ドコモ光

ドコモ光が繋がらない!5つの原因と今すぐ試すべき5ステップ【PPP認証エラー】

投稿日:

ドコモ光が繋がらない!と困る女性

ドコモ光が急に繋がらなくなってしまったらどうしたらいいのでしょうか。本記事では、ドコモ光が急に繋がらなくなった場合の5つの原因と対処法を紹介します。ドコモ光に問い合わせなくても自分で解決できることも多いので、繋がらなくなってもぜひ焦らず試してみてくださいね。

ドコモ光が繋がらない5つの原因

博士
まずはドコモ光が繋がらなくなる5つの原因を紹介しよう。

ドコモ光が繋がらなくなってしまった場合、何かしら原因があるものです。原因が見つかれば対処法も自ずとわかります。繋がらなくなった原因はどれが当てはまりそうか、確認しながら読み進めてくださいね。

 

原因1.メンテナンス・通信障害が起きている

ドコモ光が繋がらない場合、確率的にはかなり稀ではありますが、まず考えられるのはメンテナンスや通信障害が起きていることです。

メンテナンスや通信障害が起きているのかは、ドコモ光の公式ページから確認できます。

もしメンテナンスや通信障害が起きている場合は、私たちが対応できることはありません。ドコモ光の対応が完了するまで待ちましょう。

 

原因2.新規で繋がらない場合は「開通日がまだ」「初期設定にミスがある」

ドコモ光を新規契約して、初めての接続で繋がらない場合は「開通日がまだ来ていない」「初期設定にミスがある」ことが考えられます。

フレッツ光からドコモ光に転用したばかりのときにインターネットが繋がらない場合は「開通日」と「初期設定」を確認してください。フレッツ光からドコモへの転用にあたっては宅内工事は必要ないものの、切り替えが行われないと利用することはできません。転用の申し込みから切り替えが完了するまでには1~2週間かかります。ドコモ光の開通日前に接続を試していないのか確認しましょう。

また、使いはじめの場合は、初期設定がうまくできていない可能性もあります。ドコモ光のモデムと無線LANルーターはうまく行えているのか。プロバイダのSSIDやパスワードを入力して初期設定を行えているのか。ルーターの初期設定がある場合完了しているのか確認しましょう。

初期設定の方法は以下の記事から確認してくださいね。

 

原因3.回線が混雑している

まったく繋がらない事態にはならなくても、急に遅くなったり、いきなり繋がらなくなったりした場合は、回線が混雑していることが考えられます。

特定の曜日、特定の時間だけ繋がらなくなる場合は、回線の混雑による影響が大きいでしょう。特に平日の夜18時〜23時、休日の日中など利用者が増加する時間に混雑が起きやすい傾向にあります。

回線の混雑が疑われる場合は、ONUやルーターなどの電源を切ってから再起動させると改善されることがあります。電源を切ってから再度ONにするまでは最低1分は時間を置くようにしましょう。再起動させることで比較的混雑の少ない経路へと移動し、速度が改善することも。

また、使用しているプロバイダによっても、混雑が見られる場合があります。ドコモ光ではなく、各プロバイダのホームページなどで混雑状況を確認してみるといいでしょう。

博士
特定の時間にあまりにも遅い場合は、プロバイダの変更も検討することがおすすめじゃよ。

 

原因4.接続している端末に問題がある

ONUやルーターなどの接続機器に問題があるケースもありますが、スマホやパソコンなどの利用している端末に問題があることもあります。

特にパソコンを利用している場合は、メモリ不足になっていないか、セキュリティソフトによって接続が中断されていないか確認しましょう。

また、基本的なことですが、LANケーブルが断線していないか、電源プラグはしっかりと刺さっているのかなども見落としがち。「まさかそんなことはないだろう」と思わず、一度すべてのケーブルを確認してみてくださいね。

 

原因5.モデムがPPP認証エラー・故障を起こしている

最後に考えられるのは、モデムに何らかの問題があるケース。宅内機器は数種類ありますが、モデムには通常NTTのマークが記されています。

インターネットがうまく繋がらない場合は、このモデムがPPP認証エラー、もしくは故障を起こしている可能性があるのです。PPP認証エラーとは、ネット上のサーバーとパソコンの連携がうまくいっていない状態のこと。接続の不備でもPPP認証エラーを起こすことがありますが、接続を確認しても改善されない場合はモデムの設定ミスが考えられます。

モデムの設定ミスを改善するためには、「認証IDやパスワードが正しいか」「TCP/IP設定のチェックが外れているかどうか」「プロバイダ設定がうまくいっているか」などを確認してみましょう。

それでも繋がらない場合はモデム自体に故障などの問題がある可能性もあります。電波障害などのそのほかの原因も当てはまらなかったときは、モデムに原因がないか確認してみましょう。

 

ドコモ光がインターネットに繋がらないときに試すべき5ステップ

ドコモ光がインターネットに繋がらない原因として、モデムやルーター、ケーブル、パソコンなど、いろいろなものが考えられるとわかりました。

博士
次に、様々な原因に対応できる対処法を紹介するよ。

1~5までを順に試して、それでも繋がらない場合はのちほど紹介するドコモ光のコールセンターやネットトータルサポートなどを活用してみましょう。

ドコモ光がインターネットに繋がらないときに試してほしい問い合わせ先の女性

 

STEP1.接続機器のWiFi設定がOFFになっていないか確認する

博士
まずはスマホやパソコンのWi-Fi設定の確認から始めよう。

まず確認するべきポイントは、接続端末のWi-Fi設定がOFFになっていないかどうかです。

パソコンやスマホ、タブレットといった接続機器のWi-Fi設定がそもそもOFFになっていると、Wi-Fiが繋がることはありません。考えてみれば当たり前のことですが、意外とありがちなケースなのです。灯台下暗しとはこのことですね。何かしらの拍子でWi-Fi設定をOFFにしていることもありえます。

もしもWiFi設定がOFFになっていた場合はONにしてみましょう。パスワードなどを求められた場合はWi-Fiルーターの側面などに書かれている数字を入力して接続してください。

 

STEP2.ルーターがオレンジや赤に点滅していないか、認証ランプなどを確認する

博士
次に確認するのは、ONUとルーターじゃ。

端末のWi-Fi設定に問題なかったら、次はONUやルーターを確認しましょう。ルーターのランプがオレンジや赤に点滅している場合は、正常に作動していないということです。また認証ランプが消えているなど、普段ついているランプが消えているときも問題です。

ONUやルーターのランプに問題がある場合は、一度再起動させて問題の解決を図ります。

後ほどもご説明しますが、正しい再起動の仕方として、まずは接続機器、ルーター、モデムの順にスイッチを切り、1分ほど待ちます。その後、モデム、ルーター、接続機器の順にスイッチを入れ、繋がるかどうか試してみてください。

 

STEP3.ルーター・接続機器の電源を切る

博士
ルーターに問題がない場合でも再起動してみることでトラブルが解決することがあるのじゃ。

ルーターのランプがオレンジや赤に点滅している場合はもちろんですが、ランプが正常な場合にも再起動を試してみることがおすすめです。正常な場合でも、接続機器、ルーター、モデムの順に電源を切り、1分ほど待つというところまで変わりません。

再起動をしてみることで、うまく接続できていなかった場合でも正常化することがあります。

博士
念の為、スマホやパソコンなどの接続端末も再起動させることがおすすめじゃよ。

 

STEP4.ケーブルが緩んでいる可能性あり!コード・電源・無線LANカードを挿し直す

博士
再起動するために電源を切ったら、この間にケーブルの緩みを確認しよう。

電源を切ってからはケーブルの緩みを確認しましょう。ケーブル端子がしっかりと奥まで挿し込まれておらず、ゆるんでしまっていることが原因で繋がらなくなってしまった可能性もあるためです。

ケーブルを挿し込むときには強く押し込みすぎて、ケーブル端子部分を破損させないように注意しましょう。また、コンセントタップ横の光ケーブルからは端子部からレーザー光が出ています。直視すると失明する可能性があるので、直接のぞき込まないように気を付けてください。

ケーブルの確認が済んだら、次は無線LANカードを入れ直しましょう。上方に無線LANカードが挿し込まれているルーターの場合は、無線LANカードの接続不備でインターネットの調子が悪くなっていることも考えられます。ケーブルの緩みを直すとき同様、端子部分を壊さないようやさしく挿し替えてみてください。

 

STEP5.パソコンやルーターの電源を入れて確認する

博士
ケーブルやコードを挿し直したら、いよいよルーターやONUの電源を入れ直そう。

ここまでの工程を終えたら、いよいよパソコンやルーターの電源をつけましょう。まずはモデムの電源プラグをコンセントに差し込みます。注意してほしいのは、最後に電源を切ったときから数えて1分以上時間を置くこと。十分な時間を置かないと電源が完全に切れず、再起動の意味がなくなってしまいます。

次に、ルーターの電源をコンセントに差し込みます。スマホやタブレット、PCといった接続機器の電源を入れるのは最後です。以上の5つのステップを踏むと大方の問題は解決しますが、それでも解決しない場合は電源を抜いた状態で30分ほど待ち、モデムを冷やしてみるのも方法です。

 

ドコモ光が繋がらないときの問い合わせ先

博士
以上の方法を試しても繋がらない場合は、ドコモ光に問い合わせよう。

これまで紹介した方法をすべて試しても改善されない場合は、ドコモ光に問い合わせて原因を探りましょう。

月額500円(初月無料)のネットトータルサポートに加入している場合は、ネットトータルサポートに問い合わせるとスムーズに解決できるでしょう。ドコモ光ルーター01を利用している場合は、遠隔操作で設定してもらえます。

【ネットトータルサポート窓口】
電話番号:0120-825-360
受付時間:9:00~20:00

ネットトータルサポートに加入していない場合は、以下の連絡先に電話しましょう。

【故障のお問い合わせ・修理の申込み】
電話番号(ドコモの携帯電話から):113
一般の電話から:0120-800-000
受付時間:24時間

受付時間は24時間ですが、9時〜18時以外の電話に関しては、後ほどドコモ光の担当者から連絡が来ての対応となります。

コールセンターに電話をかけるときは、ドコモの携帯電話をお持ちの方は「電話番号」と「契約名義」が必要です。お持ちでない方は、ドコモ光の開通のご案内や請求書に記載のある「契約ID(お客さまID)」と「契約名義」を予め手元に用意しておくようにしてください。

また、電話をかける場合はモデムのランプを確認しながら進める都合上、出先ではなく宅内機器の前から電話をかける必要があることに注意しましょう。

電話予約はできないのかしら?
博士
ドコモ光にはコール事前予約というサービスがあるけれど、故障に関しては対象外なのじゃ。

コールセンターの混雑状況によっては繋がるまでに時間がかかる場合もあります。営業時間外の場合もすぐに対応してもらえないので、「よくある質問」から答えを探したり、AIによる「おたすけロボット」を活用したりすることも一案です。

 

ドコモ光が繋がらない場合は5つのステップで確認しよう

【本記事のまとめ】

  • ドコモ光が繋がらなくなったらモデムやONUに問題があることがある
  • 対処法を試して、解決できなかった場合はドコモ光に問い合わせをする

ドコモ光のインターネットが繋がらないときは、何かしら原因が潜んでいます。モデムやONU、スマホやパソコンに原因があることが多いのでまずは再起動してみましょう。再起動したり、ケーブルの端子を挿し直してみたりしても不具合が直らない場合は別の原因が考えられます。

本記事でお伝えした対処法を試してもダメなときは、コールセンターやおたすけロボットのほか、月額500円のネットトータルサポートを利用してみてください。ネットトータルサポートなら31日間は無料で利用できるので、配線などに自信がない方は積極的に活用するようにしましょう。

-ドコモ光
-,

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved.