OCN光

OCN光は遅いって本当?原因や遅いときの対処法は?通信速度について口コミ・実測値をチェック!

投稿日:2019年12月5日 更新日:

OCN光の口コミと評判を紹介する女性

インターネット回線を契約するうえで、通信速度は契約を左右する重要なポイントですよね。本記事では、OCN光の通信速度について徹底解説。接続が遅い場合の対処法や実測値を詳しくご紹介します。

OCN光の契約を検討中の方はもちろん、現在OCN光の通信速度にお悩みの方はぜひ参考にしてくださいね。

 

OCN光の通信速度はどれくらい?

OCN光の通信速度が遅い場合の対処法をチェックする前に、OCN光の通信速度について詳しく確認してみましょう。

現在利用しているインターネット回線の通信速度を測定する方法もご紹介するので、ぜひ実践してみてくださいね!

 

OCN光の通信速度

OCN光は、フレッツ光のインターネット回線を借りてサービスを提供している光コラボレーション回線です。サービス名は異なりますが、利用している回線が同一なので通信速度やサービス提供エリアもフレッツ光と同じものです。

OCN光の最大通信速度は1Gbpsですが、実際の通信速度は住宅タイプや契約している状況によって異なります。ただし、最大1Gbpsの通信速度は「ベストエフォート値」と呼ばれている数値で、あくまで条件や環境が揃った場合に発揮される最大速度のこと。インターネット回線へのアクセス集中や障害の影響を受けて、速度が低下してしまうことも多いので注意しましょう。

 

【契約内容別 OCN光の通信速度】

住宅タイプ 対応プランタイプ 上り最大通信速度 下り最大通信速度
ファミリータイプ ギガファミリー・スマートタイプ 1Gbps 1Gbps
ファミリータイプ ファミリー・ハイスピードタイプ ※ 100Mbps 200Mbps
マンションタイプ ギガマンション・スマートタイプ(16世帯以上) 1Gbps 1Gbps
マンションタイプ ギガマンション・スマートタイプ(8世帯以上) 1Gbps 1Gbps
マンションタイプ ギガマンション・スマートタイプ(2世帯以上) 1Gbps 1Gbps
マンションタイプ マンション・ハイスピードタイプ(8世帯以上)※ 100Mbps 200Mbps
マンションタイプ マンション・ハイスピードタイプ(4世帯以上)※ 100Mbps 200Mbps

※NTT西日本エリアの場合、上り下りともに200Mbpsとなります。

 

どれくらいの速度があれば快適に使えるの?

前述したように、OCN光では住宅タイプや契約内容に応じて最大通信速度が異なります。では、どの程度の通信速度があればインターネット接続を快適に行えるのでしょうか。

 

【通信速度とインターネット接続時の状態をチェック】
30Mbps以上 非常に快適に接続可能。オンラインゲームや高画質でのサクサク利用できる
10~30Mbps 快適に接続可能。オンラインゲームや高画質での動画視聴も問題なく利用できる
5~10Mbps 快適に接続できるが、利用するコンテンツによっては満足できない場合もある
1~5Mbps パソコンでの利用であれば、動画視聴やファイルのダウンロードがスムーズに行えない
1Mbps以下 動画の視聴が難しくなり、快適に接続できない

 

上の表をチェックすると、10~30Mbpsの通信速度があれば快適にインターネットを利用できることがわかりますよね。では、実際に現在使用しているインターネット回線の状態をチェックして、どの程度の速度が出ているのかを確認しましょう。

【通信速度の測定方法】
・光回線、光コラボレーション回線を利用中の方は以下のサイトにアクセス

 

・光回線以外の場合は以下のサイトで測定

 

OCN光の通信速度に関する口コミ・評判

インターネット回線の通信速度をチェックするうえで、回線を利用しているユーザーからの口コミや評判は非常に重要なポイントです。実際に利用しているからこそわかる良い点や悪い点を参考にしながら、接続時の状態をイメージしてみましょう。

次は、OCN光の通信速度に関する口コミや評判をご紹介します。はたして、OCN光では本当に1Gbpsもの高速通信が可能なのでしょうか。

OCN光の通信速度に関する口コミや評判を気にする女性

 

口コミや評判は?

OCN光の通信速度に関する口コミをチェックすると、下記のように良い口コミと悪い口コミに大きく分かれています

「フレッツ光から乗り換えたけど、通信速度が変わらなくて安心」


「戸建てからマンションに引っ越したら、速度がかなり落ちた気がする…」


「動画やゲームも快適に利用できます!」


「時間帯によって通信速度が違う。夜は特に遅い」


「1Gbpsは出ませんが、基本的には快適にインターネットを利用できています」


「ベストエフォート値にはなかなか遠い…」

インターネット回線の通信速度はさまざまな要因によって影響を受けてしまうもの。同じ回線を契約していても契約内容住宅タイプ接続環境接続機器のスペックなどによって通信速度が変わるため、どうしても評判にバラツキが生じるのです。

 

実測値はどれくらいなの?

では、OCN光では実際にどの程度の速度が出るのでしょうか。最大通信速度を表すベストエフォート値ではなく、実測値を詳しく確認していきましょう。

OCN光の実測値を知りたい方は、ユーザーから投稿された通信速度に関するレポートを公開する「みんなの回線速度」にアクセスするのがおすすめ。全国のOCN光契約者から投稿されたリアルな実測値をチェックできますよ。通信速度のレポートとあわせて住宅タイプ・接続方法・接続している端末・エリアなどが掲載されているので、異なる条件下でのOCN光の実測値を確認できます。

 

 

サイトをチェックすると、2019年11月現在のOCN光の通信速度は下り平均速度151.03Mbp、上り平均速度103.01Mbpsと算出されています。ベストエフォート値と比較すると数値自体はやや低いですが、快適なインターネット接続を行うための速度は十分満たしています。なお、平均速度は直近3ヵ月間に計測された1291件のOCN光測定結果の平均値です。

 

OCN光の速度が遅くなる原因と対処方法

前述したように、OCN光の通信速度はフレッツ光回線と同じ水準で、最大1Gbpsを発揮します。これはベストエフォート値と呼ばれ、条件の揃った環境下であれば非常に快適なインターネット接続が叶います。

では、OCN光の速度が遅い場合にはどのような原因が考えられるのでしょうか。最後に、インターネット回線の通信速度が遅くなる原因と効果的な対処方法を解説していきます。

 

ネットワークが混雑している

多くの人がインターネットを利用する夜間は、インターネット回線が混雑してしまうこともしばしば。曜日・時間帯・一時的な利用集中によって回線混雑が発生し、本来の通信速度が発揮できなくなってしまうのです。

なかでも、ひとつの光ファイバーケーブルを複数の契約者が共有している集合住宅の場合は日時や時間帯による混雑を受けやすいので注意しましょう。

 

特定のサイトが遅い場合はアクセスが集中している

「テレビで紹介されたケーキ店のサイトにアクセスできない」「コンサートのチケット抽選日に販売サイトに繋がらない」など、特定のWebサイトのみ速度が遅い場合には該当コンテンツにアクセスが集中している可能性が高いです。ひとつのサイトにキャパを超えるアクセスがあり、スムーズに閲覧できない状態になっているのです。

他のインターネットコンテンツに影響がないと判断できた場合には、時間をおいて該当するサイトへアクセスするようにしましょう。

 

スマホやパソコンなどの接続機器のメモリ容量不足

パソコンやスマートフォンなどの接続機器の容量が少ないときは、処理速度や通信速度に影響を与えてしまいます。メモリの容量が著しく少ない場合には、メモリの増設・ハードディスク設置・クラウドストレージサービスの利用によって改善してみましょう。

また、古いOSは高速通信向けに最適化されていない可能性もあるため、通信端末を最新版のOSにアップデートするのがおすすめです。OSが最新の状態になっているのかを確認したい方は、各端末のソフトウェアの状態をチェックしてみましょう。

 

マルウェアやウイルスに感染している

パソコンやスマートフォンなどの通信端末が不正また有害的に動作させるウイルスに感染している場合、予期せず通信速度が低下してしまう恐れがあります。近年では一般家庭用の機器へのサイバー攻撃も増加しており、巧妙な手口によって感染に気付いていないことも多いので要注意です。

インターネット接続を行う機器にはセキュリティソフトを導入し、危険を回避するように備えておきましょう。

【OCN光でセキュリティソフトを導入するなら、「マイセキュア」がおすすめ】
セキュリティソフトとは、ウイルス感染やフィッシングサイトなどのトラブルを防ぐためにインストールするソフトウェアのこと。OCN光を契約する際はOCNが提供するマイセキュアを導入するのがおすすめです。月額250円から利用できるOCNのオリジナルセキュリティソフトで初回は初月無料で使用できます。

 

 

モデム・ルーター・LANケーブルなどに問題がある

速度低下を感じたときには、OCN光回線を接続機器と繋げるために必要なモデム・ルーター・LANケーブルを要チェック。接続の不備や故障が生じていないかを確認するようにしましょう。

また、モデムやLANケーブルのスペックが低い場合にはインターネット回線の持つ本来の通信速度を発揮できません

LANケーブルは対応している通信速度や伝送帯域によって「カテゴリー」と呼ばれる規格が異なります。カテゴリー8・7・6A・6・5e・5に分類されますが、快適なインターネット接続を望む場合はカテゴリー6以上をおすすめします。

速度低下の要因となる古い機器を使用している場合には買い替えも一案ですよ。

 

ルーターを置く場所が良くない

電波を接続機器に発信するルーターは、設置する場所によって通信速度に大きな変化を与えます。障害物や電波を遮断するものがないかを確認したうえで、接続機器と近い場所にルーターを設置するようにしましょう。

 

【速度低下の要因になる!ルーターのNG設置場所】

  • 大きな家具や家電のそば
  • タンスや押し入れの中など、ルーターの周囲が覆われてしまう場所
  • 床に直置き、もしくは床に近い場所
  • 水槽やキッチンなど、水回り周辺
  • 部屋の角

 

【おすすめのルーター設置場所】

  • 床から1~2m高い場所
  • 家中に電波が届く、家の中心部分

 

OCN光はフレッツ光と同水準。最大1Gbpsの高速通信が魅力!

光コラボレーション回線であるOCN光は、フレッツ光回線と同じ最大1Gbpsの高速通信が可能。オンラインゲームや高画質での動画視聴もスムーズに行えるので、インターネットのヘビーユーザーも安心です。

本記事でご紹介したとおり、インターネット回線の通信速度はさまざまな原因によって速度が変化してしまいます。速度が遅いと感じたときは、実測値を計測したうえで接続機器やルーターが置かれている場所、OSのバージョンが最新になっているか等も再度確認してみてくださいね。

-OCN光
-,

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved.