ドコモ光

ドコモ光はアパートでも利用できる!口コミや許可の取り方まで徹底解説!

更新日:

ドコモ光をアパートで利用する

ドコモ光はアパートでも利用できますが、設備状況や大家さんからの許可の取り方で月額料金が変わります。アパートでドコモ光をよりお得に利用する方法と、おすすめなプロパイダを解説します。事前に確認と準備をきちんとして、ドコモ光をお得に使いましょう。

 

ドコモ光をアパートでも契約できるの?

ドコモ光はアパートでも契約できますが、ドコモ光やフレッツ光のような光回線サービスが導入されていないアパートでドコモ光を契約する場合は、大家さんや管理会社などの物件所有者の許可が必要です。

またアパートのような集合住宅でドコモ光を契約する場合でも、住居タイプがマンションタイプではなく戸建てタイプになることがあり、料金プランは住居タイプによって異なります。

住居タイプはドコモ光で利用する光回線をアパートのどこに引き込むかによって決まります。アパートの共用部分まで光回線を引き込み、共用部分から自分の部屋まで引き込む場合、住居タイプはマンションになります。アパートの共用部分を経由せず、光回線を自分の部屋まで直接引き込む場合は戸建てタイプです。

 

ドコモ光をアパートで利用している人の口コミ

ドコモ光の回線速度に関する口コミは速い・遅いというもの両方があり、人によって分かれます。ただドコモ光は、WiMAXやソフトバンク光のようなWi-Fi回線ではなく有線の固定回線なので、回線速度は比較的安定しやすいといえるでしょう。特にコンクリート作りのマンションやアパートではWi-Fi回線の電波は妨害されやすく、設置場所を工夫しなければならないことも多いため、有線回線であるドコモ光はおすすめできます。

しかし回線速度が遅いという意見の中には無線LANルーターなどの設備を変えたらかなり改善したという方がいるので、速度が気になる方は回線そのものだけでなく無線LANルーターなどの設備にこだわるといいでしょう。

料金に関してはお得だという口コミが多く、「フレッツ光と同じ回線をより安く使える」や「家族がみんなドコモだから今の回線を解約してでもドコモ光にした方がお得だ」という意見が多かったです。家族にドコモユーザーが多いならセット割で家族全員のスマホ料金が安くなり、dポイントも付きます。

 

ドコモ光をアパートで利用するときの料金

ドコモ光をアパートで利用する場合、月額料金だけでなく初期費用が必要です。初期費用も月額費用も、ドコモ光を利用するアパートの住居タイプによって変わります。

また初期費用はアパートの設備状況や、工事が必要な場合、いつ工事をするのかによっても変動します。

設備状況や住居タイプ、契約プランによる各料金の違いを表付きで解説します。

 

ドコモ光をアパートで利用する

 

初期費用や工事費

ドコモ光をアパートで使う場合、初期費用として工事費と契約事務手数料がかかります。契約事務手数料は一律3,000円ですが、工事費は建物の設備状況によって変わります。

【アパートの設備による工事費の違い】

アパートの設備 戸建て マンション
光回線のない建物 18,000円 15,000円
建物まで引き込み済み  ー 7,600円
無派遣工事の場合 2,000円 2,000円

※無派遣工事の場合以外、土日祝日を工事日に指定すると別途3,000円がかかります

工事費はアパート自体に光回線が引き込まれているか、アパート自体に引き込み済みの場合は部屋まで引き込まれているかで変わります。またアパートのような集合住宅でドコモ光の回線工事をする場合でも、戸建てタイプと同様の工事内容と工事費になることがあります。

アパートに光回線が既に引き込まれていれば、アパートの共用部分から自分の部屋まで光回線を引き込むだけの工事で済みます。アパートに光回線が引き込まれていない場合はどこに光回線を引き込むかによって工事費が変わります。

アパートまで光回線を引き込み、アパートの共用部分を経由して自分の部屋まで光回線を引き込む場合、適用されるのはマンションタイプの工事費です。アパートの共用部分を経由せず、自分の部屋に光回線を直接引き込む場合は戸建てタイプの工事費が適用されます。

 

月額料金

ドコモ光をアパートで利用するときの月額料金は下記のとおりです。

【ドコモ光をアパートで利用する場合の月額料金(2年定期契約)】

プラン 戸建て マンション
タイプA 5,200円 4,000円
タイプB 5,400円 4,200円
単独プラン 5,000円 3,800円

※単独プランは別途プロパイダ料金がかかります。

アパートでドコモ光を利用する場合でも、住居タイプが戸建てになることがあります。例えアパートのような集合住宅であっても、ドコモが定める集合住宅に当てはまらない場合は、マンションタイプが適用されず戸建てタイプでの月額料金設定となります。

住居タイプを決めるのは、「アパートのどこに光回線を引き込むか」です。

MDF室と呼ばれる、建物内で使う様々な配線を集約している共用部分に光回線を引き込み、各部屋へと光回線を分配していく場合は住居タイプがマンションになります。一方MDF室がない場合やMDF室に光回線を経由させず、自分の部屋まで直接引き込む場合は住居タイプが戸建てになります。

要約すると、光回線をアパート全体で共有できるように引く場合はマンションタイプ自分の部屋に直接引き込む場合は戸建てタイプになるということです。

 

ドコモ光でおすすめのプロバイダ

ドコモ光でおすすめのプロパイダを3種類紹介します。おすすめのプロパイダは下記です。

【ドコモ光でおすすめのプロパイダ】

  • ぷらら
  • DTI
  • GMOとくとくBB

上記のプロパイダでは、キャッシュバックやWi-Fiルーターの無料レンタルが行われています。プロパイダごとにキャッシュバックの金額とキャッシュバックを受け取れる条件が違うので、付けたいオプションに応じてプロパイダを選ぶのもいいでしょう。

 

ぷらら

ドコモ光のプロパイダをぷららにすると、下記の特典が受けられます。

【ドコモ光 for plalaの特典】

  • 15,000円キャッシュバック
  • Wi-Fiルーターを無料レンタル
  • 初回訪問設定サポート無料

15,000円のキャッシュバックは、ぷらら公式サイト経由でドコモ光 for plalaへの申し込みが必要です。他サイトやドコモショップなどからの申し込みでは適用されないため気をつけましょう。

Wi-Fiルーターがあると、スマホやタブレットなどの通信端末で、インターネットを無線接続できます。ドコモ光の申し込み後に送付される「ぷらら会員登録証」に同封されている案内に従ってWi-Fiルーターのレンタル手続きを行うので、間違えて捨ててしまわないよう気をつけてください。

初回訪問設定サポートが無料のプロパイダは他にもありますが、3ヵ月など期限付きのプロパイダも多いです。ぷららであれば初回訪問設定サポートの期限がありません。

 

DTI

ドコモ光のプロパイダをDTIにすると、下記の特典が受けられます。

【DTI withドコモ光】

  • スカパー!同時申し込みで15,000円キャッシュバック
    ※スカパー!なしの場合は10,000円キャッシュバック
  • Wi-Fiルーターを無料レンタル
  • 初回訪問設定サポート無料

映像オプションを同時申し込みしない場合、受け取れるキャッシュバック金額が下がりますが、他プロパイダと比べて高めのキャッシュバックがもらえます。

ドコモ光を無線接続する際はWi-Fiルーターが必要ですが、DTIではドコモ光を利用している間はWi-Fiルーターを無料レンタルしてくれるので、自分で用意する必要がありません

 

GMOとくとくBB

ドコモ光のプロパイダをGMOとくとくBBにすると、下記の特典が受けられます。

【GMOとくとくBB×ドコモ光の特典】

  • 最大20,000円のキャッシュバック
  • 選べるWi-Fiルーター無料レンタル
  • 初回訪問設定サポート無料

GMOとくとくBBではドコモ光と映像オプションを同時に申し込むことで、最大20,000円のキャッシュバックが受け取れます。キャッシュバック金額は以下の通りです。

 

【同時契約するオプションごとのキャッシュバック金額】

  • ひかり TV for docomo+DAZN for docomo:20,000円
  • ひかり TV for docomo:18,000円
  • DAZN for docomoまたはスカパー!:15,000円
  • dTV:10,000円
  • 映像オプションなし:5,500円

付ける映像オプションによっては他プロパイダより高額キャッシュバックが受け取れます。

また、GMOとくとくBBでは無料レンタルのWi-Fiルーターを3種類から選べます。Wi-Fiルーターを選びたい方、ルーターなどの設備にこだわる方にとっては嬉しい特典でしょう。

 

ドコモ光をアパートで利用するときの許可の取り方

ドコモ光をアパートで利用する場合、大家さんや管理会社などの物件所有者の工事許可が必要です。また工事内容によって取らなければならない許可が異なります。

工事内容ごとに必要な許可と、物件所有者に断られず許可を取るコツを明します。

 

大家さんに許可を取る様子

 

口頭での許可を取るだけでOK

アパートなどの集合住宅でドコモ光を利用する場合、工事内容によって大家さんや管理会社などの物件所有者から許可を取る必要があります。

【物件所有者の許可が必要な場合】

  • MDF室の開錠:アパート内の共用配線をまとめているMDF室内での作業が必要な場合、物件所有者に許可を取りMDF室の鍵を開けてもらわなければならない可能性があります。
  • 入館手続き:工事担当者の建物内への入館許可が必要な場合、入館手続きが必要になることがあります。
  • 工事実施:建物内での工事にあたり、物件所有者から工事実施の許可を取る必要があります。

また物件所有者の許可を取り工事日が決まったら、物件所有者に連絡をして工事の日程を事前に伝えておきましょう。

 

「工事」ではなく「作業」と伝えることがコツ

アパートでドコモ光の回線工事をするためには、大家さんや管理会社などの物件所有者の許可が必要ですが、許可を取る際は「工事」ではなく「作業」と伝えるようにしましょう

大掛かりなものを想像させやすい「工事」という言葉を聞いただけで、聞く耳を持たなくなってしまう方も居ます。作業内容をきちんと伝えれば問題なく許可を出してくれる方でも、工事と聞いたことで話を聞いてくれなくなり、とにかくダメだと言われてしまうかもしれません。

「工事」をはじめとした大掛かり、ネガティブな印象を抱きやすい言葉は避け、「作業」のような軽めで耳触りのいい言葉を使うことが許可を取るためのコツです。

 

ドコモ光をアパートで利用する方法

ドコモ光をアパートで利用する場合、まずはアパートがドコモ光の対応エリア内にあるのか、住居タイプが何になるのかを確認する必要があります。なお光回線を導入していないアパートでは大家さんや管理会社にドコモ光の導入許可を取る必要があり、工事内容に応じて必要な事前連絡が異なってきます。

またドコモ光とセットにするプロパイダによって受けられる特典の中には、プロパイダからの申し込みが必須のものもあります。ドコモショップやドコモ公式からの申し込みでは特典が受けられない可能性があるので、申し込みは必ずプロパイダ経由で行いましょう。

 

エリア対応しているのか確認する

フレッツ光のエリア検索を使えば、自分の住んでいる場所がドコモ光に対応しているか簡単に調べることができます。

ドコモ光をはじめとした光コラボ回線には、NTTが提供するフレッツ光の回線が利用されています。ドコモ光だけでなくauひかりやソフトバンク光も同様です。なのでフレッツ光が使える場所では、ドコモ光も使えるのです。

 

 

 

上記URLから東日本/西日本を選び、各Webページで住所や建物タイプを入力および選択していきます。なお西日本では郵便番号や電話番号からも住所検索ができます。住所情報を確定すると、入力した住所が光回線対応エリアかどうかがわかります。

 

大家さんや管理会社に導入の許可を取る

大家さんや管理会社などの物件所有者から許可が取れなければ、ドコモ光をアパートに導入することはできません。

物件所有者に許可を取ったり、すぐに許可をもらえなかったりした場合はドコモ側から交渉をしてもらうことはできないので、自分で物件所有者に連絡を取り話し合う必要があります。すぐに許可をくれる人も居れば、難色を示す人も居るので、物件所有者への連絡は早めにしましょう。

またドコモ光の導入に工事が必要な場合、工事内容によって取るべき許可や必要な手続きが変わることがあります。必要なことを事前に確認し、スムーズなやりとりを心がけると物件所有者も安心してくれます。

 

プロバイダ経由で申し込みを行う

ドコモ光の申し込みは、プロパイダ経由で行うとお得な特典を受けられます。

例えばGMOとくとくBBを経由してドコモ光に申し込んだ場合、申し込み内容により5,500円から20,000円のキャッシュバックが受けられます。キャッシュバック金額はひかりTV for docomoなどの映像オプションに同時申し込みするかどうかで変動しますが、オプションなしでも5,500円のキャッシュバックをもらえます。

ドコモ公式から申し込むと、プロバイダが独自に実施しているキャンペーンは適応されません。

またプロパイダごとに無線LANルーターの無料レンタルサービスを行っていたり、サポート内容が違っていたりするので、プロパイダは自分に合ったものをよく考えて選びましょう。

 

 

 

工事日を調節して、工事を行う

ドコモ光をアパートで導入する場合、設備状況により工事内容は変わりますが、工事そのものは必ず必要になります。スケジュールを確認しながら工事日を調整しましょう。ドコモ光の工事内容は大きく分けて下記の3つです。

【ドコモ光の工事内容】

工事の種類 立会い 工事内容
建物への回線引き込み 必要 光回線のない建物に光回線を引き込む工事
部屋への回線引き込み 必要 光回線のある建物の共用部分から、自室に光回線を引き込む工事
無派遣工事(NTTの局内工事) 不要 光回線を使う設備が整った部屋で、ドコモ光を使えるようにする工事

表内の立会いの項目が「必要」となっている場合、工事の際に作業員との立会いが必要です。立会い可能な候補日をいくつか用意しておくとスムーズでしょう。

 

初期設定をしてドコモ光の利用を開始

ドコモ光の工事が終わったら、初期設定をしてドコモ光を使い始めましょう。

ドコモ光の回線工事では光回線の引き込みと、ONUと呼ばれる引き込んだ光回線を使ってインターネットに接続できるようにする機器の設置はしてもらえますが、ONUから各端末への接続や初期設定は自分でしなければなりません

パソコンなどのLANケーブル差し込み口のある端末であればONUと端末を直接LANケーブルで繋げられますが、スマホやタブレットなどのLANケーブル差し込み口のない端末では、ONUと繋いだ無線LANルーターを使ってWi-Fi接続する必要があります

 

ドコモ光をアパートで使う場合は確認事項が多め。事前の準備をしっかりしよう

アパートは集合住宅ですが、設備状況によっては住居タイプが戸建てと判断され、月額料金が変わることがあります。ドコモ光はマンションタイプで使った方が月額料金が安いので、大家さんなどとの事前交渉や、設備状況の確認をきちんと行いマンションタイプで使えるよう工夫しましょう。

またドコモ光とセットにするプロパイダごとに特典内容が違い、特典はプロパイダ経由の申し込みでなければ受け取れないものもあります。自分のライフスタイルや付けるオプションに合ったプロパイダを選ぶことをおすすめします。

-ドコモ光
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.