ドコモ光

ドコモ光は2回線目の契約は「光★複数割」を利用してお得に使おう!

更新日:

ドコモ光の「光★複数割」を利用する女性

本記事では、ドコモ光の2回線目の契約をお得に利用するには、どうすれば良いのか、具体的な適用条件や注意点についてわかりやすく解説していきます。

 

ドコモ光は2回線以上の契約の場合「光★複数割」が使える

離れて暮らす家族がおり、「ドコモ光が2回線目となるため息子とお得に利用したい」や、「1人暮らしをスタートする娘の自宅にドコモ光のインターネット環境を用意してあげたい」と思っているのなら、光★複数割を利用してお得に契約してみませんか。

まずは、光★複数割の概要や割引額、適用条件について確認していきます。

 

光★複数割とは?

光★複数割とは、同一シェアクループ内でドコモ光を2回線以上契約すると、契約数に応じて割引が受けられるお得なサービスのことです。シェアクループは、代表回線に子回線を追加して作成します。シェアクループを作成する際、オンライン以外の窓口でグループを作成する際は、契約者全員の申し込みの意思を確認する必要があります。

シェアグループを作成すれば、毎月パケットが余る、もしくは毎月パケットを追加で購入していたとしても、グループ内でパケットをシェアできます。その結果、バケット不足に陥ったときは、シェアグループ内でお互いに助け合うことができます。

同一シェアクループ内なら、家族が離れて暮らしていても関係ありません。例えば、下記のような方は、光★複数割のサービスが利用できます。

【光★複数割が適用されるケース】

  • 親から離れて1人暮らしを始める子供
  • 仕事の関係で別々の場所で暮らす夫婦
  • 県外で1人暮らしをする祖父や祖母

上記のケースは、あくまでも一例ですが、光★複数割の適用条件について詳しく知っておくと通信費が少しお得になります。

 

光★複数割の割引額

光★複数割の割引額は、1回線につき300円です。サービスの契約上、1回線目の方は、光★複数割の割引対象とはなりません。2回線目からが割引の対象者となります。例えば、下記のケースで割引の対象者について考えてみましょう。

【家族構成】

1回線目の親 割引なし
2回線目の子供 300円の割引
3回線目の子供 300円の割引
4回線目の子供 300円の割引

親の子供が3人おり、4回線目まで契約する場合は、合計900円の割引となります。2回線目以降は、1回線増えるごとに300円の割引額が増加していくと覚えておけば、サービスの仕組みを理解しやすいでしょう。

そのため、回線数が増えれば増えるほど、割引額の合計がアップします。

 

光★複数割の適用条件

光★複数割が適用されるのは、同一シェアグループ内に2回線以上のドコモ光の契約があり、グループ間でパケットをシェアできる「シェアパック」を契約していることが条件となります。

もし、パケットをシェアしておらず、家族間で親回線や子回線などの関係性がないのであれば、1回線ごとに300円の割引を受けることはできません。

 

光★複数割が適用される期間

光★複数割は、対象回線の課金開始日を境として開始されます。ただし、ドコモ光の基本使用料が日割計算である場合は、割引料は日割されます。

終了期間については2019年10月現在、公式サイトでは言及されていません。

 

法人の場合も適用されるが「光単独タイプビジネス割」の方が割引額が大きい

ドコモ光の光★複数割は、同一のシェアグループ内であれば法人でも同じように適用されます。ただし、法人である場合は、「光単独タイプビジネス割」を利用する方が断然お得です。

なぜなら、光★複数割の場合、2回線目以降は月額300円しか割引されませんが、光単独タイプビジネス割なら、月額700円も割引されるからです。

ただし、公式サイトによると、2019年5月31日(金)をもって、光単独タイプビジネス割の新規申し込み受け付けが終了しており、現在は申し込みができない状態です

 

 

 

ドコモ光の光★複数割を申し込む方法

光★複数割の適用を受けるには、申し込み手続きは不要です。シェアグループを適応すると自動的に光★複数割が適応されます。

そのため、人によっては光★複数割の存在を知らず「ドコモ光の契約回線が増えるたびに、想像よりも請求額が安くなっている」ということがあります。

実際に光★複数割が適用されているかについては、代表回線の料金明細で確認できます。

 

ドコモ光で2回線目を使って光★複数割を適用するときの注意点

ドコモ光の光★複数割のサービスは、「何が割引されているかわからない」や、「家族なのに割引が適用されていない」と思われがちです。おそらくサービスの適用条件について勘違いしている可能性が高いです。次に、光★複数割の適用条件に関する注意点を確認していきます。

光★複数割の適用条件に関する注意点を説明する女性

 

代表回線のみが割引の対象

ドコモ光の光★複数割は、代表回線のみが割引の対象となります。代表に紐づく子回線は、割引の対象とはなりません。そもそも、代表回線と子回線とは、一体何なのでしょうか。

家族とパケットを共有するシェアパック契約の場合、NTTドコモのシェアパックの契約者が代表回線、代表回線に紐づく家族を子回線といいます。代表回線は、子回線と親子関係であるため、親回線と呼ばれることもあります。

光★複数割について、「ドコモ光を2回線契約したのに、2回線目の料金が安くなっていない」と疑問に思う方がいるかもしれませんが、光★複数割の割引対象は代表回線なので、子回線の料金は定価で請求されます。

代表回線の親と子回線の子供のドコモ光の契約回線と割引の関係は、下記のようになります。

 

【契約回線と割引の関係】

親(代表回線) 月額料金から600円割引
子供1(子回線) 割引なし
子供2(子回線) 割引なし

上記のとおり、光★複数割の適用は、親の代表回線に限られるため、子回線は定価での請求となります。

 

ドコモ光1契約につき、登録できるペア回線はスマホ1台まで

光★複数割はドコモ光セット割と併用が可能です。

ドコモ光セット割とは、ネットとスマホをドコモでまとめると月額料金が割引になるサービスです。この割引をうけるにはペア回線の登録が必要で、ドコモ光1契約につき、ペア回線に指定できるのはスマホ1契約となります。

例えば、シェアグループ内でドコモ光の契約が2つあり、かつ3台のスマホを契約している場合、3台のスマホのうち1台はドコモ光セット割の対象外となります。また、NTTドコモのスマホと契約しているからといって、必ずドコモ光の契約とペア回線にできるわけではありません。

なぜなら、ペア回線にできる契約プランは、ドコモ光の対象料金プランに限られているからです。ペア回線の対象料金プランの詳細は、下記でご確認ください。

 

 

 

家族でもシェアグループではない場合適用されない

光★複数割の適用条件は、同じシェアグループ内に2回線以上のドコモ光の契約があることはもちろん、NTTドコモが定めた3親等で同じシェアグループを組んでいることです。

NTTドコモの定める3親等の概念には、叔父や叔母の配偶者やひ孫の配偶者まで含まれます。法律上の3親等とは異なる概念ですので、詳しくは下記ページをご参照ください。

 

 

同性パートナーや事実婚の場合は、3親等の概念に含まれるのでしょうか。NTTドコモでの認識は下記のとおりです。

 

同性パートナーである場合

地方自治体等が発行する「同性とのパートナーシップを証明する書類」を提示すれば、同じシェアグループ内のメンバーとして認められます。

 

事実婚である場合

婚姻届を出すことなく、一緒に生活をしている事実婚である場合は、シェアパックは使えるのでしょうか。この点について、NTTドコモの公式サイトでは確認ができません。

ネット上には「事実婚の相手と同居をしているのであれば、NTTドコモの定める3親等に適用できる可能性がある」という口コミもありますが、実際に適用できるかについては、ドコモショップで確認を受ける必要があります

 

ドコモ光ミニ・2台目プラスの場合は適用外

データの使用量が少ない月の料金が安くなる「ドコモ光ミニ」や、1人で2台のスマホを使用する「2台目プラス」の利用者は、光★複数割の適用外となります。

家族でドコモのサービスと契約しているにも関わらず、ドコモ光の光★複数割が適用されていないのであれば、ドコモ光ミニや2台目プラスでの契約になっている可能性があるため、自分が適用条件を満たしているのか改めて確認してみてください。

 

ドコモ光は2回線目を光★複数割でお得に利用できる

光★複数割は、2回線目以降、1回線増えるごとに月額300円割引になるお得なサービスです。その際、注意するべきは、光★複数割の適用条件を満たしているかということです。

光★複数割が適用されるには、NTTドコモの定める3親等の概念と適合しているか、シェアパックを契約しているかなど、いくつかの条件があります。条件を満たしている場合、申し込み手続きをしなてくも自動的に割引が適応されます。

もし、光★複数割の適用を受けているのかについて気になるのであれば、月額料金の明細から確認してみましょう。

-ドコモ光
-,

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.