auひかり

auひかりは最新のルーター交換できる!今すぐしたい変更の手続き・費用

投稿日:

速度が遅いので、auひかりの最新のルーターへの交換手続きを行う女性

auひかりのインターネット接続が遅い原因は、ルーターにあり!?

本記事では古いルーターを使用するデメリットや、速度低下が生じる原因を徹底解説。あわせて、最新ルーターに交換する方法や手続きもご紹介します。auひかりの速度に不満を抱えている方や、古いルーターを何年も使用している方はぜひチェックしてくださいね。

新しい高性能ルーターを手に入れて、快適なインターネット接続を実現させましょう!

 

auひかりが遅い!?原因はルーター(ホームゲートウェイ)かも…

auひかりを利用している方のなかには「せっかく光回線を契約したのに、速度が遅い」「以前使っていた光回線より遅いのは、auひかりのせい…?」など、通信速度に不満を抱えている方もいます。

しかし、auひかりが提供している光コラボレーション回線と、フレッツ光の光回線は同じもの。本来は速度やサービスエリアに大きな差は出ないはずです。では、なぜauひかりのインターネット接続が遅くなってしまうでしょうか。

速度低下の原因のひとつとして考えられるのが「ルーター」の性能。古いルーターは高速通信に対応していないため、光回線を契約していても効果を発揮できないのです。まずは古いルーターを使用するデメリットを解説します。

 

ルーター・ホームゲートウェイの役割

そもそも「ルーター」や「ホームゲートウェイ」には、どのような役割があるのでしょうか。両者の違いや特徴を詳しくチェックしていきましょう。

ホームゲートウェイは、光回線を利用したインターネット接続のための機器。「光電話に対応しているルーター」のことを、ホームゲートウェイを呼んでいます。 auひかり・SoftBank光・ドコモ光などの光コラボレーション回線を契約した場合は、必ずレンタルして使うことになるでしょう。

対して「ルーター」はインターネット接続にのみ対応してる接続機器のこと。IPアドレスと呼ばれるコンピュータ一ごとに付けられる番号を保有しており、ネットワーク上での接続を指示する役割を持ちます。複数の機器を同時にインターネット回線に接続可能ですが、ルーターのみでは光電話サービスを利用できないので注意しましょう。

 

auひかりから提供されるホームゲートウェイの種類

auひかりが提供しているホームゲートウェイは、2019年3月現在で全8種類。今回は3種類を例に挙げて、「インターネットの通信速度」と「無線LAN規格」を確認していきましょう。

無線LAN規格は、対応する無線LANケーブルの速度を表す目安のこと。11ad・11ac・11n・11a・11g・11の6種類に分類されています。仮に通信速度が優れた光回線やプロバイダを契約しても、ルーターの無線LAN規格が高速通信に非対応であれば高速通信は行えないのです。

【auひかり提供のホームゲートウェイ例】
①BL900HWIEEE802
無線LAN規格:11n・11a・11b・11g
通信速度:最大450Mbps

②BL190HW
無線LAN規格:IEEE802.11b・11g
通信速度:最大54Mbps

③BL902HW
無線LAN規格:IEEE802.11n・11a/IEEEE802.11n・11b・11g
通信速度:最大450Mbps

 

auひかりの最新のホームゲートウェイはAterm BL1000HW

現在、auひかりで提供されている最新ホームゲートウェイは「Aterm BL1000HW」です。BL1000HWは、先ほどご紹介したホームゲートウェイ3タイプと比較しても圧倒的なハイスペック!Wi-Fi接続時に利用される新しい通信規格にも対応しているため、高速で安定したインターネット接続が可能です。

無線LANセキュリティ対策も徹底されているので、近年増加しているサイバー犯罪やウイルス感染にも対応できます。

【Aterm BL1000HWの性能】
・通信速度:最大10Gps
・無線LAN規格LAN:IEEE802.11a・11b・11g・11n・11ac・11ax
・光電話機能対応
・auホームゲートウェイ機能内蔵
・IPv6通信規格にも対応
・USBストレージファイル共有機能対応
・無線LANアクセスポイント機能

 

auひかりのホームゲートウェイ・ルーター交換の方法

auひかりのホームゲートウェイ・ルーターの交換をして回線が安定した女性

 

「今レンタルしているホームゲートウェイが古いものだった」「最新モデルのBL1000HWに変えたい」と感じている方に朗報!実は、一定条件を満たせば最新のホームゲートウェイに無料で交換してもらえるのです。次は、ホームゲートウェイを交換する方法と申請手順をご紹介します。

せっかく光回線を契約しているのであれば、快適なインターネット接続を叶えたいもの。現在のインターネット接続スピードに不満がある方は、ルーターの交換を申し込んでみましょう。手続きは必要ですが、速度や安定性がグッと向上しますよ。

 

ホームゲートウェイの交換を申し込む

まずは、auひかりに「ルーター交換」の申し込みを行います。申請方法はカスタマーサポートへの電話のみですが、時間が取れない方のために「電話予約サービス」が用意されています。電話予約サービスは、あらかじめ指定した日時にカスタマーサポートのスタッフから電話がもらえるサービス。自分の都合の良い時間に、待ち時間なしで申し込めるのです。電話予約サービスはMy auから予約可能です。

カスタマーサポートでの申し込みが終われば、手続きは完了。1週間前後で、申し込んだホームゲートウェイが自宅に送られます。

【ホームゲートウェイ交換の申し込み窓口】
カスタマーサポート:0077-777/0120-22-0077
対応時間:9:00~20:00

 

旧端末は返送する

新端末到着後の初期設定が終われば、旧端末を返送する準備を進めましょう。返送先や返送方法については申し込み時に案内がある場合もありますが、後日改めて電話で確認するのが一般的。交換の申し込み先と同じカスタマーサポートに連絡して確認しましょう。

電話での問い合わせ後7~10日で、返送用の着払い伝票が届きます。レンタルしていた機器一式をダンボールに梱包し、所定の住所に返送しましょう。

【ホームゲートウェイ返送 確認窓口】
カスタマーサポート:0077-777/0120-22-0077
対応時間:9:00~20:00

 

ホームゲートウェイの交換費用は3,000円

ホームゲートウェイの交換には原則費用はかからず、無料で最新機種に変更可能。

しかし、交換にかかる事務手数料として3,000円が請求されます。翌月分の月額料金に加算して請求されるので、覚えておきましょう!

 

自分でルーターを準備するときの注意点

自分でルーターを準備して快適にインターネットを利用する女性

もともと所有しているルーターがある方は、レンタルせずに自分で用意することも多いですよね。

最後に、自分でルーターを準備する際に気を付けたい「ルーター選びのポイント」をご紹介します。ルーター選びのコツをマスターして、快適なインターネット接続を実現させましょう!

 

11acに対応しているものを選ぶ

「とにかく接続スピードを上げたい」「安定したインターネット接続が理想」と考えている方は、ルーターの無線LAN規格を要チェック!先ほどご紹介したように、無線LAN規格によってインターネットの通信速度は大きく変化します。2019年3月現在、最新の規格は「11ac」に対応したルーターを選ぶのがおすすめです!

【無線LAN規格「11ac」対応ルーター例】
・バッファロー製WHR-1166DHP4
・NEC製WG2600HP3
・IODATA製WN-AX1167GR2

 

ルーター選びは、高速通信のカギ!

回線やプロバイダ選びと同じように、ルーター選びも通信速度をアップさせるための重要なカギ!古いルーターを使用し続けていると、せっかくの光回線の魅力も発揮できません。

auひかりユーザーは、今回ご紹介した手順を参考に最新ルーターへの交換を申し込んでみてはいかがでしょうか。

 

-auひかり
-, ,

Copyright© 探そーと|インターネット回線の総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved.