ドコモ光

ドコモ光のひかりTV for docomoはデメリットが多い!?おすすめできない3つの理由とは

投稿日:

ドコモ光のひかりTV for docomoはデメリットが多いと聞いて驚く女性

自宅のテレビやスマートフォンで、さまざまなジャンルの番組を楽しめる「ひかりTV for docomo」。しかし、実は思いもよらぬデメリットもあるんです。 本記事では、ドコモ光回線が提供するひかりTVについて徹底解説。サービスの概要から、おすすめできない3つの理由をご紹介します。 ひかりTVへの加入を検討している方は、契約前にしっかりチェックしてくださいね。

ドコモ光のひかりTV for docomoの特徴

そもそも「ひかりTV for docomo」とは、どのようなサービスなのでしょうか。デメリットを解説する前に、まずはサービス内容や特徴を解説します。

月額料金や使い方も気になるわ

アンテナ・工事不要で専用チューナーをつなげるだけで利用できる

「ひかりTV for docomo」は、ひかりTVの取次受付が終了したタイミングで登場した新サービス。2018年9月にサービス提供が始まった、比較的新しいオプションなのです。

ひかりTV for docomoは、一般的な衛星放送で必要な「受信用アンテナ」が不要!天候によるアンテナの受信感度低下がないので、いつでも鮮明な映像を楽しめます。また、専用アンテナの設置が不要のため工事作業もなし!ベランダや屋根への取り付けが不要なので、自宅の景観を維持したい方にもおすすめです。

テレビに光回線を経由する専用チューナーを繋げるだけで、あっという間に利用できる手軽さがサービスの特徴です。

月額使用料は2,500円~3,500円

「ひかりTV for docomo」を利用する場合、月額使用料は契約状況やプランによっても異なります。

docomoのスマホや携帯電話を利用している場合は、2年間の定期契約となる「2年割」を利用することができ、月額2,500円で利用可能。ただし、契約満了月の当月・翌月・翌々月以外に解約した場合3,500円の違約金が必要になります。

一方、docomoのスマホ以外の場合は2年間の定期契約はできず、月額料金は3,500円となります。

docomoのスマホ利用者でも契約期間を定めたくない方は、3,500円で契約可能。しかし、2年割の解約金は3,500円と比較的低価格なので、4ヵ月以上サービスを継続する場合は、2年割を利用した方がお得になります。

長く使うなら、2年割を使ったほうがお得なのね!

タブレットやスマホをテレビとして利用できる

ひかりTV for docomoの特徴は、自宅のテレビのみでなくスマートフォン・タブレット端末でも利用できること!専用アプリケーション「ドコモテレビターミナル」を利用すれば、さまざまな機器をテレビ代わりにできるのです。

ひかりTVを契約しているユーザーであれば、追加費用は一切不要!無料で利用できますよ。

 

 

録画した番組を外出先でも見られる

ひかりTV for docomoでは、配信番組の録画も可能!難しい設定は不要で、HDD録画機を接続するだけで録画できます。また、「ドコモテレビターミナルアプリ」を使用すると外出先での録画予約録画した番組の視聴も可能。

「出張で平日は自宅をあけることが多い」「通勤時間に録画番組をまとめて見たい!」など、の好きなタイミングに好きな場所でテレビを楽しめるのも大きなメリットだといえるでしょう。

約80の専門チャンネル・地デジ・BS放送が利用可能

ひかりTV for docomoを契約すると、地デジ放送やBS放送に加えて豊富なジャンルの「専門チャンネル」の視聴が可能!なんと専門チャンネル数は、約80…!加えて13万本のVOD(ビデオオンデマンド)も視聴できます。一部のチャンネルをご紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

【ひかりTV for docomo 専門チャンネル例】

  1. 映画ジャンル
    ・シネフィルWOWOW
    ・日本映画専門チャンネル
  2. アニメ&キッズ
    ・アニマックス
    ・キッズステーション
    ・ディズニージュニア
  3. ドラマ
    ・FOX
    ・AXN海外ドラマ
  4. エンタメジャンル
    ・TBSチャンネル
    ・ディズニーチャンネル
    ・テレ朝チャンネル
    ・ファミリー劇場
  5. スポーツ&ニュース
    ・GAORA SPORTS
    ・TBS NEWS
    ・BBCワールドニュース
    ・日テレジータス

 

dTV・dTVチャンネルも利用可能

ひかりTV for docomoを契約すると、ひかりTVの番組だけでなく「dTV」「dTVチャンネル」の視聴も可能!もちろん、別途月額料金を支払う必要ありません。

【ドコモが運営するdTVとは?】
「dTV」は、月額料金500円で利用できるドコモ運営の動画配信サービスのこと。ドラマ・映画・海外ドラマ・韓流・アニメ・音楽ライブ・ミュージックビデオなど、幅広いジャンルの映像が120,000本以上配信されています。

【dTVチャンネルとは?】
「dTVチャンネル」は、映画・ドラマ・アニメなどさまざまな専門チャンネルリアルタイムで放送している配信サービス。月額料金は、チャンネル見放題で一律780円です。

ドコモ光のひかりTV for docomoの3つの注意点・デメリット

便利なひかりTV for docomoですが、実はいくつか注意すべきポイントが…。

次は、契約前に絶対チェックしてほしい、ドコモ光のひかりTV for docomoの注意点とデメリットを3つ解説します。契約後に後悔しないためにも、しっかり確認しておきましょう。

ドコモ光のひかりTV for docomoを利用中のテレビ

 

注意点1.初期費用がかかる

ひかりTV for docomoを始めるには、登録料や工事などは必要ありません。しかし、視聴するのには「ドコモテレビターミナル」が必須。通常価格17,160円のため大きな出費となってしまいます。

現在ドコモオンラインショップでは9,240円の割引を行っており、7,920円で購入できます。割引は予告なく変更されることがありますので、検討している方は割引されているうちに購入することがおすすめです。

 

注意点2.ひかりTV for docomoの視聴中はインターネットが遅くなる

ひかりTV for docomoは、通信量の大きなインターネット通信。そのため、サービス利用中はドコモ光回線のインターネット通信速度が低下することもあることに注意しましょう。

インターネット通信速度に影響を及ぼすのは視聴時のみではありません。HDDへの録画や番組表の更新など、ひかりTVにかかる作業はすべて回線の周波数帯を利用するので、他のインターネット通信の速度に影響することも。

テレビを見ながら、スマートフォンやパソコンでインターネットを利用する方にとっては、デメリットになりうるといえるでしょう。

注意点3.地デジ放送は一部の地域でのみ対応している

ひかりTV for docomoの注意点は、地上デジタル放送は一部のエリアのみしか対応していないことです。

東日本エリアでは、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県・新潟県・宮城県・北海道(札幌エリア)が対応しています。

西日本エリアでは、大阪府・京都府・兵庫県・愛知県・静岡県・石川県・広島県・福岡県・熊本県・沖縄県が対応しています。

上記20都道府県以外では、地デジ放送は対応しておらず、地デジ放送を視聴したい場合はアンテナを立てる必要があることに注意しましょう。

ドコモ光のひかりTV for docomoは結局おすすめなの?

これまで、ひかりTV for docomoの特徴や注意点を詳しく解説してきました。では、ひかりTV for docomoを契約するのはおすすめなのでしょうか。

テレビをよく見るから契約しようと思っていたけれど、悩んできたわ...

地デジしか見ないのであればアンテナを立てる方がおすすめ

「映画やドラマなどひかりTVで配信されているチャンネルは、ほとんど見ない」「地デジ放送だけ見れたらOK」といった場合は、アンテナを設置して利用する方がおすすめです。工事費用はかかりますが、視聴しない番組のために月額料金2,500円を支払うのは避けた方が懸命だといえるでしょう。

しかし、住宅の立地環境や電波状況の影響で「いつもテレビの画質が乱れる」「うまく受信できない」とお悩みの場合は例外。地デジ放送しか利用しない方も、ひかりTV for docomoを契約して光回線受信に切り替えることで、天候などに左右されにくくなります。ひかりTV for docomoで地デジ放送が見られるのは20の都道府県のみ。また該当エリアないでも地デジ対応していない地域もあるので、必ず地デジ対応しているのかチェックしておきましょう。

見たい放送や映画・ドラマがある人にはおすすめ

ひかりTV for docomo・dTV・dTVチャンネルの中に、見たい放送や番組がある方は契約がおすすめです。レンタルビデオ店やDVD購入をしていた方は、月額料金制&見放題のひかりTV for docomoを利用することで、節約にも繋がるでしょう。

毎月15本、映画やドラマを見る場合を考えてみましょう。ひかりTV for docomoは定額料金。2年割を利用すると月額2,500円です。一方、レンタルビデオ店を利用した場合、1本300円のDVDを15本借りると月額4,500円になります。料金差は毎月2,000円以上…!定額制のひかりTV for docomoは見放題なので、たくさん見る方には特におすすめです。

ドコモ光のひかりTV for docomoの申し込み方法

ひかりTV for docomoの申し込みは、たったの3ステップで完了です。申し込む場合は、以下の手順を参考にしてみてくださいね。

step
1
STEP1.ドコモ光を申し込む

まず、ドコモ光回線の契約を行います。契約は、ドコモオンライン・ドコモインフォメーションセンター・ドコモショップ・家電量販店・連携プロバイダ窓口などで可能。プロバイダの窓口から行うと、プロバイダ限定のキャンペーンが適用され、最もお得に契約できます。

step
2
STEP2.ひかりTV for docomoを契約する

ドコモ光回線を申し込んだあとは、上記のページから「ひかりTV for docomo」を申し込みます。「2ねん割適用」か「通常プラン」のいずれかを選択して申し込みましょう。

step
3
STEP3.ドコモテレビターミナルの申し込み

ひかりTV for docomoの視聴には、「ドコモテレビターミナル」が必須。レンタルサービスがないので、ドコモオンラインショップや店舗申し込みで購入しましょう。

 

ドコモ光のひかりTV for docomoを契約する前には、注意点もチェックしよう

【本記事のまとめ】

  • ひかりTV for docomoはアンテナ・工事不要でテレビを視聴できる
  • 月額料金は2,500〜3,500円
  • 外出先でも録画した番組を視聴可能
  • 地デジ対応は20の都道府県のみ
  • インターネットのスピードに影響することもある

自宅のテレビやスマートフォンで、80の専門チャンネル、13万ものVODが視聴できる「ひかりTV for docomo」。ちょっとした移動中や休日の娯楽など、日々の楽しみが増えること間違いなしです。

しかし、本記事でご紹介したようなデメリットがあるのも事実…。契約する前は、注意ポイントを事前にしっかり確認し、契約しても大丈夫そうか判断してくださいね。

-ドコモ光
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved.