auひかり

auひかりでWiFiを使うときにルーターはレンタルか購入どっちがいいの?

投稿日:

auひかりでWi-Fiを使うときに使用するルーターのイメージ

KDDIが提供する「auひかり」は、最大通信速度1Gbpsの超高速インターネットサービスです。

通常インターネットを利用する際には接続が必要になります。接続方法は有線だけでなくWi-Fiを利用して、無線で接続することも可能なんです。無線で接続する場合、「ルーター」と呼ばれる機器が必要になります。

では、auひかりでWi-Fiを使う場合、ルーターはレンタルするか購入するかどちらの方がいいのでしょうか。今現在auひかりを契約していて、ルーターをレンタルすべきか購入すべきか悩んでいる人、auひかりの契約を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

auひかりでWi-Fiを使うためにはルーターが必要なの?

そもそも、auひかりでWi-Fiを使うためにはルーターが必要なのでしょうか。auひかりを利用する際には、必ず「ホームゲートウェイ」と呼ばれる宅内機器が設置されます。ホームゲートウェイだけではWi-Fi機能は使えないのでしょうか?

まずはホームゲートウェイがどんな機器なのか、ホームゲートウェイを利用してWi-Fiを利用するにはどうすればいいのかについてご紹介します。

 

auひかりを利用するにはホームゲートウェイが必要

前述したように、auひかりを利用する場合は、必ず「ホームゲートウェイ」と呼ばれる宅内機器を利用しなければなりません。

ホームゲートウェイは、もともと光回線を用いたIP電話の「ひかり電話」を使うために自宅に設置した回線を、パソコンとひかり電話端末とに分配する目的で使われていました。ひかり電話は通常の電話回線ではなく、光回線に接続する必要があります。そこで、パソコンとIP電話機を同時に使えるように回線分配をするために設置されたのが「ホームゲートウェイ」なのです。

ちなみに「ゲートウェイ」とは、違う規格のネットワーク回線を中継するための機材を指します。

ホームゲートウェイはルーターの役割を果たしており、インターネットの接続設定情報もすべて記録されます。そのため、ホームゲートウェイなしではauひかりでインターネットに接続することすらできないのです。

 

ホームゲートウェイにはWi-Fi機能も内蔵されているがオプション料金が必要

ホームゲートウェイには、Wi-Fi機能も内蔵されています。しかし、標準ではWi-Fi機能が無効に設定されており、KDDIにオプション料金を支払い、無線LANの申し込みを行わないと有効化されません。そのため、ホームゲートウェイにWi-Fi機能が内蔵されているとは言っても、事実上、有料レンタルオプションと全く同じだと言えます。

無線LAN機能を使うためにはオプション料金として、月額500円が必要になります。

もしauひかりが開通した後で、オプション契約を行なった場合、KDDIからの遠隔操作によって自動的に内蔵された無線LAN機能が有効化される仕組みになっているのです。

Wi-Fi機能のオプション申し込みは、KDDIの公式ページから、もしくは、フリーダイヤルでの電話で行えますよ。

 

auひかりでWi-Fiを使うにはルーターは購入がおすすめ

ホームゲートウェイを介してもWi-Fi接続ができることはわかりましたが、利用している限りは毎月オプション料金がかかってしまうことがわかりました。それでは、auひかりでWi-Fiを使うには、別でルーターを用意した方がいいのでしょうか。ルーターの利用方法としては、レンタルと購入の2パターン考えられます。

次に、どちらの方が最終的にお得になるのかについてチェックしましょう。

 

レンタルすると年間6,000円かかってしまうが購入すると数千円

uひかりでは、ホームゲートウェイの無線LANを有効にするオプションもありますが、ルーターをレンタルすることもできます。無線LANを有効にするオプションと同様に月額500円で利用可能。レンタルをすると、年間で置き換えると6,000円かかってしまうことになります。

レンタルサービスで使用できるルーターは、「WG1900HP-KP」というモデルで、市販されているNEC製のAtermモデルと同じものです。同じ型式のルーターを購入しようと思えば、8,000円台から購入できるところもあります。

また、同じ型式ではなく安いルーターで構わないというのであれば、3,000円台から購入できるルーターも。レンタルでは月額500円かかることを考えると、単純計算で7ヶ月目からはレンタルの方が高くなってしまうと言えますね。長期的にWi-Fiを使用したいのであれば、レンタルよりも断然購入の方がお得になるので、注意しましょう。

 

Wi-Fiルーターを準備してもホームゲートウェイは必要なので注意

自分でルーターを用意したからといってホームゲートウェイが不要になるわけではありません。

前述したように、ホームゲートウェイにはWi-Fi接続機能だけでなく、インターネット接続設定情報も全て記録されています。そのため、ホームゲートウェイがなければ、インターネットへの接続自体ができなくなってしまうのです。

別でルーターを用意した場合の接続機器は、光ファイバーで送られてくる光信号を端末に対応した形式に変換するための機器ONU→ホームゲートウェイ→ルーターの順になります。

 

auひかりのWi-Fiを使うルーターの選び方

auひかりのWiFiで使うルーターを悩む女性

auひかりを利用するときに「ルーターを購入した方がお得なら自分で買おうかな」と思った場合、結局どのルーターを買えばいいのかでまた悩んでしまう人もいるでしょう。

ルーター選びを間違えてしまうと、せっかく通信速度が速いauひかりでも、快適に使用できなくなってしまう可能性があります。

次に、auひかりのWi-Fiを使うルーターの選び方についてご紹介します。

 

最速の「11ac」の規格のものを選ぶ

無線LANルーターにも通信の対応規格があります。周波数の帯域や特長の違いで分類されていて、現在は「11ad」「11ac」「11n」「11a」「11g」「11b」の6つの規格が利用されています。

現在、一般的に利用されている規格の中でもっとも通信速度が速いのが「11ac」です。11acであれば、通信速度6.9Gbpsまで対応しています。auひかりの通信速度は1Gbpsですから、11auの規格内で通信速度を十分にカバーできていますね。

また、11ac対応製品は周波数帯も5GHz帯や2.4GHz帯などといった、主な通信規格を網羅しています。5GHz帯は電波干渉が少なく、安定して通信できます。2.4GHz帯は障害物に強く、多くのWi-Fi機器共接続できる通信規格です。2つの通信規格を状況に応じて使い分けられるので、つながりやすさや通信速度の向上が期待できるでしょう。

 

NECやバッファローなど口コミがいいメーカーを選ぶ

ルーターは、メーカーごとにルーターの機能を管理しているソフトウェアが違い、ソフトウェアの性能によって接続の安定性も左右されます。ある程度は口コミを参考にしつつ、ソフトウェアの質の良いところを選んだ方が、快適にインターネットを利用できると言えますね。

現在日本で使われている自宅向けのルーターは、ほとんどが国内メーカーのもの。口コミでは、NECやバッファローに人気が集まっている傾向にあります。

NECは、通信の安定性に関しての評判が高く、法人向けルーターも数多く販売されています。機種による性能のばらつきも少ないので、安定した接続を求める方におすすめできるメーカーです。

バッファローは、パソコン周辺機器メーカーとして有名で、ルーターだけでなくマウスやキーボードなどのパソコン周辺機器も人気があります。初心者でも使いやすい機能設計がされている機種が多いので、「パソコン周りはあまり得意じゃない」という方にもおすすめできます

 

auひかりのWi-Fiのつなぎ方・設定方法は?

ルーターは、auひかりでレンタルをしても自分で購入しても、実際の設定方法は変わりません。有線LANは差し込むだけでインターネットへの接続が可能でしたが、Wi-Fiを利用する場合には少々設定が必要になります。

「Wi-Fiの設定なんて専門知識がないとできないんじゃないの?」と思う人もいるかもしれませんが、安心してください。慣れてない人でも手順さえ押さえて行えば、簡単Wi-Fiでインターネットに接続できるんです。

最後に、auひかりのWi-Fiのつなぎ方・設定方法についてご紹介します。

まずは全ての電源を切り、無線LANルーター側の「WANポート」とホームゲートウェイ側の「LANポート」をLANケーブルでつなげます。つなげたらホームゲートウェイの電源を入れ、ルーターの電源も入れます。電源を入れてルーターのPOWERランプやWANランプなどが点灯すれば、ホームゲートウェイとルーターの接続は完了しました。

パソコンをWi-Fiで接続するには、ネットワークの一覧を表示させ、ルーター本体のラベルや説明書に記載のネットワーク名「SSID」と同じものを見つけて、接続を選択します。パスワードの入力が必要ならば、ルーター本体のラベルに記載された「暗号キー」を入力しましょう。

以上でWi-Fiの接続が完了します。

 

auひかりがWi-Fiにつながらないときの3つの対処法

auひかりがWiFiにつながらなくて困っている女性

 

前述した方法を行ったけどWi-Fiにつながらない、または、普段通り使用していたけど急にWi-Fiにつながらなくなったときでも、まずは落ち着いて対処しましょう。

まずは、以下でご紹介する3つの対処法を試してみてください。単純な機器のトラブルであれば、あっさりと復旧することもあるんですよ。

 

対処法1.接続機器を全て再起動させる

auひかりがWi-Fiにつながらなくなってしまう原因としてよくあるのが、ホームゲートウェイの電源ケーブルがコンセントから抜けている、もしくは、接続されているけれど調子が悪いことが挙げられます。

Wi-Fiに接続できなくなったら、まずホームゲートウェイやONUなどのすべての通信機器と、パソコンやスマホなどの接続している周辺機器を全て再起動させましょう。

接続されている機器は、1度全て電源を落とします。できればコンセントも抜いてしまいましょう。

30秒ほど放置したら、ホームゲートウェイから始めて、ルーターなどの通信機器、次にパソコンやスマホなどの周辺機器の順番で電源を入れていきます。

簡単な不調であれば再起動させる方法で改善されるでしょう。

 

対処法2.ホームゲートウェイを初期化させる

全ての機器を再起動しても復旧しない場合には、ホームゲートウェイの初期化を行ってみましょう。

ホームゲートウェイの初期化は、電源を落とし、ホームゲートウェイの上部にある「更新ボタン」を押しながら電源を入れるだけです。約20秒後にすべてのランプが同時に3回緑点滅したら初期化は完了しています。その後、電源・ネットのランプが点灯していれば、ひとまずネット回線からホームゲートウェイまでは正常に動いているということがわかります。

しかし、ランプが消えていたり、緑色ではなく赤色のランプが点灯していたり、ほかのランプが点滅しているなどがある場合は、何かしらの異常が発生しているサインです。次の項目を参考に、サポートセンターへ問い合わせましょう。

 

対処法3.サポートセンターに問い合わせる

対処法2までの方法を試してもWi-Fiにつながらず、改善されないままなのであれば、通信機器のハードウェアが故障している可能性や回線に不具合が生じている可能性が考えられます。

インターネットの接続や設定に関するお問い合わせを受け付けている、auひかりお客様サポートセンターに連絡しましょう。電話での問い合わせの場合、受付時間は年中無休で9時~20時です。

 

auひかりでWi-Fiを使うならルーターの購入がおすすめ

今回は、auひかりでWi-Fiを利用したい場合、ルーターは購入とレンタルどちらがおすすめなのか、ルーターの選び方などについてご紹介しました。

auひかりのオプションを利用してルーターをレンタルする場合、月額500円かかってしまいます。長期的にWi-Fiを利用しようと思っているのであれば、ルーターは断然購入するのがおすすめです。

使い方にあわせて、ルーターの購入を検討してみてくださいね。

 

-auひかり
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved.