ドコモ光

ドコモ光のプロバイダ「@T COM」はおすすめ?キャンペーン・速度・ルーター・口コミを徹底調査!

投稿日:2020年1月20日 更新日:

説明をするスーツの女性

ドコモ光の契約先は、どこでも同じと思っていませんか?実は、プロバイダを見比べると契約特典や料金に違いがあることがわかります。

本記事では、東海エリアで注目を集めつつある@T COMとの契約はおすすめなのか、サービス内容の特徴や独自のキャンペーンをわかりやすく解説していきます。

ドコモ光のプロバイダ「@T COM」の会社概要

まずは、@T COMの会社概要からチェックしていきましょう。@T COMは、静岡県静岡市を運営拠点として事業を拡大しているIT企業です。インターネットの通信事業や情報事業を主力事業として企業を成長させています。

【@T COMの会社概要】

社名 株式会社TOKAIコミュニケーションズ
所在地 〒420-0034 静岡県静岡市葵区常磐町2丁目6番地 8TOKAIビル
電話番号 0120-805-633(@T COMカスタマーセンター)
営業時間 (平日)10:00~20:00、(土日祝)10:00~18:00

【@T COMのサービス概要】

  • インターネット接続サービス事業
  • データ伝送サービス事業
  • ソフトウエア開発事業
  • システム商品、製造販売事業
  • 情報処理、運用事業

 

 

 

ドコモ光のプロバイダ@T COMを3つのポイントから特徴をチェック!

「@T COMへの契約に興味があるけれど、情報が少なくて不安」という方もいるでしょう。@T COMは、どのような特徴のあるプロバイダなのでしょうか。ドコモ光のプロバイダの特徴を把握するうえで、大切なのは下記の3つのポイントです。

【ドコモ光のプロバイダの比較ポイント】

  • IPv6(v6プラス)への対応の有無
  • ルーターの無料レンタルサービスの有無
  • セキュリティや初期設定サービスの有無

では、上記のポイントから@T COMの特徴をチェックしていきましょう。

3つのポイントを指で示している女性

 

IPv6(v6プラス)に対応しているの?

「動画を快適に視聴したい」や、「オンラインゲームを快適にプレイしたい」と考える方は、IPv6に対応しているのか必ずチェックしましょう。IPv6とは、インターネットの最新の通信規格です。IPv4の後継として考案され、インターネットの通信速度を改善する通信技術として広まりつつあります。

昔から利用されてきたIPv4は、PPPoEと呼ばれる通信方式でインターネットへ接続します。IPv4(PPPoE)接続は、狭い通信網に利用者が密集して利用するため、速度の低下が起きやすいという問題を抱えていました。しかし、PPPoE方式よりも広い通信網が利用できるIPv6規格のIPoE方式が誕生したことで、混雑が少なく、接続時の通信速度が速くなりました。

@T COMは、最新規格のIPv6への対応はもちろん、通信方式もIPoE接続が可能なため、PPPoE方式での接続よりも通信速度の速さが期待できます。他社のプロバイダではPPPoE方式の場合が多いため、通信速度に魅力があるといえるでしょう。

ルーターの無料レンタルはあるの?

パソコンやテレビ、スマホ、タブレット、ゲーム機などをネットワーク接続するには、Wi-Fiルーターが必要です。他社のプロバイダでは、IPv6接続対応のWi-Fiルーターがレンタルできない場合もありますが、@T COMではライトプランとして選べるWN-SX300FRなら、月額料金0円でWi-Fiルーターをレンタルできます。また、契約後にプランを変更する場合は、変更手数料5,000円(税別)が必要です。

【@T COMのWi-Fiルーター】

プラン 料金 メーカー 型番
ライトプラン 0円(税別) アイ・オー・データ機器 WN-SX300FR
スタンダードプラン 200円(税別) アイ・オー・データ機器 WN-DX1167R
プレミアムプラン 600円(税別) NEC PA-WG2600HP3

 

 

 

セキュリティや初期設定サービスはあるの?

インターネットライフを安全に楽しむためには、セキュリティ対策が欠かせません。パソコン初心者の方の中には、セキュリティソフトを使用しない方がいますがウイルスの侵入や情報漏えいなどのリスクが高まるため非常に危険です。

@T COMには、オプションサービスとして「TOKAI SAFE」と呼ばれる総合セキュリティサービスがあります。パソコンやスマホ、タブレットなど、1契約で6台まで利用できます。月額400円かかりますが、今なら最大3ヵ月は無料で利用できます。

また、訪問サポートが必要な方は、オプションサービスの「FOR YOU(フォーユー)」を利用できます。FOR YOUは月額料金500円で、専門スタッフにパソコンの悩みや疑問点を電話やリモートサポートや訪問サポートが受けられるオプションサービスです。初月は月額料金無料で利用できますが、訪問サポート時に基本出張料として2000円必要なため、注意しましょう。

 

@T COMのキャンペーン・キャッシュバックの内容

現在、@T COMでは独自のキャンペーンやキャッシュバックによる特典はありません。ただし、NTTドコモが公式サイトで掲載しているドコモ光新規工事料無料特典や、ドコモ光dポイントプレゼント特典などのキャンペーンは他社のプロバイダと同様に適用されます。

どの特典も期間に限りがありますので、興味のあるものを見つけたら特典が終了してしまう前に手続きをすることがおすすめです。

 

 

@T COMのドコモ光の料金

@T COMとの契約を考える方の中には、「@T COMの月額料金は、本当に安いの?」と疑問に思っている方もいるでしょう。次に、@T COMの初期費用や月額料金、解約時の違約金について確認していきます。

初期費用の計算

 

初期費用・工事費用

ドコモ光を利用するには、初期費用の支払いが必要です。契約後、初期費用として@T COMへ事務手数料3,000円と工事費用を支払います。@T COMに限らず、ドコモ光の提携プロバイダであれば、どのプロバイダと契約しても初期費用の総額は同じです。下記は、初期費用の目安です。新規契約なのか、転用なのかによって料金は変わります。具体的な請求額を計算したい方は、工事料金シミュレーションを利用しましょう。

【新規申し込みの場合の初期費用・工事費用】

契約事務手数料  3,000円
工事費:戸建  18,000円
工事費:マンション 15,000円

【転用申し込みの場合の初期費用・工事費用】

契約事務手数料  3,000円
工事費 0円

 

 

 

月額料金

@T COMと契約する場合、1番注意していただきたいのが月額料金です。ドコモ光には、「タイプA」「タイプB」の2つの料金プランがあり、タイプBは月額200円高くなります。@T COMは、タイプBのプロバイダのため、月額200円高くなります。

【2年間の定期契約期間あり】

戸建住宅  月額5,400円
マンション  月額4,200円

【契約期間なし】

戸建住宅  月額6,900円
マンション  月額5,200円

上記は、月々の請求額がタイプAよりも200円高いタイプBの料金プランです。毎月200円と少額かもしれませんが、2年間で4,800円の差額が生じます。最初から、タイプAのプロバイダと契約しておけば4,800円も節約できるため、タイプBのプロバイダである@T COMは料金面で優れているとはいえません。

 

解約するときの違約金

2年間の定期契約期間があるプランを選んだ方は、契約満了月以外で解約すると契約内容に違反するため違約金を請求されます。違約金の請求額は、下記のとおりです。

【ドコモ光の違約金】

戸建住宅タイプ  違約金13,000円
マンションタイプ  違約金8,000円

違約金は、タイプBのプロバイダだから200円高くなるということはありません。どのプロバイダでも違約金の請求額は一律です。

契約満了月の当月・翌月・翌々月に解約をすれば違約金なしで解約できます。この3ヵ月間に解約の手続きをしなかった場合は、契約は自動更新されるため、解約を考え始めた場合早めに契約満了月を確認しておきましょう。

 

ドコモ光の@T COMに関する口コミ・評判

利用者の口コミには、サービス内容について参考になるものがたくさんあります。次に、SNSや口コミサイトなどに寄せられる口コミやWebサイト上の評判についてまとめていきます。

評判を検索する女性

 

速度は遅いの?利用者の口コミ・評判をチェック

@T COMに関する目立っていた口コミは、下記のとおりです。

・インターネット検索やSNSを主に利用していますが、非常に快適です

・動画もサクサク視聴できます

全体的な口コミとして、「一般的な利用ならまったく問題ない」や「動画の視聴やSNSなどの利用なら、快適」という意見が目立っている様子です。IPv6規格のIPoE方式である以上、一定の通信速度は約束されていると考えて良いでしょう。

 

良い口コミと評判

@T COMに関する良い口コミをまとめます。

・Wi-Fiルーターを無料レンタルできたので、通信機器の購入費が必要ありませんでした

・セキュリティソフトが1契約で6台も設定できて助かりました

良い口コミとしては、「Wi-Fiルーターに無料レンタルできるものがあった」や、「セキュリティソフトが6台インストールできて良かった」というものが目立ちました。他社のプロバイダと比べて、Wi-Fiルーターのレンタルサービスが整備されています。 総合セキュリティソフトが1契約で6台まで利用できるのは、契約特典として非常に魅力的ですね。

 

悪い口コミと評判

一方で、@T COMに関する悪い口コミで目立っていた意見は、下記のとおりです。

・タイプBのプロバイダだから、月額料金が高い

・キャッシュバックが利用できない

@T COMは、タイプBのプロバイダのため、「タイプAよりも月額料金が高い」や、「2年契約で考えれば、タイプAとの差額が大きい」という口コミが目立っています。月額料金を少しでも抑えたいと考えている方は、タイプAの他社のプロバイダとの契約をおすすめします。

 

@T COMはドコモ光の他のプロバイダと比較してもおすすめ?

他社のプロバイダと@T COMの契約特典を見比べてきましたが、@T COMとの契約はおすすめできません。なぜなら、@T COMと契約してもキャッシュバックがありませんが、ぷららと契約すれば、オプション契約なしでも15,000円、DTIは10,000円、GMOとくとくBBは5,500円のキャッシュバックがあるからです。

Wi-Fiルーターなら、@T COMやDTI、ぷらら、GMOとくとくBBでも無料レンタルが可能ですが、GMOとくとくBBは、3つの高機能なWi-Fiルーターから自由に無料レンタルできることに定評があります。

@T COMは、総合セキュリティの無償期間が3ヵ月のため、他社のプロバイダが12~36ヵ月の無償期間があることを考慮すれば少し短いです。また、訪問サポートの初回無料サービスがないのは、契約特典の少し劣る点ですね。

キャッシュバックキャンペーン ルーター セキュリティソフト 訪問サポート
@T COM なし 無料 3ヶ月 有料
ぷらら 15,000円 無料 2年無料 1回無料
DTI 10,000円 無料 2年無料 1回無料
GMOとくとくBB 5,500円 無料 2年無料 1回無料

※キャッシュバックキャンペーンはオプションなしの場合の金額

ぷららの公式サイト

 

 

 

 

 

 

ドコモ光の@T COMはあまりおすすめプロバイダではない

@T COMは、IPv6規格のIPoE方式への対応やWi-Fiルーターの無料レンタルサービスが非常に魅力的です。しかし、タイプBのプロバイダは、月額料金が高くなるためあまりおすすめできません。

毎月の固定費を少しでも抑えたい方は、タイプBのプロバイダではなくタイプAのプロバイダから、キャッシュバックやWi-Fiルーターの無料レンタルサービスのある契約先を選びましょう。

ぷららやDTI、GMOとくとくBBなどのタイプAのプロバイダなら、契約特典が魅力的で月額料金が200円安いためお得に契約できます。今まで@T COMを検討していた方は、他のプロバイダもぜひ検討してみてくださいね。

-ドコモ光
-, , , , , ,

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved.