ビッグローブ光

ビッグローブ光(BIGLOBE光)におすすめのルーターと設定方法【レンタルはおすすめ?】

投稿日:

ビッグローブ光(BIGLOBE光)におすすめのルーターと設定方法を説明する女性

ビッグローブ光の利用時に、レンタルできるルーターを使うのか、市販ルーターを用意するのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、ビッグローブ光におすすめのルーターと設定方法について紹介します。

また、気になる無線LANカードについても解説するので、これからルーターを準備する方は必見ですよ。

 

ビッグローブ光(BIGLOBE光)を利用するときはルーターは必要?

ビッグローブ光を利用するときにはルーターが必要なのよね?
博士
Wi-Fiを利用するなら、無線LANルーターが必要なんじゃ。
博士
ルーターによって通信速度が変わるので、ルーター選びは重要なのじゃよ。

ビッグローブ光を利用するときは、どのようなルーターを選択するのが良いのでしょうか。せっかくのビッグローブ光の通信速度を生かすためには、ルーター選びも重要なポイントです。

まずは、ビッグローブ光の場合はどんなルーターが対応しているのか、レンタルと購入ではどちらがお得に使えるのかなど気になる内容について解説します。

 

Wi-Fi利用したい場合無線LANルーターが必要

ビッグローブ光でWi-Fiを利用したい場合、無線LANルーターが必要になります。

ビッグローブ光の開通工事を行なった際に設置される光回線終端装置(ONU)だけでは、実はWi-Fiは利用できません。光回線終端装置と無線LANルーターを接続することで、Wi-Fiが利用できるようになるのです。

Wi-Fiがあれば、光回線終端装置が設置してある部屋以外でも、LANケーブルを使うことなくインターネットに接続できるので便利ですよね。ほとんどの方が、パソコン以外のスマホやタブレットなどでもインターネットを利用するでしょう。そのため、ほぼすべてのケースで無線LANルーターの準備が必要なのです。

 

光回線終端装置(ONU)はルーターの機能はない

ビッグローブ光の回線工事をしたときに設定してくれた機械だけでは、Wi-Fiは使えないのね。
博士
光回線終端装置(ONU)と無線LANルーターは機能が異なるのじゃよ。

上記でも少し触れた光回線終端装置(ONU)ですが、ONUにはルーターとしての機能はありません。一般的には「モデム」と呼ばれ、光回線でデータをやり取りするための光信号を、パソコンやスマホで利用できるデジタル信号に変換してくれる機器です。

そのため、光回線終端装置だけでは、LANケーブルによる有線接続がなければインターネット接続ができないのです。

最近では無料のWi-Fiが利用できる場所も多く、「インターネット回線の契約=Wi-Fi契約」だと思っている人も少なくありません。ですが、インターネット回線をWi-Fiとして利用するには、無線LANルーターが必要なことを覚えておきましょう

 

レンタルより自分で無線LANルーターを購入した方がコスパが良い

博士
実は、ビッグローブ光では無線LANルーターのレンタルも行っているのじゃ。

ビッグローブ光では、新規契約をした場合1年間ルーターを無料レンタルできるキャンペーンを行っています。1年後は、月額500円のレンタル料が発生します。

レンタルして使った方がお得なの?
博士
使い続ける場合は、市販のルーターを準備する方がおすすめなのじゃ。

ビッグローブ光でレンタルできるルーターは、購入した場合6000円程度のもの。レンタル料は毎月500円ですから、1年以上使う場合は市販のルーターを購入しても料金は変わりません

また、レンタルした場合には、解約の際に返却の手間が発生します。もし、解約して返却しなかった場合には別途6,000円が請求されます。このような点を踏まえると、レンタルするよりも自分で無線LANルーターを購入した方がコスパが良いといえるでしょう。

 

おすすめのルーターはIPv6対応のもの

市販のルーターはどれを選んだらいいのかな?
博士
IPv6オプションに対応していて、ビッグローブ光が推奨しているモデルを選ぶといいじゃろう。

ビッグローブ光では「IPv6」という最新の通信技術が利用されています。より高速な通信速度を求めるのであれば、IPv6に対応したルーターを選ぶべきです。

MAP-E機能を搭載している市販のルーターであればIPv6接続(IPoE方式)に対応していると、ビッグローブ光公式からも発表されています。

以下のページで、ビッグローブ光が推奨しているルーターや、動作確認されているものが紹介されているので、悩んでいる方は以下のページにあるものから選ぶと良いでしょう。

 

光電話を導入する場合「無線LANカード」で無線LAN機能を追加できる

博士
実は、光電話を使う場合には、ルーターを準備しなくても、無線LANカードを準備するだけでWi-Fiを利用できるようになるのじゃよ。

ビッグローブ光でWi-Fi接続する場合は、無線LANルーターが必要であると紹介してきました。しかし、無線LANルーターを設置しなくてもWi-Fiに接続が可能になる場合があります。それは、ビッグローブ光で光電話を導入しているケースです。

上記でも述べましたが、ビッグローブ光の回線工事をした際に、光回線終端装置という機器が設置されます。光回線終端装置は「インターネット回線契約のみ」の場合に設置されるものには、Wi-Fi接続機能はついていません。そのため、Wi-Fi接続するために無線LANルーターを設置しなければならないとご紹介しました。

対して、ビッグローブ光で「インターネット回線と光電話」を両方契約する場合、Wi-Fi接続機能のついた光回線終端装置が設置されるのです。この場合、無線LANルーターは必要なくなります。

しかし、1つ注意点があります。光電話を契約した場合も光回線終端装置だけでは、Wi-Fiには接続できないのです。必要になるのは、「無線LANカード」。無線LANカードを東日本エリアの場合月額300円、西日本エリアの場合は月額100円でレンタルし、光回線終端装置に差し込むことで、Wi-Fiが利用できるようになります。

 

ビッグローブ光のルーターの設定方法

ルーターを準備したら次はどうしたらいいのかしら?
博士
光回線終端装置(ONU)とルーターを接続して、設定をしたらWi-Fiを使い始められるようになるのじゃ!

次に、ビッグローブ光のルーターの設定方法について解説します。手順に従って行えば、そんなに難しい作業ではないので、1ステップずつ丁寧に行っていきましょう。

ビッグローブ光のルーターの設定方法を説明する女性

 

STPE1.設置場所を決める

まずはルーターの設置場所を決めましょう。ルーターは、設置する場所によっては電波が入りにくくなることもあるため、置き場所は非常に重要です。

どこに設置したらいいのかしら?
博士
おすすめは、窓に近く、床から離れた場所じゃ。

ルーターは、電化製品の近くや水の近く、低い場所などは電波が届きにくくなる恐れがあります。ルーターの近くに電化製品があると、電波干渉してしまい、思うようにインターネットに繋がらなくなることがあるのです。

金属製の物や水槽、花瓶も電波を妨げる恐れがあるので、近くに置かない方がいいでしょう。また、水を吸収しやすいものなども電波を通りにくくさせることがあります。鏡も電波を反射させてしまうので、通信が安定しなくなることも。

これらのことを踏まえて、基本的にはルーターの周囲にものを置かないようにして、電波の通りをよくした方が良いでしょう。特に家の中心に置けば、広範囲に電波が届きやすくなるのでおすすめです。

 

STPE2.ルーターとLANケーブルを準備する

設置場所を決めたら、「ルーター」そして接続するための「LANケーブル」を準備します。

LANケーブルは家電量販店やインターネットでも簡単に購入できます。

LANケーブルを選ぶ際にも注意点があります。LANケーブルには規格(カテゴリ)があり、カテゴリが5以下の規格のものでは1Gbpsなどの高速通信に対応していません。新たにLANケーブルを購入する際にはカテゴリ(CAT)が6以上のものを選びましょう。カテゴリの数字はLANケーブル表面の印字、またはパッケージで確認できますよ。

博士
家にある古いLANケーブルのカテゴリが古い場合は、買い直すのがおすすめじゃ。

設置場所にあわせて、必要な長さのLANケーブルを準備してくださいね。

 

STPE3.ONUとルーターを接続する

ルーターの設置場所と、必要なものを準備したら、いよいよ光回線終端装置(ONU)とルーターを接続していきましょう。

step
1
STEP1.光回線終端装置(ONU)とルーターの電源を切る


作業をおこなうときには、電源が切れている状態で行います。

step
2
STEP2.光回線終端装置(ONU)とルーターを接続する


準備したLANケーブルを使って、光回線終端装置(ONU)とルーターを接続します。接続する場所は、機器によっても異なるので、ルーターの説明書を見ることがおすすめです。

step
3
STEP3.電源を入れる


接続できたら、光回線終端装置(ONU)の電源を入れてから、ルーターの電源をつけましょう。光回線終端装置(ONU)とルーターのランプが緑点灯するかを確認してください。もし点灯しないようであれば、再度電源を切って、5分後にもう一度電源をいれます。

電源を切る順番は入れるときと逆で、ルーター→光回線終端装置(ONU)となります。ケーブルを抜く際は、しっかりと突起を押さえてから引き抜くようにしましょう。

 

STPE4.接続機器からWi-Fiに接続する

光回線終端装置(ONU)とルーターを接続し、正常な接続が行われていることをランプで確認したら、いよいよインターネットの接続設定を行っていきましょう。今回は、パソコンから接続設定を行う方法を紹介します。

step
1
STEP1.パソコンから接続設定を行う


接続するパソコンの無線機能(Wi-Fi)機能を有効にします。

step
2
STEP2.SSIDを入力する


ネットワークアイコンをクリックし、表示された画面からネットワーク名(SSID)を選択します。ルータのネットワーク名(プライマリ SSID)は、端末に付属されているマニュアルを確認するか、端末に貼り付けされているラベルを確認しましょう。

step
3
STEP3.パスワードを入力する


ルーターに貼り付けされているパスワードを入力し、「接続」を押す。

これで接続が完了します。もし、接続に失敗する場合には、パスワードが間違っている可能性があるので、パスワードを表示しながら確実に入力してください。

 

ビッグローブ光でルーターをレンタルした場合

ビッグローブ光でルーターをレンタルしたら、壊れたときや、交換したいときはどうしたらいいのかしら?
博士
では最後に、ルーターをレンタルしたときの交換や返却方法について紹介しよう。

 

ルーターの交換方法

レンタル中のルーターに不具合が生じた場合は、ビッグローブ光のテクニカルサポートデスクに問い合わせをしてください。故意の故障などでなければ、無償で交換対応をしてもらえます。交換する際は、ルーターを郵送してもらえるので、ルーターを受け取ったら接続設定をして新しいルーターに問題がないのかチェックしましょう。

【BIGLOBEカスタマーサポート テクニカルサポートデスク】
電話番号:0120-68-0962
営業時間:9:00~18:00(365日受付)

 

ルーターの返却方法

レンタルをしていたけれど、自分でルーターを用意してレンタルを辞める場合や、ビッグローブ光自体を解約する場合には、ルーターを返却する必要があります。レンタルを返却する際には、BIGLOBEカスタマーサポートへ、電話で解約を申し込む必要があります。

【BIGLOBEカスタマーサポート インフォメーションデスク】
電話番号:0120-86-0962
営業時間:9:00~18:00(365日受付)

ビッグローブ光自体を解約する場合は、回線廃止工事の派遣が必要か必要でないかによって、レンタルしているルーターの返却方法が異なります。後日、BIGLOBEから送付される書面を確認してください。

 

ビッグローブ光で利用するルーターは購入した方がお得!

【本記事のまとめ】

  • ビッグローブ光でWi-Fiを使うためにはルーターが必要
  • ルーターはレンタルもできるが購入した方がお得
  • 光電話を利用する場合は無線LANカードを購入するとルーターなしでも利用できる

本記事では、ビッグローブ光でWi-Fiを利用するためには必要不可欠な無線LANルーターについてご紹介しました。基本的に回線が開通しただけの状態ではWi-Fiは利用できないので、無線LANルーターを用意する必要があります。

ビッグローブ光ではルーターのレンタルサービスも行なっていますが、月額500円と少し高額なため、長い目で見れば購入した方がお得だといえます。本記事を参考に、ビッグローブ光で快適なWi-Fi環境を利用できるルーターを購入し、設定してくださいね。

-ビッグローブ光
-,

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved.