OCN光

OCN光のIPv6は、無料・申し込み不要・機器の準備も必要なし!IPoEに変更する方法は?

更新日:

無料・申し込み不要・機器の準備も必要なしのOCN光のIPv6に変更をおすすめする男性

「IPv6接続」は、インターネット回線を快適にするための次世代のインターネット接続システムです。本記事では、OCN光回線のIPv6について魅力をたっぷり解説。利用方法やPPPoEからIPoEに変更するための方法もご紹介します。

OCN光を現在利用している方はもちろん、今後契約を検討している方もぜひ参考にしてくださいね。

 

OCN光はIPv6に対応しているの?

IPv6の正式名称は「Internet Protocol Version 6(インターネットプロトコル6)」といい、従来まで使用されてきた「IPv4」の後継である次世代接続システムです。利用者の急増により使用できるアドレスが枯渇していたIPv4と比較して、膨大な数のアドレスが付与できるのが魅力です。

では、光コラボレーション回線「OCN光」はIPv6に対応しているのでしょうか。IPv6の対応可否や対応しているプランを詳しくチェックしていきましょう。

 

IPv6とは?IPoEとPPPoEの違い

前述したように、IPv6はより快適かつ安定的なインターネット回線を提供するための次世代システムのこと。IPv6には、従来までのインターネット接続機能「PPPoE方式」に加えて、ネットワーク設備容量が大きい「IPoE方式」があります。インターネット接続機能を分けることによって、利用集中による回線混雑の緩和や安定かつ高い通信品質を提供できるのが魅力です。

IPv6の詳細やふたつの接続機能の違いについて、より詳しく確認したい方は、用語集からご確認ください。

 

OCN光のIPv6はIPoEに対応!

では、OCN光ではIPoE方式を利用できるのでしょうか。

ずばり、OCN光では対象の3つのプランでインターネット接続をより快適にする「IPoE方式でのIPv6接続」を利用可能。OCN光では設備大容量化・インターネット回線混雑の回避・通信品質の向上などのメリットを契約者が享受できるよう、OCN光対象プランの標準機能としてIPv6のIPoE方式を提供しているのです。

 

対応しているプラン

IPv6のIPoE方式に対応しているプランは、「OCN 光」「OCN for ドコモ光」「OCN 光 with フレッツ」の3つのみ。名称は似ていますが、それぞれ異なるプランです。各プランの特徴を詳しくチェックしていきましょう。

【IPv6のIPoE方式に対応したプランの詳細】

  1. OCN光
    光回線を利用した光コラボレーション回線「OCN光回線」と、プロバイダサービス「OCN」を一括提供するサービスのこと。プロバイダとインターネット回線がまとめられるので、光回線利用時よりも月額料金がお得になるのが魅力。
  2. OCN for ドコモ光
    光コラボレーション回線「ドコモ光」とプロバイダサービス「OCN」をまとめて利用できるもの。ドコモのスマートフォンや携帯電話を契約している場合、お得な割引サービスが適用される。
  3. OCN for フレッツ
    光回線サービス「フレッツ光」を利用して、インターネット回線に接続するもの。あくまで使用している回線は光回線なので、利用料金はプラン内容だけでなくNTT東日本・NTT西日本の契約エリアによっても変化する。

 

OCN光のIPv6は申し込み不要・無料で特別な機器も必要なし!

 

先ほどご紹介したように、OCN光では対象のプラン契約時には標準機能としてIPv6のIPoE方式を提供しています。自動的に適用されるので申し込みや機器の準備はいらず、月額料金への加算もありません。無料で便利なサービスを利用できるのは嬉しいポイントですよね!

今後OCN光回線の新規申し込みや乗り換えを予定している場合は、対象プランに加入してIPv6を利用してみてくださいね。

 

OCN光のIPv6をPPPoEで利用中の場合、IPoEにどうやって切り替えるの?

では、現在OCN光の利用中の方がIPv6のIPoE方式を利用するためにはどうすればいいのでしょうか。PPPoE方式からIPoE方式に切り替える方法をご紹介します。

OCN光を「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」のプランで契約している場合は、残念ながらIPv6のIPoE方式は利用できません…。IPoE方式でインターネット接続を行いたい場合は、対応したOCN光・OCN光 for ドコモ・OCN with フレッツのいずれかへのプラン変更をおすすめします。

また、IPoE方式に対応したプランを契約しているにもかかわらず利用できない場合は、IPoE提供前から機器を利用している可能性大。IPoEの提供開始後に使用機器を再起動させることで、IPoE方式を利用できますよ。

【IPoEの提供可否を確認する方法】
STEP1.OCNマイページにログイン

STEP2.「契約情報の確認」内にある契約情報をクリック
STEP3.SMSもしくは電話認証をして次に進む
STEP4.OCN契約内容の確認に進む
STEP5.IPoE接続方式の提供状況欄に「提供」と書かれている場合はIPoEを利用可能

 

OCN光がIPv6でも遅いときの原因は?

実は、たとえIPv6接続を行っている場合でも、必要な条件を満たしていないとIPoE方式を利用できずインターネット接続は遅いままに…。

最後に、OCN光のインターネット接続が遅いときの原因をご紹介します。対処法をチェックしながら、OCN光をより快適に利用するためのポイントをチェックしていきましょう。

 

OCN光がIPv6でも遅いときの原因を考える女性

 

PPPoE方式で接続してしまっている

IPv6でインターネットに接続している場合でも、PPPoE方式を利用していると通信速度の品質や速度が改善されることはありません。「IPoE方式のはずなのに、接続が遅い…」とお悩みの場合は、誤ってPPPoE方式での接続になっていないかをOCNのマイページから確認しましょう。

また、速度が遅い場合は念のためIPv6で接続できているかもあわせてチェックするのがおすすめ。使用しているパソコンを操作してネットワーク環境を確認しましょう。

【IPv6接続か確認する方法 ※Windowsの場合】
STEP1.パソコンのディスプレイの「スタート」から「ネットワーク共有センター」に進む
STEP2.「ネットワーク設定の変更」内にある「アダプターのオプションを変更」を選択
STEP3.OCNのプロパティを選択
STEP4.「インターネットプロトコルバージョン6」の左隣にチェックがあるか確認

 

自前ルーターの場合IPoE方式に対応していないことも

OCN光から無料レンタルしているルーターを利用している場合は、IPoE方式に対応しています。しかし、ご自身が家電量販店やインターネットショップなどで購入したルーターを用意している場合、IPoE方式非対応のルーターである可能性も考えられます。たとえIPoE方式が提供される契約内容であってもルーターが対応していなければ、当然IPoE方式でのインターネット接続はできません。

念の為、IPoE方式で接続可能なルーターを利用しているのか確認してみることもおすすめです。

 

OCN光をもっと快適に利用するには、「IPoE方式でのIPv6接続」がマスト!

インターネット接続をIPv6のIPoE方式に切り替えると通信速度は格段にアップ。回線混雑が見られる時間帯でもサクサクとスムーズにインターネットを楽しめます。オンラインゲームや動画鑑賞など、通信時の負担が大きいコンテンツを利用する方にもおすすめですよ。

OCN光であれば対象プラン契約時に、申し込み手続き・費用・準備の機器が一切不要です。現在利用しているインターネット回線がIPoE方式に非対応の方は、ぜひOCN光への乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。OCN光のIPv6で、インターネット環境をより快適に整えていきましょう。

-OCN光
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.