ドコモ光

ドコモ光のONUとは?種類やインターネット設定方法・交換方法まで徹底解説!

投稿日:

ドコモ光のONUとは?種類やインターネット設定方法・交換方法が気になる女性

ドコモ光のインターネット回線を利用するには、ONUの存在が欠かせません。ONUは、ルーターやモデム、ホームゲートウェイとは、どのような役割の違いがあるのでしょうか。 本記事では、ドコモ光のONUの種類や具体的な設定方法、交換方法などをわかりやすく解説していきます。

ドコモ光のONUとは?ホームゲートウェイ・ルーターとの違いは何?

ドコモ光のONUって何のことかしら?
博士
ONUとは、「光回線終端装置」とも呼ばれている、電波を変換する機械のことじゃよ。

ONUとは、Optical Network Unitの頭文字の略称で「光回線終端装置」のことを指します。

少し難しい内容となりますが、インターネットへ接続するには、パソコンやスマートフォンなどの端末から発信されるのは「デジタル信号」。一方、ドコモ光回線から発信されるのは「光信号」です。両者の電波をそれぞれが受け取れる形に相互変換を行っているのがONUです

ルーター、モデム、ホームゲートウェイなどの名前もよく聞くけれど、違いは何なのかしら?
博士
それぞれの特徴と、ONUとの違いを説明するよ。

 

ONUとルーターの違い

まずは、ルーターについて確認しましょう。ルーターは、パソコンやスマホ、タブレットなど複数の端末を一度にインターネットへ接続する役割を持っている大切な機器です。ルーターがないと、複数端末へのインターネット接続ができません。

ルーターを使ってインターネットへ接続する際は、有線LANルーターと無線LANルーターから好きな方法を選びます。有線LANルーターを利用する際は、LANケーブルをルーターへ差し込みます。一方で、無線LANルーターによる接続方法では、LANケーブルは必要なく、親機である無線LANルーターから発信される電波を子機となるパソコンやスマホ、タブレットなどの端末が受信することでインターネット接続が可能となります。

博士
無線LAN接続とは、Wi-Fiのこと。Wi-Fiを利用したい場合は、無線LANルーターが必要なのじゃ。
無線LANルーターを使うと、Wi-Fiだけ使えるのかしら?
博士
無線LANルーターでも、有線接続することは可能だよ。Wi-Fiを使いながら、有線接続もできるのじゃ。

ONUは、光信号やデジタル信号を相互に変換する役割がありました。一方、ルーターは通信端末をインターネットへと接続する役割を担っているとことに違いがあるといえるでしょう。

 

ONUとモデムとの違い

次に、モデムについて説明します。モデムは、「変調復調装置」と呼ばれており、デジタル信号とアナログ信号を相互に変換するための機械です。

電波を相互変換するって、ONUと同じものかしら?
博士
確かに、ONUと役割が似ているから、光回線終端装置のことをモデムと呼ぶ人もいるのじゃ。

ドコモ光でレンタルできるONUは、光信号とデジタル信号を相互変換していましたが、モデムはアナログ信号とデジタル信号を相互変換する点において大きな役割の違いがあります。

光信号はドコモ光などの光回線から発信される信号。一方、アナログ信号はADSLなどの電話回線からやってきた信号です。

パソコンから送信される通信データは、デジタル信号ですが、デジタル信号をADSLなどの電話回線へ転送するには、アナログ信号へ変換しなければいけません。

逆に、ADSLなどの電話回線から送信されたアナログ回線をデジタル信号としてパソコンへ転送するには、モデムを使って変換する作業が必要です。ADSLなどの電話回線では、モデムがなければインターネット接続に必要な信号へと変換できません。

博士
つまり、ADSLや電話回線に転送するときには、アナログ信号に変える必要があるので、モデムが必要ってことだね。

 

ONUとホームゲートウェイの違い

最後に、ホームゲートウェイについて確認しましょう。ホームゲートウェイとは、光電話を受信する機能を有するルーターのことです。本来ルーターは、複数の端末をインターネット環境へ接続させるという役割しか持っていないため、光電話を利用できません。

しかし、ホームゲートウェイは、規格の異なるネットワークを中継する役割を担っており、光回線のIP電話としての機能を有しています。

ONUは、信号の変換を主な役割としていますが、ホームゲートウェイはネットワークを中継して光電話の利用を可能にしてくれる役割があります。

博士
つまり、ホームゲートウェイは、ONUとルーターの2つの機能プラス、光電話を利用できる機能があるってことだね。

 

ドコモ光のONUは購入やレンタルをするの?料金は?

博士
ドコモ光と契約してインターネット接続をするには、ONUを設置する必要があるのじゃ。
ONUは自分で用意しないといけないのかしら?
博士
ONUは、光回線を工事するときに設置してもらえるのじゃ。
博士
NTTから無料で貸し出されるので、自分で用意する手間がなく、費用もかからないので安心するのじゃよ。

 

ドコモ光のONUはいつ届く?届かないときの対処法

ドコモ光と契約したのに、ONUが届かないんだけれど…いつ届くのかしら?
博士
開通工事をするときには、工事のときにONUを設置してもらえるので、自宅に届くことはないのじゃ。

開通工事が予定されている場合は、工事担当者の方が持参してくれるため、当日の工事日まで特に気にせずに待機しておきましょう。

博士
また、フレッツ光からの転用の場合、前に使っていたONUを引き続き利用することになるのじゃよ。

ONUが届かない場合には、そもそもONUが必要ないケースも多いのです。「フレッツ光からの転用でもないし、工事は行わないのに届かない…」という場合はドコモ インフォメーションセンターへ相談することがおすすめです。

【ドコモ インフォメーションセンター】
電話番号(ドコモスマホから):151(無料)
一般電話から:0120-800-000
受付時間:9:00〜20:00

 

ドコモ光のONUの種類

実は、ドコモ光でレンタルできるONUの種類2種類あります。

  1. 単体型タイプのONU
  2. ONU一体型ドコモ光電話対応ルーター

どちらを利用することになるのかは、契約により異なります。

ドコモ光のONUの種類を説明する女性

 

契約の内容によって届くONUの種類は違う

無料でレンタルできるなら、ドコモ光電話にも対応しているルーターのほうがお得なんじゃないかしら!?
博士
残念ながら、ONUの種類は自分で選べるわけじゃないんじゃ。
博士
契約内容によってONUの種類は決められているのじゃよ。

ドコモ光と契約する際、光電話サービスの申し込み手続きを一緒に進めた方は、ONU一体型ドコモ光電話対応ルーターが自宅に届けられます。光電話を利用する方は、ドコモ光電話対応のものでなければ、電話サービスが利用できないからです。

一方、光電話サービスを契約していない方は、単体型タイプのONU、もしくはONU一体型ドコモ光電話対応ルーターが届きます。単体型タイプのONUが届くと決まっているわけではないため、状況によってはONU一体型ドコモ光電話対応ルーターが届けられるかもしれません。

もし、単体型タイプのONUが届けられた場合は、パソコンやスマホ、タブレットなどをインターネット接続するために、別途ルーターを準備する必要があります。

博士
ドコモ光のプロバイダは、高性能のルーターを無料レンタルしているところも多いから、利用するのもおすすめじゃよ。

 

ドコモ光のONUの設定方法

ONUを利用するときには、自分で設定しないといけないのかしら?
博士
初期設定や、ONUをルーターと接続するときにも、自分で接続設定をする必要があるのじゃよ。

 

接続するのに必要なもの

博士
では、さっそくONUとルーターの接続方法を確認していこう。
博士
接続するには、LANケーブルと、契約書類、接続設定をする説明書を準備するのじゃぞ。

【ONUを使って有線接続方法】
STEP1.LANケーブルで光コンセントとONUを接続する
STEP2.LANケーブルとパソコンを接続する

上記の手順で、LANケーブルによる有線接続が完了します。

ルーターを使って、Wi-Fi接続をしたい場合はどうしたらいいのかしら?
博士
ONUとルーターを接続してから、端末からWi-Fi接続が必要じゃよ。

【ONUとルーターの接続方法】
STEP1.LANケーブルで光コンセントとONUを接続する
STEP2.LANケーブルでONUとWi-Fiルーターを接続する
STEP3.Wi-Fiの設定画面から接続するネットワークを選択する
STEP4.ルーターにあるSSIDを選択し、パスワードを入力する

LANケーブルで繋いだあと、端末からWi-Fi接続するだけね。
思ったより簡単に接続できそうだわ。
博士
もし、ONUやその他の通信機器を上手く設定できなければ、ネットトータルサポートセンターへ連絡すると対応してもらえるよ。

ネットトータルサポートセンターは、初月は無料ですが、その後月額500円が必要なサービスです。初期設定に不安がある場合は、無料で利用できる初月だけ利用するのもおすすめですよ。

【ネットトータルサポートセンター】
電話番号:0120-825-360
受付時間:9:00〜20:00(年中無休)

 

 

ドコモ光のONUの交換方法

ONU利用中に故障してしまった場合はどうしたらいいのかしら?
博士
レンタルしている機械だから、自分で修理するのではなく、ドコモ光にまずは連絡するのじゃよ。

 

ドコモ光のONUのランプが消灯したり、赤いランプが点灯していて故障したときの対処法

ドコモ光からレンタルしているONUの、ランプがつかなくなってしまったの…これって故障かしら?

もし、ドコモ光のONUのランプが消灯・もしくは赤いランプが点灯している場合、エラーの可能性があります。消灯・赤いランプの点灯場所から問題の原因を特定していきましょう。

ランプ 問題が起きている内容
認証(AUTH)ランプ ONUの機器自体に不具合がある
UNIランプ ONUとLANケーブルの間に不具合がある
光回線ランプ ONUの光回線の差し込みに不具合がある
電源ランプ コンセントの差し込み口に不具合がある

上記の原因を見直し、一度ONUを再起動させてみましょう。

再起動しても問題が解決しない場合は、ONUにトラブルが起きている可能性大。速やかにNTTドコモへ連絡しましょう。

ONUが故障した場合の連絡先は、下記のとおりです。

【電話での連絡先】
電話番号(ドコモスマホから):113(無料)
一般電話から:0120-800-000(無料)
受付時間:24時間(年中無休)

電話以外にも、24時間365日相談できるチャットボットの「お助けロボット」を利用するのもおすすめです。

ドコモ光へのお問い合わせの結果、修理交換が必要なら修理申し込み手続きを進めます。電話担当スタッフの指示に従ってONUを交換してもらいましょう。

 

解約するときには返却する必要があるの?

博士
ONUはレンタルしているものだから、解約するときには返却する必要があることを覚えておくのじゃよ。

ドコモ光を解約したり、他社のコラボレーション光に事業者変更する場合には、レンタルしている機器は返却する必要があります

もし、返却しなかった場合は督促状が届いたり、電話による連絡があります。督促後も返却しなければ、機器相当額の請求が行われますので注意してください

ただし、事業者変更する場合、NTTからレンタルしている機器はそのまま利用してもOKなこともあります。解約や、新規回線に申し込む際に、機器はどのようにしたらいいのか確認して、指示に従いましょう。

 

ドコモ光のONUはインターネットを利用するのに必要なもの

【本記事のまとめ】

  • ONU・モデム・ルーター・ホームゲートウェイはそれぞれ役割が異なる
  • ドコモ光を利用するときにはONUをレンタルして利用できる
  • ONUにトラブルが起きた場合にはドコモ光に問い合わせをする

ONUなどの聞き慣れない機器の名前を聞いて「どうやって準備したらいいんだろう」と不安になっている方も多いでしょう。しかし、ドコモ光に必要なONUはドコモ光が準備して設置してくれるので心配しなくても大丈夫ですよ。

Wi-Fiを利用できるように、ルーターだけ準備する必要があります。ルーターを持っていない場合は、プロバイダから無料レンタルするなどして準備しましょう。

ONUにトラブルが起きたり、設定方法に不安な場合はドコモ光に問い合わせることで、問題解決できます。インターネットに詳しくなくて不安な場合は、初月無料で利用できるネットトータルサポートセンターを利用するなどして、安心してドコモ光を利用してくださいね。

-ドコモ光
-,

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved.