホやタブレットの料金に対して適用されます。割引額は、スマホやタブレットを契約しているプランによって様々。例えばスマホで「ギガホ」プランを契約中の人であれば、月々のスマホ料金から1,000円が割り引かれます。プランごとの詳しい割引額は、ドコモ光の公式サイトから確認できます。

 

 

ただしこの割引を利用するには注意点があります。ドコモのスマホやタブレットの契約者名義と、ドコモ光の契約者名義が同じ人でなければ、割引は適用されません。例えばスマホの契約プランでシェアパックに加入している場合、割引が適用されるのはシェアパックの親回線の契約者(保護者など)となります。家族が別々の家で暮らしていたとしても、全ての家でドコモ光の割引が適用できるわけではありません。

 

OCN光からドコモ光に乗り換えする方法

OCN光からドコモ光に乗り換えをすると、どんなことが変わるのかを説明してきました。では実際に乗り換えを行うときの、具体的な手順を説明していきます。

なお、OCNのプロバイダを継続する場合と、別のプロバイダに変更する場合では若干手順が異なりますので注意しましょう。

 

プロバイダを継続する場合

OCNのプロバイダを継続しながら回線だけドコモ光へ乗り換える際は、以下の1〜2で行います。

1.OCN光のカスタマーズフロントへ連絡
まずはOCN光へ電話で連絡をし、回線を乗り換える旨を伝えて「事業者変更承諾番号」を発行してもらいます。

OCN光カスタマーズフロント
電話番号:0120-506-506(無料)
受付時間:10:00〜19:00(平日)

2.ドコモ光へ事業者変更の連絡をする
ドコモショップやドコモの代理店に足を運ぶか、ドコモインフォメーションセンターに連絡します。ドコモ光へ事業者変更したい旨と「事業者変更承諾番号」をスタッフに伝えましょう。

ドコモインフォメーションセンター
電話番号:0120-800-000(無料)
受付時間:9:00〜20:00(年中無休)

OCNのプロバイダを引き続き利用したい場合は、担当者に「プロバイダは引き続きOCNを使う」旨を伝えましょう。申し込み後、ドコモから事業者変更の日時が伝えられます。事業者変更の日になれば自動的にドコモ光に切り替わるので、OCNの解約手続きなどは特に必要ありません。

 

プロバイダを変更する場合

ドコモ光への乗り換え時にプロバイダを変更するには、以下の手順で行います。

1. 新しく契約するプロバイダを決めておく
提供しているサービスなどを比較検討した上で、あらかじめ新しく契約するプロバイダを決めておきましょう。

 

 

2.OCN光のカスタマーズフロントへ連絡
まずはOCN光へ電話で連絡をし、回線を乗り換える旨を伝えて「事業者変更承諾番号」を発行してもらいます。

OCN光カスタマーズフロント
電話番号:0120-506-506(無料)
受付時間:10:00〜19:00(平日)

3.ドコモ光へ事業者変更の連絡をする
ドコモショップやドコモの代理店に足を運ぶか、ドコモインフォメーションセンターに連絡します。ドコモ光へ事業者変更したい旨と「事業者変更承諾番号」をスタッフに伝えましょう。また、このときに希望するプロバイダを伝えましょう。申し込み後、ドコモから事業者変更の日時が伝えられます。事業者変更の日になれば自動的にドコモ光に切り替わるので、OCNの解約手続きなどは特に必要ありません

ドコモインフォメーションセンター
電話番号:0120-800-000(無料)
受付時間:9:00〜20:00(年中無休)

4.プロバイダの申し込み内容を確認
自宅の住所に申し込み内容が書かれた書面が届きます。乗り換えのために必要な設定や内容が書かれているので、しっかりと読んでおきましょう。

5.プロバイダ変更日にパソコンの接続設定をする
プロバイダの変更日になったら、パソコンを立ち上げてインターネットに接続する設定を行いましょう。4.で届いた書面に詳しい設定内容が書いてあるので確認して下さい。

 

OCN光からドコモ光に乗り換えするときにかかる費用

乗り換え時に気になるのが費用です。解約金や違約金などがいくらかかるのかについては、事前に確認しておくのが良いでしょう。ここでは、乗り換え時にかかる諸費用についてまとめます。

OCN光

 

OCN光の解約金

OCN光からドコモ光に乗り換えをするには、OCN光を解約する際の解約金がかかります。

OCN光の契約は2年契約(24ヵ月契約)の自動更新が一般的。この場合、2年後の25ヵ月目と26ヵ月目が契約更新月で、この期間中に解約を行えば解約金は無料になります。その期間以外に解約をした場合は、11,000円の解約金が発生します。解約金を支払いたくない場合は、契約更新月を確認してから乗り換えを行いましょう。

また、注意したいのが解約日。解約の申し込みをして即日解約できるわけではなく、また解約希望日を指定することもできません。ただし、解約の申し込みをした「今月末」あるいは「来月末」の指定はできるので、計画的に解約を行いましょう。

 

工事費の残債の一括支払い

OCN光を契約した際に開通工事を行うための派遣工事費用が発生し、この工事費を分割で支払っていた場合は、解約時に残債をまとめて支払わなければなりません。代表的な工事費用は以下のとおりです。

・屋内配線を新設した場合の分割料金
【戸建ての場合の工事費】
18,000円(初回3,000円 、2回目以降500円×30ヵ月分)
【集合住宅の場合の工事費】
15,000円(初回3,000円 、2回目以降400円×30ヵ月分)

・屋内配線を新設しない場合の分割料金
【戸建ての場合の工事費】
7,600円(初回1,600円、2回目以降200円×30ヵ月分)
【集合住宅の場合の工事費】
7,600円(初回1,600円、2回目以降200円×30ヵ月分)

 

 

事業者変更(再転用)する事務手数料

OCN光からドコモ光に事業者変更を行うと、契約事務手数料として3,000円が発生します。この費用は、ドコモ光に切り替えた月の翌月に、ドコモ光の利用料金に加算されて請求されます。

 

OCN光からドコモ光に乗り換えするときのFAQ

OCN光からドコモ光に乗り換える手順や、乗り換えにかかる費用を説明してきました。おおまかな段取りが把握できたら次に気になるのは、OCN光で契約している電話番号やメールアドレスについてなど、細かい疑問。ここではよくある質問と回答を説明します。

 

電話番号は変更になるの?

OCN光でひかり電話を契約していた場合、解約後に電話番号は変わるのでしょうか。

これは、電話番号の発行元がどこなのかによって異なります。NTTから発行された電話番号の場合、乗り換え後も変わらずに利用することができます。一方でOCN光などインターネット回線の事業者から発行された電話番号の場合は、乗り換え後に変更になってしまうので、現在契約中の事業者のWebサイトなどで詳細を確認しておくとよいでしょう。

 

OCNのメールアドレスは使えるの?

OCNからドコモ光への乗り換えの際、プロバイダをOCNから変更していなければ、メールアドレスは継続して利用できます

プロバイダを変更した場合、OCNのメールアドレスは使えなくなってしまいます。ただし、メールアドレス1つにつき月額基本料金250円(バリュープラン)をOCNに支払うことでメールアドレスを使い続けることは可能です。

 

ドコモ光に変更するときにキャッシュバックやキャンペーンは適用される?

新規契約するプロバイダによって内容は変わりますが、特典が多くおすすめなのが「GMOとくとくBB」からの申し込みです。各特典についてはそれぞれ条件がありますので、事前に確認してからご検討ください。

・キャッシュバック最大20,000円
※映像サービス ひかりTV for docomo(2年割)とDAZN for docomoを同時に申し込んだ場合

・dポイント最大10,000ポイント
※新規でドコモ光を契約した場合。転用や事業者変更の場合は5,000ポイント

・ドコモ光専用無料訪問サポート
※2018年12月1日以降に「ドコモ光」のお申込みをされた場合
※開通月から12ヵ月後末日まで初回のみ無料

・v6プラス対応 高性能 Wi-Fiルーターを無料レンタル
※ドコモ光タイプA接続サービスを利用の場合

・セキュリティサービス「マカフィーマルチアクセス」が1年間無料
※申し込み月を含む1年間(12ヵ月間)は無料
※無料期間終了後、月額500円(税抜)が請求される

 

 

OCN光からドコモ光への乗り換えはタイミングに注意

OCN光からドコモ光に乗り換える方法を解説してきました。回線の乗り換えと聞くと、面倒な手続きや工事が発生しそうで、ハードルが高いと思われがちです。しかし、同じ光回線を利用している事業者であれば、電話1本で事業者変更が行えて簡単に乗り換えができるのです

唯一注意したいのは、OCN光を解約するタイミング。解約金の発生しない更新月を確認するなど、計画的に乗り換えを考えるのがポイントです。

ドコモのスマホやタブレットを契約中の方は、キャッシュバックなどお得な特典を受けられるだけでなく、月々のスマホ料金も割引になるなどメリットがたくさん。ドコモのスマホやタブレットを利用中でOCN光を契約している方は、この記事を参考にして、ドコモ光への乗り換えを検討してみてくださいね。

-OCN光
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.