OCN光

OCN光を引っ越し先でも利用したい!手続きの方法から費用やキャンペーンまで一括で紹介

投稿日:

OCN光を引っ越し先でも利用するための手続きをする様子

インターネット回線の転居手続きは少し面倒なイメージがある方も多いのではないでしょうか。

本記事では、OCN光を引っ越し先で利用するための方法を徹底解説。転居にかかる費用やお得なキャンペーンまでたっぷりご紹介します。OCN光をスムーズに転居手続きを進めるために手順をしっかり確認しておきましょう!

 

OCN光を引っ越し先でも使う手続き方法

「急な転勤で他県に引っ越すことに…」「契約更新を機に新しいマンションに転居」など、引っ越しが必要になるタイミングは意外と多いもの。荷物の整理や引っ越し業者の手配とあわせて、忘れてはいけないのがインターネット回線の転居手続きです。転居手続きを行わずに引っ越してしまうと、転居先でインターネットが使えなくなってしまうので注意しましょう。

では、OCN光を引っ越し先で継続利用するためにはどうすればよいのでしょうか。引っ越しにかかる手続きを6つのステップに分けて、詳しく解説していきます。

 

STEP1.引越し先がOCN光のエリア内か確認する

引っ越しが決まったときに、最初に確認すべきなのは新居がOCN光のサービス提供エリア内であるかどうかです。OCN光のインターネット回線が繋がらないエリアでは、せっかく転居手続きを行っても快適に利用できません。

OCN光は、光回線を借りてサービスを提供している「光コラボレーション回線」のひとつ。名称こそ異なるものの通信速度やサービス提供エリアはフレッツ光回線と同じなので、サービス提供エリアはフレッツ光の提供元であるNTT東日本・西日本のWebサイトから確認できます。

新居の都道府県がNTT東日本・西日本のどちらの管轄かを確認のうえ、下記のWebサイトからサービス提供エリア内であるかを判定しましょう。

 

【NTT東日本 サービス提供エリア検索】

管轄エリア:北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・長野県・山梨県

 

 

【NTT西日本 サービス提供エリア検索】

管轄エリア:富山県・石川県・福井県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

 

 

STEP2.引っ越し手続きの申し込みを行う

転居先がOCN光のサービス提供エリア内だった場合、引っ越し手続きに進みましょう。引っ越し手続きは、転居の内容によって「インターネット上で完結」「電話による申し込みが必要」の2パターンに分かれます。

 

同一サービスエリア内での転居

NTT東日本エリア内、もしくはNTT西日本エリア内での引っ越しの場合は、インターネット上での転居申し込みが可能。OCNマイページから設置場所住所・契約者住所・請求書送付先住所などの変更を行いましょう。

 

 

NTTのエリアをまたぐ転居

NTT東日本からNTT西日本、もしくはNTT西日本から東日本へ転居する場合は電話申し込みが必要です。OCN光の「カスタマーズフロント(個人)」に電話をして、転居の旨や新住所を伝えましょう。

カスタマーズフロント(個人)
電話番号:0120-5060506
受付時間:10:00~19:00(日曜日・祝日・年末年始を除く)

 

転居にあわせて変更を行う場合

引越しと同時に料金プランや住宅プランの変更、オプションサービス変更を行う場合は電話申し込みが必要です。NTT東日本・西日本のエリアをまたぐ転居と同様に、OCN光のカスタマーズフロントに電話をして申し込みましょう。

カスタマーズフロント(個人)
電話番号:0120-5060506
受付時間:10:00~19:00(日曜日・祝日・年末年始を除く)

 

STEP3.工事の日時を調節する

無事に引っ越しの申し込みが受理されると、OCN光側から回線工事日時工事内容確認の電話がかかってきます。OCNのマイページから申し込んだ場合でも電話確認があるので、必ず電話に出るようにしてください。

引っ越しシーズンなど、工事が混みあっている場合には工事日程の調整に時間がかかることも多いので、引っ越しが決まった段階でできるだけ早くに手続きを進めるようにすることがおすすめです。

 

STEP4.撤去工事を行う

住宅の設備や契約状況に応じて撤去工事の内容が決まります。大がかりな撤去工事の場合は「派遣工事」と呼ばれる工事が行われます。派遣工事が必要であると判断された場合は、立ち会いが必要になるので、自分や家族などが時間をとれる日を工事日に指定しましょう。

工事の種類 工事内容
派遣工事 契約者による立ち合いが必要な場合が一般的。返送が必要な撤去機器は作業員が持ち帰る。
無派遣工事 OCN光から送付される回収キットに機器を入れて郵送で返却。もしくは、契約者自身が機器を撤去して転居先に移す。

 

STEP5.引越し先で回線工事を行う

前住所での撤去作業が終われば、いよいよ引っ越し先での回線工事を行います。

回線工事も、撤去工事と同様に立ち合いが必要な派遣工事と立ち合い不要の無派遣工事に分かれています。派遣工事の場合は利用環境や住宅の設備状況によって、工事日の調整に時間がかかることもしばしば…。引っ越しをする際は、転居先住所が決まり次第手続きを行うのが賢明です。

 

STEP6.初期設定をして利用開始

回線工事も完了すると、最後にパソコンでの初期設定を行います。「OCNかんたん設定ツール」を利用すると、ルーターの接続や再設定からメール設定などが簡単にセットアップ可能です。機械操作が苦手な方や接続設定をまとめて行いたい方はぜひ利用してみてくださいね。

【「OCNかんたん設定ツール」でできること】

  • ブロードバンドルーターの接続設定ならびに再設定
  • Microsoft Outlookやインターネットブラウザ上での「OCNメールアドレス」取得、設定
  • メールアカウント設定の修復

 

 

OCN光の引っ越しにかかる費用・料金

OCN光の引っ越しをする場合、どうしても気になるのが工事費用ではないでしょうか。

必要な工事費用は、新居の住宅タイプや工事内容によって異なります。OCN光の引っ越しにかかる費用や料金の内訳を詳しくチェックしていきましょう。

OCN光の引っ越しにかかる費用・料金を確認する女性

 

引越し先に移転する工事費用

OCN光では、転居時にかかる費用として「事務手数料」「回線工事費用」「土日祝日工事にかかる追加費用」があります。3,000円の事務手数料や、土日祝日の工事にかかる追加費用は契約内容によらず共通です。

【工事内容&住宅タイプ別 回線開通工事費用】

・屋内配線あり派遣工事

住宅タイプ 一括 分割
戸建て 18,000円 初月3,000円+500円×30ヵ月
マンション 15,000円 初月3,000円+400円×30か月

 

・屋内配線なし(戸建て、マンション共通)

一括 分割
7,600円 初月1,600円+200円×30ヵ月

 

・派遣工事なしの場合(戸建て、マンション共通)
2,000円(分割不可)

 

OCN光の引っ越しで使えるキャンペーンはあるの?

SoftBank光の「会員様限定・SoftBank光お引越し工事無料キャンペーン」のように、さまざまな光コラボレーション回線では引っ越し時に使用できるキャンペーンを用意しています。

しかし、残念ながら2019年11月現在、OCN光では「引っ越し費用サポート」や「工事費用実質無料キャンペーン」の実施はありません…。転居が必要な場合には、さきほどご紹介した回線開通工事費用が必要になるので、どうしても契約者の負担が重くなってしまうといえるでしょう。

 

OCN光の引っ越しが原因で解約するときはどうしたらいいの?

「転居先がサービス提供エリア外だった…」「工事費用がかかるなら他回線には乗り換えたい」など、引っ越しが原因でOCN光を解約する場合はどうすればよいのでしょうか。

最後に、引っ越しをきっかけにOCN光を解約するときの手順や注意ポイントを解説します。解約時には予想以上の費用が請求されることもあるので要注意。解約にかかる費用の内訳や、乗り換え時に利用したいお得なキャンペーンをしっかり確認しておきましょう。

 

引っ越しが原因でも解約方法に違いはない

OCN光のサービス内容に満足していても、急な引っ越しで止むを得ず解約に至るケースも考えられますよね。しかし、不本意な解約であっても解約は解約…。契約状況に応じて、通常の解約と同様の違約金や工事費の残債が請求されます。

また、解約の手続きも通常の解約と同じ手順で進みます。

 

違約金がかかる場合や、工事費の残債の支払いが必要なことも

OCN光の契約内容や契約期間によっては、解約時に「違約金」や「工事費の残債」が発生します。分割で支払っている工事費の残債は、解約時に一括返済が求められるので注意しましょう。

解約時にかかる費用
違約金 毎月1,100円の割引を受けられる「2年自動更新型割引」に加入している場合、加入から24ヵ月目が更新のタイミングです。契約月の翌月から24ヵ月目~25ヵ月目以外の時期の解約をした場合、違約金として11,000円が請求されます。
工事費用の残債 新規申し込み時に工事費用の分割支払いを選択している方は、契約から30ヵ月以内に解約した場合に工事費の残債を請求されます。契約期間に応じて残債は異なるので、詳しい金額を計算したい方はOCNマイページからチェックしましょう。

 

他社に乗り換える場合はキャッシュバック・キャンペーンを利用するとお得

解約後に他社のインターネット回線に乗り換える場合は、キャッシュバック・キャンペーンの活用がマスト。月額料金や初期費用を抑えられる特典を利用して、お得に乗り換えましょう。

【どんな特典がある?他社インターネット回線のキャンペーン例】
・NURO光
「1年間月額1,980円キャンペーン」を利用すると、契約から1年間月額基本料金が最大2,763円割引になる。毎月の通信費を節約したい方に最適。

 

・auひかり
「初期費用相当額割引」を利用すると、インターネット回線+ひかり電話の加入で初期費用相当分37,500円を月額料金から割引。

 

・ソフトバンク光
乗り換え新規で24,000円キャッシュバック+他社インターネット回線解約時の違約金を全額キャッシュバック(最大10万円まで)

 

光コラボ回線に乗り換える場合の手続き方法

OCN光から光コラボレーション回線に乗り換える場合、通常の乗り換えとは異なる「事業者変更」と呼ばれる手続きが必要です。事業者変更は光コラボレーション回線から光コラボレーション回線への乗り換え時に適用されるもので、原則立ち会い工事は必要ありません。

事業者変更を行う際は、乗り換え前にOCN光から「事業者変更承諾番号」を発行してもらいましょう。

【事業者変更に関する問い合わせ先】

カスタマーズフロント(個人)
電話番号:0120-5060506
受付時間:10:00~19:00(日曜日・祝日・年末年始を除く)

 

OCN光の引っ越し時には、乗り換えも選択肢のひとつ!

本記事でご紹介したように、OCN光を利用中に引っ越しをする場合は「回線開通工事費」がかかります。最大18,000円もの工事費用を支払うのは、契約者にとって負担が大きいもの…。思い切ってキャンペーンやキャッシュバックを利用して、他社回線に乗り換えるのも一案ですよ。

ただし、解約時には工事費用の残債や違約金が発生する可能性もあります。他社で実施されているキャンペーンを比較したうえで、解約にかかる費用をカバーできるお得なインターネット回線を選びましょう。

-OCN光
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.