ドコモ光

ドコモ光の複数割の条件や料金・申込方法について徹底解説!

更新日:

ドコモ光の複数割の条件や料金を紹介する女性

ドコモ光を2回線以上契約していると、複数割が適用できます。ドコモ光の複数割は手続き不要で簡単に申し込めますが、適用条件を満たすために別な手続きの必要があることも。ドコモ光の複数割の適用条件や注意点を確認し、割引を受け忘れないようにしましょう。

 

ドコモ光の複数割とは?

ドコモ光を2回線以上契約すると複数割が適用され、2回線目以降のドコモ光の回線数だけ月額割引が適用されます

ドコモ光の複数割を利用するための条件や割引額、割引が適用される期間について解説します。

 

ドコモ光を2回線以上契約すると割引される

ドコモ光を家族や法人などの同一シェアグループ内で2回線以上契約すると、ドコモ光の複数割として月額料金の割引が受けられます。適用条件は同一シェアグループ内で当月内にドコモ光の基本使用料の課金が2回線以上あることです。申し込み条件や手続きなどはなく、適用条件を満たせば自動的に割引が適用されます。

なお「ドコモ光 ミニ」や「光単独タイプビジネス割」が適用された回線はドコモ光の複数割の対象外で、同一シェアグループ内の回線でも2台目プラスは対象外なので、契約しているプランが対象になっているかは確認しましょう。

 

複数割の割引額

ドコモ光の複数割は月額300円で、同一シェアグループ内の親回線のパケットパック料金から割引されます。

複数割は2回線目から適用され、1回線ごとに300円の割引です。つまりシェアグループ内にドコモ光が2回線あれば300円、3回線あれば600円が親回線から毎月割引されます。

例えば、実家でドコモ光を使っている人が進学や就職を機に1人暮らしをはじめるときに、新居でもドコモ光を使いたいと思ったときなどに役立ちます。離れて暮らしていても同一シェアグループ内であればドコモ光のセット割は適用されるので、2回線目のドコモ光が複数割の適用対象となり、シェアグループ内の親回線のパケットパック料金から300円が割引されます。

 

複数割が適用される期間

ドコモ光の複数割は、同一シェアグループ内にドコモ光が2回線以上存在している限り適用されます。ただしドコモ光の基本使用料金の支払いを基準に適用が判断されるため、契約したばかりのときと解約するときには期間の注意が必要です。

ドコモ光の複数割の適用条件は、「同一シェアグループ内で、当月内にドコモ光の基本使用料の課金が2回線以上あった場合」です。2回線目を契約したばかりでまだ基本使用料の課金が開始されていない月は割引を受けることができません

また2回線目を解約するなど、当月内にシェアパック定額料とドコモ光の課金が重なっていない期間がある場合は、ドコモ光の課金が重なっている期間で月額300円の割引が日割り計算されます。

 

複数割の適用条件

ドコモ光の複数割の適用条件は同一シェアグループ内に複数のドコモ光回線があることです。適用条件さえ満たせば申し込みなども不要で、シェアグループ内にある2回線目以降のドコモ光回線1回線ごとに月額300円が、シェアグループの親回線のパケットパック料金から自動的に割引されます。

ただしシェアグループがまだ作成されていない場合は、手続きをしてシェアグループを作成する必要があります。ここからは、ドコモ光の適用条件とシェアグループの作り方について解説します。

複数割の適用条件を紹介する女性

 

シェアグループ内に2回線以上の契約

ドコモ光の複数割の適用条件は、同じシェアグループ内に2回線以上のドコモ光が存在していることです。シェアグループは家族や同一法人からなるグループですが、ただ家族であったり同一法人であったりするだけでは同じシェアグループにはならないので気を付けましょう。

シェアグループを作る際、まずはシェアグループの代表と代表回線を決めます。代表回線は親回線とも呼ばれ、代表回線を決めることでシェアグループを作成することができます。作成されたシェアグループに子回線を追加する申し込みをすることで、親回線と子回線は同じシェアグループとして認められます。

シェアグループを作ったり、シェアグループに子回線を追加する際は契約者全員の申し込み意志を確認したり、申込者の委任状が必要になったりします。親回線の契約者の意思表示だけではシェアグループの作成や子回線追加はできません。

また親回線の契約者と名字や住所が違っても、親回線の契約者の同意書や電話による同意確認などがあれば同じシェアグループに入れます。

 

法人でも利用できるの?

同一シェアグループ内であれば法人もドコモ光の複数割を利用できます。ドコモ光の複数割はシェアグループが同じなら離れた場所にある回線同士でも適用できるため、法人におすすめできる割引です。

ただし法人でドコモ光の複数割を利用する場合、光単独タイプビジネス割とは重畳適用できないことは覚えておきましょう。シェアグループ内に光単独タイプビジネス割が適用された回線がある場合、適用回線1回線ごとに割引額が300円減額され、ドコモ光の複数割と相殺されてしまいます。

 

ドコモ光の複数割の申し込み方法

ドコモ光の複数割には特別な申し込みは必要ありません。適用条件さえ満たせば自動的に割引が適用されます。

ドコモ光の複数割の適用条件は、同一シェアグループ内にドコモ光が複数回線あることです。シェアグループ内にドコモ光が2回線以上ある場合は申し込みや手続きをしなくとも、2回線目以降の回線数分の割引が適用条件を満たした月から適用されます。またドコモ光の複数割はシェアグループが同じなら同居でなくても、名字が違っても適用されます。実家から出て一人暮らしをはじめる場合なども適用できるので活用しましょう。

ただし「ドコモ光 ミニ」や「光単独タイプビジネス割」、「2台目プラス」はドコモ光の複数割の適用対象外です。またシェアグループ外の回線は例え家族や法人が同じであっても適用対象として数えられないので、シェアグループの作成や加入忘れには気を付けてください。

 

ドコモ光の複数割の注意点

ドコモ光の複数割は条件さえ満たせば自動的に適用されますが、適用には下記3つの注意点があります。

【ドコモ光の複数割の注意点】

  • 適用されないプランがある
  • 家族でもシェアグループ内でなければ適用されない
  • スマホ1台につきドコモ光は1契約のみ

申し込み不要な分、ドコモ光の複数割の適用対象外になっていたことに気付けない可能性も考えられます。それぞれの注意点を確認し、割引を受けそびれないようにしましょう。

ドコモ光の複数割の注意点を説明する女性

 

適用されないプランがある

ドコモ光の複数割は、下記の3つのプランには適用されません。

【ドコモ光の複数割が対象外となるプラン】

  • ドコモ光ミニ
  • 2台目プラス
  • 光単独タイプビジネス割

ドコモ光ミニは基本使用料2,700円で利用通信量に応じて月額料金が増えていくプランで、月額料金の上限は5,700円です。ドコモ光ミニにはドコモ光の複数割は適用できないので、ドコモ光ミニとドコモ光の複数割のどちらがよりお得か検討してから選びましょう。なおドコモ光ミニでは200MBまでは基本使用料のみ、200MBから1,200MBの間では10MBあたり30円の料金が加算されます。

光単独タイプビジネス割が適用された回線と、ドコモ光の複数割の適用対象となるドコモ光回線が同一シェアグループ内に存在する場合、光単独タイプビジネス割の適用回線数分ドコモ光の複数割の月額割引額が300円減額されます。光単独タイプビジネス割の割引額は700円なので、光単独タイプビジネス割が適用されているなら、複数割の適用対象となるドコモ光回線に切り替える必要はないでしょう。

なお光単独タイプビジネス割は現在新規受け付けを終了しています。

 

家族でもシェアグループ内でなければ適用されない

同一シェアグループであれば離れて暮らしていてもドコモ光の複数割は適用されますが、シェアグループが同じでなければ家族であってもドコモ光の複数割は適用されないので気を付けましょう。

ドコモのシェアグループは自動的に作成されるものではなく、申し込みをして作成するものです。まずは親回線を決めることでシェアグループを作ることができ、シェアグループに追加する子回線を追加していくことでシェアグループ内の回線数、人数が増えていきます。

住所や名字が違っても同じシェアグループに入ることはできますが、申し込みをしなければシェアグループに入ることはできません。家族内でドコモ光を複数回線持っている場合は、シェアグループの申し込みを忘れないように注意を払っておきましょう。

 

スマホ1台につきドコモ光は1契約のみ

ドコモ光はスマホ1台につき1回線しか契約できません。ドコモ光にはペア回線というものがあり、ドコモ光と同じ名義のスマホ回線をペア回線に設定することができます。ドコモ光と違う名義のスマホ回線はドコモ光のペア回線に設定できませんし、ドコモ光とペア回線にできるスマホ回線は1台のみです

 

ドコモ光の複数割は自動適用され便利だが、適用条件を満たしているか気を付ける必要がある

ドコモ光の複数割は申し込み不要で、条件さえ満たせば自動的に適用されます。ドコモ光のオプションというわけでもないので、途中解約の違約金などもありません。

ただしドコモ光の複数割そのものへの申し込みは不要ですが、適用条件であるシェアグループがまだない場合は、シェアグループ作成の申し込みが必要です。またドコモ光の中にも適用対象外となるプランや、複数割と併用できない割引もあります。

まずは自分の契約プランや適用割引を確認して、ドコモ光の複数割を適用できるかチェックしましょう。ドコモ光の複数割を適用できそうならきちんと条件を満たして、「割引されているつもりで実はされていなかった…」ということがないように気を付けてくださいね。

-ドコモ光
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.