ドコモ光

ドコモ光のVDSL方式とは?速度や料金、光回線に変更することはできるか解説します

更新日:

ドコモ光のVDSL方式

ドコモ光のVDSL方式の速度や料金、他回線との違いを解説します。VDSL方式の建物で光配線方式を使う方法や、VDSL方式を使いたくない場合におすすめの代替回線も紹介するので、記事を参考にしながら1番納得できる方法を選んでください。

 

ドコモ光のVDSL方式とは?

ドコモ光のVDSL方式とは集合住宅で使用される、インターネット回線の配線方法の一つです。

光回線をMDF室と呼ばれる建物の共用部分まで引き込み、MDF室から各部屋までは電話回線を使う仕組みです。光配線方式を使った場合、ドコモ光の最大通信速度は1Gbpsですが、VDSL方式では最大速度は100Mbpsとなります。

ドコモ光の配線方式はどのような場合にVDSL方式になるのか、他の配線方式との違いやVDSL方式から光配線方式に変えることはできるのか解説します。

 

VDSL方式はマンションで使用されることが多い

VDSL方式はアパートやマンションなどの集合住宅で使用されることが多く、戸建てタイプで使用されることはまずありません。VDSL方式を利用するには、光回線を一旦MDF室で経由する必要があり、そもそも戸建てタイプにはMDF室が存在しないためです。

MDF室とは光回線を含む、マンションの各部屋で使われる様々な配線が集約された共用部分のことです。ドコモ光のマンションタイプを利用する場合、電柱などからマンションに引き込んだ光回線は1度MDF室まで繋がれ、MDF室から各部屋へと配線されます。

VDSL方式とはマンションに引き込んだ光回線を、MDF室から電話回線に切り替えて各部屋に配線する方式です。

 

光配線とVDSL方式の違いは?

光配線とVDSL方式の違いは2つあります。

1つ目はMDF室から各部屋までの配線に使われる回線、2つ目は最大通信速度です。

光配線方式ではMDF室まで引き込まれた光回線は、光回線により各部屋まで配線されます光回線を使っているので最大通信速度は1Gbpsです。

VDSL方式ではMDF室まで引き込んだ光回線を、電話回線に切替えて各部屋まで配線します。電話回線を使うため最大通信速度は100Mbpsと下がりますが、これは電話回線の技術規格上仕方のないことです。

VDSL方式が使われる理由は光回線がデリケートであり、折り曲げに弱いという性質があるからです。光回線を折り曲げずに配線できるように建てられていない古いマンションでは、各部屋まで光回線を配線することができず、代わりにMDF室からは電話回線を使って配線することになります。

 

LAN方式とVDSL方式の違いは?

LAN方式とVDSL方式ではMDF室から各部屋までの配線に使われる回線の種類が違います。最大通信速度は両方とも100Mbpsですが、LAN方式では部屋でインターネットを使う際にモデムが必要ありません

LAN方式はMDF室まで引き込まれた光回線を、LANケーブルを使い各部屋まで配線します。部屋までLANケーブルが引かれているため、部屋にあるLANポートにLANケーブルを繋ぐだけでインターネット通信を使えます。

VDSL方式では各部屋まで引き込まれた電話回線をインターネットで使えるものに変換するための、VDSL用モデムが必要です。VDSL用のモデムを介して、電話回線から送られてきた情報をLANケーブルで使えるものに変換する役割を果たします。

 

マンションの場合、配線方式の確認が必須

マンションでドコモ光を使う場合、配線方式の確認が必須です。建物の外観からでは配線方式はわからないからで、各配線によって最大通信速度に違いがあるからです。

 

【配線方式による最大通信速度の違い】

配線方式 最大通信速度
光配線方式 1Gbps
VDSL方式 100Mbps
LAN方式 100Mbps

 

光(コラボ)回線の最大通信速度は1Gbpsというイメージがあるかもしれませんが、最大通信速度が1Gbpsとなるのは光配線方式を使った場合であり、VDSL方式とLAN方式の最大通信速度は1Gbpsではありません。配線方式はきちんと確認し、納得の上でドコモ光の契約を決めましょう。

 

VDSLを光配線に変更することはできるの?

VDSL方式を使っている場合、建物の構造から光配線方式を使うことができないためであることが多いです。VDSL方式を光回線方式に変えることは難しく、簡単に変更できるものではありません。

光配線方式ではMDF室から各部屋まで光回線を使って配線しており、光回線は折り曲げに弱くデリケートです。光回線を想定していない古いマンションなどでは建物の構造から各部屋までの配線に光回線を使うことができないため、VDSL方式が使われます。

マンションの改修工事などがあり光回線の使用が可能な構造になれば配線方式の変更はできるかもしれませんが、何もなければ配線方式の変更は難しいと思った方がいいでしょう。なぜなら大家さんや管理会社などが変更したいと思ったとしても、光配線方式を使えるようにするために多くの費用がかかってしまうからです。

 

VDSL方式の通信速度

VDSL方式の通信速度やVDSL方式を利用している人の口コミを紹介し、VDSL方式でもインターネットを快適に使えるのかという疑問に答えます。

また光配線方式よりも最大通信速度の低いVDSL方式でも、通信速度を改善する手段はあります。VDSL方式を使っていて通信速度が遅いときに、できる対策を紹介します。

 

ドコモ光

 

VDSL方式の速度

VDSL方式の最大通信速度は100Mbpsです。

ただし、常に100Mbpsが出るというわけではなく、回線の利用状況などに影響され、実際は1~90Mbps程度が多いようです。

 

VDSL方式を利用している人の口コミ

VDSL方式を利用している人の口コミの中には十分な速度はでるので、あまり不便を感じないというものもあります。しかし下記のように不満を感じている人の口コミも多いです。

 

【VDSL方式を不満に感じる口コミ】

  • 光回線と同じ料金なのに最大通信速度が10分の1なのに納得がいかない
  • マンションに入居するときに光回線と聞いたのに、VDSL方式だった

逆に、VDSL方式について理解した上で回線を契約している方からは満足している口コミが多く、実際の通信速度以上に事前に納得して使っているかどうが満足度を左右しているようです

例えばVDSL方式の最大通信速度が気になるのであれば契約前にWiMAXなど他の回線も検討してみたり、賃貸物件を借りる際に不動産会社から光回線の物件と言われても安心せずに、配線方式まで確認してみたりするといいでしょう。

 

IPv6を利用したら速度は速くなるの?

VDSL方式でもIPv6を利用することで通信速度が速くなることがあります。IPv6とは、簡単に例えるとインターネット通信の容量を上げた通信方式のことで、従来のIPv4という通信方式よりも通信速度が速くなりやすいです。

IPv4よりもIPv6の方が容量が大きいため、回線の混雑が起きにくく、従ってインターネットの利用者数が増えても速度が低下しにくいという特徴があります。

IPv6を使うには対応したプロパイダとルーターを用意し、プロパイダにIPv6を利用したいと申し込みます。追加料金は発生しません。

 

上記Webページ内の「IPv6対応」と書かれたプロパイダでIPv6が使えます。

 

 

ドコモ光のVDSL方式を利用するときには工事は必要なの?

ドコモ光でVDSL方式を利用するための工事は不要ですが、ドコモ光の回線工事は必要です。光配線方式やLAN方式と同じ工事内容で、基本的には工事は1回で済みます。

しかしVDSL方式と他の配線方式の工事では工事費が違うこともあります。ドコモ光のVDSL方式の工事について解説します。

 

工事の内容

VDSL方式を使うための特別な追加工事などはなく、むしろ他の配線方式より少ない作業工程で工事が行われます。

通常ドコモ光の新規申し込みでは宅外工事と宅内工事が必要で、建物まで光回線を引き込むのが宅外工事、建物のMDF室から自分の部屋まで回線を引き込むのが宅内工事です。

VDSL方式では既存の電話回線を使うため、MDF室内での配線工事は必要ですが、MDF室から自分の部屋まで電話回線を引き込む工事は不要です。さらに、建物に光回線が既に引き込まれている場合は宅外工事も不要になります。

また前の住人が光(コラボ)回線を使っていて部屋内に既にドコモ光を使える設備が整っている場合や、フレッツ光や他社光コラボ回線からドコモ光への転用する場合は宅外工事、宅内工事共に不要です。

宅外・宅内工事も不要の場合は無派遣工事と呼ばれる工事のみ必要となり、無派遣工事は光回線を提供しているNTTの局内で、契約した部屋でドコモ光を使えるようにするための切替え作業です。

 

工事費用

VDSL方式はマンションタイプで利用する回線方式なので、工事費用はマンションタイプの工事費15,000円です。ただし設備状況によってはLAN方式や光配線方式とは工事費が異なる場合があります。

 

【ドコモ光の工事費用】

宅外工事が必要 宅内工事のみ 無派遣工事
光配線方式 15,000円 7,600円 2,000円
LAN方式 15,000円 7,600円 2,000円
VDSL方式 15,000円 なし 2,000円

光配線方式とLAN方式では建物に光回線が既に引き込まれている場合、工事は宅内工事のみになり、工事費は7,600円になります。VDSL方式では建物に光回線が引き込まれていれば、後は既存の電話回線を使うことができるため、宅内工事のみ必要となることはありません。ただし無派遣工事は必要になるため、無派遣工事の工事費2,000円はかかります。

 

ドコモ光のVDSLの接続方法

ドコモ光のVDSL方式での接続では、壁にあるモジュラージャックとVDSL終端装置(VDSL用モデム)とをモジュラーケーブルで繋ぎ、VDSL終端装置(VDSL用モデム)と各端末をLANケーブルで繋ぎます。VDSL終端装置と各端末を無線接続したい場合は、VDSL終端装置と無線LANルーターをLANケーブルで繋ぎ、無線LANルーターと各端末をWi-Fi通信で繋ぎます。

なお、スマホやタブレットなどをドコモ光に繋ぐ場合、LANケーブルによる有線接続ができないので、無線LANルーターによる無線接続をします。

 

【VDSL方式での接続方法】

  • 有線接続:モジュラージャック→VDSL終端装置→端末
  • 無線接続:モジュラージャック→VDSL終端装置→無線LANルーター→端末

上記の順番で端末まで回線を繋いでいけば、各端末をドコモ光に接続できます。

 

ドコモ光のVDSL接続に必要なもの

ドコモ光のVDSL接続に必要なものは、有線接続と無線接続で異なります。無線接続に対応していないパソコンなども、無線LAN子機を使うことで無線接続できるようになります。

 

【VDSL接続に必要なもの】

モジュラーケーブル 1本
モデム(VDSL終端装置) 1個
LANケーブル 端末の数分
無線ルーター(※) 1個
無線LAN子機(※) 無線機能のない端末の数分

※は無線接続に必要なもの

各ケーブルは端末同士を繋ぐだけで使えます。次からの見出しで使い方の分かりづらいモデムと無線ルーターについて解説します。

 

ドコモ光のVDSL接続に必要なもの

 

モデム

モデムはVDSL方式用のものが必要で、VDSL終端装置とも呼ばれます。壁にあるモジュラージャックとモデムをモジュラーケーブルで繋いで使います。

VDSL方式の場合、MDF室から部屋までを繋ぐのは電話回線です。電話回線をパソコンなどの端末に直接繋ぐことはできないので、VDSL方式ではモデムを経由して端末を光回線に繋ぎます。モジュラーケーブルを使ってモジュラージャックとモデムを繋いだら、LANケーブルを使ってモデムと端末を繋ぎましょう。パソコンなどのLANケーブル接続ポートが付いた端末であれば、モデムと端末を直接繋ぐことができます。

 

無線ルーター

パソコンを光回線に無線接続したい場合や、スマホやタブレットなどのLANケーブルを繋ぐことのできない端末を光回線に接続する場合に必要です。

無線ルーターはLANケーブルを使ってモデムと接続し、無線ルーターから送信されるWi-Fi電波を使って、各端末と無線ルーターを接続します。Wi-Fi接続に必要なSSIDと暗号化キーは、モデムに貼られたシールに記載されています。端末の接続設定に表示されたSSIDの中からモデムに記載されたものと同じものを選んでください。パスワードを求められるので暗号化キーを入力し、接続が完了します。

なおWi-Fi機能の付いていないパソコンなども、無線LAN子機をUSBポートに差し込むことで無線接続できるようになります。

 

ドコモ光のVDSLを利用する料金

ドコモ光のVDSLを利用する料金は、他の回線方式でドコモ光を利用する料金と基本的に同じです。ただし工事費用は他の配線方式よりも安くなることがあります。

ドコモ光のVDSLの料金について解説します。

 

工事費用

VDSL方式はマンションで使われる配線方式なので、工事費用はマンションタイプと同じ15,000円がかかります。ただし工事内容によっては工事費用は2,000円になります。建物に光回線が引き込まれていない場合、建物まで光回線を引き込む宅外工事と、引き込んだ光回線をMDF室内のVDSL集合装置に繋ぐ宅内工事が必要です。工事費用は15,000円です。

既に光回線を使っている部屋がある建物では、建物への光回線の引き込みも、MDF室内で光回線とVDSL集合装置を繋ぐ宅内工事も完了しています。既存の電話回線を使うVDSL方式では自分の部屋への回線引き込みが不要なため、宅内工事をせずに済みます。

宅外工事も宅内工事も不要の場合、光回線を提供しているNTT局内で行われる作業(無派遣工事)のみで回線が開通でき、工事費は2,000円で済みます。

 

月額料金

ドコモ光のVDSL方式の月額料金は3,800円~4,200円です。ドコモ光の月額料金を決めるのは住居タイプと契約プランで、配線方式による料金の違いはありません。またVDSL方式はマンションタイプで使われる配線方式なので、月額料金はマンションタイプのものになります。

 

【ドコモ光の月額料金(2年契約の場合)】

タイプA 4,000円
タイプB 4,200円
単独タイプ 3,800円+プロパイダ月額料金

※プロパイダの月額料金は概ね500円~1,000円

 

マンションでVDSLを使いたくない場合はどうする?

マンションでVDSLを使いたくない場合は、回線方式の異なる他の光回線を利用したり、WiMAXを利用したりすることを検討してみましょう。VDSL方式の建物でも光配線方式を利用する方法や、おすすめの代替回線を紹介します。

 

回線方式が異なる光回線を利用する

部屋まで回線を直接引き込むドコモ光の戸建てタイプを利用すれば、VDSL方式の建物でも光配線方式を使えます。ただし、3階より上の階にお住まいの場合など、建物の状況によっては戸建てタイプでの対応ができないため、実施の可否はNTTドコモへ直接問い合わせましょう。

またSoftBankの提供するNURO光も同様に光配線方式を使うことができ、最大通信速度もド2Gbpsとドコモ光の2倍になります。

ただしドコモ光のマンションタイプを使うよりも料金が高くなりますし、大家さんや物件管理会社に許可を取る必要があります。料金は下記の通りなので、本当に光配線方式でなければいけないのかよく考えてから決めましょう。

 

【各回線の月額料金(2年契約の場合)】

戸建てタイプA 5,200円
戸建てタイプB 5,400円
戸建て単独タイプ 5,000円+プロパイダ月額料金
NURO光 4,743円

 

 

WiMAXはPocket Wi-Fiなど工事不要で利用できる回線を利用する

例えばGMOとくとくBBが提供するWiMAX2+では、ドコモ光と同じく通信量の制限がないギガ放題プランを月額4,263円で使えます。ドコモ光の月額料金より若干高いですが、工事費がかからないので、初期費用を抑えることができます。また、持ち歩きができるため、外出先でも利用できる点も魅力です。

最大通信速度(下り)は1番遅い機種でも440Mbpsなので、VDSL方式よりも快適に使えるでしょう

 

 

ドコモ光のVDSL方式は他回線とも比較して、納得の上で使おう

ドコモ光のVDSL方式は下り最大100Mbpsですが、実際に使ってみると快適にインターネットが使えるという人も居ます。しかし光配線方式と同じ料金がかかるので、事前によく考え納得の上で契約しないと不満を感じる人も多いです。

光配線方式で使える他回線やWiMAXと比較して、1番納得できるものを選びましょう。ドコモ光の戸建てタイプであれば月額料金は上がりますが光配線方式が使えますし、WiMAXであれば持ち運びができてVDSL方式よりも最大通信速度が速くおすすめです

-ドコモ光
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.