OCN光

OCN光に転用するのはおすすめなの?転用するときの注意点もチェック

投稿日:2019年12月13日 更新日:

OCN光に転用する際の注意点を紹介する女性

フレッツ光からOCN光への乗り換えは通信費節約の絶好のチャンス。光コラボレーション回線に転用すると、面倒な工事や解約手続きも不要でお得なインターネット回線に乗り換えられるのです。

本記事では、OCN光への転用について徹底解説。転用のメリットや手続き方法はもちろん、転用時の注意ポイントも詳しくご紹介します。

 

OCN光に転用するのはお得なの?

インターネット回線の解約や乗り換えについて面倒な手続きや高額な違約金など、マイナスなイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

しかし、フレッツ光からOCN光に転用するにはメリットもたくさん。はたして、フレッツ光から光コラボレーション回線への乗り換えは本当にお得なのでしょうか。

 

料金がお得になる可能性が高い!OCN光とフレッツ光の料金を比較

フレッツ光とOCN光では、月額料金にどの程度の違いがあるのでしょうか。それぞれの月額料金の比較と料金差を確認してみましょう。

 

【フレッツ光回線とOCN光の月額料金比較】

OCN光 フレッツ光(NTT東日本エリア)
戸建てタイプ 5,100円 基本料5,200円+プロバイダサービス利用料500円~
マンションタイプ 3,600円 基本料2,850円~3,850円+プロバイダサービス利用料500円~

 

OCN光回線の方がフレッツ光回線よりも月額料金が安く設定されているのは、プロバイダとインターネット回線が一体化されているため。光回線+各プロバイダ料金を支払うフレッツ光と比較して、光回線もプロバイダもOCNのOCN光は料金がお得になるのです。

 

回線・通信機器を変更しなくてもそのまま使える

光コラボレーション回線は、NTT東日本・西日本からフレッツ光の提供を受けた事業者が自社サービスとして展開しているインターネット回線のこと。簡単にいえば、フレッツ光回線を借りたインターネット回線のことを指します。名称は異なりますが、サービス提供エリアや通信速度に違いはありません。

つまり、フレッツ光から各光コラボレーション回線に乗り換える転用の場合には、使用しているインターネット回線は同じまま。使用するインターネット回線を変更しなくてもよいためひかり電話番号の変更手続きも不要で、通信機器を変えることなく工事不要でOCN光に切り替えられます

前述したように、OCN光はフレッツ光よりも月額料金が安く設定されています。同じ通信速度やサービス提供エリアであるならば、少しでもお得なOCN光に乗り換えた方が契約者にとってはメリットが大きいでしょう。

 

OCN光モバイル割も利用できる

OCN光では「OCN光モバイル割」と呼ばれるスマートフォンとのセット割を実施しています。OCNモバイル割は適用しているOCNが展開するモバイル回線「OCN モバイル ONE」とOCN光を同時に利用することで、スマートフォンの月額利用料から毎月200円が割引になるサービスです。

最大1,000円が割り引かれる大手キャリア実施のセット割と比較すると割引金額は少額ですが、現在OCN モバイル ONEを利用している方にとってはお得なサービスといえますよ。

また、OCN モバイル ONEはSIMとスマホのセット購入だけでなく、SIMカード単体での契約も可能。SIMフリースマートフォンやキャリアのロックを解除したスマートフォンを使用している方にとってもおすすめです。

 

OCN光に転用するときの注意点

月額料金の安さやOCNモバイル割など、さまざまなメリットのあるOCN光への転用。工事や解約手続き不要でインターネット回線を乗り換えられるのは非常に嬉しいポイントですよね。

しかし、契約内容や残っている工事費によっては転用時に費用が発生する可能性もあります。次は、OCN光への転用時に注意したいチェックポイントを3つ確認していきましょう。

OCN光に転用するときの注意点を紹介する女性

 

OCN光 with フレッツ・OCN光「フレッツ」からの転用だと違約金はなし

通常、プロバイダの変更を伴う転用の場合はプロバイダ解約時に違約金が発生する可能性があります。最低契約期間はプロバイダによって異なりますが、契約更新のタイミング以外での転用には違約金が発生してしまうので注意しましょう。

ただし、フレッツ光契約時にプロバイダをOCNにしていた場合には、OCN光への転用時にも解約料は発生しません。光回線とOCN料金を合わせて支払う「OCN光 with フレッツ」やOCNのみを申し込む、OCN光「フレッツ」が対象となります。

 

フレッツ光をOCN以外のプロバイダで契約している場合は違約金がかかることも

フレッツ光回線のプロバイダがOCN以外の方は、プロバイダの中途解約にかかる違約金が発生する可能性があるので要注意!転用前には契約時に定められたプロバイダの契約期間と違約金を調べておきましょう。

 

【いくらかかる?プロバイダ解約時の違約金 例】

プロバイダ名 契約期間 違約金
BIGLOBE 2年 5,000円
Yahoo!BB 2年 5,250円
ぷらら 定めなし 0円
GMOとくとくBB 定めなし 0円

 

フレッツ光の工事費の残債がある場合は支払いが必要

フレッツ光の回線開通工事費を分割払いしている方は、転用時に残債がないか要確認。分割支払いが途中の場合は残債分を一括で支払わなければなりません。急な支払いに慌てないためにも、転用前にいくら残債があるのかをチェックしておきましょう。

 

【フレッツ光の回線開通工事費用(ファミリータイプ)と分割支払い方法】

工事内容 一括払い金額 分割払い金額
屋内配線あり派遣工事 18,000円 初月3,300円+550円×30ヵ月
屋内配線なし 7,600円 初月3,300円+168円×29ヵ月+最終月188円
無派遣工事 2,000円 分割なし

 

OCN光に変更してフレッツ光への再転用はできない

転用時にもっとも注意すべきなのが、OCN光からフレッツ光への再転用ができないこと。OCN光に転用したあとに再度フレッツ光回線に切り替えたい場合には、OCN光の解約とフレッツ光回線の新規契約が必要になります。

OCN光の解約にかかる違約金やフレッツ光回線の開通工事費用を考えると、頻繁なインターネット回線の乗り換えはおすすめできません。フレッツ光からOCN光に転用する際は、再転用ができないデメリットも十分考慮しておきましょう。

 

OCN光の転用に関する口コミ

デメリットも伴うインターネット回線の乗り換えは慎重に考えたいもの。実際にフレッツ光からOCN光に転用した方から投稿された口コミや評判を確認して、転用手続きや転用後の使用感をイメージしておきましょう。

【OCN光の転用に関する口コミ】

「フレッツ光からOCN光に変えたら、料金が1,000円以上安くなって驚き!」


「フレッツ光とOCN光の通信速度に大きな違いは感じないです」


「プロバイダの解約金はかかったけど、月額料金を考えるとトータルではお得になった」


「OCN光の方が通信速度がやや遅い感じ…」


「転用手続きが意外とスムーズでした」

上記の口コミを確認すると、フレッツ光からOCN光への転用時には満足しているユーザーが多い印象です。通信速度については気になる口コミもありますが、光回線や光コラボレーション回線はインターネット回線の混雑状況によって変化するものです。フレッツ光とOCN光の最大通信速度自体は同じなので、あまり気にする必要はありません。

 

OCN光に転用するときにキャンペーンは利用できるの?

インターネット回線の新規契約や乗り換え時に利用できるお得なキャンペーンは、OCN光への転用時にも利用できるのでしょうか。公式キャンペーンや代理店独自のキャッシュバック情報をご紹介します。

OCN光では、2019年11月現在公式サイトでのキャンペーンを実施していません。フレッツ光から転用した場合になにか特典や割引は用意されていないので注意しましょう。OCN光転用時にキャンペーンを利用したい方は、代理店からの申し込みがおすすめ。適用条件やキャンペーン内容を比較しながら、どの代理店から申し込むのかを検討してくださいね。

 

【OCN光代理店 キャンペーン比較】

代理店名 キャンペーン内容
ブロードバンドナビ(右記いずれかを選択) 1.新規契約時に18,000円のキャッシュバック
2.パソコンや家電など豪華商品の贈呈
BIGUP(右記いずれかを選択) 1.現金10,000円キャッシュバック
2.現金5,000円キャッシュバック+高速無線LANルーター
価格.com 1.現金18,100円キャッシュバック
2.月額基本料 初月分5,610円相当無料

※インターネット回線のみの契約の場合

上の表を見ると、キャッシュバック金額のみであれば「価格.com」がもっともお得。また、キャッシュバックだけでなく初月無料キャンペーンも利用できるは嬉しいポイントです。インターネット回線の開通にあわせて、パソコンやタブレット端末の購入を考えている方は「ブロードバンドナビ」を選ぶのもおすすめですよ。

 

 

OCN光に転用する手続方法

最後に、フレッツ光からOCN光に転用するための手続き方法を確認していきましょう。

難しいイメージのあるインターネット回線の乗り換えですが、転用の場合は工事や解約手続きが不要なので比較的スムーズです。「転用承諾番号」の取得を忘れずに、手続きを進めていきましょう。

OCN光の専用窓口

 

STEP1.転用承諾番号を取得する

OCN光に乗り換える場合は、転用承諾番号を取得します。転用承諾番号はNTT東日本・西日本から取得できるので、公式サイトもしくは専用窓口に電話して発行してもらいましょう。

【転用承諾番号取得に必要な情報とは?】
・フレッツ光のお客様ID
・ひかり電話の電話番号
・フレッツ光の契約者名
・フレッツ光の契約場所
・支払い方法
・本人確認情報

【NTT東日本 転用承諾番号取得方法】
電話番号:0120-140202
受付時間:9:00~17:00(年中無休、年末年始を除く)

 

【NTT西日本 転用承諾番号取得】
電話番号:0120-553-104
受付時間:9:00~17:00(年中無休、年末年始を除く)

 

STEP2.OCN光に申し込みをする

転用承諾番号が取得できたら、OCN光の申し込みに進みましょう。

OCN光は公式サイトもしくは代理店から申し込めますが、前述したとおり2019年11月現在公式キャンペーンは実施されていません。お得なキャッシュバックを受け取りたい場合は代理店から申し込むようにしてくださいね。

 

STEP3.接続機器の設定を行う

無事に回線の切り替えが行われたあとはパソコンでの初期設定を行います。OCN光では「OCNかんたん設定ツール」と呼ばれる設定ツールを提供しており、ルーター接続やメール設定が簡単に設定できます。

以下のサイトから必要なファイルをダウンロードして、初期設定を進めてみてくださいね。

 

 

月額料金を安くしたい方は、フレッツ光からOCN光への転用がおすすめ!

毎月発生するインターネット回線の月額料金はできる限り安くしたいもの。本記事でご紹介したように、フレッツ光からOCN光に転用した場合にはプロバイダと回線料金を一体化できるので月額料金がグッとお得になりますよ。

転用は一般的なインターネット回線の乗り換えと異なり、解約にかかる違約金や別途開通工事が不要なのが嬉しいポイントです。現在フレッツ光を利用中の方で他社インターネット回線への乗り換えを検討中の方は、ぜひOCN光をチェックしてみてくださいね。

 

-OCN光
-,

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved.