ドコモ光

ドコモ光の料金は結局いくらになるの?割引になる料金・プランをわかりやすく解説

投稿日:

ドコモ光の料金は結局いくらになるのか説明する女性

本記事では、ドコモ光の料金に関する疑問を徹底解説。「ドコモ光は他光回線よりもお得?」「ドコモスマホとネット回線をセットで利用したい」など、ドコモ光の契約を検討している方が気になる、料金・プラン内容・セット割引についてご紹介します。

あわせて、オプションプランやおすすめプロバイダもチェックしていきましょう。

ドコモ光を契約するときに必要な料金は?

光回線を新規契約する際には、多くのインターネット回線で「回線開通工事」が発生します。ドコモ光を契約する場合にも同様に、初期費用として事務手数料や工事費用が必要です。

博士
まずは、ドコモ光の契約時にかかる料金を確認していこう。

 

初期費用と工事費用

ドコモ光を契約する際には、契約内容やプランに応じた回線開通工事が必要です。初期費用として発生する工事費用は住宅設備や周辺環境によって大きく変化します。なお、フレッツ光からドコモ光に乗り換えた場合には通常の乗り換えではなく「転用」となるため、工事費用や回線工事は原則発生しません。

また、光回線から光コラボレーション回線への転用の場合は、工事費用が原則発生しません。ただし、フレッツ光で通信速度100Mbpsのコース「フレッツ光ライト」「Bフレッツ」を契約していた場合は、ドコモ光への回線切り替え時には2,000円~7,600円の工事費用が必要です。

【ドコモ光の工事費用 内訳】

住宅タイプ 工事費用
戸建タイプ 18,000円
マンションタイプ 15,000円

※土日祝日もしくは年末年始に工事日を指定した場合には、休日工事費用として別途3,000円が加算されます。

戸建てタイプの方が工事費用が高いんだね!
博士
工事時間も戸建てタイプの方が少し長いんじゃ。

 

契約事務手数料

博士
工事費以外には、契約事務手数料が必要になるのじゃよ。

工事費用とは別に必要となるのが、契約手続きにかかる事務手数料です。事務手数料が発生するのは回線契約時のみでなく、機種変更やインターネット回線の解約などあらゆる場面で必要となります。

契約時にかかる事務手数料は、プランや工事内容にかかわらず一律3,000円です。

 

ドコモ光の料金プランはどうなっているの?

ドコモ光を始めるときには、工事費用と事務手数料がかかるんだね。
博士
そのとおりじゃ。次は、ドコモ光の毎月かかる月額費用についても確認していこう。

ドコモ光を契約すると、毎月インターネット回線の使用料が発生します。使用料は基本料金だけでなく、加入状況によってオプション料金やプロバイダ料金が加算されます。

博士
ドコモ光の契約を考えている人は、しっかりチェックするのじゃよ。

 

インターネット料金+プロバイダ料金=ドコモ光の料金

博士
ドコモ光では、インターネットを利用する料金とプロバイダの料金をあわせて「月額料金」としているのじゃ。

ドコモ光は、インターネット回線の使用料とプロバイダの料金が一元化されています。NTT東日本・西日本が提供するフレッツ光のようにインターネット回線とプロバイダを別々に契約しなくてよいので、手間がかからず月額料金が少しお得に設定されています。

ドコモ光の連携プロバイダは「タイプA」と「タイプB」に分類されており、どちらに属しているプロバイダを選ぶかによって月額料金に差が生じます。

つまり、フレッツ光回線よりもドコモ光の方が料金が安いんだね!
博士
その通り。光回線よりも光コラボレーション回線の方が、月額料金はお得なのじゃ。
博士
プラン別の月額料金は、この後詳しく説明するよ。

 

オプションをつけた場合は「オプション料金」

博士
もしもオプションに加入した場合は、オプション料金も必要じゃよ。

固定電話や、テレビサービスなどのオプションサービスに加入した場合は、月額料金にオプション料金も加算されます。もちろん、有料のオプションサービスに加入しなければオプション料金は発生しません。オプションサービスの加入を検討する際は、料金とサービス内容をよく理解したうえで、加入の必要性をしっかり考えましょう。

 

ドコモ利用者の場合は「スマホの料金-セット割引料金」

博士
docomoのスマホを利用している場合は、割引があるのじゃ!

ドコモ光回線では、docomoのスマートフォン・携帯電話・タブレット端末などを使用しているユーザーを対象にセット割引を実施しています。「ドコモ光セット割」は、インターネット回線とdocomo端末をまとめて利用することで割引を受けられるサービス。割引額は契約プランによって異なり、1台あたり最大1,000円の割引を受けられます。

【ドコモ光セット割の割引金額】

料金プラン ドコモ光セット割の割引金額
ギガホ -1,000円
ギガライト(~7GB) -1,000円
ギガライト(~5GB) -1,000円
ギガライト(~3GB) -500円
ギガライト(~1GB) 割引対象外
最大1,000円の割引はとってもお得だね!
博士
docomoスマホを使っている場合は、他のインターネット回線よりもドコモ光がおすすめなのじゃ。

 

ドコモ光の基本のインターネット料金はどれくらい?

ドコモ光のインターネット料金は、契約しているプラン・住宅設備・インターネット回線の引き込み方など、さまざまな条件によって変化します。

博士
次は、気になるドコモ光回線の使用料をしっかり確認するのじゃ。

 

マンションに住んでいる場合

マンションやアパートなどの集合住宅にお住まいの場合は、ドコモ光のマンションタイプの料金が適用されます。定額プランは「インターネット料金+タイプAプロバイダ」「インターネット料金+タイプBプロバイダ」「単独タイプ」の3パターンから選択でき、それぞれ月額料金が異なります。

【ドコモ光のマンションタイプ 月額料金】

定額プラン 2年契約の月額料金 契約期間なしの月額料金
タイプAプロバイダ 4,000円 5,000円
タイプBプロバイダ 4,200円 5,200円
単独タイプ 3,800円+プロバイダ料金 4,800円+プロバイダ料金

上の表を見ると、単独タイプがもっともお得に感じられますが要注意。単独タイプはドコモ光連携プロバイダ以外と個別に契約するプランであるため、プロバイダ料金がインターネット使用料とは別に請求されるのです。

博士
タイプAのプロバイダで契約するのがお得じゃよ。

 

戸建てに住んでいる場合

一戸建てにお住まいの場合は、ドコモ光の戸建てタイプの料金が適用されます。定額プランは「インターネット料金+タイプAプロバイダ」「インターネット料金+タイプBプロバイダ」「単独タイプ」「ドコモ光ミニ」の4パターンから選択可能です。

【ドコモ光の戸建てタイプ 月額料金】

定額プラン 2年契約の月額料金 契約期間なしの月額料金
タイプAプロバイダ 5,200円 6,700円
タイプBプロバイダ 5,400円 6,900円
単独タイプ 5,000円+プロバイダ料金 6,500円+プロバイダ料金
ドコモ光ミニ 2,700~5,700円 4,200~7,200円

ドコモ光ミニ契約時に料金幅があるのは、使用する通信量によって月額料金が異なるため。あまり通信量を消費しなければ最安2,700円の基本料金しか発生しないのです。

「ドコモ光ミニ」はどんな人に向いているの?
博士
うむ。では、ドコモ光ミニについて詳しく解説しよう。

 

2段階で基本料が変わる「ドコモ光ミニ」

前述したように、「ドコモ光ミニ」は二段階定額システムが採用された料金プランです。通常のプランのように「通信量無制限=毎月〇〇円」と決められているのではなく、使った通信量に応じて2,700円~5,700円までの料金が請求されます。通信量に応じて従量加算されるといっても、どんなに使用した場合でも5,700円以上請求されることはないので安心してくださいね。

毎月上限まで使用するのであれば通常の定額プランの方がお得ですが、「1年間のうち数ヵ月は海外に出かける」「上限に達するのは子どもの夏休み期間だけ」など、毎月使用する通信量が異なる場合にはおすすめです。

【ドコモ光ミニの料金イメージ】

使用通信量 月額料金
0~200MB 基本使用料2,700円
201~1,200MB 基本使用料2,700円+10MBあたり30円を従量加算
1,201MB以上 上限料金5,700円
博士
月によって通信量が大きく違う家庭は、ドコモ光ミニがおすすめじゃぞ。

 

月額料金に加算される、有料の「オプションサービス」には何があるの?

加入状況に応じて、毎月のインターネット使用料に加算される「オプション料金」。ドコモ光では、よりユーザーが便利なサービスを利用できるようにさまざまなオプションサービスを提供しています。

次は、オプション料金が発生する有料オプションサービスの料金と内容をご紹介します。

月額料金に加算される、有料の「オプションサービス」には何があるのか説明する女性

 

ドコモ光電話

オプションとして人気が高いのは、固定電話サービスの「ドコモ光電話」です。一般的なNTT加入電話と比較すると、基本料金や通話料金が非常にお得。ドコモ光の使用料500円プラスするだけで、自宅の固定電話を用意できます。

電話をかける相手の場所や距離に応じて通話料金が変化する加入電話と違い、ドコモ光電話は日本全国一律8円(固定電話宛)と決められています。通話料金を節約したい方、固定電話を安く契約したい方におすすめです。

【ドコモ光電話 通話料金】

通話料
国内電話 全国一律8円/3分
国際電話(米国) 9円/分
docomo携帯 16円/分
au携帯 17.5円/分
SoftBank携帯 17.5円/分
博士
頻繁に電話する人にとって、通話料金が安いのは嬉しいサービスじゃぞ!

また、光電話に迷惑電話対策・発信者番号の表示・転送サービスを追加できるオプションサービスとして、「ドコモ光電話バリュー」も用意されています。6つの付与サービス+480円相当の無料通話付きで、月額料金1,500円で利用可能です。

 

ドコモ光テレビオプション

テレビオプション」も人気があるオプションのひとつです。ドコモ光のテレビオプションは、インターネット回線を利用して、アンテナ不要で地上デジタル放送・BS放送を視聴するサービスのこと。2018年12月からは高画質な一部のBS4K放送にも対応しており、追加オプション加入で「スカパー!」も一緒に楽しめます。月額料金は750円です。

博士
ドコモ光テレビオプションを利用するためには別途工事が必要なのじゃ。

【ドコモ光テレビオプション 工事費用】
インターネット回線契約時に同時申し込みした場合

テレビ台数 基本工事料 テレビ接続工事料 テレビ視聴サービス登録料 事務手数料 合計
1台 3,000円 6,500円 2,800円 0円 12,300円
2~4台 3,000円 19,800円 2,800円 0円 25,600円

 

ドコモ光テレビオプションのみ申し込みの場合

テレビ台数 基本工事料 テレビ接続工事料 テレビ視聴サービス登録料 事務手数料 合計
1台 7,500円 6,500円 2,800円 2,000円 18,800円
2~4台 7,500円 19,800円 2,800円 2,000円 32,100円
インターネット回線時に申し込んだ方がお得なんだね。
博士
回線と同時に申し込むと事務手数料もかからず、基本工事料も安いのじゃ!

 

ドコモ光の割引の種類

ドコモ光回線の月末を少しでも抑えるためには、お得な割引サービスの利用がマスト。ドコモ光では、インターネット回線とスマホの同時利用で適用される「ドコモ光セット割」や継続利用時に適用される「ずっとドコモ割プラス」など、さまざまな割引サービスを用意しています。

次は、ドコモ光の割引サービスを加えくチェックしていきましょう。

博士
お得にドコモ光を使いたいのであれば、割引サービスをチェックじゃ!

 

スマホとセットでお得!ドコモ光セット割引

本記事内でご紹介したとおり、ドコモ光回線とdocomoスマホ・携帯電話・タブレット端末などを同時に契約している場合は「ドコモ光セット割引」を利用可能。契約しているプランに応じて1台あたり500円~最大1,000円の割引が受けられます。

◆「ギガホ・ギガライト」を契約の場合

プラン名 割引額
ギガホ 1,000円
ギガライト(~7GB) 1,000円
ギガライト(~5GB) 1,000円
ギガライト(~3GB) 500円
ギガライト(~1GB) 0円

 

◆「カケホーダイ&パケあえる」を契約の場合

パケットパック 割引料金
ウルトラシェアパック100GB 3,500円
ウルトラシェアパック50GB 2,900円
ウルトラシェアパック30GB 2,500円
ベーシックシェアパック30GB 1,800円
ベーシックシェアパック15GB 1,800円
ベーシックシェアパック10GB 1,200円
ベーシックシェアパック5GB 800円
ベーシックパック20GB 800円
ベーシックパック5GB 800円
ベーシックパック3GB 200円
ベーシックパック1GB 100円
ウルトラデータLLパック30GB 1,600円
ウルトラデータLLパック20GB 1,400円
僕は「ギガライト(~5GB)」でスマホを利用しているけれど、インターネット回線はいくらお得になるの?
博士
「ギガライト(~5GB)」の場合はセット割で1,000円割引が適用になるのじゃ。
1回線のみの契約でも割引を受けられるのは嬉しいね!
遠くに住んでいる家族は、割引を受けられないの?
博士
同一世帯の家族だけでなく、住所の異なる家族も証明書類を提出すると割引対象になるのじゃよ。

 

ずっとドコモ割プラス

ずっとドコモ割プラスでは、利用年数に応じて料金割引もしくはdポイント付与を受けられます。

博士
特典は利用年数に応じて「1st」「2st」「3st」「4st」「プラチナ」の5つステージで分類されているのじゃ。

【ずっとドコモ割プラス ステージ条件】

ステージ ドコモ回線利用期間 dポイント獲得数(6ヵ月累計)
1st 4年未満 600PT
2st 4年以上 600PT
3st 8年以上 1,800PT
4st 10年以上 3,000PT
プラチナ 15年以上 10,000PT
乗り換えや新規契約で特典が付くことが多いけど、継続利用で特典がもらえるのは嬉しいね。

 

ドコモ光の割引はdポイント付与もあり

先ほどご紹介したように、ドコモ回線を継続利用している場合は利用年数に応じて「ずっとドコモ割プラス」と呼ばれる割引が適用されます。割引だけでなく、dポイントとして付与することも可能。契約者がどちらかを選択できます。

【ずっとドコモ割プラス 特典例】

  • ウルトラシェアパック100かつプラチナステージの場合
  1. 年間最大36,000ポイントをdポイントで進呈
  2. 30,000円割引
博士
特典の金額だけみると、dポイント付与の方が断然お得なのじゃ!

 

ドコモ光をできるだけ割引して利用するならプロバイダが重要

ドコモ光を契約する際は、プロバイダを選択しなければなりません。プロバイダは連携プロバイダのタイプA・タイプB、単独タイプからご自身が好きなプロバイダを選べます。

さっきチェックしたとおり、プロバイダによって料金が違うんだよね?
博士
その通り。プロバイダ選びこそ、ドコモ光を少しでも安く利用するためのポイントなのじゃ!

 

タイプBではなく「タイプA」

ドコモ光を少しでも安く利用したい場合は、タイプBでなく「タイプA」を選択するのがマスト。同じサービスでありながら、月額料金が200円お得に設定されているのです。

【ドコモ光 連携プロバイダ】

◆タイプA(戸建てタイプ5,200円/マンションタイプ4,000円)
ドコモnet・plala・GMOとくとくBB・@nifty・タイガースドットコム・SIS・andline・excite・BIGLOBE・楽天ブロードバンド・TiKiTiKi・エディオンネット・SYNAPSE・hi-ho・@ネスク・01光コアラ・DTI・ic-net

◆タイプB (戸建てタイプ5,400円/マンションタイプ4,200円)
Asahi net・OCN・WAKWAK・@ちゃんぷるネット・@TCOM・TNC

 

ルーターを無料でレンタルできるプロバイダもあり

タイプAであれば、どのプロバイダを選んでもいいの?
博士
タイプAプロバイダのなかでも、お得な特典や割引を実施しているプロバイダを探すのじゃ!

ドコモ光でWi-Fiを利用するためには、「無線LANルーター」を用意しなければなりません。ルーターは家電量販店やインターネットでの購入もしくはドコモ光からのレンタルが一般的ですが、5,000円~10,000円ほどの費用がかかってしまいます。

博士
少しでも初期費用を抑えたい場合は、無料でルーターをレンタルさせてくれるプロバイダがおすすめじゃ!

 

IPv6に対応しているプロバイダだとストレスなく使える

お得な特典や割引サービスも気になるけど、やっぱり快適にサクサクと動くインターネット回線が理想だなぁ。
博士
ストレスなく高速通信を利用するためには、IPv6に対応しているのか確認するのじゃ!

IPv6は、従来までのIPv4通信よりも高品質かつ高性能なインターネット通信規格のこと。回線混雑を受けにくいので、夜間や休日にも通信速度が低下しにくいのです。

博士
IPv6通信の対応可否はプロバイダによって異なるので、契約前によく確認しておくのじゃぞ。

 

ドコモ光契約時のお得なプロバイダはどこ?

うーん。タイプAのプロバイダがたくさんあって、選ぶのが難しいなぁ…
博士
では、わしのおすすめするプロバイダをチェックしてみるのじゃ。

 

おすすめプロバイダはぷらら

博士
わしがおすすめするプロバイダは、「ぷらら」じゃ。
どうして、タイプAプロバイダのなかでもおすすめなの?

【ドコモ光ぷららの魅力ポイント】

  1. ぷらら公式サイトからの申し込みで最大15,000円キャッシュバック
  2. IPoE方式対応のWi-Fiルーターレンタル無料
  3. 訪問設定サポート1回無料
  4. セキュリティソフト最大24ヵ月無料
博士
ぷららは、キャッシュバックもオプションサービスも充実しているプロバイダなのじゃ!

 

 

プロバイダの変更は3,000円で可能だがキャッシュバックは適応外

15,000円のキャッシュバックは嬉しいポイントだね!
博士
キャッシュバックを利用する際は、受け取り条件に注意するのじゃ。

ドコモ光では、すでにドコモ光を契約しているユーザーがプロバイダのみ変更することは可能です。一律3,000円の事務手数料がかかってしまいますが、解約時のように違約金は発生しません。

ただし、プロバイダの変更では、前述したようなプロバイダ実施のキャッシュバックは利用できないので要注意。ルーターレンタルや訪問サポートのみ対象です。

 

ドコモ光を解約するときの料金は?

ドコモ光は解約するときにも、工事費がかかるの?
博士
良い質問じゃ。最後にドコモ光を解約するときの料金を確認していくのじゃ!

「固定回線の解約=高額な解約金」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。最後に、ドコモ光解約時にかかる料金と0円で解約する方法をご紹介します。

 

2年未満の解約は違約金が発生する

ドコモ光では、契約時にプランを「2年契約」または「契約期間なし」から選択できます。月額料金が安いため、2年プランを選ぶのが一般的です。

博士
2年以内に解約すると、住宅タイプに応じて違約金が発生するのじゃ。

【2年契約プランを契約期間内に解約した場合の違約金】

違約金
戸建てタイプ 13,000円
マンションタイプ 6,000円
違約金をかけずに解約する方法はないの?
博士
ドコモ光の契約更新月は契約満了月・翌月・翌々月と決められておる。その期間に解約すると、違約金なしで解約できるんじゃ。

 

工事費用を分割した場合は残金を一括支払い

博士
違約金に加えて、工事費用の残りを一括返済する必要もあるのじゃ。

ドコモ光開通の工事費用は12~60回の分割支払いもしくは一括払いが選択可能です。仮に、分割払いの途中で解約した場合には、工事費用の残債を一括で支払わなければならないので注意しましょう。

工事費用はマンションタイプで15,000円、戸建てタイプで18,000円だったよね?
博士
その通りじゃ。住宅タイプや分割回数に応じて、工事費用の残債も変わるので、残りの金額を計算してみるのじゃぞ。

 

ドコモ光をお得に利用するには、プロバイダ選びと割引サービスが重要!

【本記事のまとめ】

  • ドコモ光にはさまざまな割引サービスがあり、スマホ回線1つにつき最大1,000円の割引を受けられる
  • プロバイダを選ぶ際は「タイプA」がお得
  • おすすめプロバイダは15,000キャッシュバックを実施している「ぷらら」
博士
ドコモ光を契約するときは、プロバイダ選びが重要なのじゃ。
博士
割引サービスを活用して、少しでもお得にドコモ光を契約するのじゃぞ。

-ドコモ光
-, ,

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved.