auひかり

auひかりで契約する前に!損しないための7つのチェック項目

投稿日:

auひかりで契約する前に!損しないために7つのチェック項目を確認する

「auひかり=みんなお得」は実は間違い!契約者全員が、メリットを最大限享受できるわけではないのです。

本記事では、auひかり契約前に絶対に確認しておきたい「7つのチェック項目」を徹底解説!あわせて、申し込み方法や手順も詳しくご紹介します。

損をしないためにも、メリットとデメリットをしっかり確認しておきましょう。

 

auひかりで契約する前に損しない7つのチェック項目

「思っていたより、お得感がないかも…」「前の光回線の方が良かった」など、auひかり乗り換えをして後悔するのは絶対に避けたいもの…。乗り換え手続きの前に、メリットとデメリットをしっかりと理解しておきましょう。

まずは、auひかりに乗り換える前に確認しておきたい「7つのチェック項目」をご紹介します。

 

自宅はサービス提供範囲内なのか確認必須

大前提として、回線を契約する自宅がauひかりのサービス提供エリアでないと、インターネット接続はできません。契約手続きの前に「自宅がサービス提供エリア内か」「エリア外のすぐ近くではないか」を確認しておきましょう。

auひかりのサービス提供エリア確認は、auひかりの公式サイト以外にも各プロバイダの公式サイトでも判定可能!auひかりを提供しているプロバイダは、どれも同じ回線を使用しています。そのため、どのプロバイダでチェックした場合でもサービス提供エリアに違いはないのです。

<サービスエリア確認 サイト一覧>
・auひかり:

 

 

・BIGLOBE:

 

 

・So-net:

 

 

ソフトバンク・ドコモを使っている人はauひかりはオトクではない

auひかりは、au携帯電話・スマートフォンを利用しているユーザー限定の「割引サービス」を実施しています。LTE通信フラットプランやデータ定額プランを契約中であれば、最大2,000円の割引が毎月受けられるのです。複数台を所有しているファミリー世帯であれば、契約する台数分割引適用OK!単身者もファミリー世帯も、auひかりとセットにするとお得なのです。

しかし、裏を返すとセット割を適用できない他社キャリアユーザーにとってはお得感はゼロ…。また「ドコモ光」や「SoftBank光」も同じようにスマートフォンとセットで契約すると限定の割引制度を用意しています。そのため、他社キャリア利用者がauひかりを契約するメリットは、あまりないのです。

【auひかりセット割引 プラン別の割引金額】

①最大−2,000円
データ定額10GB・13GB・30GB:最大−2,000円

②最大−1,410円

  • データ定額5GB・8GB・20GB
  • 携帯電話用データ定額5GB・8GB
  • LTEフラット
  • LTEフラット for Tab

③最大-1,000円割引

  • auフラットプラン20・30
  • auフラットプラン25 Netflixパック
  • auピタットプラン2~20GB

④最大-934円割引

  • 各データ定額
  • ジュニアスマートプラン
  • シニアプラン
  • シニアプランV
  • LTEフラット 1GB
  • 3G携帯かけ放題プラン

⑤500円割引

  • auピタットプラン

「auピタットプラン・シンプル」のみ、auひかりとのセット割の適用外なので注意してくださいね。

 

キャッシュバックは「実質費用」で比較する

「○○費用を一括ゼロ円に」「基本料金が3か月無料」などと書かれていると、魅力的ですよね。しかし、キャッシュバックやキャンペーンの内容だけで、乗り換え先のプロバイダを選択するのはNG!キャッシュバックを利用する場合は、実質費用がお得かじっくりと確認しましょう。

例えば、「他社回線の解約料」よりもキャッシュバックの金額が低い場合は、トータルの費用では損をしてしまいますよね。

「スマートフォンとのセット割引を適用できる」「今より月額料金が下がる」など他のメリットがあれば良いですが、キャッシュバックの金額のみでむやみに乗り換えるのはおすすめできません。

 

キャッシュバックの受け取りの条件を確認する

「契約時から2年間オプション加入必須!」「以前同じプロバイダを契約していた人は適用外」など、キャッシュバックの適用には細かな条件が定められているので要注意!事前に適用条件を確認しておきましょう。

キャッシュバックの適用条件については、契約プロバイダ側から提示していることは稀。疑問点や不安なポイントがある方は、店頭のスタッフやカスタマーサポートに問い合わせましょう。

 

キャッシュバックの受け取り方法・受け取り時期を確認する

キャンペーンは所定の受け取り時期に、申請をしていないと無効になってしまいます。受け取りの申請方法やタイミングは、契約したプロバイダによって異なるので要注意!「受け取り時期を過ぎて、申請できなかった」「申請方法を間違えて、結局無効に…」など、申請漏れで損をするユーザーは意外と多いのです。

損をしないためにも、契約時に「キャンペーンの受け取り方法」と「受け取り時期」を確認しておきましょう。手帳やデジタルカレンダーなどに登録しておくと、申請漏れの心配を防げますよ。

また、申請の際には「他社の解約証明」や「本人確認書類」の添付が必要な場合も!申請時期にバタバタしないためにも、早めに準備しておきましょう。

 

必要のない有料オプションが追加されていないか確認する

新規でauひかりを契約する場合は「最初の1か月無料」「15日間お試し!」などのサービスがついたオプションが多く、加入を勧められます。「無料=お得」と感じて加入する方も多いですが、解約するのを忘れてムダな出費に繋がることもしばしば…。

必要なサービスであれば加入しても良いですが、利用する機会の少ないサービスであれば事前に断るのがベター。契約前には不要なオプションに加入していないかよく確認しましょう。

 

家電量販店・auショップは損する可能性大

auひかりはプロバイダの公式サイトのみでなく、家電量販店やauショップでも新規申し込みを行えます。しかし、店頭での申し込みは「キャッシュバックが少ない」「割引キャンペーンがない」などの、マイナス要素も多いのです。

お得にauひかりを契約したい方は、プロバイダ経由&ウェブ上での申し込みをおすすめします!

 

auひかりで契約する流れ

auひかりで契約する流れの説明を受ける

次は、auひかりを契約するまでの一連の流れをチェックしていきましょう。auひかりを契約するときには、必ず最初にあなたのお住まいの地域が「auひかりが利用できる地域か」確認することが大切です。利用できることがわかったら、実際の契約に進みましょう。

「プロバイダ選びのコツ」や「契約プランの決め方」も解説するので、auひかりを検討中の方はぜひ参考にしてくださいね。

 

auひかりを申し込むプロバイダを決める

まずは、auひかりと連携したプロバイダから1社を選びます。プロバイダ選びのコツは「キャッシュバック・キャンペーンの内容」と「アフターサービスの質」を細かくチェックすること。

プロバイダによっては「最大3~5万円のキャッシュバック」や「毎月の割引」を受け取れます。同じ回線を利用するのであれば、少しでもお得なプロバイダを選びましょう!また、ウイルス対策やアフターフォローについても確認してくださいね。

【auひかりの連携プロバイダ】

  1. So-net
  2. BIGLOBE
  3. au one net
  4. @nifty
  5. @tcom
  6. AsahiNet
  7. DTI

 

auひかりのプランを決める

次に、契約する料金プランを決めます。auひかりの料金プランは、大きく分けて3パターン。それぞれの特徴やメリット・デメリットを比較していきましょう。

【auひかりの料金プラン】

①ずっとギガ得プラン
月額料金:光電話とauひかりインターネットとセットで5,600円~
契約期間:3年間・自動更新
向いているユーザー:乗り換えや解約の可能性が少ない・月額料金を安く抑えたい

②ギガ得プラン
月額料金:光電話とauひかりインターネットセットで5,700円~
契約期間:2年間・自動更新
向いているユーザー:月額料金は安く抑えたいが、2年以上継続して利用する可能性が低い

③標準プラン
月額料金:光電話とauひかりインターネットセットで6,800円~
契約期間:契約期間の定めなし
向いているユーザー:1年以内に引っ越しや解約の予定がある

上記のように、auひかりの料金プランの中でもっとも月額料金が安いのは「ずっとギガ得プラン」です。しかし3年間の契約期間内に解約すると、違約金が発生するので引っ越しや乗り換えの可能性がある方にはおすすめできません。標準プランは、月額料金がずっとギガ得プランと比べて1,200円も高いですが、契約期間の縛りはありません。

月額料金と契約年数を考慮すると、「ギガ得プラン」が使い勝手の良さではナンバーワンです!

 

プロバイダから契約する

契約する場合は、auひかりからの申し込みではなく「プロバイダ」から申し込みすることがおすすめ!同じ回線を利用しますがプロバイダから申し込みすると、お得度が桁違いなのです。一例として、BIGLOBEからauひかりを申し込んだ場合のメリットをご紹介します。

【BIGLOBEからauひかりを申し込んだ場合のメリット】

  1. 他社回線から乗り換えた場合、解約金・違約金にかかる費用を最大30,000円まで還元
  2. マンションタイプを選択した場合「キャッシュバックを合計50,000円進呈」または「工事費用込みで月額料金2,300円」の特典
  3. 戸建てタイプを選択した場合、サービスエリア対象外の場合にも保証あり!「BIGLOBE光にコース」変更すると、機器撤去費用に充当する相当する金額をキャッシュバック

 

工事日を調節し工事を行う

次に、工事日を調整して開通工事を行います。開通工事には立ち合い人が必要ですが、契約者本人でなくても問題ありません。仕事の都合で日中時間が確保できない方は、家族や知人に頼みましょう。

【開通工事に関する注意点】
・引っ越しシーズンなどは、開通申し込みから工事まで3週間~1か月かかることも多い
・土日や祝日の工事には、基本工事料+3,000円が必要
・マンションタイプの場合は、隣の部屋のベランダへの立ち入りが必要なので事前に許可をもらっておく
・LANケーブルやルーターなど、必要な接続機器は用意しておく

 

開通後に各種設定を行う

開通後に、インターネット回線と通信機器を接続する必要があります。接続したいパソコン・スマートフォン・タブレット端末と、ルーターをLANケーブルで繋ぎます。無線で接続したい場合は、別途「無線LAN中継器」や「無線親機・子機」を用意しましょう。プロバイダの提供するメールアドレスやセキュリティソフトを使用する場合は、送付された説明書を見ながら設定を進めます。

乗り換えでauひかりを契約した場合は、既存の回線の解約手続きもお忘れなく!

 

auひかりの契約内容の変更方法は?

auひかりの契約内容の変更方法を紹介する女性

最後に、auひかりの契約内容を変更する場合の手順を解説します。「名義変更」「住所変更」「プラン内容変更」の3パターンについて、それぞれ詳しくご紹介します。

 

名義を変更する場合

結婚や養子縁組などの改姓に伴う名義変更の場合は、契約者名義と請求者名義が同じであれば「KDDIお客さまセンター」で手続き可能。請求者と名義が異なる場合は「契約者名義・請求者名義変更届」の郵送も必要です。また、月額料金の振込口座やカード名義も変更になった場合は「口座名義変更届」の提出も忘れずに行いましょう。

契約者が逝去したことによる名義変更は、書面・郵送での手続きが必須!支払い登録している口座やクレジットカード情報も、必ず変更しましょう。

【KDDIお客さまセンター】
電話番号:0077-777/0120-22-0077
受付時間:9:00~20:00

 

引っ越しなどで住所変更する場合

引っ越しなどで住所が変わる際は「契約内容変更」と「回線の引っ越し手続き」が必要です。引っ越しの場合は、転居先での工事や電話番号変更が伴うことも多いので、早めに手続きを行いましょう。

【住所変更手順】

  1. 「KDDIお客さまセンター」もしくは「KDDIお引越し情報入力フォーム」で引っ越しをすることを伝える
  2. 転居先で工事が必要な場合は、工事日を決める
  3. 新住所での開通工事完了後、登録住所も変更される

 

高速サービスへの速度変更をする場合

auひかりには「auひかりホーム10GB」と「auひかりホーム5GB」の高速サービスがあります。従来のプランと比較すると5~10倍の高速通信を実現している、次世代の超高速インターネットです。

しかし、2019年3月現在、東京・神奈川・埼玉・千葉の一部エリアでしか提供されておらず、対象も戸建てタイプ限定。また対応プロバイダも「au one net」「@nifty」「@TCOM」「BIGLOBE」「So-net」の5社のみです。まだ一部のユーザーしか利用できませんが、対象となる方はぜひ変更してみてはいかがでしょうか。

【高速サービスへの速度変更手続き】
①au one net利用中のユーザーは「My au」から申請可能

  1. au IDとパスワードを入力し、ログイン
  2. 「インターネット・電話」メニューを選択
  3. 「契約内容の確認・変更」を選択
  4. 「auひかり ホーム10GB・5GBへのお申し込みはこちら」を選択
  5. 5GB・10GBどちらかを選択し、配送日や配送先を指定
  6. 「登録」をクリックして、変更手続きは完了

②au one net以外のプロバイダを利用中のユーザー
各プロバイダの専用ページから、高速サービスへの変更手続きを行う

 

メリットとデメリットを比較して、お得な契約を!

フレッツ光・ドコモ光・auひかりなど、光回線は月額料金に大きな違いはありません。だからといって、適当に回線を選ぶのはNG!

本記事でご紹介したように、光コラボレーション回線には「スマホとのセット割」が用意されています。キャリアスマホとインターネット回線をまとめるだけで、毎月の通信量がグッと抑えられるのです。

光回線を契約する際は、各社のメリットとデメリットを比較しながら、もっともお得な回線を契約しましょう!

 

-auひかり
-, , , ,

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved.