auひかり

auひかりのテレビサービス「auひかりテレビ」では地デジが見られない!?視聴するための方法とは?

投稿日:

auひかり

auひかりを申し込んだ際、地デジやBSなど、テレビライフを楽しむために、テレビサービスへの申し込みを検討している方もいるでしょう。しかし、auひかりのテレビサービス「auひかりテレビ」では地デジを見ることができません。

本記事では、「そもそも地デジって結局何なの?」というところから詳しくご説明していきます。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

そもそも地デジとは?

そもそも、よく聞く「地デジ」。わかっているようでわかっていない方もいるのではないでしょうか。

地デジの正式名称は、「地上デジタルテレビ放送」。2003年に導入が開始され、2011年に完全移行になった新しいテレビ方式です。シカのようなキャラクター「地デジカ」に見覚えがある方もいるのではないでしょうか。

地上デジタル放送以前のテレビ放送は、アナログテレビ放送でした。アナログテレビ放送では、視聴者に届くまでに映像や音声が劣化したり、高い建物の影響を受けてしまったりすることがありました。しかし、デジタルテレビ放送ではこうしたことはなく、質の高い映像や音声が楽しめるようになったのです。リモコンを利用したゲームやアンケートといったものも、地上デジタルテレビ放送になってからできるようになったもの。データ放送による天気予報やニュースも同様です。

2011年の完全移行以来、アナログテレビ放送は終了。現在は地上デジタルテレビの放送のみとなっています。

 

BSデジタル放送・CS放送とは?

テレビ放送には「地上波放送」と「衛星放送」との2種類があります。これらの違いは、電波を送る場所です。地上波放送は、その名の通り、地上にある中継所から電波を送っています。「地上デジタルテレビ放送」の「地上」は、地上波放送の地上なのですね。

一方、衛星放送とは、赤道の上空36,000kmにある人工衛星から家庭に直接電波を送るものです。宇宙から電波を送るため、建物や山などの影響を受けづらく、災害時にも強い点が特徴。BS放送やCS放送はどちらも衛星放送であり、その違いは利用している衛星にあります。

 

【BS放送とCS放送との違い】

  • BS放送:放送衛星を利用 一般家庭での視聴が目的
  • CS放送:通信衛星を利用 企業や事業者など特定受信者の利用が本来の目的

BS放送、CS放送ともに、受信するためのアンテナが必要です。

 

auひかりで地デジは見られない

各テレビ放送の特徴や違いについてご紹介してきました。ここで、auひかりのテレビサービスの話に戻りましょう。auひかりのテレビサービスでは、残念ながら契約するだけで地上デジタル放送を見ることはできません。その理由についてご説明していきます。

 

auひかりで地デジは見られなくて悲しむ女性

 

auひかりテレビで地デジはなぜ見られないの?

auひかりのテレビサービスは、先ほどご説明したテレビ放送のうち、BS放送、CS放送に特化したサービスです。そのため、サービス自体が地上デジタル放送に対応していません。auひかりテレビで見られるチャンネルについては、後ほど詳しくご説明いたしますね。

 

他の光回線では地デジは見られるの?

その他、光回線を利用したテレビサービスのなかには、地上デジタル放送が見られるものがあります。

 

【地上デジタル放送に対応しているサービス】

  • ひかりTV(フレッツ系光回線)
  • フレッツテレビ(フレッツ光)

また、フレッツ系光回線ユーザーが利用できるスカパーでは、地上デジタル放送に対応したチューナーを利用すれば視聴可能です。

 

auひかりテレビではどんな放送が見れるの?料金は?

地上デジタル放送が見られないauひかりテレビ。では、いったいどのような放送が見られるのでしょうか。

auひかりテレビでは、好みに応じた多彩なチャンネルを選ぶことができます。人気チャンネルをパックにしたものを選ぶ「プラチナセレクトパック」や「ミュージックセレクトパック」と、1チャンネルから好みのものを選べる「プレミアムチャンネル」プランがありますよ。

【プラチナセレクトパック】

  • チャンネル数:42チャンネル(ミュージックセレクトパックのチャンネル含む)
  • 月額料金:1,980円(税抜)
  • ジャンル:アニメ・スポーツ・ドラマなど

【ミュージックセレクトパック】

  • チャンネル数:4チャンネル
  • 月額料金:634円(税抜)

【プレミアムチャンネル】

  • チャンネル数:5チャンネル
  • 月額料金:チャンネルにより変動、1チャンネル1,000~2,300円(税抜)
  • ジャンル:映画・スポーツ・エンタメ・趣味・外国語(韓流)

まずは、プラチナセレクトパックを選ぶのがおすすめです。

auひかりテレビの利用には、必要な機器となるセットトップボックスのレンタル利用料月額500円が別途必要です。

 

ひかりTV

ひかりTVは、基本料金にチューナー料金、オプション料金を加えたものが月額利用料金になります。なお、チューナーはレンタルと購入が選択できます。

 

【ひかりTV】

  • チャンネル数:80チャンネル以上
  • 月額料金(税込):「テレビおすすめプラン」の場合、通常価格2,750円(2ねん割→1,650円)+チューナーレンタル550円~
  • ジャンル:映画・アニメ・ドラマ・音楽・スポーツ等

テレビおすすめプランの他にも、「ビデオざんまいプラン」「お値うちプラン」「基本放送プラン」など、必要に応じたプランを選べるのも特徴です

 

 

スカパー!

スカパー!には、auひかりのようなプランパックや、1チャンネルから選べるチャンネルがあります。プランパックにも種類があるのが特徴です。チューナーはレンタルのほか、購入も可能です。

基本プランとなる「スカパー!基本プラン」は、以下のとおりです。

 

【スカパー!】

  • チャンネル数:50チャンネル
  • 月額料金(税込):視聴料3,960円+基本料429円
  • ジャンル:映画・スポーツ・総合エンタメ・音楽・海外ドラマ(バラエティ・韓流)・国内ドラマ(バラエティ・舞台)・アニメ・ドキュメンタリー・ニュース・娯楽趣味・教育

 

 

フレッツテレビ

フレッツテレビでは、地上デジタル放送のほか、無料で見られる公共放送・無料放送のBS放送が視聴できます。

 

【フレッツテレビ】

  • チャンネル数:21チャンネル
  • 月額料金(税込):825円

より多くのチャンネルを見たい方は、有料となるスカパー!を別途申し込むことが必要です。

 

 

auひかりテレビで地デジを視聴するにはどうしたらいいの?

契約しただけでは、地上デジタル放送が見られないauひかりテレビ。しかし、auひかりテレビでも、地上デジタル放送を見る方法があります。方法は、以下のとおりです。

【auひかりテレビで地上デジタル放送を視聴する方法】

  • アンテナを設置して、地デジ対応にさせる
  • ケーブルテレビの契約をする
  • auひかりを諦めて、地デジが視聴できる光回線を検討する

それぞれについて、詳しくご説明していきますね。

 

auひかりで地デジを視聴したい女性

 

アンテナを設置して地デジ対応させる

auひかりテレビを利用しながら、地デジを視聴したときのまず1つ目の方法は、アンテナを設置することです。auひかりで地上デジタル放送の電波を受信するには、「UHFアンテナ」を用意する必要があります。アナログ放送時代に使われていたアンテナは「VHFアンテナ」という別のものです。ご自宅にあるアンテナがどちらなのか、一度確認してみましょう。

なお、見た目の違いについては、auひかりの公式ホームページに紹介されています。

 

 

UHFアンテナが設置されているにも関わらず、地上デジタル放送が映らないという方は、アンテナの向きを変えてみましょう。それだけで視聴できるようになる可能性がありますよ。

 

ケーブルテレビの契約をする

auひかりテレビを利用しながら地デジを視聴したいときの2つ目の方法は、ケーブルテレビを契約して、地上デジタル放送を受信する方法です。ケーブルテレビは有線で受信するため、近隣の建物により電波が影響を受けるといったことがありません。

賃貸住宅の場合は、建物がケーブルテレビ会社と提携している可能性があるため、一度確認してみることをおすすめします。

なお、ケーブルテレビで地上デジタル放送を視聴する際は、別途月額料金が必要です。料金はケーブル会社によって異なるため、確認してみましょう。

 

auひかりではなく、地デジが視聴できる光回線を検討する

3つ目は、auひかりでの契約を諦めてフレッツ光など、地上デジタル放送に対応している光回線を利用することを検討してみる方法です。地上デジタル放送に対応している回線を選ぶことで、アンテナを用意せず地上デジタル放送の視聴環境を整えられますよ。

 

アンテナがあるのに映らない!?auひかりテレビで地デジを見るためには工事が必要

今すでにあるアンテナで地上デジタル放送が見られない場合、auひかりで地上デジタル放送を視聴するためにはアンテナ工事が必要となります。詳しくご説明していきますね。

 

アンテナ設置のための工事が必要

アンテナを設置する方法で、地上デジタル放送を視聴したいと考えている方や、現状あるアンテナでは視聴できないが、ケーブルテレビや他社光回線の利用を考えていない方は、新たに地上デジタル放送を視聴できるアンテナを工事して設置してもらう必要があります

アンテナと聞くと、イメージするものは魚の骨のような武骨ないわゆる「アンテナ」といった見た目のものではないでしょうか。しかし、現在では屋根の上ではなく、壁に取り付ける目立たない見た目のアンテナ製品も人気を集めています。屋根に取り付けない分、台風などの悪天候の際も少し安心できますね。

アンテナ工事は、対応している業者であればどこでも申し込みが可能です。

 

アンテナ工事の申し込み方法

棟梁ドットコムは、auひかりの公式ホームページで紹介されているアンテナ工事の専門業者です。まずは、取り付けサービスエリアの確認を以下サイトから行いましょう。

 

 

上記で、訪問見積もりの無償・有償対応状況を確認できます。見積もり時には、別途必要となりそうな器具がないかなども確認してもらいましょう。気になる点は、訪問時に聞いておくことをおすすめします。

申し込みは以下から行えます。

 

 

対応しているアンテナは、従来からある屋根に取り付けるものの他、壁に取り付けられる目立たないタイプのものもあります。何を選ぶかによって価格は異なります。

 

【棟梁ドットコム:auひかり特別キャンペーン】

  • ノーマルパック(屋根取り付け型):17,124円(税抜)~
  • デザインパック(壁取り付け型):26,000円(税抜)~
  • プレミアムパック(壁取り付け型+BSアンテナ):75,000円(税抜)~

プレミアムパックは、地上デジタル放送だけではなく、衛星放送も受信できるアンテナです。

棟梁ドットコムには、アンテナの5年倒壊保証もついています。

 

 

auひかりテレビでも対応次第で地デジが見られる!

【本記事のまとめ】

・auひかりテレビは地上デジタル放送に対応していない

・アンテナの設置・ケーブルテレビを利用すると地デジが視聴可能

・地デジ対応しているテレビサービスがある光回線に乗り換えるのも方法

auひかりの光回線を利用したテレビサービス「auひかりテレビ」は、残念ながら地上デジタル放送に対応していないので、auひかりテレビを契約するだけでは地上デジタル放送が見られません。しかし、アンテナの設置やケーブルテレビを利用するなど、対策を取れば地デジ放送も視聴できるようになります。

これらの対応が面倒で、かつauひかり回線を利用しなくてもいい場合は、地デジ対応しているテレビサービスがある光回線に乗り換えるのも方法の1つです。

あなたにあった方法を見つけて、快適なインターネット環境、そしてテレビ環境を整えてみてはいかがでしょうか。

-auひかり
-

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.